第6回 MarkeMedia Days 無料申込受付中 >

動画編集は「稼げない」「やめとけ」はウソ!動画編集で稼げる人の特徴を徹底解説

動画編集は稼げないはウソ!動画編集で稼げる人の特徴を解説

本記事では、数々の動画編集スクールに取材経験のあるスタッフが、動画編集の「稼げる」「稼げない」テーマについて徹底解説します!

【厳選】説明会・体験の申し込み多数!動画編集スクール5選 編集部おすすめランキング

どこの動画編集スクールが分からないという方は、当サイトから無料説明会や無料体験の申込みが圧倒的に多い下記の人気スクール5社をおすすめします!

まずは、公式サイトから無料説明会や無料体験に予約して、詳しく話を聞いてみましょう!

  1. ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座当サイトから最も無料説明会の予約が多いスクール!
    映像見放題・質問回数無制限!月8,000円から学べる人気スクールの講座!オンラインでも通学でも受講可能!
    公式サイトから無料のオンライン説明会予約
  2. 注目デジハク(総合動画クリエイター講座)当サイトから無料相談の予約急増中!(2021年10月)
    未経験から動画で稼ぐプロを目指す実践特化型スクール!月々8,250円〜
    公式サイトから無料説明会予約
  3. studio US(スタジオ アス)
    最近話題の月4,584円~学べる動画編集スクール!未経験からプロの動画クリエイターを目指す!

    公式サイトから、まずは無料相談
  4. MOOCRES(ムークリ)
    オンライン講座が見放題!超少数・密着型で超実践型の編集技術が学べる!

    公式サイトから無料相談・無料体験会に予約
  5. MOVA(ムーバ)
    起業/独立・フリーランスに特化したスクール!講師は第一線で活躍しているクリエイター
    公式サイトから無料説明会に予約

まずはこの5つのスクールから2〜3つ程度、無料説明会や無料体験を申し込んでみましょう!最後は自身で比較して決めていきましょう!

>>おすすめランキングを見る
>>比較表を見る

動画編集で稼げない理由

動画編集で稼げない理由

動画編集は在宅勤務でもできることから、主婦のお小遣い稼ぎや副業としても注目されるようになりました。技術や知識が必要であり、誰でも気軽に始められる仕事ではないため、収入に直結すると考えられています。しかし、副業などで動画編集を始めた人の多くが「稼げない」とやめてしまうようです。

  • 稼げない理由①:需要に対する「成り手」が多い
  • 稼げない理由②:動画編集者自体の生産性が低い
  • 稼げない理由③:動画編集者の技術が未熟
  • 稼げない理由④:動画編集の依頼に対応できていない

稼げない理由①:需要に対する「成り手」が多い

一番の「稼げない」理由としては、1本の動画編集の業務の案件に対して多くの動画編集者が手を挙げることが多い傾向にあります。信頼ができて、能力がある動画編集者に仕事を依頼したいのがクライアントとしての本音です。すると、仕事が欲しい動画編集者の多くが仕事を得られません。これが続くと、モチベーションが下がってしまいます。

動画編集の世界は必ずしも、作品の数に対し編集者が多いという飽和状態にはありません。むしろ、作品の質を高めるために一人でも多くの動画編集者の手が欲しい状態にあります。1つの工程に対し、上流から下流の流れ作業などを行うと効率よく仕事が進みます。こういった理由から、動画編集者のニーズが高まっている現状があります。

なかには「初心者には無理」と始めからあきらめてしまう動画編集者もみられるようです。確かに、趣味でYouTubeなどに投稿する動画編集をしている人は数多くいますが、副業(商業)レベルでの仕事になると、尻込みして営業ができないという人も見られます。

【2021年】動画編集・映像制作の需要と将来性について徹底調査!【2021年】動画編集・映像制作の需要や将来性、市場について徹底調査!

