Webマーケティングスクールおすすめ特集

動画編集・映像制作は実は簡単!難しいと思う5つ理由と克服する4つ方法

動画編集・映像制作は実は簡単!難しいと思う5つ理由と克服する4つ方法

近年、動画編集の民主化と言われるほど、一般の方でも動画編集や映像制作をする方が多くなってきました。

動画編集・映像制作市場が拡大していきているというのも理由にありますが、それに伴い、オンラインで未経験からでも学べる動画編集・映像制作スクールが多く出てきているのもひとつです。

動画編集・映像制作は簡単

動画編集・映像制作は簡単

語弊を恐れずに表現すると、動画編集・映像制作のレベルは様々ですが、初心者でも気軽に始められます。まずはテロップだけ入れる、動画をカットするなどの基本的な編集であれば、誰でもすぐに出来ていまいます。

ただし、動画編集・映像制作の求めるスキルは個人個人で異なりますので、高い目標を置いている場合は難しいと感じる方もいらっしゃるでしょう。

動画編集・映像制作が難しいと思う理由と克服する方法をまとめていますので、参考にしてみてください。

動画編集・映像制作が難しいと思う5つ理由

動画編集・映像制作が難しいと思う5つ理由

広告収入を目指し、YouTubeなどに動画を配信する人が増えています。

また広告主となって閲覧者が購入したいと思えるような動画広告を配信する広告主も同様に増えています。TVメディアの番組やCMと異なり、インターネットでは利用者の興味関心に基づいて配信できるターゲティング広告などが主流です。

もちろん過度な演出等や誤認を与える内容はコンプライアンスに抵触しますが、コンプレックスに訴えかけるものや、視覚的に煽りを入れる内容は、インターネット配信動画ならではのものになるでしょう。

また、動画編集に関するアプリやソフトなどが増え、個人や家庭レベルで撮影した動画を編集しYouTubeなどに掲載する人も増えています。

動画編集や映像制作は簡単であると認識されるようになった反面、「多くのチャンネル登録者を獲得し、広告収入を目指せる映像制作は難しい」としり込みしてしまう人もいるようです。

意気揚々と立ち上がっても、数本製作した時点でやめてしまうという人も少なくありません。どういった点が「難しい」と感じる要因となるのでしょうか。

動画編集・映像制作が難しいと思う理由①:知識や技術が伴わない

動画編集・映像制作が難しいと思う理由①:知識や技術が伴わない

動画を撮ってアップロードするだけでは評価が付きません。

広告収入を目指すならば、動画編集を行うことが近道です。すっきりと編集された動画は閲覧しやすく、内容が理解しやすいので多くの視聴者の共感が得られます。また良質な広告が配信されやすくなるため、収入に直結する傾向にあります。

しかし、動画編集を行うにはどうしたらいいの?といったそもそもの問題が発生することが大半です。知識も「スマホで撮影したものをYouTubeアプリから投稿する」といったSNS投稿感覚のレベルでしかない場合は、難しいと感じることでしょう。

本やインターネット動画などで動画編集について知ることもできます。しかし情報が古いものなどに関して取捨選択ができない場合は、今の技術に追いつくことができず、さらに難しいと感じる要因になってしまいます。

少し前の技術でも、今では古くて無意味という内容が増えています。こういった情報に振り回されてしまうことで敷居が高い、難しい、自分では無理だと感じてしまうこともあるようです。

動画編集・映像制作が難しいと思う理由②:理想を高く掲げすぎる

動画編集・映像制作が難しいと思う理由②:理想を高く掲げすぎる

プロットや絵コンテ、進行台本などを作って、企画構成を万全に行ったうえで撮影を行う人もいることでしょう。しかし、自分が思い描いた理想と自身が持つ技術、パソコンや動画編集ソフトのスペックなどすべてが伴わず、途中で飽きてしまうケースも挙げられます。

映像制作に関して難しく考えすぎであり、理想を高く掲げすぎてしまうことが「難しい」と感じてしまう結果でしょう。こういったケースは、すべて聞きかじりの独学で動画編集などを始める人に多く、すべて自分で構築した理想論だけで突き進んでしまう傾向にあります。

このため、レクチャー本などを見ても「自分が欲しい情報とは違う」とギャップが生じてしまいます。どんどん難しい専門書を読むようになり、最終的に「自分には難しい」という結論に生じてしまいます。

