【未経験OK】動画編集案件の探し方・取り方を丁寧に解説【案件獲得出来ない方必見】

動画編集の仕事の取り方・探し方を解説【案件獲得方法&未経験OK】

本記事では、様々な動画編集スクールの取材経験を持つ編集部が、動画編集の案件・仕事の探し方・取り方を丁寧に解説していきます!

【完全解説】動画編集スクール・教室おすすめ9選!未経験でも動画編集・映像制作スキルが身につくので転職や副業、独立に有利!【YouTubeで稼ぎたい方も必見】【おすすめ】動画編集スクール・講座比較ランキング17選|社会人でも通えるオンラインスクール・専門学校【料金・口コミ】

動画編集の案件獲得方法!よくある仕事の取り方を複数解説

動画編集の案件獲得方法

動画編集で収入を得たい、できればフリーランスとしてやっていきたい…そんな場合には、まず「どうやって案件を獲得するか?」が重要なテーマとなってきます。

動画編集は稼げないはウソ!動画編集で稼げる人の特徴を解説動画編集は「稼げない」「やめとけ」はウソ!動画編集で稼げる人の特徴を徹底解説

どのくらいの収入を目的にしているにしろ、「仕事が必要な時に案件を獲得できる」環境を手に入れることが必須となるからです。フリーランスとしてやっていきたいならコンスタントに案件を獲得し続ける必要がありますし、あくまで副業としてやっていくつもりであっても、自分が仕事をできる時に案件を獲得できるようでなければ、うまく収入を得ることはできません。

では、どうやって仕事を探し、案件を獲得すればいいのでしょうか?

そもそも動画編集の仕事が副業・フリーランスとして成り立つようになったのは、インターネットの普及と通信速度の高速化、データの大容量化が実現したからです。であれば、案件の獲得においても、このインターネットのメリットを最大限に活かすことが重要です。

しかも、インターネットを活用した案件の獲得、つまり営業やプロモーションの手法は多岐にわたります。ひとつに絞るのではなく、複数のアプローチをうまく使いこなすのが理想的です。

動画案件獲得方法①:知人や友人から仕事をもらう

手軽な方法として挙げられるのが、知人や友人から仕事をもらう方法です。動画編集の案件というと、企業やアーティストなどのプロモーション映像制作のような、かなり本格的なものを連想する方も多いかもしれません。

しかし、実際の動画編集の仕事はもっと裾野が広く、幅広い範囲にわたっています。そもそもアーティストや大企業からの動画編集の仕事を担当できるのはすでに経験豊富である程度の評判を得た人材だけで、動画編集の仕事で収入を得ているほとんどの人は、あまり有名ではない小規模の企業や団体、さらには個人レベルの動画制作のニーズから案件を得ているものです。

そうなると、知人・友人レベルでも仕事をもらえる可能性も十分に出てきます。例えば、友人にYou Tubeで動画の配信を行っている人はいないでしょうか?知人・友人に動画制作のニーズがあればその仕事を請け負う、あるいは手伝う形で、仕事を獲得することができます。

また、知人や友人が企業や団体でのプロモーション活動で、動画制作・配信を行おうとしているケースも出てくるでしょう。例えば、ある地域の魅力を紹介するプロモーション動画、学校や福祉施設などの施設を紹介する動画などは、個人レベルで制作することも多く、獲得のチャンスも十分にあります。

友人・知人の縁のある施設で動画制作を検討している場合など、自分が手伝えることがないかどうかを確認してみるとよいでしょう。

さらにもうひとつ、知人・友人が動画制作に関連ある企業に勤務している、あるいは経営している場合には、業務委託の形で仕事をくれないかと打診してみる方法もあります。

いわゆるコネを使った営業活動ということになりますが、案件を探す側からすると獲得しやすく、業務の委託先を探す側としては、後述するクラウドソーシングのサービスなどに手数料を支払う必要がないので、コストが少なく済むといったメリットが得られます。

こうした知人・友人から仕事をもらう方法は、どうしても本人の友人関係・人脈に依存することになります。比較的簡単に獲得できる人とそうでない人ではっきりと分かれる傾向もあり、すべての人におすすめとは言えない面もあるかもしれません。ただ、動画制作・編集の仕事を続けていくにつれて人脈を築いていくこともできますから、その過程で少しずつ知人・友人のツテを頼る環境も作っていけば、より安定して案件を獲得し、収入を得られやすくなるでしょう。