稼げない理由②:動画編集者自体の生産性が低い

「副業」という位置づけで動画編集に携わると、本業や家事、休息の合間に行う仕事になってしまうため、どうしても1工程に対する生産性が低い状況にあります。

このところでは、作業量の違いによって「稼げる、稼げない」が二分されるようになりました。

受注量と納品量が多ければ、信用できる動画編集者と位置付けられ、仕事も優先的にもらえる可能性が高まります。受注量が多いほど品質アップにつながるノウハウが蓄積されますし、作業の効率化も図れるようになるため、仕事のスピードアップもかないます。

納期を守るけれど、ギリギリでの納品が多いため、受注量と納品量が少ないという場合は、品質は高いけれど、生産性が低いとみなされます。動画制作の場面では、鮮度が命です。そのため、スピード感が求められます。納期が設定されていたとしても、時間がかかる場合発注は見送ると考えるクライアントが多いようです。

また、生産性の低さを自分の技量ではなく「副業だから」「家庭があるから」というようなエクスキューズを全面的に打ち出してしまう人も少なくありません。クライアント側は、利益を出してくれる作品を納品してくれるプロに仕事を依頼しています。エクスキューズをにおわせれば、次からは仕事は得られない可能性もあります。

稼げない理由③:動画編集者の技術が未熟

「稼げない」に直結する一番の理由は、動画編集技術が未熟であることにつきます。スマホアプリとスマホで2分程度の動画編集ができることと、パソコン用の有償ソフトを利用して10分の動画編集を行うことは大きく異なります。また、自分や仲間うちで楽しむ動画と商用で利用する動画といった点でも異なるでしょう。

【2021年】動画編集・映像編集おすすめPCソフト有料・無料10選【みんな使う】動画編集・映像編集おすすめPCソフト有料・無料10選

クライアントは自己の利益を求めるために、品質の良い仕事を引き受けてくれるプロに対して案件を発注しています。「自分で楽しむ動画」の延長線上で仕事をする人には、発注できないと考える人も少なくありません。

動画編集自体の概念は共通していても、商業利用を意識した動画編集ができない場合や、特定のソフトが使いこなせないという場合は、生産性の低さにも直結してしまいます。ある程度技術を磨き、生産性の向上を目指せるようになってから仕事を受注することも一案です。また投資を行い、パソコンや動画編集ソフトの導入などを検討することも必要になります。

稼げない理由④:動画編集の依頼に対応できていない

独学で動画編集を勉強した人に多いのですが、クライアントが求める品質に達していない人も見られます。もちろん、YouTubeなどで動画再生数を重ねている人は独学で編集を行っている人も少なくありません。「個人が楽しむ動画と商用の動画は違う」といった意識をもって対応することが大切です。

また、納品物がレギュレーションに満たないといったことも見られます。テロップの位置や文字数、テロップの反映時間など、第三者が見て見やすい画像に仕上がっているかなども求められます。自分ができることだけをするのでは、クライアントが納得する映像作品に仕上がることはありません。

このほか、「納期に間に合わせていない」という致命的なミスを犯していることも依頼に対応できていない人の特徴にあります。納期に間に合わないということは、自分自身の生産性の低さにもつながりますし、クライアントとの信頼関係の構築にもヒビが入ります。社会人として「納期を守る」ことは必要最低限の行為です。

動画編集で稼げる人の特徴

動画編集で稼げる人の特徴

動画編集で「稼げる人」になるためには、いくつかの条件をクリアしていかなければいけません。クリアすべき条件は難しいものではなく、副業感覚で動画編集の仕事を受けようと考えている人でも、努力次第で納得できる収入が得られるようになるものです。

稼げる人の特徴①:受注の仕方を工夫している

仕事を受ける多くの人が注目するのは単価です。

例えば、30分5,000円で発注している動画を納期7日間で受けたとします。細かい依頼内容が多く、7日ギリギリの時間で納品しました。10分1,000円で発注している動画は同じ納期1週間ですが、時間が短い分、依頼内容が細かくても短時間で納品できます。2時間で編集を終え、最終確認や調整で1時間費やし都合3時間で納品できるとします。

1週間で5,000円稼ぐより、3時間で1,000円稼ぐほうが、収入が得られることに気づきますよね。1日3時間、7日頑張れば6,000円になります。納品本数も7本になるので、ノウハウもキャリアも格段に蓄積されます。

