第7回 MarkeMedia Days 詳細・申込はこちら

動画編集スクールが「無駄」「意味ない」「やめとけ」と言われる理由

動画編集スクールが「無駄」「意味ない」「やめとけ」と言われる理由

近年、フリーランスや副業で注目の動画編集スクールですが、インターネット上では、動画編集スクールは「無駄」「意味ない」「やめとけ」という声も聞かれます。

本記事では、動画編集スクールを数々インタビューしてきた編集部が、動画編集スクールの価値について解説していきたいと思います!

迷ったらココ!おすすめの動画編集スクール3選
  1. 注目studio US(スタジオ アス)
    当サイトから最も無料説明会の予約が多いスクール!

    最近話題の月4,584円~学べる動画編集オンラインスクール!未経験からプロの動画クリエイターを目指す!
    公式サイト:https://studio-us.org/
    まずは公式サイトから無料相談▶

  2. 注目デジハク(DIGITAL HACKS)
    当サイトから無料相談の予約急増中!(2022年4月)
    \教材がずっと見放題/自宅からオンライン学習で『プロ動画クリエイター』を目指す!副業サポートが安心の動画制作スクール!
    公式サイト:https://digital-hacks.jp/
    まずは公式サイトから無料説明会参加予約▶

  3. ヒューマンアカデミー 動画クリエイター講座
    映像見放題・質問回数無制限!月6,300円から学べる人気スクールの講座!オンラインでも通学でも受講可能!
    公式サイト:https://haa.athuman.com/academy/videoeditor/
    まずは公式サイトから無料説明会予約▶

目次(クリックしてジャンプ)

動画編集スクールが「無駄」「意味ない」「やめとけ」と言われる理由

動画編集スクールが「無駄」「意味ない」「やめとけ」と言われる理由

動画編集スクールには、通学するタイプやオンラインのみで学べるスクールなど、いろいろなタイプがあります。

利用して本当に良かったという人が多数いる一方で、「お金の無駄」「意味がない」という声も多少なりともあることは事実でしょう。

動画編集スクールに対して否定的な意見がある背景にはどんな理由があるのでしょうか。

理由①:教えてくれるレベルが初心者向けが多い

1つ目の理由は、教えてくれるレベルが初心者向けが多いという点です。

動画編集スクールの多くは、動画編集の経験が全くない未経験者を対象としています。

そのため教えてくれる内容は、未経験者でも分かりやすくい基本的な部分が中心になることが多いです。

自己流でも動画編集の経験やスキルがそれなりにある人にとって、基本的な部分はすでに知っていることが多いはずです。

未経験者を対象としたスクールでは物足りないと感じてしまうのは、そうした理由があるのです。

もちろん、未経験者を対象にしたレッスンでも、実際に業務として動画編集をしたことがない人にとっては、知らなかったノウハウやスキルを学べるチャンスはあります。

そのため、必ずしも無駄だとか、100%知っていることしか教えていなかった、ということにはならない可能性もあります。

動画編集スクールを選ぶ際には、どんなレベルの人を対象にしているのかを吟味して、自分のレベルにあったスクールを選ぶことが必要です。

理由②:動画編集のカリキュラムが浅いスクールがある

2つ目には、カリキュラムが浅いという理由があげられます。

動画編集スクールは、それぞれカリキュラムが組まれています。

カリキュラムごとに、どの範囲をどこまで深く掘り下げるかという点は異なります。

動画を編集するという狭い範囲に特化して、深く掘り下げた知識やスキルが身につくスクールもあれば、企画やセールスなど幅広いエリアを広く浅く網羅するカリキュラムもあるでしょう。

