Webマーケティングスクールおすすめ特集

動画編集・映像制作の4つの楽しい点や魅力、やりがいを徹底解説【辛い・しんどい点も解説】

動画編集・映像制作の4つの楽しい点や魅力、やりがいを徹底解説【辛い・しんどい点も解説】

本記事では、数々の動画編集スクールを取材した編集部スタッフが、動画編集・映像制作のやりがいや魅力、楽しい点を解説していきます!

反対につらい点、しんどい点もしっかりご紹介していきますね!

動画編集・映像制作の楽しい点や魅力、やりがい

動画編集・映像制作の楽しい点や魅力、やりがい

クリエイターとして動画編集や映像制作に携わる人は、それぞれに楽しいと感じる点や魅力を理解しています。どういった点があげられるでしょうか。

  • 楽しい点や魅力、やりがい①:動画を通じて第三者に感動を与えられる
  • 楽しい点や魅力、やりがい②:自分が表現したいものを反映できる
  • 楽しい点や魅力、やりがい③:自らの作品として認知される
  • 楽しい点や魅力、やりがい④:動画編集・映像制作スキルを身につけることで、働き方が広がる

楽しい点や魅力、やりがい①:動画を通じて第三者に感動を与えられる

映画やドラマを見て感動したという経験を持った人が多くみられます。

これは俳優の迫真の演技に魅了されたという点もあれば、動画編集や映像制作の場で施されるVFXやCG特殊効果が観覧者の意表を突いたという点も考えられます。どのみち、動画編集者や映像制作者の手を介さなければ、感動を与える映像は生まれません。

このところではグラフィック技術や撮影技術の向上から、映像の世界でも感動を呼ぶ演出や、特殊効果による演出が増えています。ほんの数コマ、数秒の動きの中にほんの一瞬感動を呼ぶ動きをインサートすることで、動画が引き締まることも多くあります。

結果として視聴率、DVDの売り上げにつながります。ネットの世界なら、PVアップによる広告収入などが目に見える評価といえるでしょう。

このように、多くの人に感動を与えられるといった点が魅力ややりがいにつながります。

楽しい点や魅力、やりがい②:自分が表現したいものを反映できる

クリエイターなら、登場人物をどう動かしたいか、どんな映像効果を重ねたいか常に考えているのではないでしょうか。基本の特殊効果だけではなく、新しい特殊効果について研究したり、どう反映させるか考えたりすることが多いのもクリエイターならではです。

一つの作品において、自分が表現したいものをどんどん詰め込めるのが大きな魅力になります。新しい編集技法を含めることもいいですし、オーソドックスでセオリーだらけの編集技法を逆手にとって、新しい視点を作ることもクリエイターのセンス次第です。

自分が表現したかったもの、納得できるものが完成した時に、とても大きなやりがいを感じます。これが評価されるとクリエイター冥利に尽きるのではないでしょうか。世界中においていろいろな感性を持つ人がいます。作り手側がどんなに異端な作品だと感じても、受け入れてもらえる可能性があります。

自分の「表現したいこと」を封印せず、作品に思いのたけをぶつけてみると、その楽しい気持ちに拍車がかかります。これは醍醐味といえるでしょう。

楽しい点や魅力、やりがい③:自らの作品として認知される

これまでは、一つの映像作品において登場人物を評価することがほとんどでした。昨今では登場人物の評価ばかりではなく、監督やスタッフ陣に対する評価も高まっています。「この映像クリエイターの作品だから期待する」というように、登場人物よりもクリエイターの名前で作品への期待値が高まることが増えています。

たとえ1作品でも、認知度が高まれば過去の作品に関しても注目されるようになります。注目度が高まれば、新作に対する制作意欲も高まりますし、クライアントからの依頼に関しても精力的に引き受けたいと思えるようになるでしょう。

自分の知識や創造力との戦いになる部分がありますが、大きなモチベーションが背中を押してくれるようにもなります。

自分の名前が売れるということは、映像の世界において認められたと認識してもよい事柄です。夢を目指して頑張ることもやりがいにつながります。

楽しい点や魅力、やりがい④:動画編集・映像制作スキルを身につけることで、働き方が広がる

大学や専門学校で学んだ知識を、映像制作や動画編集の場で生かす人も見られます。趣味が高じて業界に飛び込んだ人もいることでしょう。誰もが初めは「スタッフの中の一人」でありプロジェクトの下流を担う位置で職務に当たります。年数を重ねることや、仕事のキャリアを重ねることで、リーダーや統括といったキャリアアップが目指せます。

