社内SE転職ナビの評判・口コミを調査!特徴やおすすめポイントも解説

社内SE転職ナビの評判・口コミを調査!

本記事では、社内SE転職ナビを検討中の方向けに評判・口コミやメリット・デメリット、申し込みから利用の流れまで徹底的に解説していきます!

社内SE転職ナビの評判・口コミまとめ

  • 他社より社内SEに詳しい
  • 多忙でもオンライン面談で転職できる
  • 希望している企業に転職できた
  • 自分の想像していなかった段階からの社内SEへの転職
おすすめのIT転職に強いエージェント17選比較【2021年】

目次(クリックしてジャンプ)

社内SE転職ナビは、ITエンジニアの働き方を革新するおすすめの求人情報サイト

社内SE転職ナビ

社内SE転職ナビの公式サイトはこちら

社内SEは、会社の主なシステムや運用を築き上げたり、それを守っていく仕事です。また、クライアントやお客様への対応、社員へのコンピューター機器のアドバイスや、システムの使い方などの対応や壊れた時などの処置などを主に行います。

主な仕事内容はシステムエンジニアとほとんど変わりませんが、社内SEは自分の会社でのシステムやトラブルを専門に扱います。社内SEは、会社の経営に対する方針や事業に対する取り組み方、会社のカラーなどを十分に把握し、業績や実績を上げたり、仕事へのプロセスを明確にし、金銭面サポートや、それに応じた新システムを導入、提案します。
社内SE転職ナビは、「アイムファクトリー株式会社」が行っている転職サービスで、社内SEの求人に特化した転職エージェントです。

社内SE転職ナビは、発足が2016年の10月からで、よく名前を耳にする主に大手と呼ばれる転職のエージェントと比較すると、世間にはあまり知られていません。

社内SE求人紹介社数は、求人が1人当たり平均7.3社

ですが、大手より求人の数も少ないものの、多くの人気のある社内SEにフォーカスでき、効率的に社内SEへの転職活動を行うことが可能です。社内SE求人紹介社数は、求人が1人当たり平均7.3社と多くの紹介を受けている実績があります。また、転職支援実績は約15000人。紹介可能企業数は約4000社。有効求人数(非公開を含む)は約6500件と、豊富な実績があります。

\まずは無料会員登録/

社内SE転職ナビの公式サイトはこちら

有効求人数(非公開を含む)は約6500件

社内SE転職ナビのメリット

社内SE転職ナビのメリット

社内SE転職ナビの公式サイトはこちら

メリット①:社内SEの求人に強い

社内SE転職ナビは名前の通り、社内SEに特化しており、求人が豊富です。他社比較の例を挙げると、マイナビIT AGENTの社内SE求人数が1150件、ワークポートの社内求人数が1042件、レバテックキャリアの社内求人数が542件です。その中で社内SE転職ナビの社内SE求人数は1007件と大手企業の転職エージェントと比較しても遜色ありません。社内SEで取り扱っている求人の約70%は非公開求人です。

非公開求人とは、あらゆる理由からWEB上で公開されておらず、誰でも閲覧ができるというわけではありません。そのため、閲覧したり実際に紹介をしてもらうには、転職エージェントの会員になる必要があります。企業側が非公開求人にする理由としては、大きく3つ挙げられます。

1つ目は、応募が多くなると採用に関わる担当者の負担が大きくなってしまうからです。

2つ目は、社内SEは急な人材確保を強いられることも珍しくありません。そのため、急な人材が必要になった際に、毎回求人を公開する手間を省くためです。

3つ目は、社内SEは会社にとっても今後を左右する影響を与えるポジションに位置することもあります。そのため、競合他社に募集の内容を知られないためにも、求人を非公開にする企業が多いことです。以上の理由から、非公開求人は簡単に検索できませんが、社内SE転職ナビに会員登録し、応募が可能となれば多くの社内SEを紹介・提示してもらうことが可能です。

メリット②:あらゆる面談方法から選べる

社内SE転職ナビは主に3種類の面談方法から用意しています。そのため、自分自身に適した面談方法を選択することができます。カジュアル面談とキャリア面談、そしてオンライン面談から選ぶことができますが、カジュアル面談は社内SEに転職しようかどうか悩んでいる方にオススメの面談方法で、気軽に社内SEについて詳しく教えてくれます。

キャリア面談は、すでに社内SEへの転職を決めている方にオススメの面談方法です。より細かい希望や条件などから求人を紹介してくれるので、スムーズに転職活動をスタートすることができます。オンライン面談は、実際に直接面談することが困難な方にオススメの面談方法で、今現在に就いている仕事が忙しかったとしても、電話やオンラインツールを使って足を運ばぶことなく、カジュアル面談、もしくはキャリア面談をすることが可能です。

メリット③:紹介する求人の範囲が幅広い

社内SE転職ナビは幅広い求人を取り揃えています。開発エンジニアでは、システムエンジニアやプログラマなどがあります。

インフラ系では、ネットワークエンジニアやサーバーエンジニア、インフラエンジニアなどがあります。企画・マネジメントでは、プロジェクトマネージャやシステムコンサルタントなどがあり、今挙げただけでもこんなに多くの求人を取り揃えています。多くの業種が即戦力を求められますが、今まで培ってきた実績や能力によって最も適した転職先を経験豊富のキャリアコンサルタントが提示してくれるので、自分に合った転職先を選択できるようになっているので安心です。