注意したいのは、友人・知人だからといって甘えすぎないこと、そしてビジネスとして契約関係になる以上、請け負った仕事はしっかりと行うことです。もし契約通りに仕事を完遂できなかった場合、動画制作者・クリエイターとしての評判に傷がつくだけでなく、友人関係そのものにヒビが入ってしまう恐れがあります。友人・知人が関わるビジネスだからこそ、むしろ自分に厳しく、しっかりと行うくらいの心構えが必要でしょう。

動画案件獲得方法②:クラウドソーシングを利用する

多くの人にとってメインの方法になるのが、クラウドソーシングの利用です。業務委託の案件を掲載しているサイトに登録し、そこで案件を探す方法です。クラウドソーシングの仕組みそのものがネット上で成熟し、ニーズが高まっていることで、さまざまな案件を見つけられる方法となっています。

このクラウドソーシングの特徴は、いろいろな案件を探すことができるだけでなく、自分に向いた・合った案件を絞って探すことができる点です。

ここで掲載されている案件には、求人情報と同じように、主な業務の内容、応募条件、案件の内容が掲載されています。例えば、「未経験歓迎!」「You Tuber用の動画編集者を探しています」などです。もちろん、報酬額や納期も掲載されているので、その案件で実際にどれぐらいの収入を得ることができるのかもあらかじめ確認できます。

このクラウドソーシングサービスでは、まず案件を探し、良さそうな案件が見つかったら応募します。その後、クライアントから返信が来たら、直接やり取りして、詳細の確認や疑問点の解消を行った上で、業務委託契約が成立、という運びになります。

応募条件さえ満たせばサービスの利用者の誰でも応募できますから、まったくコネもツテもなく、どうやって案件を探したらいいのかわからない人でも、案件を探しやすい点が大きな魅力です。

このクラウドソーシングを通してさまざまな仕事をこなしながら、少しずつ難易度の高い、高単価の仕事へと自分をレベルアップさせていくことで、キャリアアップと収入アップの両方を実現することもできるでしょう。

注意したい点としては、たくさんの求人があるとはいえ、いつも自分に向いた求人を見つけられるとは限らない点、そして、良い求人には応募が集まるので、必ず獲得できるとは限らない点です。

また、先述したように、応募の後クライアントと話し合って、詳細を詰めた上で契約を結び、業務開始となりますから、応募から仕事を始めるまでに少々時間がかかってしまう面もあります。簡単で単価が低い仕事であればあるほど、このロスがマイナスになってしまうわけです。例えば、3時間で終わる案件に対して、クライアントとのやり取りで合計2時間くらいかかる、あるいは契約まで数日かかる、といったケースも起こり得ます。

もうひとつ注意したいのは、クラウドソーシングのサービスでは、案件が成立した段階で手数料が発生することです。クラウドソーシングのサービスは、仕事をさせたい人としたい人とを仲介した報酬として、その案件の報酬から一定の割合を手数料として差し引く仕組みを採っています。

具体的な手数料はクラウドソーシングごとに設定が異なる他、案件によっても違う場合があります。20パーセント程度に設定されている案件が多く、必ず報酬額から手数料分を差し引いた上で検討しなければならないわけです。5000円の案件で20パーセントの手数料なら、実際に受け取れるのは4000円となります。割の良い案件だと思って受けたのはいいものの、手数料を差し引いたらそうでもなかった、といったことにならないようにしたいものです。

動画案件獲得方法③:副業マッチングサイトで案件を獲得する

クラウドソーシングと似たような方法として、副業マッチングサイトの利用も挙げられます。大まかに言えば、クラウドソーシングも副業マッチングサイトに含めることもができます。つまり、副業・フリーランスで仕事を獲得したい人に対して、案件や求人を掲載しているサイトのことです。

【徹底比較】副業マッチングサイト・サービスおすすめ人気ランキング46選【2021年最新】副業マッチングサイト・サービス47選!おすすめ比較ランキング【2022年最新の副業サイト】

この副業マッチングサイトのシステムは、大きく2つのタイプに分けることができます。ひとつはクラウドソーシングが該当する「プラットフォーム型」と呼ばれるもので、案件が掲載され、利用者が直接応募・クライアントとのやりとりを通して案件を獲得する方法です。

それに対して、エージェント型というタイプもあります。転職エージェントと同じようなシステムを採用しており、副業マッチングサイトに登録すると担当者が付き、おすすめの案件を紹介してくれます。クライアントとの交渉や連絡の代行なども行います。