動画編集・映像制作が難しいと思う理由③:費用や時間の壁

動画編集・映像制作が難しいと思う理由③:費用や時間の壁

一般の人が動画編集や映像制作に関して難しいと感じやすいことの一つに「費用や時間の壁」があります。これを実感している人は思った以上に多い現状にあります。

初めての動画編集であれば、機材を準備しなければいけません。編集ソフトやパソコン、場合によってはインターネット回線の整備が必要になることもあるでしょう。ソフトなどの購入は初期投資なので、1度購入すればしばらく利用可能です。しかし、グレードやスペックにこだわればこだわるほど、投資費用は高くなります。

もちろん使いこなせなければ、意味がありません。一部の人はすべての機能を使いこなせず、「難しい」という結論に至ってしまうようです。

また、10分間の動画を作成するにも編集時間が必要です。

動画の撮れ高は10分以上に及びます。それを時間やタイミングなどを見計らって編集していくので、数時間程度の編集時間が必要になります。場合によっては効果的なエフェクトや効果音などを入れて視覚や聴覚に働きかける工夫を入れることもあるでしょう。音の選定や挿入などでも相応の時間がかかります。

編集はこだわりをふんだんに盛り込める分野です。しかし、どんなにこだわりを詰め込んでも再生回数が増えない場合があります。再生回数が伸びなければ、編集にかけた時間が無駄になってしまうと感じるでしょう。それ以前に数時間の編集時間が捻出できないと感じる人も見られます。

趣味感覚で編集を行うならば、自分が自由にできる時間を使って何日か時間をかけて少しずつ行うことができます。副業などで引き受けた仕事に関しては、時間をかけただけ、1作品に対する時間対工賃が減ってしまいます。1,000円の仕事に3日もかかってしまったという状況だと、稼ぎにつながらないでしょう。

動画編集・映像制作が難しいと思う理由④:外注の難しさ

動画編集・映像制作が難しいと思う理由③:外注の難しさ

クラウドソーシングもしかりです。自分では動画ソフトが使いこなせず動画編集に費やせる時間もないという場合には、外注で動画制作をしてもらうこともあります。

例えば、シナリオだけを外注する、作成した動画を編集してもらうなど工程の一部分を依頼するというパターンが多くみられます。10分程度の動画のシナリオというと、5,000文字程度のライティングが必要です。また、編集に関しても納期に数日間様子を見る必要があるでしょう。ライターには1文字あたり0.3円〜0.7円ほどの単価が発生しますし、動画編集者には1本あたり1,000円程度の費用が発生するととらえましょう。

両方依頼すれば、1本の動画に対し3,000円〜5,000円近くの経費が掛かることが予想されます。

果たして支払った経費を上回る広告収入は得られるのでしょうか?また、クラウドワーカーに依頼すると、納品トラブルが発生する可能性があります。ワーカーそれぞれの報酬管理なども求められますし、現状契約しているワーカーの質が悪ければ、新しいワーカーを探す必要が生じます。

結局支出ばかりで収益が上がらなかったという結果で動画編集や映像制作の世界からドロップアウトしてしまう人も見られます。「難しい」という言葉だけが残るのではないでしょうか。

動画編集・映像制作が難しいと思う理由⑤:収入へ結び付けようとする

動画編集・映像制作が難しいと思う理由⑤:収入へ結び付けようとする

やはり、動画編集や映像制作を行うことで「収入」という言葉がちらついてしまいます。

自分自身で映像を制作しYouTubeに投稿すれば、広告収入が目指せます。チャンネル登録者数倍増を目指し、面白い編集を行い、魅力ある動画づくりに力が入ることでしょう。

副業として動画編集を引き受ける側としてもそうです。顧客から仕事を請け負い、単価は低くても数を多くこなすことで収入につながることでしょう。

収入に結び付ける方法は、誰もが考え付くことです。自分なりの方法を検討することでしょう。しかし、「魅力ある動画づくり」や「副業を数多くこなす」までのプロセスに至らず、収入が得られないと落ち込む傾向も見られます。動画編集として稼げるようになるためには一定の努力も必要になってきます。

動画編集や映像制作は「収入を得るもの」ではなく「自分の表現を披露する場」であることを忘れてしまうと「難しい」と感じてしまうようです。人気の動画配信者でも、「収益」を意識したとたん、演出が過剰になるケースや途端に動画編集が楽しくなくなったということもあるでしょう。収入に結び付けてしまえば、途端にプレッシャーがのしかかってしまいます。