ある程度の研鑽を積んだところで、後進の指導に当たる人や独立して個人事務所を構える人など、さまざまな働き方を選べるようになります。

動画編集は稼げないはウソ!動画編集で稼げる人の特徴を解説動画編集は稼げないはウソ!動画編集で稼げる人の特徴を徹底解説

動画編集・映像制作の仕事でしんどい・辛い点

動画編集・映像制作の仕事でしんどい・辛い点

動画編集や映像制作の仕事は楽しいことばかりではありません。プロとして活動しますので、どんな人でもしんどいと思うことや仕事をすることが辛く感じることもあります。人によって感じ方はそれぞれですが、次のようなことが挙げられています。

  • しんどい・辛い点①:クライアントからの修正が多い
  • しんどい・辛い点②:報酬の点で働き方にそぐわないところがある
  • しんどい・辛い点③:納期が決められている
  • しんどい・辛い点④:技術や設備が伴わないことがある

しんどい・辛い点①:クライアントからの修正が多い

自分の感性のままで編集をしたい、芸術を理解してほしいという気持ちはある程度理解できます。しかし仕事を受注している場合、クライアントの意図をそのまま反映させなければいけません。クライアントが思い描いた作品が作れない場合、何度となく修正が入る場合があります。時によってはせっかくの納品物がすべて覆されることもあるため、辛い気持ちになることが多くみられます。

動画編集の業務の一般的な流れ

クライアントから発注を受けて動画を制作する場合を、仕事の流れに沿ってみると、まず、クライアントや広告会社と打合せ、契約を交わす。キックオフミーティング等でクリエーターも交えて、クライアントのニーズを把握し、企画を作る。企画が固まったら、シナリオを作成し、クライアントに提案して、合意を得る。その後、動画の撮影、編集、ナレーションの収録を行って、動画として仕上げ、クライアントのチェックを受ける。必要であれば、調整、修正等を行い、作品として完成させ、納入する、という流れになる。

出典:厚生労働省「職業情報提供サイト:動画制作」

なかには、度重なる仕様変更で初めの発注から内容が大きく変わり、工期の練り直しをするほか、残業をするしかなくなることも多々見られます。

修正という状況を回避するために、制作側がクライアントを選ぶこともあるようですが、こういった状況は少ないとみられます。企画段階から会議に参加するなど打ち合わせに積極的に参加し、クライアントの思い描く映像を形にできるようプロジェクトの一員として過活動することが一般的です。

しんどい・辛い点②:報酬の点で働き方にそぐわないところがある

会社員として働くクリエイターもいれば、フリーランスで働くクリエイターも見られます。どのような働き方をしていても、単価報酬の面でそぐわないと感じている部分があるようです。

映像制作や動画編集の分野では、コンプライアンスを遵守して制作しています。また、たった数秒の動きに対し特殊効果を重ねるために、数時間もの時間を費やすこともあります。その結果、仕事量と報酬が伴わないと感じることが多く、働き方としてしんどいと感じることもあるようです。

働き方改革の一環で工期を多く確保することや、ワークシェアによって仕事量を減らせるようになったと考えられます。しかし、このところの映像技術の向上は、作業効率の向上にはつながらないこともあります。「こだわればこだわるほど良いものができるようになった」と考えることが普通で、仕事量を減らすという考えに至らないのが一般的です。

その結果、収入と仕事量に見合わないと感じることも出るようになり、単価交渉やフリーランスとして独立を検討する人も見られるようになりました。

しんどい・辛い点③:納期が決められている

映像制作や動画編集でクライアントから仕事を受けている側としては、納期が決められていることがほとんどです。企画段階から最終納品まで2ヶ月間のプロジェクト期間が設けられていたとしても、映像制作や動画編集に費やせる時間は、その中の数日間のみという場合がほとんどです。

前工程のスケジュールが押してしまったときには、リスケジュールを強いられて、何とかオンタイムで納品できるよう打診されることもままあります。

限られた時間の中で、大切な映像効果を挿入したり、1コマ単位で修正を入れたりという工程ですので、たとえ10分間の映像でもじっくりと時間をかけたいところです。このため残業が増えることや、「こだわりすぎて前後のバランスが取れなくなった」というような失敗で、再納品を強いられることも少なくありません。