先程も触れたように、クラウドソーシングは本人が直接クライアントとやりとりをする形となるため、ちょっと手間と時間がかかってしまう面もあります。週末に仕事をしたいのに、結局、案件探しとクライアントとのやり取りだけで終わってしまった…なんてことも起こり得ます。それに対して、エージェント型なら、そうしたちょっと面倒な部分を担当者が代行してくれますから、仕事に専念できるメリットがあります。

プラットフォーム型は、自分で報酬額の提案や値上げ交渉なども行うことができます。これはクラウドソーシングのメリットのひとつですが、一方で、得意ではない方もいるはずです。また、繰り返しになりますが、こうした交渉に時間と手間をかけたくない方もいるでしょう。この点は、クラウドソーシングとエージェント型のどちらかを選ぶかにおいて、重要なポイントとなりそうです。

この副業マッチングサイトで知っておきたいのは、純粋な案件数ではクラウドソーシング(プラットフォーム型)のほうが全体的に多い傾向が見られる点と、職種の幅広さもクラウドソーシングのほうが充実している点です。クラウドソーシングのメリットには、発注する側も比較的簡単に利用できる点もあります。

You Tuberのような個人レベルの発注者は、大半がこちらのタイプと言えるでしょう。経験が浅く、小さな仕事からコツコツと経験を重ねていきたいという方には、少々手間がかかってもプラットフォーム型のほうが適しているかもしれません。

クラウドソーシングサービスを選ぶ際には、案件数や職種の幅広さ、手数料の額が重要なポイントとなりますが、エージェント型の副業マッチングサイトの場合は、プラス、担当者の質も大事になってきます。良い求人を紹介してくれる担当者と出会えるかどうかで大きな差が出てくるからです。この点も注意した上で、利用を検討しましょう。

動画案件獲得方法④:フリーランスエージェントで契約する

コンスタントに仕事をして収入を得たい、あるいは本格的に個人事業主として動画編集を仕事にしたいという方は、ある企業とフリーランスのエージェントとして契約することがひとつの目的となるでしょう。特定の企業・個人と業務委託の契約をすることで、その企業・個人からコンスタントに案件をもらうことができるようになります。

例えば、ある個人のYou Tuberが動画制作または編集の仕事を全面的に受託することになれば、そのYou Tuberの動画配信に全面的に関与する形となるため、安定して案件を獲得できるようになります。企業や団体のプロモーション動画の制作でも同様のことが言えるでしょう。

【徹底比較】フリーランスエージェントおすすめ人気ランキング21選【2021年最新一覧】【徹底比較】フリーランスエージェントおすすめランキング21選【2022年最新】

このフリーランスエージェントの魅力は、ひとつの企業・個人だけと契約を結ぶだけでなく、自分で可能な範囲内で、複数と契約を結ぶことができる点です。フリーランスなのですから当然といえば当然ですが、「単価は低いけど仕事は楽なクライアント」「仕事は大変だけど高単価なクライアント」「単価は高いけどあまりコンスタントに仕事をくれないクライアント」など、クライアントごとの特徴を踏まえながら、自分なりに理想的な仕事環境を作り上げていくことができます。

ただ、未経験からいきなりエージェントとして契約するのは難しいですし、自分で自分をうまくマネージメントする手腕も問われます。欲張って複数のクライアントから仕事を請け負った結果、やることが多すぎて納期に間に合わなくなってしまう、といった事態も起こりかねません。当然、それぞれのクライアントは、あなたが請け負っている他のクライアントの仕事の都合を考慮してくれるわけではありませんから、自分で予定を立て、進捗状況を確認しながら、複数のクライアントと付き合っていく手腕が問われるのです。

動画案件獲得方法⑤:動画クリエイターとしてSNSで発信し案件を獲得する

仕事を獲得して経験を積みながら動画制作・編集者として活動していくのではなく、自分で動画クリエイターとして、積極的にプロモートして案件を獲得していく方法もあります。SNSやブログ、サイトを通して「私は動画クリエイターです。お仕事のご依頼を承っております」と発信するのです。特に、SNSは手軽にできるプロモーションの手段として非常に優れています。

You Tuberに代表されるように、自分で制作した動画を広く世間に向けて発信し、アピールするのが簡単な時代になりました。これまで何度かYou Tuberから仕事を受注する方法について触れましたが、自らがYou Tuberのような活動をしてもいいわけです。