動画編集・映像制作の難しさを克服する4つの方法

動画編集・映像制作の難しさを克服する4つの方法

動画編集や映像制作を「難しい」ものととらえず、楽しいものにするために実践してほしい方法がいくつかあります。自分の考え方を変えることはもちろんですが、動画編集や動画制作に対するアプローチの仕方を少し変えるだけなので、行き詰った時には参考にしてください。

動画編集・映像制作の難しさを克服する方法①:プロに動画編集を学ぶ

動画編集・映像制作の難しさを克服する方法①:プロに動画編集を学ぶ

一番は、プロに学ぶことです。動画編集系のスクールに通ってみましょう。お近くにレクチャーしてくれるスクールがないという場合でも安心してください。オンラインやオンデマンド動画で学べるスクールがあるので、全国どこからでも自分の都合に合わせて学べます。

スクールなので受講料はかかりますが、技術や知識をダイレクトで学べる価値があるでしょう。もちろんわからないところは質問ができますし、自分の作品にすぐ反映できるメリットもあります。

【完全解説】動画編集スクール・教室おすすめ9選!未経験でも動画編集・映像制作スキルが身につくので転職や副業、独立に有利!【YouTubeで稼ぎたい方も必見】【徹底比較】動画編集スクール・講座おすすめランキング17選|社会人でも通えるオンラインスクール・専門学校あり

動画編集・映像制作の難しさを克服する方法②:インターネットで動画編集について学ぶ

動画編集・映像制作の難しさを克服する方法②:インターネットで動画編集について学ぶ

また、編集でわからないことは、インターネット検索である程度解決できる可能性があります。インターネットサイトでも動画編集について紹介しているコンテンツが豊富にあり、ヒントが得られることでしょう。

動画編集ソフトの使い方や、魅力ある動画編集の仕方というようなアプローチで探してみるとよいでしょう。なかなか自分自身が欲しい情報がヒットしない場合は、キーワードを変えるほか、そのコンテンツのトップから探してみるとすんなりと得られる可能性があります。インターネットでの検索で得られる情報は鮮度が高く、最新の情報である場合が多い傾向にあります。ハウツー本を読んでわからない、難しいと感じることでも、咀嚼して説明しているサイトが多いので有益です。

また、インターネットの情報は無料で引き出せるので、費用をかけずに学習したい人にも最適です。

動画編集・映像制作の難しさを克服する方法③:自分の作りたい動画は何かを考える

動画編集・映像制作の難しさを克服する方法③:自分の作りたい動画は何かを考える

また、模索してほしいのが「あなたの作りたい動画は何か」というところです。ペットの動画やゲームの実況動画、あるいは、行動を起こしたことについて動画に残すなど、カテゴリーは多岐にわたります。オリジナルドラマやアニメでもよいでしょう。自分は何を表現したいのかということだけに焦点を絞って、追及していきましょう。

ここでは収益やチャンネル登録数、高評価数は気にしてはいけません。自分自身が作りたいことだけに集中して、作成した動画を何本か投稿してみましょう。何も意識せずに、表現の場として動画作成を続けていくと「楽しさ」が見えてくるのではないでしょうか。

その結果、「映像制作のペースがつかめる」「どの動画に好感触の評価が集まったか」など、自分の熱量と周りの温度の差がわかってきます。楽しいことを突き進めたければ、このまま自分が作りたい動画を作り続けていくことをおすすめします。

閲覧者の反応によって、収益を見込めそうな感触が得られたら、広告収入を意識した動画づくりなどへスイッチしていくとよいでしょう。何本か配信できるようになったら、動画の内容も洗練されてきますし、「何が良くて、何がダメなのか」といった分析もできるようになります。

どんどんノウハウが蓄積されていくと同時に、チャンネル登録者数も増えていく結果が得られるようになります。うまく軌道に乗れば「動画編集が楽しい」とさらに実感できることでしょう。

動画編集・映像制作の難しさを克服する方法④:動画編集者が集まるコミュニティに参加する

動画編集・映像制作の難しさを克服する方法④:動画編集者が集まるコミュニティに参加する

多くの人が、個人の趣味の範囲で動画編集や映像制作に携わっています。

最終的に自分だけが面白いと感じる動画になるほか、人気動画配信者の二番煎じになっている可能性も生じます。「楽しさの追求」であればYouTuber風の構成にするなど、誰かの模倣でも構わない部分があります。