何をどのぐらい学びたいかという点は、その人ごとに異なります。

そのためスクールを選ぶ際には、自身の目的や目標をまず設定した上で、それを実現できるカリキュラムを組んでいるスクールを選ぶのが得策です。

理由③:動画編集ソフトや内容が古いスクールがある

3つ目の理由は、内容が古いことがあるという点です。

動画編集スクールでは、動画編集のためのソフトなどを使うのが一般的です。

ソフトにはバージョンがあり、時間の経過とともにバージョンがどんどんアップして、新しい機能が追加されることは珍しくありません。

また動画編集のスキルやノウハウに関しても、基本的な部分は時代が変わっても大きく変化することはありませんが、トレンドは変わります

そうしたトレンド性を完全に無視したカリキュラムでは、基本的なスキルを学ぶことはできても、実践的なスキルや知識を身につけて仕事につなげることは難しいかもしれません。

スクールを選ぶ際には、現役クリエイターとして活動している人が講師を務めている所を選んだり、常に最新の技術や機能、トレンド性を重視しながら実践的なスキルやノウハウが学べるところを選びたいものです。

理由④:スクールなのに実際は、動画講座で独学しなければならない

4つ目の理由は、授業についていけなかったというものです。

動画編集スクールでは、すべてのスクールでマンツーマンで教えてもらえるわけではありません。

通学スタイルでもオンラインスタイルでも、基本的には講師の授業を聞きながら、生徒は知識を学んでスキルを身につけます。

分からない所は講師に質問しながら問題解決をするわけですが、質問しなければ分からない所は分からないまま先へ進むことになってしまうでしょう。

最終的には授業の内容についていくことができず、つまらないというマイナスの気持ちを持って挫折してしまうかもしれません。

動画編集スクールを無駄にする人・向いていない人の特徴

動画編集スクールを無駄にする人・向いていない人の特徴

動画編集スクールに通って、実際の案件を受注できるレベルの知識やスキルを身につけられる人もいれば、途中で挫折してしまったり、期待していたほどのレベルアップができない人もいます。