この方法の良いところは、自分の技術やレベルを最初からアピールすることができる点です。クラウドソーシングなどの場合、案件に掲載されている「~ができる人」といった応募条件に対して、応募者が「自分はできます」とアピールした上で交渉が行われます。しかし、実際にできるという保証は必ずしもありません。いざ契約してみたら、クライアントの要望に応えられなかった、といったことも起こり得ます。

しかし、SNSなどで自分の制作した動画を配信していれば、クライアントもそれを見てレベルをチェックし、「ぜひ頼んでみたい」あるいは「これならこちらの要望にも応えられるだろう」と見極めた上で、依頼するかどうかを判断できます。契約後にトラブルが生じる恐れが少なくなるわけです。

自分のSNSや動画配信サイトのチャンネルでフォロワーが増えれば見る人も増え、自然と案件を獲得するチャンスも増えていきます。SNSを運営する手間や誹謗中傷などのリスクもありますが、非常に有望な選択肢なのは間違いないでしょう。

動画案件獲得方法⑥:自身の専用サイトを作り問い合わせフォームを設置

上の方法と一部重なりますが、自分で動画配信を専門にしたサイトを作った上で、プロモートする方法もあります。この場合には問い合わせフォームを設置して、興味を持ってくれた人が簡単に案件について問い合わせできる環境を用意するのがポイントです。

専用サイトを作ることで、より本格的に動画の配信や自己アピールができるようになるでしょう。SNSが運営や更新を簡単にできる点にメリットがあるのに対して、こちらは本格的な動画配信サイトとして、充実した内容にできるのが特徴です。

ポイントは、どうやってサイトを宣伝するか、どうやってまずアクセスしてもらい、作成した動画やプロモーションを見てくれる人を増やすかです。この点はSNSよりもハードルが高い面もあるため、必要に応じてSEOなどの対策も必要になるでしょう。なお、SNSとリンクさせながら両方行っていくのも良い方法です。SNSで動画をチェックしてもらい、知名度を高めつつ、「もっと私の動画をご覧になりたい方はサイトをチェックしてください」と誘導するわけです。

動画案件獲得方法⑦:Eメールや問い合わせフォームから直接営業

これはかなり自信と積極性がないと難しいかもしれませんが、自ら企業や動画配信を手掛けている個人・団体に、Eメールや問い合わせフォームから直接「私を使ってください」と営業をかける方法もあります。

こちらは、SNSや専用サイトによるプロモートとは逆のパターンです。応募する側が動画配信を行っている企業・団体・個人のサイト、SNS、動画配信サイトをチェックし、配信されている動画の内容から「自分にも作れる」「自分ならもっといいものが作れる」と判断する形になります。

この方法が良い方法なのかどうかは、本人のスキルや経験によって大きく左右されるでしょう。すでに豊富な経験や実績を持ち、自分のスキルに自身がある人なら、かなりの効果が期待できます。一方、まだまだ経験に乏しい、これから動画制作者・編集者としてキャリアを積んでいく必要がある方は、なかなかうまくいかない可能性が高くなります。

いずれにしろ、自己プロデュース能力が必要ですし、成功するよりも失敗する可能性のほうが高くなりがちなので、売り込みに失敗しても落ち込まないメンタル面の強さなども必要になりそうです。

動画編集の仕事を獲得しやすくするコツ

動画編集の仕事を獲得しやすくするコツ

これまで挙げてきた方法で動画制作・編集の仕事を獲得していくわけですが、獲得しやすさを高めるべく、さまざまな準備・対策を行っておきましょう。案件獲得のためのアプローチだけでなく、アプローチをかけた時に、自分の武器になるようなものを用意するわけです。

動画編集スキルを向上させる

基本中の基本になりますが、動画制作・編集スキルを向上させることです。いろいろな作業に対応できる高度な制作・編集が可能であればあるほど、多くの案件を受けることができますし、さまざまな条件に応えて、動画クリエイターとしての評判を高めていくことができます。

このスキルの向上に関しては、日頃から研鑽に努める向上心が必要なのはもちろん、実際に仕事で経験を積んで磨き上げていく面もあります。ですから、スキルが高い人ほど案件を獲得しやすく、また案件を獲得できる人ほどスキルを向上させやすい、という好循環が生まれます。

