WEBライターの仕事が「きつい」「やめとけ」と言われる理由や実情を解説

Webライターはきつい

本記事では、​​現役のWebライターでもある筆者が、Webライターの仕事が「きつい」「やめとけ」と言われる理由や真相・実態を解説していきます!

結論、Webライターとして実力をつければ、高収入で自由に働くことができるので、Webライターはおすすめです!未経験の方は、まず体系的にWebライティングが学べるスクール・講座を受講してみましょう。

人気急増中!プロから学べる「あなたのライターキャリア講座」

  • 【オリジナルカリキュラム】現場から得られたノウハウを満載
  • 【記事作成代行会社が運営】優秀な受講生には仕事の紹介も
  • 【場所を問わない】オンラインで自宅から受講可能なので、地方・海外からの受講実績多数
  • 【自慢の添削】全5回ある添削は「大変丁寧」と受講生から大好評
  • 【親身なサポート】受講中も修了後も、LINEでの質問受け付け

\まずは資料請求/

「あなたのライターキャリア講座」の公式サイトはこちら

文章を書くために必要な思考法が身につく

今、人気!本格的なWebライティングスキルを習得できる人気講座

  1. あなたのライターキャリア講座  圧倒的人気の講座!
    公式https://yosca.jp/school/career/
    一生使える「ライティング思考力」を鍛える!プロから学ぶライティング講座
  2. ヒューマンアカデミー たのまな Webライティング講座
    公式https://www.tanomana.com/
    未経験から最短2ヶ月でWEBライターを目指せる大手の人気Webライティング講座
  3. ウェブタス Webライターコース
    公式https://webtasu.com/school/course/writing/
    受講期間制限なし!webライターを目指す方や副業で稼いでいきたい方向けのコース
  4. SHElikes Webライティングコース
    公式https://shelikes.jp/
    未経験から2ヶ月でライティングスキルを習得!SEOの基礎知識や案件獲得方法も学べるコース

目次(クリックしてジャンプ)

Webライターの仕事は「きつい」「やめとけ」って本当?実情は?

【結論】Webライターは「きつい」「やめとけ」という人が多いが最初の1ヶ月が勝負

結論から言うと、Webライターとして安定した収入を稼ぎ出すには、まず1ヶ月は最低みておいた方がいいです。正直に言って、「すぐに稼げる」仕事ではありません。

筆者自身、Webライターとして活動をしていますが、Webライターの仕事はきつい仕事に分類されるのではないかと思います。「自由にしていたいし、楽そうだからWebライターになろうかな」と言う安易な考えでWebライターになってしまうと、収入面や自分のライティングスキルの面で後々苦労することになるでしょう。

Webライターという働き方が全面的に悪い、辛いというわけでは決してありませんが、「初心者や未経験者でも簡単に始めることができる」と思われているWebライターの仕事でも、それなりの気持ちを持って臨む必要があります。

まず、一番ネックになりやすく、「辛い」と感じやすい要因は「金銭面」でしょう。

「どこでも仕事ができる」、と言う自由さや柔軟さを魅力に感じた方も多いかもしれませんが、そもそも多くの人はしっかりとした収入を得たくてWebライターになるでしょう。

しかしWebライターの仕事は簡単に稼げるというような仕事ではありません。特に初心者、未経験者の場合は1ヶ月で5万円を稼ぐことすら大変なので、途中で挫折してしまう人も少なくないでしょう。

しかも、Webライターは頑張って記事を書いても報酬が多いわけではないので、「割に合わない」と感じてしまうこともなくはないです。いずれにせよ、初期の段階ではWebライターとしての仕事は「金銭面」が壁になってくることが多いでしょう。

Webライターとして実力をつければ、高収入で自由に働くことができるので、結論としてはWebライターはおすすめです!

人気急増中!プロから学べる「あなたのライターキャリア講座」

  • 【オリジナルカリキュラム】現場から得られたノウハウを満載
  • 【記事作成代行会社が運営】優秀な受講生には仕事の紹介も
  • 【場所を問わない】オンラインで自宅から受講可能なので、地方・海外からの受講実績多数
  • 【自慢の添削】全5回ある添削は「大変丁寧」と受講生から大好評
  • 【親身なサポート】受講中も修了後も、LINEでの質問受け付け

\まずは資料請求/

「あなたのライターキャリア講座」の公式サイトはこちら

文章を書くために必要な思考法が身につく

今、人気!本格的なWebライティングスキルを習得できる人気講座

  1. あなたのライターキャリア講座  圧倒的人気の講座!
    公式https://yosca.jp/school/career/
    一生使える「ライティング思考力」を鍛える!プロから学ぶライティング講座
  2. ヒューマンアカデミー たのまな Webライティング講座
    公式https://www.tanomana.com/
    未経験から最短2ヶ月でWEBライターを目指せる大手の人気Webライティング講座
  3. ウェブタス Webライターコース
    公式https://webtasu.com/school/course/writing/
    受講期間制限なし!webライターを目指す方や副業で稼いでいきたい方向けのコース
  4. SHElikes Webライティングコース
    公式https://shelikes.jp/
    未経験から2ヶ月でライティングスキルを習得!SEOの基礎知識や案件獲得方法も学べるコース