具体的に、どんな人は動画編集スクールに向いていないのでしょうか。

無駄にする人・向いてない人①:積極的に取り組めない人

1つ目は、積極的に取り組めない人です。

動画編集スクールは、生徒側が「もっと学びたい」という貪欲な気持ちがなければ、受け身となってしまいます。

受け身でも最低限の知識やスキルを身につけることは可能です。

しかし、分からない所は講師に積極的に質問したり、ネットの動画を見ながらスキルやノウハウを勉強するなどの自己学習も必要不可欠です。

こうした積極性があれば、より実践的なスキルや知識を身につけたいという気持ちが生まれ、スクールで学んだスキルを工夫する方法やアイデアが思いつくかもしれません。

それに、クリエイターが作成した動画を見ながら、より具体的なエフェクトについて講師に質問するなど、理解度を高めて応用力を身に着けるノウハウも学べるでしょう。

動画編集スクールに通うためには、そうしたやる気や積極性は必要不可欠な要素です。

もちろん、スクール選びにおいては、スクールや講師との相性もあります。

そのため、まずは多方向から複数の動画編集スクールを比較検討した上で、自分のやる気を引き出してくれる所や相性が良さそうな所を選びたいものです。

無駄にする人・向いてない人②:コツコツした作業が嫌いな人

2つ目は、コツコツした作業が嫌いな人があげられます。

動画編集スクールでは、授業の際に課題が出され、生徒は自主的に作業を行う機会が多くあります。

基本的に動画編集の作業においては、スクールで学ぶ際にも、独立してプロのクリエイターになってからも、一人でコツコツとした地道な作業を行うものです。

そうしたコツコツした作業が苦手な人にとっては、動画編集スクールに通っても嫌気がさしてしまう可能性は高いかもしれません。

また、動画編集における「コツコツした作業」においては、集中力が求められます。

動画の編集では、コマ単位での細かい作業が必要となり、集中力がなければ満足度および完成度は高くなりません。

細かい作業が苦手な人や、集中力にかける人は、残念ながらスクールに通っても通わなくても、動画編集という作業には適していないかもしれません。

無駄にする人・向いてない人③:コミュニケーションが嫌いな人

3つ目は、コミュニケーションが嫌いな人です。

動画編集スクールでは、講師とのコミュニケーションは必要不可欠です。

また、通学タイプのスクールだと、生徒同士でコミュニケーションを取りながらモチベーションを高め合うこともあります。

そうした対人コミュニケーションが苦手な人にとっては、動画編集スクールに通うことは精神的な苦痛だと感じるかもしれません。

動画編集の分野で独立してクリエイターになっても、コミュニケーションを避けることはできません

案件を受注する際には、クライアントと細かい部分まで打ち合わせが必要です。

実際の作業自体はクリエイターが一人で行うことが多いものの、入念な打ち合わせをしなければ、クライアントのニーズや目的を満たすことはできません。

無駄にする人・向いてない人④:納期を守れない人

4つ目は、納期を守れない人です。

動画編集スクールでは、課題が出される際には必ず納期も設定されます。

生徒は、この納期までに出された課題をこなして提出しなければいけません

仕事やプライベートが忙しいからという理由で納期を守れない人は、残念ながら講師からの評価は下がってしまいますし、動画編集の副業を始めても案件を受注することは難しいでしょう。

納期を守ることは、動画編集スクールに限ったことではなく、社会人としての最低限のルールです。

無駄にする人・向いてない人⑤:スクールを卒業すればすぐに即戦力になれると考えている人

5つ目には、スクールを卒業すればすぐに即戦力になれると勘違いしている人があります。

動画編集スクールで学ぶと、動画編集という作業に関して必要な知識やスキルを身に着けることができます。

しかし、スクールで学んだことが必ずしもクリエイターとして即戦力になれるレベルのスキルやノウハウというわけではありません。

スクールで学ぶことはあくまでも基本であり、そこから応用力を身につけたり、自身のセンスや感性を磨きながら、スキルと知識のレベルを高めるための努力や工夫が必要です。

スクールに通えば、すぐにクリエイターとして独立できるとか、高待遇で就職したり転職できると考えてしまう人は、残念ながら動画編集スクールを卒業しても期待外れの結果になりかねません。

受講するだけでは十分ではなく、スクールという学べる環境を最大限に生かして、どれだけ自分が積極的になれるかによって、卒業後の進路や可能性は大きく変わります

動画編集スクールを無駄にしない方法

動画編集スクールを無駄にしない方法

時間と費用を使って動画編集スクールに通うなら、無駄にすることなく知識やスキルをマックスに得たいものです。

具体的にどんな点に注意すれば良いのでしょうか?

無駄にしない方法①:サポート体制の充実した動画編集スクールを選ぶ

動画編集スクールを無駄にしない方法:サポート体制の充実した動画編集スクールを選ぶ

動画編集スクールを利用する際のアウトプットは、最初のスクール選びの段階である程度決まっていると言っても過言ではありません。

スクールやカリキュラム、講師との相性などはもちろんありますし、スクールがどんなサポート体制を提供しているかという点も要チェックです。

動画編集において未経験者や初心者の人なら特に、サポート体制が充実しているスクールを選びましょう

例えば、分からない部分は回数無制限で講師に質問できる方が、回数に制限があるよりも安心です。

また、質問の方法もメールだけでなく、分からないことをその場でサッとチャットで質問できたり、言葉で上手く説明できない部分を動画という形で質問できるなど、幅広い質問形態を提供しているスクールの方が的確な答えを得ることができるでしょう。

もしも動画編集スクールを卒業した後に、学んだスキルや知識を生かして就職したり転職したいと考えている人は、就職や転職のサポートもしているスクールを選ぶと良いでしょう。

動画編集スクールはたくさんありますが、全てのスクールが就職や転職の斡旋やマッチングをしてくれるわけではありません。

また副業として動画編集スキルを生かしてお金を稼ぎたい人なら、カリキュラムを修了した後に実務案件を紹介してくれるサポートがあるかどうかでスクールを選んでも良いでしょう。