一人で黙々と勉強を続けるだけでなく、これまで挙げてきたような方法で案件を獲得して、経験を重ねながら向上させていく環境を築くことが大事です。未経験とか経験が浅いのなら、簡単な仕事から始めて、少しずつ単価と難易度が高い仕事へとシフトさせていく…そんなキャリアアップとスキルアップのリンクを意識しましょう。

ポートフォリオを充実させる

SNSでのプロモートの部分でも少し触れましたが、自分が制作・編集した動画(ポートフォリオ)でスキルや経験をアピールすることで、案件を獲得しやすくなります。SNSや専用サイトで公開するだけでなく、案件に応募した時に、先方から「あなたのポートフォリオを見せてくれないか」と求められることもあるため、いわば履歴書と職務経歴書を兼ねたような意味も持っています。

このポートフォリオを充実させることで、どのようなメリットが得られるのでしょうか?当然、一目瞭然の形で「自分にはこんなことができます」とアピールできることが最大のポイントとなります。ポートフォリオが充実していて、先方に見る目がしっかり備わっていれば、「この人なら仕事を任せられる」と判断されて、案件を獲得しやすくなります。

これは、動画制作・編集者としての信頼度を高める意味でも大きな意味を持っています。

この分野は「どれだけのことができるか」が重要になるわけですから、立派な経歴を記した履歴書よりも、ひとつのポートフォリオのほうが説得力がある、とも言えるのです。履歴書・職務経歴書だけではその人がどれだけのスキルを持っているのは測りがたいですが、ポートフォリオなら「この動画が制作できるならこれくらいのことができるに違いない」と確認ができるわけです。業務委託をする際に、どうしても問題となる「この人材は本当に期待に応えてくれるのか」という疑問を解消し、信頼してもらう上で欠かせないものなのです。

逆に言えば、ポートフォリオを充実させないと、自分のスキルや経験をしっかり伝えられない恐れもあります。例えば、80点のスキルを持っているにも関わらず、ポートフォリオの出来がせいぜい60点レベルだった場合、それを見た人は、あなたの動画クリエイターとしてのレベルを60点程度だと判断してしまうことになります。

履歴書代わりの動画がかえって評価を下げてしまう恐れもあるわけです。たかがポートフォリオと侮るなかれ、自分のスキルのすべてを投入するくらいの心構えで制作することが求められます。スキルが向上したと思ったら、その都度新しいポートフォリオを作り直すことも必要になるでしょう。

Youtube等の特定の動画編集に特化する

先程の動画スキルを向上させる話と少し矛盾する面もありますが、特定の分野に特化して活動していくのもひとつの選択肢です。幅広い案件をこなして実績を重ね、スキルを向上させていくのではなく、YouTubeや動画広告など、一定の分野にターゲットを絞って活動していくのです。

対象となる案件の選択肢が当然狭くなりますが、評判を重ねていくことで、その限られた分野で評判を高め、動画制作・編集者としての知名度も高めやすくなるでしょう。極端な話、狭い分野に特化すればするほど、その範囲内で評判を高めるチャンスが大きくなると言えます。

とはいえ、あまり特化しすぎると案件を見つけにくくなる面もありますし、特化すればするほど求められる技術やスキルが高度で専門的なものになりがちですから、コンスタントに活動できる範囲内で特化を目指す「さじ加減」も欠かせません。

未経験では動画編集の案件を取れない?

未経験は動画編集の案件を取れない?

動画制作・編集の仕事は、経験がないと獲得するのが難しいと言われます。フリーランスの場合は業務委託の形になりますから、当然「できて当たり前」で、たしかに未経験では難しいのは事実です。しかし、誰でも最初は未経験で、現在バリバリ活躍している人も、未経験から案件を獲得しながら経験と実績を重ねていったわけですから、決して案件が取れないわけではありません。

動画編集案件は未経験で実績がない場合は獲得難度は上がる

未経験で実績がない場合でも、案件を獲得することは可能です。方法はいたって簡単で、「未経験応募可」「未経験歓迎」の案件を探すことです。探してみると、意外と多く見つかります。すでに作成された動画にテロップやカットの挿入を行うといった簡単なものが多く、未経験でも十分に対応可能です。

ポイントとしては、動画制作・編集の仕事そのものは未経験であっても、例えば自分でYou Tubeの動画を作成・配信している、SNSやサイトで動画を配信しているなど、動画制作・編集の作業を行ったことがある人が優遇されます。