それでも単価は明らかに低い状況です。厚生労働省が提示した「令和2年度地域別最低賃金改定状況」によると、最低賃金の全国平均は時給902円ですので、3時間での出来高1,000円は、副業だから我慢できると思うこともあるでしょう。

それならば、ほかの動画編集者との差別化を図ることも必要です。海外の言葉に翻訳した字幕を付けることや、海外の動画に日本語訳のテロップを入れるなどの仕事を精力的に引き受ければ、単価は高くなります。

稼げる人の特徴②:動画編集スクールに通ってスキルを磨いている

独学による技術でも通用するできるのが、動画編集の世界です。しかし、クライアントの希望に添うことができず、辞退せざるを得なかったということもあるでしょう。専門用語がわからない、新しいソフトを使わないとイマドキの編集ができないというような壁に当たることも少なくありません。

今なら、インターネット上で学べるオンラインスクールがありますし、スキルシェアリングサービスを利用して動画編集のコツなどを学べるプログラムが増えています。技術を磨いていくとよいでしょう。こういった学習の場に身を置くと最新のトレンドが見えてきますし、自分なりの独創的な編集技術が編み出せる可能性も高まります。

【完全解説】動画編集スクール・教室おすすめ9選!未経験でも動画編集・映像制作スキルが身につくので転職や副業、独立に有利!【YouTubeで稼ぎたい方も必見】動画編集スクール・講座おすすめ比較ランキング17選|社会人でも通えるオンラインスクール・専門学校【料金・口コミ】

機械的にテロップを貼り、BGMや効果音を挿入するだけではなく、見ている人に面白いと言わせる編集技法がどんどん取り入れられるようになるでしょう。

スクールやスキルシェアリングを利用するには費用が掛かりますが、これから長く動画編集や映像制作にかかわる仕事を続けるのであれば、先行投資となるでしょう。難しいソフトを導入して使いこなせないと悩むよりは安い投資だといえます。

稼げる人の特徴③:ニーズに合った編集技法を身に着けている

YouTubeでオリジナルの動画を配信する行為がこの数年の主流となりました。しかし、5年前に作られた動画と今の動画では雰囲気が大きく変わっているはずです。同じ「見た人がスカっとする大どんでん返しが痛快な動画」でも、数年前はアニメ調のキャラクターとテロップで構成されていたものが、最近ではLINEのやり取り仕立てで、テロップを含めずに進めていくというような構成が多くみられます。

このように、動画の構成にもトレンドがかかわっており状況も逐次変わってきています。これまで人気だった、アニメ調のキャラクターを適宜動かしながら、テロップでストーリーを動かすという技法での受注がなくなれば、その人は動画編集の仕事から撤退しているかもしれません。しかし、稼げる人は「常に新しいニーズを画策し、状況に応じた編集技法を身に着ける」もしくは「クライアントに新しい編集技法の提案をする」ことができています。

ソフトウェアの更新を常に行うほか、自分でできることの幅を広げるためにスクールへ通ったりすることも一案です。また、最近配信されたばかりの動画を閲覧して、どういった技法を用いているのか研究をすることもよいでしょう。新しい発見が得られれば、自分の仕事に反映させていくことで、トレンドを生み出すリーダーになれる可能性もあります。YouTube系の動画編集者は、納品物の再生回数をいかに多く出せるかといった点を重視しなければなりません。日々の研鑽も必要です。

稼げる人の特徴④:動画編集が単純に好き

動画編集自体は、想像以上に泥臭い作業が多い仕事です。

出来上がった後に、達成感を感じるのは皆同じです。動画編集作業のプロセス自体を楽しめない方は動画編集に向いていないでしょう。

また動画編集自体が好きな方は、最新のトレンドなども自然と日々インプットしていきますので、周りを圧倒的な差がついていきます。動画編集はどれだけパターンを自分の中にインプットできているかが重要になってきます。

自分が本当に動画編集が好きかどうかの見極めも重要になってきます。

動画編集・映像制作の4つの楽しい点や魅力、やりがいを徹底解説【辛い・しんどい点も解説】動画編集・映像制作の4つの楽しい点や魅力、やりがいを徹底解説【辛い・しんどい点も解説】