実際に案件を受注した経験があるのとないのとでは、キャリアを始めるうえではとても重要なポイントとなります。

スクールによっては、学習しながら企業からの案件に携われるカリキュラムもあるので、ぜひチェックしてみてください。

無駄にしない方法②:卒業後にはポートフォリオが作れているスクールを選ぶ

動画編集スクールを無駄にしない方法:卒業後にはポートフォリオが作れているスクールを選ぶ

動画編集クリエイターとして働く際には、副業として稼ぎたい場合でも、自身のスキルや知識を形として表現できるポートフォリオが必要不可欠です。

動画編集スクールを選ぶ際には、学びながらポートフォリオの作成についても指導してくれる所を選びましょう。

ポートフォリオの作成は、動画編集スクールに通って知識やスキルを身につけている人にとってはそれほど難しい作業ではありません。

しかし、企業にどのような点をアピールするかというポイントを抑えたポートフォリオの方が、案件を受注しやすくなります。

また、具体的にどんなテーマでどんなエフェクトを使い、どんな作品に仕上げるのが理想的なのかという点についても動画編集スクールでは教えてくれます。

理想的なのは、動画編集スクールのカリキュラムを修了する前に自身のポートフォリオが作れているという状況です。

講師からアドバイスをもらいながら作成できたり、ポートフォリオ作成に関する授業が設けられているスクールなどもたくさんあります。

無駄にしない方法③:実績の高い動画編集スクールを選ぶ

動画編集スクールを無駄にしない方法:実績の高い動画編集スクールを選ぶ

動画編集スクールを選ぶ際には、できるだけ実績が高くて評判の良い動画編集スクールを選びたいものです。

【完全解説】動画編集スクール・教室おすすめ9選!未経験でも動画編集・映像制作スキルが身につくので転職や副業、独立に有利!【YouTubeで稼ぎたい方も必見】【2022年5月】動画編集スクール・講座おすすめ比較ランキング29選|社会人向けオンラインスクールも紹介

実績が高いというのは、そのスクールを卒業した生徒が、動画編集クリエイターとしてのキャリアを積んでいるかどうかをチェックすることで把握できます。

例えば、カリキュラム終了後には就職や転職のサポートをしているスクールなら、どのぐらいの生徒が卒業後に動画編集に関連した企業で働けているかという点をチェックすると良いでしょう。

実績が高いかどうかという点は、そのスクールを卒業した人の口コミや評判からも予測できます

実際にそのスクールで学んだ人は、正直な口コミや感想を紹介してくれるので、スクール選びにおいては情報収集の方法としてぜひ参考にしたいものです。

どんな点が良かったとか、どんな人に向いているとか、こんな点はイマイチだったというプラスな点とマイナスな点が分かれば、自分が実際にそのスクールで学んでいる姿をシミュレーションしやすくなるでしょう。

 

【厳選】説明会・体験の申し込み多数!動画編集スクール5選 編集部おすすめランキング

どこの動画編集スクールが分からないという方は、当サイトから無料説明会や無料体験の申込みが圧倒的に多い下記の人気スクール5社をおすすめします!

まずは、公式サイトから無料説明会や無料体験に予約して、詳しく話を聞いてみましょう!

  1. studio US(スタジオ アス)当サイトから最も無料説明会の予約が多いスクール!
    最近話題の月4,584円~学べる動画編集スクール!未経験からプロの動画クリエイターを目指す!

    公式サイトから、まずは無料相談
  2. 注目デジハク(総合動画クリエイター講座)当サイトから無料相談の予約急増中!(2022年3月)
    未経験から動画で稼ぐプロを目指す実践特化型スクール!月々8,250円〜
    公式サイトから無料説明会予約
  3. ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座
    映像見放題・質問回数無制限!月8,000円から学べる人気スクールの講座!オンラインでも通学でも受講可能!
    公式サイトから無料のオンライン説明会予約
  4. MOOCRES(ムークリ)
    オンライン講座が見放題!超少数・密着型で超実践型の編集技術が学べる!