しかし、将来的にこれが続くと評価が得られなくなってしまうでしょう。動画編集の世界に限らずクリエイターの世界は自分の独創性がなければ、淘汰されてしまうため「楽しさ」は半減してしまうかもしれません。

こういったことを防ぐため、動画編集者が集まるコミュニティに参加することも一案です。仲間がいて切磋琢磨できる状況を作りましょう。仲間ができれば意識的に相手の動画を見て、その良いところなどを取り入れる工夫をするようになりますし、お互いにコメントを残すなど評価しあえる間柄になれるかもしれません。難しいと感じる部分でも、技術を教えてもらえることもあるでしょう。
コミュニティの中では、チャンネル登録者数を上げるための対策などを話し合えるかもしれませんし、仲間内でコラボレーション動画を作るなど相乗効果が狙うこともできるようになります。

動画編集が「難しい」と思えることでも、仲間に相談をすればその悩みが杞憂に終わってしまうことがほとんどです。コミュニティに加入していると、動画配信者の一人として認めてもらえることもあるので積極的に参加することもいいですね。

動画編集・映像制作のおすすめスクール(通学型・オンライン型)

実際に教室に通う通学型や、オンライン型など様々な形態がありますので、ご自身に合うスクール・専門学校を選びましょう!

【完全解説】動画編集スクール・教室おすすめ9選!未経験でも動画編集・映像制作スキルが身につくので転職や副業、独立に有利!【YouTubeで稼ぎたい方も必見】【徹底比較】動画編集スクール・講座おすすめランキング17選|社会人でも通えるオンラインスクール・専門学校あり
動画編集スクール
おすすめ人気ランキング
特長料金受講形態期間解説記事
ヒューマンアカデミー 動画クリエイター講座

ヒューマンアカデミー
動画クリエイター講座

公式サイト

説明会予約が当サイトで最多!
・現役動画クリエイターが監修
・質問回数無制限、映像見放題
・オンラインでも通学でも受講可能
・未経験から動画業界へ転職したい方
・Premiere Pro/After Effects/Photoshop等
・月々8,000円~
・入学金11,000円
・オンライン型
・通学型
・6か月
・12ヶ月
ヒューマンアカデミー
動画クリエイター講座の
評判・口コミ
studio US

新着studio US

公式サイト

注目相談予約が急増中!
・未経験から始めるオンラインスクール
・自分の好きな時間に学習できる
・一生使える動画編集スキルが身につく
・講師がチャット対応で常時質問受付
・フリーランスとして独立を目指せる
・55,000円〜
※月4,584円〜
・オンライン型studio USの
評判・口コミ
DIGITAL HACKS(デジタルハックス)

新着DIGITAL HACKS
(デジタルハックス)

公式サイト

・講師は全員現役動画クリエイター
・好きな時間に学び放題
・仕事が集まるクリエイターを目指すスクール!
・24Hチャット質問できる / 面談サポート有
・完全オンライン形式
・168,000円〜
※月7,000円〜
・オンライン型・60日
・90日
※準備中
MOOCRES(ムークリ)

MOOCRES
(ムークリ)

公式サイト

・動画クリエイターへの最短ルート
・プロが教える動画編集スクール
・少人数の超実践型指導
・無制限オンラインサポート
・生徒は最大15人
・660,000円・オンライン型
・通学型
・5ヶ月MOOCRES(ムークリ)の
評判・口コミ
MOVA |フリーランスの動画クリエイターになれる学校

MOVA

公式サイト

・起業/独立・フリーランスに特化したスクール
・講師は第一線で活躍しているクリエイター
・課題動画制作やチームでの撮影中心
・オフライン✕少人数の授業
・ゴールは実案件の受注と制作
・660,000円
※月々26,800円〜
・オンライン型
・通学型
・12ヶ月MOVA(ムーバ)の
評判・口コミ
デジタルハリウッド STUDIO by LIG

デジハリ STUDIO
by LIG

公式サイト

・3ヶ月で映像の基礎がすべて身につく
・トレーナーは映像業界の現役
・企画やシナリオ作りなどの技術も習得
・就職や転職までサポート
・月に一度行われるLIVE授業
・66,000円
※動画エディター講座
・オンライン型
・通学型
・1ヶ月〜デジタルハリウッドSTUDIO by LIGの
評判・口コミ
TechAcademy 動画編集コース