稼げる人の特徴⑤:クラウドソーシングを上手に利用している

「稼げる人」は自ら仕事を取りに行きます。

お仕事をお願いしたいと依頼を待つような受け身の姿勢では、いつまでたっても仕事を獲得することができません。また、稼ぐためには1本でも多くの案件を獲得する必要があります。単価が低いものを数多く納品するというように、働き方のアプローチを検討していくことをおすすめしています。

「単価が低いものでも数多く納品する」ためには、クラウドソーシングなどを利用してクライアントの案件に参加しながら仕事を獲得していくことが近道です。複数のクライアントと並行して、納期厳守で案件をこなせることが大前提となりますが、効率よく仕事が進められるようであれば、動画編集だけで納得できる収入が得られる可能性が高まります。

クライアントによっては、継続的に仕事を依頼してくれる人も見られるため出会いが良いものであれば、数ヶ月間は収入が約束される可能性も出てくるでしょう。クラウドソーシングサイトを経由して契約すると、収入に関するトラブルを減らすことができます。また収入管理がしやすいので、副業で仕事をしている人でも確定申告を意識した管理ができることでしょう。

【徹底比較】副業マッチングサイト・サービスおすすめ人気ランキング46選【2021年最新】【徹底比較】副業マッチングサイト・サービス47選!おすすめランキングも紹介【2021年最新】

動画市場は伸びているので、動画編集・映像制作はまだまだ稼げる分野

「動画編集は稼げない」と言われるようになりましたが、これからも動画市場は伸びていく傾向にあると考えられます。広告収入を目指した動画配信のスタイルもどんどん様変わりしています。

動画広告市場規模推計・予測(2018年〜2023年):動画編集の需要も増加

出典:サイバーエージェント、2019年国内動画広告の市場調査を実施

今では「スカっとするエピソード」だけのほか、占いのリーディング動画や個人の楽器演奏動画など多様化してきました。また、オンラインやオンデマンド指導のための動画制作のニーズも増えており、プロの手による動画編集や映像制作への依頼はこれからも伸びていくものと期待できます。YouTube動画などが主流であり、毎日たくさんの新規動画が配信されているので、編集作業などを外注する勢いも高まっていると認識しましょう。

しかし、技術や機器のアップデートがままならないと、間違いなく収入はそこでストップしてしまいます。誰でも始められる業務といわれていますが、稼げない人と稼げる人のふるい分けもすぐに行われる業界です。動画編集の仕事が収入に直結しない場合は、「なぜ稼げないのか」をかならず模索しなければ、動画編集の分野ではキャリアアップやスキルアップも難しいでしょう。

「稼げる人」になるには、クライアントの依頼を取りこぼさずに成果物に反映させるとともに、新しい技法を納品物に取り込んで提案できるまでの新しい技術やノウハウを更新させることが大切です。新しい知識を習得できず、動画編集や映像制作の仕事に反映させられない場合は、動画編集や映像制作では稼げなくなる一方ですので、ほかの仕事を検討することも必要でしょう。

動画編集の収入に関するよくある質問

クラウドワークスの動画編集単価はどれくらいですか?

動画編集と一言で行っても長さやクオリティによって大きく変わります。10秒程度の簡単な動画の場合は単価・相場は1000円程度の案件もありますし、1本数万・数十万という単価の案件もあります。

また案件自体が単発なのか継続案件なのかで年間で稼げる収入は変化してきます。自身のスキルやスタイルに合わせて案件をこなしていくことで、一定の収入を稼ぐことができるでしょう。

動画編集の単価・相場は安すぎませんか?

動画編集のスキル自体は2021年現在、人気のスキルになっているので、動画編集案件の単価自体はそこまで高くないケースもあります。

人によっては、現在の動画編集の単価・相場が安すぎると感じる方もいらっしゃるようですが、スキルの希少度が高まって動画編集自体に付加価値をつけることができれば、逆にこんなにもらっていいのか?というレベルで報酬をもらえます。

一概に動画編集の単価・相場が高い・安いと二元論で判断しないようにしましょう。

動画編集は10年後も必要とされるスキルですか?なくなったりオワコンになりませんか?