とくにCG画像を挿入する工程や、NGなども含めた1本の収録済みテープをコンテ通りに編集する作業は大きな時間を要します。こだわればクライアントや閲覧する人が喜ぶような、いわば要となる工程ですが、時間の限りが決められているので技術との闘いとなることも多くみられます。

しんどい・辛い点④:技術や設備が伴わないことがある

自分は、こういった場面を作りたいという絶対的なビジョンがあるのに、それを反映させるための技術を持っていないと悩む人も見られます。時代の流れによって、新しい編集ソフトの開発やシステムの更新などによって、自分の持つ知識は古くなってしまったと感じることもあるようです。

設備投資や技術習得をすれば、現在の映像技術とこれまで培った制作ノウハウをリンクさせることもできます。しかし、それらのすべて手に入れるためには資金も必要になります。デジタル機材に対する設備充実の場合、おそらく年収以上の投資が必要になることも考えられるでしょう。

技術を持っている映像制作会社に転職をすることや、フリーランスエージェントを利用してプロジェクトに参画するなど技術習得や、制作ノウハウの蓄積は可能です。また、大手の制作会社では、最新鋭の機材を導入していることもあるため、自分のやりたいことを反映させることもできるでしょう。

動画編集・映像制作に向いている人はどんな人?

動画編集・映像制作に向いている人はどんな人?

楽しいことや、しんどい・辛いと感じることもありますが、動画編集や映像制作の仕事はエンターテインメントの一端を担う有意義な仕事です。閲覧者・観覧者に大きな感動を与えられる仕事でもあるので、気になったらこの世界に飛び込んでみましょう。

向いている人①:副業で稼ぎたい社会人・主婦

ここ数年、副業で稼ぐスキルとして動画編集・映像制作スキルが注目を浴びています。

オンライン型のスクールも一気に増えており、未経験でも動画編集で案件獲得をして稼げるスキルが身につけられます。

副業で稼ぎたいと考えている社会人や主婦の方は、ぜひ検討してみてください。

【完全解説】動画編集スクール・教室おすすめ9選!未経験でも動画編集・映像制作スキルが身につくので転職や副業、独立に有利!【YouTubeで稼ぎたい方も必見】【徹底比較】動画編集スクール・講座おすすめランキング17選|社会人でも通えるオンラインスクール・専門学校あり

向いている人②:クリエイターとして成功したい人

動画編集や映像制作を担う人は、単純なエンジニアではなくクリエイターです。仕事を始めたばかりのときは、下流作業として依頼されるいわゆるエンジニア系の作業が多いかもしれません。

しかし、ノウハウを蓄積し自分なりの表現ができるようになれば、作品をよりよく見せるための魅力的な編集技術を反映できるようになります。

学生時代に映像に関する勉強をしてきた人はもちろんのこと、趣味と実益を兼ねて行ってきた動画編集を仕事にしたいと思った人は、思い切って映像制作の世界の扉を開いてみませんか。

動画編集・映像制作が学べるおすすめのスクールもありますので、検討してみても良いでしょう。

自分が創造した世界観を映像に乗せて全世界へ発信できるのは、一種の野望とも言えます。「全世界へ発信」というのは大げさかもしれませんが、インターネットが普及した今では「全世界へ発信」も現実になる可能性も生まれています。

映像に関する仕事は誰もができる技術ではないので、クリエイターとして成功を目指しているひとにはおすすめです。

向いている人③:将来独立したいと考えている人

映像制作会社に就職して下積み経験を経て、コンテの立ち上げから制作・編集といった監督作品を手掛ける人も少なくありません。自主製作作品を作り動画投稿サイトへ投稿することを続けるなど何らかの活動を続けていれば、将来的に監督作品を打診されたり、プロジェクト統轄を任されたりといった大仕事に出会える可能性が高まります。

もちろん、安定性を重視して映像制作会社で仕事を続けることもよいでしょう。しかし自由度が高い仕事をしたい、自分なりの表現を映像に反映させたいという場合は独立することも一案です。独立することはクリエイターとしても成功することにつながりますので、自分にとって大きな目標となるでしょう。

独立に関する考え方は人それぞれなので、必ずしも「動画編集・映像制作に向いている人」ということはできませんが、「映像会社の1スタッフ」ではなく自分の名前を世に出したいという人は、この世界に向いているといえます。

向いている人④:新しい表現に興味が尽きない人

単純に空を飛ぶシーンでも、どのようにキラキラ感をプラスするか、空を飛んでいるときの高揚感を打ち出すか、映像制作の世界や動画編集の世界では大きな戦いとなります。ジャンプするという1秒ちょっとの動きでもスピード感や軽さ、体の力の流れなどをすべて表現できるよう編集するのが、この仕事の醍醐味です。