TechAcademy
動画編集コース

公式サイト

・Premiere Proで動画編集スキル習得
・週2回のマンツーマンメンタリング
・毎日のチャットサポート
・回数無制限の課題レビュー
・現役動画クリエイターがメンター
・4週間 174,900円
・8週間 229,900円
・12週間 284,900円
※月々約7,288円〜
・オンライン型・4週間
・8週間
・12週間
TechAcademy
動画編集コースの
評判・口コミ
セカジョブ

セカジョブ

公式サイト

・動画編集で副業を目指すスクール
・講師は、実際に動画編集で稼いでいる人
・動画編集スキルで、副業を始めたい方
・オンラインで受講完結
・挫折させないサポート体制
・3ヶ月 250,800円
※月々10,450円
・6ヶ月 283,800円
※月々11,825円
・オンライン型・3か月
・6ヶ月
セカジョブの
評判・口コミ
YouTubeに特化した動画編集講座MovieHacks(ムービーハックス)

MovieHacks

公式サイト

・YouTube特化型の動画編集講座
・短期間で動画編集スキルが身につく
・LINE@で無制限で質問可能
・受講後、案件紹介してもらえる
・Adobe premiere Proが学べる
・69,800円・オンライン型Movie Hacksの評判・口コミ
レバレッジエディット

レバレッジエディット

公式サイト

・ガンガン仕事が舞い込む動画編集者へ
・プロの編集を完全再現のカリキュラム
・徹底した高単価の案件獲得サポート
・講座受講生は会員限定グループへ参加可能
・編集、エフェクト素材、プロの添削等あり
・59,980円・オンライン型レバレッジエディットの
評判・口コミ
クリエイターズジャパン

クリエイターズジャパン
プレミアプロ講座

公式サイト

・初心者目線の分かりやすい動画講義
・1日1時間で学習できるスキマレッスン
・ロジックで実践するカリキュラム
・豊富なオリジナルテンプレート
・動画編集スキルで稼ぐ方法も解説
・79,800円・オンライン型・無制限クリエイターズジャパンの
評判・口コミ
ヒューマンアカデミー たのまな

ヒューマンアカデミー
たのまな

公式サイト

・映像制作のプロフェッショナルを目指す!
・副業を始めてさらにお金を稼ぎたい方
・PremierePro/After Effectsが学べる
・メールで無制限に質問可能
・Adobe Creative Cloudライセンス付き
・150,400円・オンライン型・6か月準備中
KAIZEN School

KAIZEN School

公式サイト

・実戦から生まれたオンラインスクール
・3ヶ月でプロの動画クリエイターを目指す
・現役動画クリエイターが講師
・Premiere Pro/After Effectsが学べる
・「KAIZEN Ad」のナレッジが手に入る
・264,000円オンライン型・・3ヶ月KAIZEN Schoolの
評判・口コミ
OneSe Personal

OneSe Personal

公式サイト

・実際に講座を通して1本の動画を制作
・カリキュラムはオーダーメイド
・講師は受講生専属のプロ映像クリエイター
・最短・約2ヶ月で動画制作が学べる
・受講生の専用チャットでオペレーター対応
・220,000円・オンライン型・2ヶ月〜準備中
OneSe Personal

Udemy
映像制作コース

公式サイト

・セール対象の場合90%OFFあり
・30日返金保証
・無制限に動画閲覧可能
・お得な価格で動画編集、映像制作が学べる
・他の受講生のレビューが見れる
動画による・オンライン型・ーUdemy 映像制作コースの
評判・口コミ
MOOV SCHOOL

MOOV SCHOOL

公式サイト

・最短でプロの技術を習得
・1講習(60分)6,000円で受講可能
・受講日時の自由
・完全オリジナルのカリキュラム
・バラエティ豊かな講師陣がマンツーマンで指導
・6,000円~・オンライン型・1ヵ月~準備中
MOOV SCHOOL

Winスクール

公式サイト

・プロ並みの映像編集スキルを習得
・CM映像やWeb映像の技術を習得
・クリエイター認定試験の一発合格率93%
・働きながら通いやすい受講形態
・1週間に何回でも受講可能
・118,800円・オンライン型
・教室型
・20時間準備中

動画編集コラム
動画編集の需要や将来性
動画編集で稼げる人の特徴を徹底解説
動画編集の楽しい点や魅力、やりがい
動画編集は簡単!難しい理由と克服する方法
動画編集・映像制作で人気のおすすめ本 9選
大阪でおすすめの動画編集スクール5選

【関連記事】