動画編集スキルは世の中からなくなったり、オワコンにはならないでしょう。なぜなら動画編集はこれから市場として伸びていく分野になりますので、10年後も20年後も必要とされるスキルだと考えています。

【2021年】動画編集・映像制作の需要と将来性について徹底調査!【2021年】動画編集・映像制作の需要や将来性、市場について徹底調査!

動画編集スキルの難易度はテクノロジーの進化で下がっていくことが予想されます。

あくまでクリエイティブな付加価値は人間が創り出すものなので、クリエイティブ力をしっかり身につけていくことで、逆に動画編集スキルは、持っていてよかったとなる可能性が高いスキルです。

動画編集で稼げるレベルのスキルが身につくおすすめのスクール

実際に教室に通う通学型や、オンライン型など様々な形態がありますので、ご自身に合うスクール・専門学校を選びましょう!

【完全解説】動画編集スクール・教室おすすめ9選!未経験でも動画編集・映像制作スキルが身につくので転職や副業、独立に有利!【YouTubeで稼ぎたい方も必見】動画編集スクール・講座おすすめ比較ランキング17選|社会人でも通えるオンラインスクール・専門学校【料金・口コミ】
動画編集スクール
おすすめ人気ランキング
特長料金受講形態期間解説記事
ヒューマンアカデミー 動画クリエイター講座

ヒューマンアカデミー
動画クリエイター講座

公式サイト

説明会予約が当サイトで最多!
・現役動画クリエイターが監修
・質問回数無制限、映像見放題
・オンラインでも通学でも受講可能
・未経験から動画業界へ転職したい方
・Premiere Pro/After Effects/Photoshop等
・月々8,000円~
・入学金11,000円
・オンライン型
・通学型
・6か月
・12ヶ月
ヒューマンアカデミー
動画クリエイター講座の
評判・口コミ
デジハク(総合動画クリエイターコース)<br /><noscript><img src=

注目デジハク
総合動画クリエイターコース

公式サイト

注目相談予約が急増中!
・未経験からプロ動画クリエイターへ
・オンラインで好きな時間に学習
・学べるスキルが豊富
・オンライン面談/質問無制限
・副業/独立サポート
・248,000円(税込)・オンライン型180日デジハク
評判・口コミ
studio US

studio US

公式サイト

・未経験から始めるオンラインスクール
・自分の好きな時間に学習できる
・一生使える動画編集スキルが身につく
・講師がチャット対応で常時質問受付
・フリーランスとして独立を目指せる
・55,000円〜
※月4,584円〜
・オンライン型studio US
評判・口コミ
MOOCRES(ムークリ)

MOOCRES
(ムークリ)

公式サイト

・動画クリエイターへの最短ルート
・プロが教える動画編集スクール
・少人数の超実践型指導
・無制限オンラインサポート
・生徒は最大15人
・660,000円・オンライン型
・通学型
・5ヶ月MOOCRES(ムークリ)の
評判・口コミ
MOVA |フリーランスの動画クリエイターになれる学校

MOVA

公式サイト

・起業/独立・フリーランスに特化したスクール
・講師は第一線で活躍しているクリエイター
・課題動画制作やチームでの撮影中心
・オフライン✕少人数の授業
・ゴールは実案件の受注と制作
・660,000円
※月々26,800円〜
・オンライン型
・通学型
・12ヶ月MOVA(ムーバ)の
評判・口コミ
デジタルハリウッド STUDIO by LIG

デジハリ STUDIO
by LIG

公式サイト

・3ヶ月で映像の基礎がすべて身につく
・トレーナーは映像業界の現役
・企画やシナリオ作りなどの技術も習得
・就職や転職までサポート
・月に一度行われるLIVE授業
・66,000円
※動画エディター講座
・オンライン型
・通学型
・1ヶ月〜デジタルハリウッドSTUDIO by LIGの
評判・口コミ
TechAcademy 動画編集コース

TechAcademy
動画編集コース

公式サイト

・Premiere Proで動画編集スキル習得
・週2回のマンツーマンメンタリング
・毎日のチャットサポート
・回数無制限の課題レビュー
・現役動画クリエイターがメンター
・4週間 174,900円
・8週間 229,900円
・12週間 284,900円
※月々約7,288円〜
・オンライン型・4週間
・8週間
・12週間
TechAcademy
動画編集コースの
評判・口コミ
セカジョブ