このところでは、映画の世界でも動きや香りなどが体感できる4DX作品が増えています。臨場感あふれる映像と、インパクトが強い効果が求められるようになり、時間を経てそれらの上書きが求められることも増えてきました。動きや香りでさらに臨場感を感じるには、映像制作はもちろん、編集技術のクオリティが大切です。これらが伴わなければ「つまらない作品」で終わってしまうでしょう。

CGで作った創造物に対し、どれだけ軽さや重さを表現できるか、風が吹いた時の質感を表現するのにどういった効果を用いればいいのか、興味が尽きない人は、映像制作や動画編集の仕事に向いています。常に新しい表現や技術を追求したい人は、ぜひこの道を究めてください。エンタメの世界の一端を担い、自分の表現の場を世界に広げてみませんか。

動画編集・映像制作を学びたい方はスクール・専門学校もおすすめ

動画編集・映像制作を学びたい方は、スクール・専門学校がおすすめです!

実際に教室に通う通学型や、オンライン型など色々な動画編集・映像制作スクールがありますので、ご自身に合うスクール・専門学校を選びましょう!

【完全解説】動画編集スクール・教室おすすめ9選!未経験でも動画編集・映像制作スキルが身につくので転職や副業、独立に有利!【YouTubeで稼ぎたい方も必見】【徹底比較】動画編集スクール・講座おすすめランキング17選|社会人でも通えるオンラインスクール・専門学校あり
動画編集スクール
おすすめ人気ランキング
特長料金受講形態期間解説記事
ヒューマンアカデミー 動画クリエイター講座

ヒューマンアカデミー
動画クリエイター講座

公式サイト

説明会予約が当サイトで最多!
・現役動画クリエイターが監修
・質問回数無制限、映像見放題
・オンラインでも通学でも受講可能
・未経験から動画業界へ転職したい方
・Premiere Pro/After Effects/Photoshop等
・月々8,000円~
・入学金11,000円
・オンライン型
・通学型
・6か月
・12ヶ月
ヒューマンアカデミー
動画クリエイター講座の
評判・口コミ
studio US

新着studio US

公式サイト

注目相談予約が急増中!
・未経験から始めるオンラインスクール
・自分の好きな時間に学習できる
・一生使える動画編集スキルが身につく
・講師がチャット対応で常時質問受付
・フリーランスとして独立を目指せる
・55,000円〜
※月4,584円〜
・オンライン型studio USの
評判・口コミ
DIGITAL HACKS(デジタルハックス)

新着DIGITAL HACKS
(デジタルハックス)

公式サイト

・講師は全員現役動画クリエイター
・好きな時間に学び放題
・仕事が集まるクリエイターを目指すスクール!
・24Hチャット質問できる / 面談サポート有
・完全オンライン形式
・168,000円〜
※月7,000円〜
・オンライン型・60日
・90日
※準備中
MOOCRES(ムークリ)

MOOCRES
(ムークリ)

公式サイト

・動画クリエイターへの最短ルート
・プロが教える動画編集スクール
・少人数の超実践型指導
・無制限オンラインサポート
・生徒は最大15人
・660,000円・オンライン型
・通学型
・5ヶ月MOOCRES(ムークリ)の
評判・口コミ
MOVA |フリーランスの動画クリエイターになれる学校

MOVA

公式サイト

・起業/独立・フリーランスに特化したスクール
・講師は第一線で活躍しているクリエイター
・課題動画制作やチームでの撮影中心
・オフライン✕少人数の授業
・ゴールは実案件の受注と制作
・660,000円
※月々26,800円〜
・オンライン型
・通学型
・12ヶ月MOVA(ムーバ)の
評判・口コミ
デジタルハリウッド STUDIO by LIG

デジハリ STUDIO
by LIG

公式サイト

・3ヶ月で映像の基礎がすべて身につく
・トレーナーは映像業界の現役
・企画やシナリオ作りなどの技術も習得
・就職や転職までサポート
・月に一度行われるLIVE授業
・66,000円
※動画エディター講座
・オンライン型
・通学型
・1ヶ月〜デジタルハリウッドSTUDIO by LIGの
評判・口コミ
TechAcademy 動画編集コース