半年目以降から収入の目処が立ち始める

最初の1か月は月5万円も稼げていなくても、地道にコツコツ続けていくことで成果につながってくるのもWebライターの仕事です。案件の獲得方法がわかってきたり、ライティングの単価が上がってきたり、自分なりの執筆ペースが把握できればうまく空き時間や隙間時間で記事の執筆を行なったりすることができます。自分の生活の中でうまく案件対応の時間を作り、数をこなしていくことがスキルアップにもつながりますし収入を増やすことつながってくるでしょう。

あきらめずに実績とスキルを磨いていくと徐々に収入が伸びていきます。
Webライターは最初は辛いことも多いですが、着実に案件をこなしていけば変化が見られる時が必ずくるのであきらめないでください。Webライターを未経験から始めても、確実に仕事をこなしていけば、Webライターだけで生計を立てることもできます。

参考:Webライターの始め方

1年目以降は収入が安定して大変な時期が終わることが多い

先にも少し述べましたが、Webライターは地道に続けてスキルアップしていくことが収入に直結していきます。クラウドワークスやランサーズなどで業務を請け負いながら案件をこなしていき、ブログ執筆を始めたりしてもいいでしょう。文章の質を上げ、記事数をこなすことにより毎月安定したお金を稼げるようになります。ブログも閲覧数が稼げるようになれば収入源になり得ます。

Webライターが大変なのは最初です。思うように進まないことも多く、挫折しそうになりますが、それを乗り越えることが大切です。

Webライターの仕事が「きつい」「やめとけ」と言われる一般的な原因5選

原因①:低単価案件が多すぎる

Webライターの案件は低単価のものが多いです。

初心者Webライターの場合だと、1文字あたり0.5円〜1.0円あたりが相場になってきます。

たまに1文字あたり0.02円〜0.1円などの非常に安い案件があるので、案件の報酬額は必ず確認するようにしましょう。例えば1文字あたり0.1円の低単価の案件にエントリーすると、5000文字の記事を5時間かけて書いたとしても発生する報酬は500円なので、時給換算すると100円になり、とてもじゃないですが生活できる金額ではありません。
ですので、案件を獲得する際には必ず文字単価を確認することをお勧めします。0.5円以下の案件にはなるべくエントリーせず、報酬金額がしっかりあるものを選びましょう。

ただ、実績になりそうな案件や、自分の実力だと難しそうだが報酬が安いため雇ってもらえそう、と言う場合には実績作りのために行っていて損はないでしょう。

原因②:テストライティングで実力を試される

こちらもよくあるのですが、案件の審査にそもそも通りにくいです。

Webライター案件はプロのライターももちろん応募していますし、競争率が高くなっています。初心者・未経験者はテストライティングに時間を取られてしまったり、苦手な案件だったりすると書きにくく余計な時間がかかってしまったりします。

さらに、規定やルールが多いとそれに気を取られてしまうため、提出する記事を仕上げるだけでも重い作業になってしまいます。

実際のところ、クライアントからすると、実績のないWebライターに依頼するとどんな記事を提出してくるかわかりませんし、実力を見てからでないと、安易に依頼はできないですよね。当然一番心配している部分になるかと思います。

なので初心者のライターの方は案件にたくさん応募したとしても、なかなか受かりにくいのが現実です。

ただ、実績をいくつか作ることができれば、高単価な案件も審査に通るようになってきますので、最初にしっかり実績を作ることを念頭において案件獲得に励むのが良いでしょう。

原因③:スケジュール管理が大変でストレス

スケジュール管理の大変さやストレスは、フリーランスの方や、いくつか仕事を持っている方なら誰しもが感じてることではないでしょうか。

フリーランスは「定時に出社する」といった強制的なルールがないので、自制しないと仕事が進みません。予定通りに仕事が進まず、締め切り直前に提出、となることも頻繁に起きてきます。

さらにいくつか案件を引き受けているとそれぞれの締め切りや提出期限の管理ができていないと納品が遅れてしまう可能性も出てきます。

最悪クライアントからの印象が悪くなってしまうので、各案件の納期や案件にかかる時間などは自分で把握し、しっかり管理できるようにしておきましょう。

Webライターは、自己管理とスケジュール管理ができるようになるまでが、1番大変かもしれません。

原因④:文章を書くことは難しい

最初のうちは、1記事を仕上げるのにかなりの時間を要してしまうこともあります。

というのも最初の頃は、何を基準にすればいいかわからず、「書いては消して」を延々と繰り返してしまうことが多いです。

また、記事によってはリサーチが必要なこともあるため、リサーチする時間も記事執筆の時間に組み込まれます。内容が難しいものだと、自分が理解していないと人が読んで理解できる記事にならないため、調べて内容をまとめて書き起こし、と言う流れとなってきます。