    公式サイトから無料相談・無料体験会に予約
  5. MOVA(ムーバ)
    起業/独立・フリーランスに特化したスクール!講師は第一線で活躍しているクリエイター
    公式サイトから無料説明会に予約

まずはこの5つのスクールから2〜3つ程度、無料説明会や無料体験を申し込んでみましょう!最後は自身で比較して決めていきましょう!

>>おすすめランキングを見る
>>比較表を見る

動画編集スクール
おすすめ人気ランキング
特長料金受講形態期間評判・口コミ
studio US

studio US

公式サイト

当サイトから最も無料説明会の予約が多いスクール!
・未経験から始めるオンラインスクール
・自分の好きな時間に学習できる
・一生使える動画編集スキルが身につく
・講師がチャット対応で常時質問受付
・フリーランスとして独立を目指せる
・55,000円〜
※月4,584円〜
・オンライン型studio US
評判・口コミ

studio US
インタビュー
デジハク(総合動画クリエイターコース)<br /><noscript><img src=

注目デジハク
DIGITAL HACKS

公式サイト

注目相談予約が急増中!
・未経験者を対象にしたスクール
・24時間好きな時間に受講・学習
・基礎からしっかり学べる
・副業/独立サポート
・業界最安級のオンラインスクール
月々6,100円(税込)〜・オンライン型無制限デジハク
評判・口コミ
ヒューマンアカデミー 動画クリエイター講座

ヒューマンアカデミー
動画クリエイター講座

公式サイト

説明会予約が当サイトで最多!
・現役動画クリエイターが監修
・質問回数無制限、映像見放題
・オンラインでも通学でも受講可能
・未経験から動画業界へ転職したい方
・Premiere Pro/After Effects/Photoshop等
・月々8,000円~
・入学金11,000円
・オンライン型
・通学型
・6か月
・12ヶ月
ヒューマンアカデミー
動画クリエイター講座の
評判・口コミ
MOOCRES(ムークリ)

MOOCRES
(ムークリ)

公式サイト

・動画クリエイターへの最短ルート
・プロが教える動画編集スクール
・少人数の超実践型指導
・無制限オンラインサポート
・生徒は最大15人
・660,000円・オンライン型
・通学型
・5ヶ月MOOCRES(ムークリ)の
評判・口コミ
MOVA |フリーランスの動画クリエイターになれる学校

MOVA

公式サイト

・起業/独立・フリーランスに特化したスクール
・講師は第一線で活躍しているクリエイター
・課題動画制作やチームでの撮影中心
・オフライン✕少人数の授業
・ゴールは実案件の受注と制作
・660,000円
※月々26,800円〜
・オンライン型
・通学型
・12ヶ月MOVA(ムーバ)の
評判・口コミ
デジタルハリウッド STUDIO by LIG

デジハリ STUDIO
by LIG

公式サイト

・3ヶ月で映像の基礎がすべて身につく
・トレーナーは映像業界の現役
・企画やシナリオ作りなどの技術も習得
・就職や転職までサポート
・月に一度行われるLIVE授業
・66,000円
※動画エディター講座
・オンライン型
・通学型
・1ヶ月〜デジタルハリウッドSTUDIO by LIGの
評判・口コミ
TechAcademy 動画編集コース

TechAcademy
動画編集コース

公式サイト

・Premiere Proで動画編集スキル習得
・週2回のマンツーマンメンタリング
・毎日のチャットサポート
・回数無制限の課題レビュー
・現役動画クリエイターがメンター
・4週間 174,900円
・8週間 229,900円
・12週間 284,900円
※月々約7,288円〜
・オンライン型・4週間
・8週間
・12週間
TechAcademy
動画編集コースの
評判・口コミ
セカジョブ

セカジョブ

公式サイト

・動画編集で副業を目指すスクール
・講師は、実際に動画編集で稼いでいる人
・動画編集スキルで、副業を始めたい方
・オンラインで受講完結
・挫折させないサポート体制
・3ヶ月 250,800円
※月々10,450円
・6ヶ月 283,800円
※月々11,825円
・オンライン型・3か月
・6ヶ月
セカジョブの
評判・口コミ
YouTubeに特化した動画編集講座MovieHacks(ムービーハックス)