ですから、さきほど挙げたSNSや専門サイトでの動画配信は、未経験者が案件を獲得する上でも意味を持ってくるわけです。ポートフォリオをしっかり作ることも同様です。

こうした未経験可の案件の中には、「必須スキル」と「歓迎スキル」を分けて掲載しているケースも見られます。動画制作・編集ソフトの基本操作が前者、動画制作・編集作業の経験が後者に該当します。ですから、動画編集・制作の仕事が未経験であっても、「歓迎スキル」に分類される経験や実績をどれだけ持っているかがポイントになるでしょう。

初心者・未経験の動画編集案件探しはクラウドワークスがおすすめ

先述したように、こうした未経験可の案件は、エージェント型の副業マッチングサイトよりも、プラットフォーム型のクラウドソーシングのほうが見つけやすい傾向が見られます。特に、クラウドソーシングサービスの中でも規模が大きく、動画編集案件の多いクラウドワークスは、おすすめの選択肢として挙げられるでしょう。

クラウドワークスの評判・口コミを調査!メリット・デメリットも解説クラウドワークスの評判・口コミを調査!メリット・デメリットも解説

ポートフォリオ作成ができる動画編集スクールはおすすめ

「歓迎スキル」を満たすために、動画編集スクールで「経験」を積んでおくのもおすすめです。動画制作・編集全般のスキルを効率よく学ぶことができ、専門的なスキルやテクニックを身につけられます。需要の増加もあって、未経験者向けで初歩的な部分から学ぶことができるものもあれば、キャリアアップ・スキルアップ目的でより高度なスキルを学ぶことができるものまで、動画編集スクールもさまざまなタイプのものを見つけることができます。

【完全解説】動画編集スクール・教室おすすめ9選!未経験でも動画編集・映像制作スキルが身につくので転職や副業、独立に有利!【YouTubeで稼ぎたい方も必見】【おすすめ】動画編集スクール・講座比較ランキング17選|社会人でも通えるオンラインスクール・専門学校【料金・口コミ】

また、動画編集・制作に直接関連したスキルだけでなく、フリーランスの動画クリエイターとして活動していく上でのさまざまなスキル・知識を身につける機会も得られます。例えば、動画制作に関わる業界の裏話や自分をプロモートするコツ、案件を獲得するための方法などです。

さらには、就職・転職活動のサポートを行っているところも少なくありません。スクールと提携している企業への仕事の斡旋や、業務委託の形での案件の紹介などもあります。フリーランス・副業でやっていきたいという方にとっても、案件獲得につながる良い選択肢と言えます。

こうしたスクールでは、ポートフォリオの作成も行われます。単に質の高い動画を作るだけでなく、「どんなポートフォリオで自己アピールができるのか」も踏まえた上で作成していくことができるのです。

自分がどんな動画制作の分野で活躍したいのか、または自分のどんなスキル・強みをアピールしたいのかによって、ポートフォリオの内容も変わってきます。先程、履歴書・職務経歴書としての面もあると書いたように、ポートフォリオを見た人に対して「自分はこんなことができます」「この部分が強みです」とアピールできる内容であることが求められるのです。

ただ、そのためには動画制作・編集のスキルだけではなく、自分のスキルや強みをある程度客観的に見据えた上で、それをポートフォリオに反映させる手腕も求められます。自分で行うにはなかなか難しいこうした部分も、スクールなら講師のアドバイスを受けながら作成できます。スクールでのポートフォリオの作成を通して自分の強みや個性を知ることで、その後改めてポートフォリオを作成する上でも役に立つはずです。

このように、動画編集・制作スクールで学ぶことにより、フリーランスの動画クリエイターとして案件を獲得し、キャリアを積んでいくための土台を作り上げていくことができるでしょう。

動画編集を学びながら案件を紹介してくれる動画編集スクールがおすすめ

全ての動画編集スクールが案件を紹介してくれるわけではありませんが、動画編集案件を紹介してくれるスクールもあります。動画編集者が最初に仕事を取るのに大事なポートフォリオづくりまでスクールで出来るのはありがたいですよね!

おすすめの動画編集スクールを紹介しますので参考にしてみてください!

【厳選】説明会・体験の申し込み多数!動画編集スクール5選 編集部おすすめランキング

どこの動画編集スクールが分からないという方は、当サイトから無料説明会や無料体験の申込みが圧倒的に多い下記の人気スクール5社をおすすめします!

まずは、公式サイトから無料説明会や無料体験に予約して、詳しく話を聞いてみましょう!

