取材・インタビュー掲載希望の企業様はこちら ▶

WEBライターの始め方を現役ライターが解説!必要準備や案件獲得方法、稼ぐコツを紹介

WEBライターの始め方

本記事では、未経験・初心者の方向けに「WEBライターの始め方」を現役ライターが丁寧に解説しています。

最近では、高校生や大学生、社会人、主婦の方など幅広い方がWEBライターをメインの仕事や副業として選ぶケースが多くなってきています。

WEBライターを始めるために必要な準備や案件獲得方法、稼ぐコツを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

未経験者がWEBライターを始めるのに必要な5つの準備

未経験者がWEBライターを始めるのに必要な5つの準備

ライティングの経験はないけれど、WEBライターになりたいと思っていたり、興味があって始めてみたいとは思っている。

ただ、WEBライターになるにはどうしたらいいのか、何が必要なのか具体的な方法がわからない、という方も少なくないのではないでしょうか。

実際のところ、未経験や初心者の方でもWEBライターになることは可能です。

全く違う業種や職種で働きながらも、未経験からWEBライティングに携わり立派にWEBライターとして活躍しているライターは数多くいます。

また、WEBライターはキャリアをスタートすれば、そこからWEBディレクターやマーケターなど様々なキャリアアップも可能になってくるため、非常にポテンシャルの高い職種です。

本記事では未経験の方向けに、WEBライターになる方法を紹介していきます。

パソコン等の必要な環境を準備する

パソコン等の必要な環境を準備する

まず、ライティングができる環境を整えましょう。そもそもパソコンがないと記事を書くことができません。WEBライティングの場合、手書きで納品することがほとんどなく、記事の納品はパソコンを通して行うことが多いです。例えばWordPressを使用して執筆を行う依頼だったり、Word、Googleスプレッドシートなど総じてパソコンを使用した方法が好まれます。また、クライアントとのやりとりはメールやチャットアプリなど多岐にわたるため、クライアントにあわせて対応できるようにしておくと案件を受けやすくなります。

作業のための時間をスケジューリングする

作業のための時間をスケジューリングする

WEBライター以外の仕事を行なっている場合、他業務との時間の兼ね合いも非常に重要です。記事の納品は締め切りがあることも多く、スケジュール管理がしっかりできていないとクライアントに迷惑をかけてしまったり信頼が損なわれる可能性があります。クライアントと良好な関係を築くためにも、業務の時間管理は徹底して行うのがベストでしょう。

仕事用のメールアドレスを作る

仕事用のメールアドレスを作る

個人用のメールアドレスとは別に仕事用のメールアドレスを持っておくと、案件を混同したり重要なメールの見逃しが少なくなるため便利です。GoogleやOutlookなど、一つアカウントを作っておくだけで仕事がやりやすくなります。

他サービスのアカウントを作成する

他サービスのアカウントを作成する

メールアドレスを作成後、そのアドレスを使用して様々なサービスの仕事用アカウントを作成するのがおすすめです。

おすすめのサービスは以下になります。

  • Chatwork
  • Slack
  • Teams
  • Zoom
  • Twitter
  • Instagram

Chatwork、Slack、Teamsなどは主にコミュニケーションツールとしてクライアントとのやりとりに使用することが多く、柔軟に対応できるためおすすめです。Zoomについてはオンラインミーティングやクライアントとの打ち合わせ時に活用できるため、アカウントを持っておいた方が便利でしょう。TwitterやInstagramは情報収集に使用したり、自分のポートフォリオとして活用することができるため、アカウントを作ったら自分の実績や現状などをつぶやき少しずつ繋がりを作っておくと、自分の後々の仕事につながる可能性もあります。

本 or 通信講座で勉強する

本 or 通信講座で勉強する

まず、低予算で抑えようと思うなら学習本でWEBライティングの基礎を理解しましょう。多くの書店や通販で簡単に購入することができますし、気軽に勉強を始められるのでおすすめです。

本は筆者の経験をベースに書かれていることが多く、実践の場で活かせる知識が学無ことができ、すぐライティングに生かせる内容のものが多いでしょう。実際にWEBライター向けの本は種類が多く、専門の学校に通ったりすることが難しく、独学で効率良くライティングを勉強したいなら「本」を活用するのが一番です。