MovieHacks

公式サイト

・YouTube特化型の動画編集講座
・短期間で動画編集スキルが身につく
・LINE@で無制限で質問可能
・受講後、案件紹介してもらえる
・Adobe premiere Proが学べる
・69,800円・オンライン型Movie Hacksの評判・口コミ
レバレッジエディット

レバレッジエディット

公式サイト

・ガンガン仕事が舞い込む動画編集者へ
・プロの編集を完全再現のカリキュラム
・徹底した高単価の案件獲得サポート
・講座受講生は会員限定グループへ参加可能
・編集、エフェクト素材、プロの添削等あり
・59,980円・オンライン型レバレッジエディットの
評判・口コミ
クリエイターズジャパン

クリエイターズジャパン
プレミアプロ講座

公式サイト

・初心者目線の分かりやすい動画講義
・1日1時間で学習できるスキマレッスン
・ロジックで実践するカリキュラム
・豊富なオリジナルテンプレート
・動画編集スキルで稼ぐ方法も解説
・79,800円・オンライン型・無制限クリエイターズジャパンの
評判・口コミ
ヒューマンアカデミー たのまな

ヒューマンアカデミー
たのまな

公式サイト

・映像制作のプロフェッショナルを目指す!
・副業を始めてさらにお金を稼ぎたい方
・PremierePro/After Effectsが学べる
・メールで無制限に質問可能
・Adobe Creative Cloudライセンス付き
・150,400円・オンライン型・6か月準備中
KAIZEN School

KAIZEN School

公式サイト

・実戦から生まれたオンラインスクール
・3ヶ月でプロの動画クリエイターを目指す
・現役動画クリエイターが講師
・Premiere Pro/After Effectsが学べる
・「KAIZEN Ad」のナレッジが手に入る
・264,000円オンライン型・・3ヶ月KAIZEN Schoolの
評判・口コミ
OneSe Personal

Udemy
映像制作コース

公式サイト

・セール対象の場合90%OFFあり
・30日返金保証
・無制限に動画閲覧可能
・お得な価格で動画編集、映像制作が学べる
・他の受講生のレビューが見れる
動画による・オンライン型・ーUdemy 映像制作コースの
評判・口コミ
MOOV SCHOOL

MOOV SCHOOL

公式サイト

・最短でプロの技術を習得
・1講習(60分)6,000円で受講可能
・受講日時の自由
・完全オリジナルのカリキュラム
・バラエティ豊かな講師陣がマンツーマンで指導
・6,000円~・オンライン型・1ヵ月~準備中
MOOV SCHOOL

Winスクール

公式サイト

・プロ並みの映像編集スキルを習得
・CM映像やWeb映像の技術を習得
・クリエイター認定試験の一発合格率93%
・働きながら通いやすい受講形態
・1週間に何回でも受講可能
・118,800円・オンライン型
・教室型
・20時間準備中

動画編集コラム
動画編集の需要や将来性
動画編集で稼げる人の特徴を徹底解説
動画編集の楽しい点や魅力、やりがい
動画編集は簡単!難しい理由と克服する方法
動画編集を独学で学ぶ具体的方法
動画編集案件の探し方・取り方【案件獲得のコツ&未経験OK】
動画編集の副業の始め方と収入を得る具体的方法【未経験・初心者向け】
動画編集・映像制作で人気のおすすめ本 9選
動画編集スクールが「無駄」と言われる理由
30代からの動画編集は遅くない!【未経験でも大丈夫】
動画編集は40代・50代でも遅くない!【未経験でも大丈夫】
大阪でおすすめの動画編集スクール5選
名古屋でおすすめの動画編集スクール5選