セカジョブ

公式サイト

・動画編集で副業を目指すスクール
・講師は、実際に動画編集で稼いでいる人
・動画編集スキルで、副業を始めたい方
・オンラインで受講完結
・挫折させないサポート体制
・3ヶ月 250,800円
※月々10,450円
・6ヶ月 283,800円
※月々11,825円
・オンライン型・3か月
・6ヶ月
セカジョブの
評判・口コミ
YouTubeに特化した動画編集講座MovieHacks(ムービーハックス)

MovieHacks

公式サイト

・YouTube特化型の動画編集講座
・短期間で動画編集スキルが身につく
・LINE@で無制限で質問可能
・受講後、案件紹介してもらえる
・Adobe premiere Proが学べる
・69,800円・オンライン型Movie Hacksの評判・口コミ
レバレッジエディット

レバレッジエディット

公式サイト

・ガンガン仕事が舞い込む動画編集者へ
・プロの編集を完全再現のカリキュラム
・徹底した高単価の案件獲得サポート
・講座受講生は会員限定グループへ参加可能
・編集、エフェクト素材、プロの添削等あり
・59,980円・オンライン型レバレッジエディットの
評判・口コミ
クリエイターズジャパン

クリエイターズジャパン
プレミアプロ講座

公式サイト

・初心者目線の分かりやすい動画講義
・1日1時間で学習できるスキマレッスン
・ロジックで実践するカリキュラム
・豊富なオリジナルテンプレート
・動画編集スキルで稼ぐ方法も解説
・79,800円・オンライン型・無制限クリエイターズジャパンの
評判・口コミ
ヒューマンアカデミー たのまな

ヒューマンアカデミー
たのまな

公式サイト

・映像制作のプロフェッショナルを目指す!
・副業を始めてさらにお金を稼ぎたい方
・PremierePro/After Effectsが学べる
・メールで無制限に質問可能
・Adobe Creative Cloudライセンス付き
・150,400円・オンライン型・6か月準備中
KAIZEN School

KAIZEN School

公式サイト

・実戦から生まれたオンラインスクール
・3ヶ月でプロの動画クリエイターを目指す
・現役動画クリエイターが講師
・Premiere Pro/After Effectsが学べる
・「KAIZEN Ad」のナレッジが手に入る
・264,000円オンライン型・・3ヶ月KAIZEN Schoolの
評判・口コミ
OneSe Personal

OneSe Personal

公式サイト

・実際に講座を通して1本の動画を制作
・カリキュラムはオーダーメイド
・講師は受講生専属のプロ映像クリエイター
・最短・約2ヶ月で動画制作が学べる
・受講生の専用チャットでオペレーター対応
・220,000円・オンライン型・2ヶ月〜準備中
OneSe Personal

Udemy
映像制作コース

公式サイト

・セール対象の場合90%OFFあり
・30日返金保証
・無制限に動画閲覧可能
・お得な価格で動画編集、映像制作が学べる
・他の受講生のレビューが見れる
動画による・オンライン型・ーUdemy 映像制作コースの
評判・口コミ
MOOV SCHOOL

MOOV SCHOOL

公式サイト

・最短でプロの技術を習得
・1講習(60分)6,000円で受講可能
・受講日時の自由
・完全オリジナルのカリキュラム
・バラエティ豊かな講師陣がマンツーマンで指導
・6,000円~・オンライン型・1ヵ月~準備中
MOOV SCHOOL

Winスクール

公式サイト

・プロ並みの映像編集スキルを習得
・CM映像やWeb映像の技術を習得
・クリエイター認定試験の一発合格率93%
・働きながら通いやすい受講形態
・1週間に何回でも受講可能
・118,800円・オンライン型
・教室型
・20時間準備中

動画編集コラム
動画編集の需要や将来性
動画編集で稼げる人の特徴を徹底解説
動画編集の楽しい点や魅力、やりがい
動画編集は簡単!難しい理由と克服する方法
動画編集・映像制作で人気のおすすめ本 9選
大阪でおすすめの動画編集スクール5選

【関連記事】