無料の資料掲載・リード獲得し放題サービスはこちら
『MARKETIMES』は、広告収益による運営を行っております。複数の企業と提携し、情報を提供しており、当サイトを通じてリンクのクリックや商品・サービスに関する申し込みが行われた際、提携する企業から報酬を得ることがあります。しかし、サイト内のランキングやサービスの評価について、協力関係や報酬の有無が影響することは一切ありません。
さらに、当サイトの収益は、訪問者の皆様に更に有益な情報を提供するため、情報の質の向上やランキングの正確性の強化に使用されています。

【用語解説/意味/定義】ITP(Intelligent Tracking Prevention)

共有
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る

ITP(Intelligent Tracking Prevention)とは、Apple社が開発したSafariブラウザの機能で、ユーザーのオンラインプライバシーを保護するために設計されています。この機能は、第三者によるクッキーの追跡を制限し、ユーザーのブラウジング履歴に基づいた広告表示を防ぐことを目的としています。

ITPは主に、ウェブサイト間でのユーザートラッキングを阻害することにより、プライバシー保護を強化します。これは、特定のサイト訪問後、一定期間(通常は30日)が経過すると、そのサイトのクッキーが自動的にブロックされるという仕組みです。これにより、広告主やマーケターは従来のようにユーザーの行動を追跡し広告を最適化することが難しくなります。

ITPの導入により、デジタルマーケティング業界では大きな変化が起こりました。従来のターゲット広告やターゲティング戦略は、この新しいプライバシー保護機能のために再考されなければならなくなりました。マーケターは、第一者データ(ユーザーが直接サイトに提供したデータ)を重視する必要があり、セグメンテーションやパーソナライズド広告の戦略を更新する必要があります。

ITPの影響は、特にEコマースサイトやオンラインメディアなど、ユーザーデータを広告収益化に利用するビジネスにとって顕著です。これらの企業は、よりプライバシーに配慮したアプローチを取り、ユーザーの許可を得てデータを収集・利用することが求められています。

同義語
ITP, インテリジェントトラッキングプリベンション, Intelligent Tracking Prevention
« マーケティング・広告 用語集トップへ戻る