動画編集スクールは相性がある

動画編集スクールは相性がある

動画編集スクールは、たくさんあります。

通学するものもあればオンラインのみで学べるものもあり、全国どこに住んでいても学べるスクールを見つけることは難しくないでしょう。

しかし全てのスクールは、それぞれ特徴は異なります

どんなカリキュラムを提供しているのかは違いますし、どんな教材を使っているのかという点も異なります。

より実用的なスキルや知識を身に着けるなら、できるだけ最新のノウハウやトレンドに沿ったスキルを身につけられるスクールを選んだほうが、実践的という点ではおすすめです。

動画編集スクールは、どのように授業を進めるかという点も大きく異なります。

事前に収録した動画を使ってマイペースで学べるスクールもあれば、収録動画とライブ配信とのハイブリッドで授業を進めるスクールもあります。

どんな学び方が自分自身に適しているかという点は、その人のライフスタイルや働き方などによって異なるので、全てのスクールがすべての生徒にピッタリというわけではないでしょう。

スクールを選ぶ際には、自分自身のライフスタイルと相性が良い所を選びたいものです。

動画編集スクールに通って「良かった」「意味があった」という受講生の声

動画編集スクールに通って「良かった」「意味があった」という受講生の声

動画編集スクールに通っても意味がなかったとか無駄だったと感じる人は、残念ながら存在します。

しかしそれは、動画編集スクールに限ったことではなく、全てのスクールに共通することです。

動画編集スクールに関しては、意味がなかったという人は少数いますが、大半の人は通ったことでキャリアが広がったとか、通ってスキルを身に着けることができて良かったなど、プラスの意見を持っています。

「必要な動画編集の知識とスキルを最短で学べました」(32歳男性)

これまで独学で動画編集をしており、趣味でYouTubeなどへ動画を投稿したりしていました。

しかし副業として動画編集で稼ぎたいという気持ちが強くなったため、しっかり基本から正しい方法を学んでおきたいと思い、動画編集スクールを受講しました。

動画編集スクールに関しては賛否両論ですが、僕自身は利用して得られるものが多かったので、良かったと思います。

基本的な部分に関してはすでに知っていることもありましたが、復習のつもりでおさらいしましたし、難易度の高い知識やスキルの中には、独学では学ぶことができなかったこともたくさんありました

独学でもある程度の動画編集スキルを身に着けることはできると思いますが、独りよがりで迷子になってしまうこともあるでしょう。

動画編集で稼ぎたいという僕みたいな人や、将来はクリエイターとして独立したい人なら、最初にスクールにきちんと通って、基本を押さえた上での応用力を身に着けることは、長期的にはプラスになってくれると思います。

「副業を始められたのは動画編集スクールのおかげです」(40歳女性)

自宅で稼げるお仕事がないかと思っていたところ、子供から動画編集があっているかもと提案されました。

独学では稼げるレベルに到達できる自信がなかったので、オンラインで学べるスクールを選びました。

私が利用したのは、完全オンラインで学べるスクールで、終了後には案件受注もサポートしてもらうことができました。

実際に案件を受注して作業してみると、スクールで学んだことをそのまま生かすことができ、やり方とか方向性が間違っていないという自信をもって作業できたことは、とても良かったです。

それに、実際に受注した案件を納品して報酬を受け取ったら、大きな自信につながりました。

現在では、少しずつ副業で稼げるようになり、毎日の生活にハリが出ましたし、ワクワクした時間を過ごせるようになりました。

スクールに通っていなかったら、今の輝く日常は手に入っていなかったと思います。私のように自宅で稼ぎたい人なら、動画編集スクールに通うことをおすすめします。

「動画編集スクールに通って転職できました」(24歳女性)

これまでは事務職のお仕事をしていたのですが、自分自身の長期的なキャリアを考えた時に、なんとなく先が見えないことに一抹の不安を感じました。

もともと動画を見ることが好きだったので、見る側ではなく作成する側になってみたいと思い、動画編集スクールへ通うことを決意しました。

スクールは簡単な所もあれば難しい所もありましたが、講師に質問できるシステムだったので、分からない所は一つ一つクリアしながら先に進むことができました

それに、学んだスキルと知識を生かして卒業後に転職できたことは、私にとっては人生の大きな転機だと思っています。