  1. studio US(スタジオ アス)当サイトから最も無料説明会の予約が多いスクール!
    最近話題の月4,584円~学べる動画編集スクール!未経験からプロの動画クリエイターを目指す!

    公式サイトから、まずは無料相談
  2. 注目デジハク(総合動画クリエイター講座)当サイトから無料相談の予約急増中!(2021年10月)
    未経験から動画で稼ぐプロを目指す実践特化型スクール!月々8,250円〜
    公式サイトから無料説明会予約
  3. ヒューマンアカデミー動画クリエイター講座
    映像見放題・質問回数無制限!月8,000円から学べる人気スクールの講座!オンラインでも通学でも受講可能!
    公式サイトから無料のオンライン説明会予約
  4. MOOCRES(ムークリ)
    オンライン講座が見放題!超少数・密着型で超実践型の編集技術が学べる!

    公式サイトから無料相談・無料体験会に予約
  5. MOVA(ムーバ)
    起業/独立・フリーランスに特化したスクール!講師は第一線で活躍しているクリエイター
    公式サイトから無料説明会に予約

まずはこの5つのスクールから2〜3つ程度、無料説明会や無料体験を申し込んでみましょう!最後は自身で比較して決めていきましょう!

>>おすすめランキングを見る
>>比較表を見る

動画編集スクール
おすすめ人気ランキング
特長料金受講形態期間解説記事
studio US

studio US

公式サイト

当サイトから最も無料説明会の予約が多いスクール!
・未経験から始めるオンラインスクール
・自分の好きな時間に学習できる
・一生使える動画編集スキルが身につく
・講師がチャット対応で常時質問受付
・フリーランスとして独立を目指せる
・55,000円〜
※月4,584円〜
・オンライン型studio US
評判・口コミ
デジハク(総合動画クリエイターコース)<br /><noscript><img src=

注目デジハク
DIGITAL HACKS

公式サイト

注目相談予約が急増中!
・未経験者を対象にしたスクール
・24時間好きな時間に受講・学習
・基礎からしっかり学べる
・副業/独立サポート
・業界最安級のオンラインスクール
月々6,100円(税込)〜・オンライン型無制限デジハク
評判・口コミ
ヒューマンアカデミー 動画クリエイター講座

ヒューマンアカデミー
動画クリエイター講座

公式サイト

説明会予約が当サイトで最多!
・現役動画クリエイターが監修
・質問回数無制限、映像見放題
・オンラインでも通学でも受講可能
・未経験から動画業界へ転職したい方
・Premiere Pro/After Effects/Photoshop等
・月々8,000円~
・入学金11,000円
・オンライン型
・通学型
・6か月
・12ヶ月
ヒューマンアカデミー
動画クリエイター講座の
評判・口コミ
MOOCRES(ムークリ)

MOOCRES
(ムークリ)

公式サイト

・動画クリエイターへの最短ルート
・プロが教える動画編集スクール
・少人数の超実践型指導
・無制限オンラインサポート
・生徒は最大15人
・660,000円・オンライン型
・通学型
・5ヶ月MOOCRES(ムークリ)の
評判・口コミ
MOVA |フリーランスの動画クリエイターになれる学校

MOVA

公式サイト

・起業/独立・フリーランスに特化したスクール
・講師は第一線で活躍しているクリエイター
・課題動画制作やチームでの撮影中心
・オフライン✕少人数の授業
・ゴールは実案件の受注と制作
・660,000円
※月々26,800円〜
・オンライン型
・通学型
・12ヶ月MOVA(ムーバ)の
評判・口コミ
デジタルハリウッド STUDIO by LIG

デジハリ STUDIO
by LIG

公式サイト

・3ヶ月で映像の基礎がすべて身につく
・トレーナーは映像業界の現役
・企画やシナリオ作りなどの技術も習得
・就職や転職までサポート
・月に一度行われるLIVE授業
・66,000円
※動画エディター講座
・オンライン型
・通学型
・1ヶ月〜デジタルハリウッドSTUDIO by LIGの
評判・口コミ
TechAcademy 動画編集コース

TechAcademy
動画編集コース

公式サイト

・Premiere Proで動画編集スキル習得
・週2回のマンツーマンメンタリング
・毎日のチャットサポート
・回数無制限の課題レビュー
・現役動画クリエイターがメンター
・4週間 174,900円
・8週間 229,900円
・12週間 284,900円
※月々約7,288円〜
・オンライン型・4週間
・8週間
・12週間
TechAcademy
動画編集コースの
評判・口コミ
セカジョブ