「文章ってこんなに難しかっただろうか?」と思うくらい、慣れるまでは一記事にかかる労力が大きいです。

とはいえ適当に記事を書いてしまうと、全く成長しないので、稼げるWebライターにな履帯のであれば努力を積んでいくしかありません。

これから取り組む方は、どんなに時間がかかっても根気良く続けていくことで、なれてくることができるはずです。

原因⑤:ライティングスキルの勉強が必要

ライティングスキルを磨くことはWebライターとして活躍するために必須です。

Webライターを始めたばかりの時は単価が低いので、記事の単価を上げたり、文字単価を上げるためにも勉強して文章の質を上げなければいけません。

ライティングスキルの勉強は思うより難しいものになるでしょう。なぜならライティングスキルは座学で身につくものではなく、実践して身についていくスキルだからです。

誰が読んでも理解しやすい文章を書いたり、簡潔に話をまとめたりすることももちろんですが、SEOやセールスライティングなどさまざまな追加スキルもあります。

単価を上げるためには、様々なライティングスキルを上げていくことが必要です。

なので、ライティング本で知識をインプット、記事執筆によってアウトプット、と繰り返していき、体で覚えることが大事です。

Webライター講座というのもありますので、まずは正しい型を習得したい方は受講してみも良いでしょう。

Webライターの仕事を「きつい」「しんどい」と感じる理由4選

理由①:案件によっては修正が多い

クライアントによっては規定やルールが多く、修正が何回か行われる案件もあります。また、編集者が何名かおり、記事を提出後何名かの編集者が記事を確認することもあるため、一記事に対する修正量が多くなる場合があります。
文字単価が安かったりすると、修正で時間を取られてしまい時給換算すると非常に安価になってしまうこともあり得ます。

理由②:自分の執筆要領がわからず仕事を受けすぎて納期に悩む

自分の仕事の許容範囲がわからず、仕事を受けすぎてしまうことは避けましょう。
1社ずつ、確実に増やしていくことがベストです。フリーランスになった直後など、自分の状況が把握できていない状態で大きい仕事を受けてしまうと危険です。
納期に間に合わせるために、昼夜問わず延々と記事を書かなくてはいけなくなります。

一気に増やしすぎるのは自分にとってもクライアントにとってもメリットがありません。各媒体や企業の「執筆ルール」にそって執筆する必要もあるため、できれば一社一社に慣れていくことがお勧めです。

理由③:詐欺案件で時間を無駄にしてしまう

大手業務委託サイトといえど、詐欺案件はあります。あまりに高額な案件だったり、お得感が強い案件だと詐欺案件の可能性があります。
あまりにお得に感じる案件に関しては、しっかりクライアントの身元や企業概要も確認するようにしましょう。

詐欺案件で時間を浪費するのは非常に勿体無いですし、時間の無駄になってしまいます。

理由④:自分の好きなように書けるわけではない

ブログなどは別にして、クライアントから案件を受ける以上は自分の好きなように記事が書けるわけではありません。記事が掲載される媒体によって書き方は違いますし、フランクな文体がいい媒体もあれば、整った日本語で書く必要がある媒体もあります。自分の意見を全面的に出していい案件というのは少なく、クライアントの希望通りに書けるかどうかがポイントとなってきます。NGな書き方として、自分の意見をそのまま文章にしてしまうことが挙げられます。
記事を書くことに慣れないうちは、自分の意見や感情を書くことで文章を埋めてしまうことが多いです。しかし、客観的な立場で編集者は修正を行うため、あまりに偏った主観的な意見の多い記事20日ってもらえない可能性があります。

しっかり事実を記載し、記事に必要な情報を盛り込むようにしましょう。

Webライターは儲からない?稼げるWEBライターの3つの条件

文字単価を上げる

先にも軽く触れていますが、Webライターは、文字単価で報酬をもらうことが多いので、文字単価×1記事に書いた文字数が全体の報酬です。1記事の文字数が多ければ、その分貰える報酬も高くなります。

もし文字単価が高ければ、文字数が少なくても高い報酬を得ることができます。文字単価を上げるには高い専門性とライティング能力、実績が必要になります。最初のうちは、文字単価0.1~1円の記事を執筆を担当することが多いでしょう。文字単価はWebライターの経験や実績によって大きく左右されるので、未経験者では0.1円から1円ほど、実績のあるライターでは文字単価が〜100円となることもありますので、文字単価を上げる努力は続けるようにしましょう。