また、多少本よりは高くなってしまいますが、通信講座等で勉強することもできます。

通信講座だと、例えばWEBライティングの基礎だけでなく、独立や副業で仕事をしていくために必要な知識なども教材に含まれていたり、タイピングなどの基礎面から教えてもらえることもあります。また、いつでもプロに質問が可能だったりと、独学ではカバーしきれない部分をサポートしてもらえます。

参考:副業でWebライターを始めるステップ

また、受講者には専門資格取得試験が受けられることもあるので、資格など気になる方は資格取得可能な講座に申し込むといいでしょう。

未経験者がWEBライター案件を獲得する5つの方法・ポイント

未経験者がWEBライター案件を獲得する5つの方法・ポイント

クラウドソーシングサイトに登録する

クラウドソーシングサイトに登録する

まず、案件獲得にあたり忘れてはいけないのが、「クラウドソーシングサイト」への登録です。

クラウドソーシングとは、crowd(群衆)とsourcing(調達)と二つの言葉を掛け合わせた言葉で、企業や個人事業主の方が不特定多数の人に業務を依頼する業務形態のことをいいます。

発注者は必要な時に必要な人材を調達でき、受注者はスキルを活かして自分の好きなタイミングで仕事を受けることが可能です。

まず有名な登録先ですと、クラウドワークスやランサーズなどがおすすめです。まずこちらでしっかり案件を獲得していき、業務量を増やして経験を積んでいくといいかもしれません。様々な案件がありますし、こちらで実績が手に入ればポートフォリオも充実していきます。

初心者でも確実に仕事をゲットしていくために、ぜひ登録しておきましょう。

プロフィールをしっかり書く

プロフィールをしっかり書く

プロフィールは細かく詳細を記載するようにしましょう。できれば顔写真も掲載するとクライアントに安心してもらえます。実績などがない場合、最初に見られるのは「人柄」になってきます。仕事は確実にこなしてもらえるのか?納期にルーズではないか?など、数多くいるライターの中から選ぶためにクライアントはシビアに判断します。できるだけ「この人になら任せても大丈夫だ」と思ってもらえるようなプロフィールにしましょう。

初心者OKの仕事に応募する

初心者OKの仕事に応募する

案件は待っていれば降ってくる、というわけではなく、自分から進んで受注しにいくことも必要です。掲示板等で募集があったり、自分でも可能な案件があれば自らコンタクトを取ってクライアントにアピールしましょう。

テストライティングをする

テストライティングをする

案件に応募後、ほとんどの場合テストライティングを受ける必要があります。
テストライティングとは

ライターの実力を確認すること
書き方が媒体に合っているか

などを判断するために行われるものです。

テストライティングでは他にも、記事内容に相違はないか、エビデンスチェックはなされているか、納期を守って提出できるか、マニュアルにそって仕事ができるかなどです。

仕事を依頼できる人材かどうかの大切なステップになるため、真剣に取り組みましょう。

仕事を受注・執筆・納品する

仕事を受注・執筆・納品する

テストライティングに受かった後は、仕事を受注して業務開始となります。クライアントが依頼する記事内容や文字数、マニュアルに沿って記事を書いていきます。未経験での執筆は時間がかかることが多く、慣れないことも出てくるため納期に遅れることがないように少し余裕を持って業務に取り組むようにしましょう。

WEBライターでしっかり稼ぐコツ

WEBライターでしっかり稼ぐコツ

文字単価アップの交渉を行う

文字単価アップの交渉を行う

初心者の文字単価は相場で0.5円〜となっていることが多いはずです。もちろん文字数でしっかり稼げればいいのですが、文字数がそんなにない記事ですと、大量にこなさないとまとまったお金にならないことが考えられます。実力をつけて、ある程度実績ができてきたら文字単価をあげてもらうよう交渉してみるといいかもしれません。