セカジョブ

公式サイト

・動画編集で副業を目指すスクール
・講師は、実際に動画編集で稼いでいる人
・動画編集スキルで、副業を始めたい方
・オンラインで受講完結
・挫折させないサポート体制
・3ヶ月 250,800円
※月々10,450円
・6ヶ月 283,800円
※月々11,825円
・オンライン型・3か月
・6ヶ月
セカジョブの
評判・口コミ
YouTubeに特化した動画編集講座MovieHacks(ムービーハックス)

MovieHacks

公式サイト

・YouTube特化型の動画編集講座
・短期間で動画編集スキルが身につく
・LINE@で無制限で質問可能
・受講後、案件紹介してもらえる
・Adobe premiere Proが学べる
・69,800円・オンライン型Movie Hacksの評判・口コミ
レバレッジエディット

レバレッジエディット

公式サイト

・ガンガン仕事が舞い込む動画編集者へ
・プロの編集を完全再現のカリキュラム
・徹底した高単価の案件獲得サポート
・講座受講生は会員限定グループへ参加可能
・編集、エフェクト素材、プロの添削等あり
・59,980円・オンライン型レバレッジエディットの
評判・口コミ
クリエイターズジャパン

クリエイターズジャパン
プレミアプロ講座

公式サイト

・初心者目線の分かりやすい動画講義
・1日1時間で学習できるスキマレッスン
・ロジックで実践するカリキュラム
・豊富なオリジナルテンプレート
・動画編集スキルで稼ぐ方法も解説
・79,800円・オンライン型・無制限クリエイターズジャパンの
評判・口コミ
ヒューマンアカデミー たのまな

ヒューマンアカデミー
たのまな

公式サイト

・映像制作のプロフェッショナルを目指す!
・副業を始めてさらにお金を稼ぎたい方
・PremierePro/After Effectsが学べる
・メールで無制限に質問可能
・Adobe Creative Cloudライセンス付き
・150,400円・オンライン型・6か月準備中
KAIZEN School

KAIZEN School

公式サイト

・実戦から生まれたオンラインスクール
・3ヶ月でプロの動画クリエイターを目指す
・現役動画クリエイターが講師
・Premiere Pro/After Effectsが学べる
・「KAIZEN Ad」のナレッジが手に入る
・264,000円オンライン型・・3ヶ月KAIZEN Schoolの
評判・口コミ
OneSe Personal

OneSe Personal

公式サイト

・実際に講座を通して1本の動画を制作
・カリキュラムはオーダーメイド
・講師は受講生専属のプロ映像クリエイター
・最短・約2ヶ月で動画制作が学べる
・受講生の専用チャットでオペレーター対応
・220,000円・オンライン型・2ヶ月〜準備中
OneSe Personal

Udemy
映像制作コース

公式サイト

・セール対象の場合90%OFFあり
・30日返金保証
・無制限に動画閲覧可能
・お得な価格で動画編集、映像制作が学べる
・他の受講生のレビューが見れる
動画による・オンライン型・ーUdemy 映像制作コースの
評判・口コミ
MOOV SCHOOL

MOOV SCHOOL

公式サイト

・最短でプロの技術を習得
・1講習(60分)6,000円で受講可能
・受講日時の自由
・完全オリジナルのカリキュラム
・バラエティ豊かな講師陣がマンツーマンで指導
・6,000円~・オンライン型・1ヵ月~準備中
MOOV SCHOOL

Winスクール

公式サイト

・プロ並みの映像編集スキルを習得
・CM映像やWeb映像の技術を習得
・クリエイター認定試験の一発合格率93%
・働きながら通いやすい受講形態
・1週間に何回でも受講可能
・118,800円・オンライン型
・教室型
・20時間準備中

動画編集コラム
動画編集の需要や将来性
動画編集で稼げる人の特徴を徹底解説
動画編集の楽しい点や魅力、やりがい
動画編集は簡単!難しい理由と克服する方法
動画編集を独学で学ぶ具体的方法
動画編集案件の探し方・取り方【案件獲得のコツ&未経験OK】
動画編集の副業の始め方と収入を得る具体的方法【未経験・初心者向け】
動画編集・映像制作で人気のおすすめ本 9選
大阪でおすすめの動画編集スクール5選

【関連記事】