TechAcademy
動画編集コース

公式サイト

・Premiere Proで動画編集スキル習得
・週2回のマンツーマンメンタリング
・毎日のチャットサポート
・回数無制限の課題レビュー
・現役動画クリエイターがメンター
・4週間 174,900円
・8週間 229,900円
・12週間 284,900円
※月々約7,288円〜
・オンライン型・4週間
・8週間
・12週間
TechAcademy
動画編集コースの
評判・口コミ
セカジョブ

セカジョブ

公式サイト

・動画編集で副業を目指すスクール
・講師は、実際に動画編集で稼いでいる人
・動画編集スキルで、副業を始めたい方
・オンラインで受講完結
・挫折させないサポート体制
・3ヶ月 250,800円
※月々10,450円
・6ヶ月 283,800円
※月々11,825円
・オンライン型・3か月
・6ヶ月
セカジョブの
評判・口コミ
YouTubeに特化した動画編集講座MovieHacks(ムービーハックス)

MovieHacks

公式サイト

・YouTube特化型の動画編集講座
・短期間で動画編集スキルが身につく
・LINE@で無制限で質問可能
・受講後、案件紹介してもらえる
・Adobe premiere Proが学べる
・69,800円・オンライン型Movie Hacksの評判・口コミ
レバレッジエディット

レバレッジエディット

公式サイト

・ガンガン仕事が舞い込む動画編集者へ
・プロの編集を完全再現のカリキュラム
・徹底した高単価の案件獲得サポート
・講座受講生は会員限定グループへ参加可能
・編集、エフェクト素材、プロの添削等あり
・59,980円・オンライン型レバレッジエディットの
評判・口コミ
クリエイターズジャパン

クリエイターズジャパン
プレミアプロ講座

公式サイト

・初心者目線の分かりやすい動画講義
・1日1時間で学習できるスキマレッスン
・ロジックで実践するカリキュラム
・豊富なオリジナルテンプレート
・動画編集スキルで稼ぐ方法も解説
・79,800円・オンライン型・無制限クリエイターズジャパンの
評判・口コミ
ヒューマンアカデミー たのまな

ヒューマンアカデミー
たのまな

公式サイト

・映像制作のプロフェッショナルを目指す!
・副業を始めてさらにお金を稼ぎたい方
・PremierePro/After Effectsが学べる
・メールで無制限に質問可能
・Adobe Creative Cloudライセンス付き
・150,400円・オンライン型・6か月準備中
KAIZEN School

KAIZEN School

公式サイト

・実戦から生まれたオンラインスクール
・3ヶ月でプロの動画クリエイターを目指す
・現役動画クリエイターが講師
・Premiere Pro/After Effectsが学べる
・「KAIZEN Ad」のナレッジが手に入る
・264,000円オンライン型・・3ヶ月KAIZEN Schoolの
評判・口コミ
OneSe Personal

OneSe Personal

公式サイト

・実際に講座を通して1本の動画を制作
・カリキュラムはオーダーメイド
・講師は受講生専属のプロ映像クリエイター
・最短・約2ヶ月で動画制作が学べる
・受講生の専用チャットでオペレーター対応
・220,000円・オンライン型・2ヶ月〜準備中
OneSe Personal

Udemy
映像制作コース

公式サイト

・セール対象の場合90%OFFあり
・30日返金保証
・無制限に動画閲覧可能
・お得な価格で動画編集、映像制作が学べる
・他の受講生のレビューが見れる
動画による・オンライン型・ーUdemy 映像制作コースの
評判・口コミ
MOOV SCHOOL

MOOV SCHOOL

公式サイト

・最短でプロの技術を習得
・1講習(60分)6,000円で受講可能
・受講日時の自由
・完全オリジナルのカリキュラム
・バラエティ豊かな講師陣がマンツーマンで指導
・6,000円~・オンライン型・1ヵ月~準備中
MOOV SCHOOL

Winスクール

公式サイト

・プロ並みの映像編集スキルを習得
・CM映像やWeb映像の技術を習得
・クリエイター認定試験の一発合格率93%
・働きながら通いやすい受講形態
・1週間に何回でも受講可能
・118,800円・オンライン型
・教室型
・20時間準備中

動画編集コラム
動画編集の需要や将来性
動画編集で稼げる人の特徴を徹底解説
動画編集の楽しい点や魅力、やりがい
動画編集は簡単!難しい理由と克服する方法
動画編集・映像制作で人気のおすすめ本 9選
大阪でおすすめの動画編集スクール5選

 

【関連記事】