ブログで記事を書く練習をする

ブログで記事を書く練習をする

ブログ執筆も自分の文章力を向上させるにはいい方法です。まず、ブログを書くことによりタイピングスキルが向上しますし、ブログの流入数でトレンドや読者の興味関心の傾向が読み取れるようになるため、感度の高いジャンルや文章を書けるようになってきます。また、読者数が多いと、クライアントのライターとしてのスキルを判断する一つの指標になるため、給与交渉なども有利に行える材料となります。

稼ぎやすいジャンルを勉強しつつ、実践していく

稼ぎやすいジャンルを勉強しつつ、実践していく

稼ぎやすいジャンルはズバリ「専門性の高い」分野です。

例えば医療系、法律系、IT系など。専門性が高く、何か資格などを持っていないと理解しにくかったり書きにくい分野は単価が高い傾向にあります。また、上記の分野でなくても特定の分野での執筆経験が長かったり、経験を持っていたりすると「その分野・業界に精通している」とみなされるため単価が上がる可能性が高いです。例えば「美容系WEBサイトにてコスメについて2年執筆を行っていました」などです。

WEBライターとしての「プロ意識」を持つ

WEBライターとしての「プロ意識」を持つ

WEBライターは言葉を扱う職種です。受け取り手がどう感じるか?どう考えるか?を常に考えて執筆することが大事でしょう。事実確認を行い、クライアントが自分の記事を掲載してどのような影響があるのかまでを想像することが大切になってきます。

クライアントとの連絡は、即レス&丁寧を意識する

クライアントとの連絡は、即レス&丁寧を意識する

どうしても忙しい時は仕方がないですが、できるだけ早く連絡は返すようにした方がいいでしょう。すぐ返せなくても「折り返します」、「後ほどご連絡します」の一言だけ返し、時間がある時に丁寧に返信するだけでも印象は違います。お客様にはしっかりとした対応を行い、継続した関係が構築できるように努力しましょう。

現役ライターが回答!WEBライターの始め方に関するよくある質問

現役ライターが回答!WEBライターの始め方に関するよくある質問

未経験でもWEBライターになれますか?

未経験でもWEBライターになれますか?
WEBライターになるのに、特別な資格や学歴は必要ありません。未経験者や初心者でも、ライティングに関する本で勉強したり、資格講座やスクールに申し込んで勉強することができればWEBライターになることは十分に可能です。

しかし、ライターとして記事の執筆経験がある人に比べ、スキルや知識が不足していますので収入が低くなる可能性がある部分には要注意です。

WEBライターになるには、前述したフリーランスで仕事を受ける他にも「企業に就職する」という方法もあります。会社に就職してライターになることができれば、自分では獲得しにくい大型の案件や自分の好きなジャンルの執筆なども会社が手配してくれることもあるため好きなジャンルで経験を積むことができます。また、先輩ライターも多く在籍しているため初心者でも安心して執筆を行うことができます。

最近では会社の公式サイトや自社メディア、公式SNSを運営する企業も多くなってきており、WEBライターを募集しているところも多く、募集を行っている企業も少なくありません。

また、WEBライターにこだわらなくても、広報やメディア運営などで、仕事の一部としてライティングを行うケースもあります。

WEB上にある文章を扱うのがWEBライターなので、会社内での仕事を選ぶようにして仕事を探してみるのもありでしょう。

WEBライター はパソコンがないとできませんか?

WEBライター はパソコンがないとできませんか?

厳密にいうとパソコンがなくてもできる案件はあります。

例えば、LINEのタイムラインやフェイスブック・ツイッターなどに投稿など、「体験談などを投稿してシェアする」業務だったり、商品紹介やレビュー・クチコミ投稿や、ブログ執筆などはスマートフォンでも対応が可能になってくるかと思いますが、やはりライターとして稼いでいこうと考えるのであればパソコンは必須アイテムとなります。最初は最低限のみ対応している安価なパソコンでも構いません。中古でも良質なパソコンは販売されているのでぜひ一台購入してライター業務に臨みましょう。

WEBライターは稼げますか?

WEBライターは稼げますか?