執筆スピードを上げる

単純に執筆スピードが上がれば記事を作成する時間が短縮されて時給が上がります。文字単価を上げる×執筆スピードを上げることが高収入への第一歩となります。

専門性を身につける

専門性を身につけると、ライティングの単価を上げることが出来ます。専門性の高い案件ほど文字単価が高くなっていきますし、競合が少なくなるので仕事を獲得しやすくなるのです。Webライターとしてキャリアを積んできたのに、なかなか仕事を獲れないという人は、得意分野を確立しておらず、クライアントから「何ができるのか、何が得意なのか分からない」状態になっていることも多いです。

もし本業を持っていて、得意にしていることや積み重ねてきた経験、知見、資格があれば、それがそのままWebライターとしての武器になるため、Webライターの仕事を副業として取り組むこともできます。何か一つでも「自分はこの分野で専門性がある」と思える分野を確立しておくといいでしょう。「〇〇の分野だったら〜さん」と認識してもらえれば、その分野での案件を依頼されることも多くなってきます。

取引先との関係性もきついと感じる要因になる

仕事の受注先によってルールが異なる

あまりに取引先を増やしてしまうと、企業のルールや規則が覚えきれずに混乱してしまう場合が出てきます。また、随時修正が起きたり指摘を何度も受けているとそれがストレスにつながりうまく仕事ができなくなるケースもあります。

また、あまりにもミスが多発すると取引継続が不可能になってしまうこともあるため、自分がハンドリングできる数の企業と取引するようにしましょう。

取引先とは良好な関係を築くべき

Webライターだからといって、ライティングだけ行っていればいいわけではありませんし、人間関係を疎かにしていては依頼も減ってきてしまいます。しっかり誠実に対応することで、クライアントも安心して案件を渡してくれますし、何よりいいWebライターだと思ってもらうことができれば新しい仕事に結びつくこともあります。誰だってあまり好ましくない人間にお金は払いたくないため、できれば好印象を与えることができるよう、最低限のマナーは身につけておくようにしましょう。

納品の品質を保たないと継続して案件をもらえない可能性も

記事も適当に書いていたり、品質が悪いと継続して案件をもらえない可能性があります。編集者もプロですから、質の悪い記事はすぐ見抜かれてしまいます。継続して案件を獲得するためにも、日々ライティングスキルを向上していけるようにしましょう。

また、場合によりますがWebライターをしていると継続的に契約してくれるクライアントさんと出会うことがあります。継続案件ということで仕事に注力していても、いきなり「仕事発注の停止」が起きる場合があります。

企業の状況によって事前にコメント等もなく、すぐ切られてしまうこともあるので、日々クライアントとコミュニケーションを取りながらライティングの質を高めていきましょう。

Webライティングの上達が早い人・遅い人の違い

Webライティングにはやはり個性が出てしまいます。

その人ならではの言い回しや、文体などがあります。商業用ライターの方やプロになると文字の癖などが文章に出なかったり、表現が巧みだったりしますが、初心者や未経験だと特に文章が拙くなりやすいです。

しかし、都度編集者の方やクライアントからの意見、修正をしっかりと受け止めて自分の中に落とし込むことによってライティングスキルは向上しますし、クライアントが求める文章が書けるようになります。また、自分が「素敵だな」と感じたり、「こんな言い回しがあるのか!」と感動する文章に触れることが大切です。

たくさんの文章にふれ、自分が記事を執筆するときにうまく真似できるようになることが良質な文章を書く第一歩になります。

【まとめ】Webライターはきついけど、必ずいい経験となる

Webライターのお仕事は決して楽ではありません。

最初は低単価の案件ばかりで金銭面が厳しかったり、自分の好きなように書けなかったり、辛く感じることが多いかもしれません。文章を書くのが好きでWebライターを目指したのに、全く希望の仕事につけない、などは最初のうちは誰しも通る道です。

しかし、自分の引き受けたくない案件や苦手な案件をこなしていくことにより、自分の本当にやりたかった案件に出会えたときにすごく書きやすかったり、いい文章が書けたりします。

そうなると「いい文章をかくライターさんだ」と認めてもらうことができ、さらに自分にあった案件が依頼されるようになってきます。また、「誰にでも理解できるようなフラットな文章」というのはこれからの時代に非常に重要なスキルとなってきます。

コロナ禍でオンラインコミュニケーションが活性化し、対面ではなくチャットや文章でのコミュニケーションが増えて、ミスコミュニケーションが発生する可能性が高くなっています。

そんなとき、理解しやすい文章を書けることは重要なスキルとなってきます。文章だけでその人の印象が決まってしまうこともあるため、オンラインで自分をアピールすることができるのはメリットがあります。

ですので、もし興味がある方はぜひ一度Webライターを始めてみてはいかがでしょうか。