コツを押さえることがポイントになります。

まず、スケジュール管理を徹底しましょう。

WEBライターの仕事では、制作した記事に対して報酬がもらえるため、たくさん仕事をすればするほどその分収入も増えていきます。しかし、仕事ができる時間には限りがありますし、特に副業として行っている場合は本業に支障がでないようにする工夫が必要になります。

「仕事はもらえたが納期に間に合わせることができなかった」「時間がなく、低クオリティの記事を納品してしまった」となれば、継続的に案件をもらうことが難しくなりますし、クライアントからの信頼が失われてしまい、結果的に仕事を失ってしまった、ということにもなりかねません。

そういった意味でWebライターは「きつい」「やめとけ」を言われることがよくあります。

WEBライターで堅実に稼ぐには、自分の作業時間や効率を踏まえて確実なスケジューリングを行うことが重要です。

次に、記事の「質」を高めていきましょう。WEBライターの報酬は1文字単価で計算される「文字単価」を用いることが多く、「たくさん文字数を書けば収入アップにつながるのではないか」と考える人も少なくないはずです。

しかし、文字数を稼いでいる文章は無駄な表現が出てきてしまい、結果的にわかりにくい文章になり、「読んでいて面白くない、つまらない」と読者がネガティブな気持ちになって離脱してしまったり、「言いたいことがわからない」とサイトに再訪問してもらえなくなってしまいます。このような「記事の質」が悪い状態になってしまうと、クライアントからの依頼も減ってきてしまいます。

「このWebライターさんに依頼したらいい記事を書いてもらえる」と思われることが、最終的に稼げるライターになることにつながっていきます。

WEBライターを始める前にスクールや講座を受講すべきですか?

WEBライターを始める前にスクールや講座を受講すべきですか?

WEBライターにとって、講座や資格は必須ではないです。

独学でも、資格がなくてもWEBライターになれます。ライティングに必要な知識は案件をこなしながら身につけていくことが可能です。資格は確かにアピールポイントになりますし、講座を受講すればライティングに必要な専門的知識に加え、付随するスキルも身につけることができます。

しかし、WEBライターとして一番見られる部分としてはやはり「実績」が大きいです。そしてさらに稼いでいく為に必要なのも「実績」です。
クライアントは、過去の実績などで「あなたに仕事を依頼すべきか」を判断するので、講座や資格は「持っているんだな」程度のものになります。

高校生、大学生でもWebライターになれますか?

高校生、大学生でもWebライターになれますか?

結論から言えば、高校生でも大学生でもWEBライターになることは可能です。

ライティング初心者の方でも、クラウドソーシングに登録して案件が獲得できれば報酬を得ることができます。未経験者OKの案件も探せばあるので、スキルのない学生でも始めることができます。

また、学生のうちからWEBライターとして働くメリットとして、働き方を自由に選べることが挙げられます。多くの大学生がアルバイトをしていますが、アルバイトだと時間や働く場所を制限されるうえ、希望どおりのシフトが難しい場合もあります。しかし、WEBライターは自分でスケジュールを立てることができますし、稼ぎたい月はたくさん案件を受注する、学校が忙しい月は休みを多くする、などの柔軟なスケジュール調整ができます。

主婦でもWEBライターを始めることはできますか?

主婦でもWEBライターを始めることはできますか?

主婦の方でもWEBライターになることは可能です。たとえば、主婦になる前の職業の分野を専門的に執筆したりできます。教育機関で働いていたとしたら、普通のライターより教育や学校のことに詳しいはず。この場合、教育関連の記事や学校についての専門的な記事を書きやすく、知見が必要な記事は原稿料が高くなる傾向にあるため自分の経験を生かしつつお金を稼ぐことが可能になります。

また、主婦の方ならではですが、現在直面している家事や育児の経験もライティングに活かせます。自分と同じ立場の人たちも記事を読むので、日常で感じていること、やっていることがそのままコンテンツになります。

とくに、主婦として生きる中での「苦労」やそれを解決する「過程、方法」などに関連するコンテンツは同じ主婦の方々からの興味関心が高いはず。たとえば、子どもが泣き止まずに夜も眠れない。そんな苦労エピソードをフックに、どう親として立ち向かい、解決していけたのか?という方法論を公開することにより、同じ主婦の方の共感を得ることができたり反響を得ることができたりして「結果的に」優良な記事と判断してもらうことができます。

 

【関連記事】