\まずは無料会員登録/

社内SE転職ナビの公式サイトはこちら

有効求人数(非公開を含む)は約6500件

社内SE転職ナビのデメリット・注意点

社内SE転職ナビのデメリット・注意点

社内SE転職ナビは、社内SEに転職を希望されている方には最適な転職エージェントです。しかし、注意しなくてはならない点が3つあります。

社内SE転職ナビの公式サイトはこちら

デメリット・注意点①:求人が社内SEのみ

社内SE転職ナビは、文字通り社内SEのみの求人を扱う転職エージェントです。そのため、社内SEではない職種の求人が一切ありません。エンジニアとして転職を希望される方でも社内SEではない職業に転職を希望している方も少なからずいるはずです。そのような方は、「ワークポート」などさまざまな職種やエンジニアを扱っている転職エージェントをオススメします。

デメリット・注意点②:業界での経験がない方の転職が難しい

今現在の社内SEの求人のほとんどは、業界での実働経験のある方や、今すぐに戦力として活躍できる方を求めています。ですから、業界での経験が全くない方は社内SE転職ナビに登録し、コンサルタントと面談を行ったとしても、条件に見合った求人を提示してもらえない場合もあります。

実際に社内SE転職ナビで転職をしている方のほとんどが、業界での実働経験がある方だからです。以上の理由から、社内SE転職ナビを用いて社内SEへの転職をしたいのであれば、まずはエンジニアとして経験することがマストです。まずは、未経験の方向けの「ワークポート」に登録してみるところから始めてみましょう。

ワークポートでは無料で学べるプログラミングスクール「みんスク」も運営しており、プログラミングなどの専門技術を勉強してから転職を考えている方は、「みんスク」で勉強してからワークポートに求人を提示してもらいましょう。

デメリット・注意点③:地方の求人に弱い

社内SE転職ナビが取り扱う求人のうち、約8割以上は東京の求人です。その理由として、社内SEの求人を出している企業の本部が東京などの中心部に集まっている傾向があるからです。そのため、地方での社内SEに転職を希望している方は、地方の求人も多く取り扱っている「doda」や「リクルートエージェント」を用いるのがオススメです。

\まずは無料会員登録/

社内SE転職ナビの公式サイトはこちら

有効求人数(非公開を含む)は約6500件

社内SE転職ナビの評判・口コミ

社内SE転職ナビの評判・口コミ

転職エージェントを用い、社内SEに転職をしたいと考えている方は、実際に社内SEに転職された方の声を聞いてみたいとはずです。そこで、社内転職ナビの評判や口コミをいくつかの例を挙げて紹介します。

社内SE転職ナビの公式サイトはこちら

評判・口コミ①:他社より社内SEに詳しい

「私は、社内SEナビに一回登録してみて、面談してみるのが一番早いとも思いました。一般的な転職エージェントに比べて専門性が高いので、まず初めに活用するにはいいと思いますよ。」Nさん
「紹介してくれる求人の数自体は多くなかったけど、大手では見られない求人もあったりしました。」Kさん

このように、社内SE転職ナビは社内SEをメインに扱う転職エージェントであるため、他社の転職エージェントと比較すると社内SEに関しては強いです。効率良くスムーズに社内SEに転職するには、より社内SEに精通している人にサポートやアドバイスをもらうことがマストになります。そのため、社内SEに転職しようと考えている方は、社内SE転職ナビの専門コンサルタントを活用しましょう。

評判・口コミ②:多忙でもオンライン面談で転職できる

「土曜に出勤することもあるので、あまり時間が取れない中でもできるオンライン面談を受けることにしました。そこでコンサルタントの方からのアドバイスをきっかけに、私の希望通りの「大手の事業会社にて、上流メインでしっかりと経験を積める社内SE」への転職をすることができました!」S・Kさん

このS・Kさんのように、今現在勤めている仕事が多忙で面談などに時間が割けないような方でも、社内SE転職ナビでは「オンライン面談」を活用すると、オンラインで面談をすることができるため、電話やオンラインツールも用いて短時間でも専門コンサルタントのアドバイスを聞くことができます。

そのため「転職活動に時間を割けない」「土日やプライベートの時間は忙しい」という方も、気軽に面談をすることができます。僅かな時間があれば面談をすることができるので、現職の仕事と同時進行で転職活動したいという方は「オンライン面談」がオススメです。

評判・口コミ③:希望している企業に転職できた

ここでは社内SEへの転職を迷っている段階で「カジュアル面談」を受けた後、自分の希望している企業に転職できた方の口コミです。

「いいところがあればいいなと思い気軽に相談しました。そしたら社内SEマネージャーに転職成功しました!40代に突入して今後の人生を考えた時「転職する最後の機会かも」という思いから、カジュアル面談へ行きました。そこで「面接だけでも受けてみようかな」と感じた企業を見つけ、理想とあった企業であったため転職を決意しました。」M・Aさん

カジュアル面談では、社内SEの実態や詳しいところを気軽に面談できます。そのためこの方は、「いい転職先があればいいな…」という未だ迷っている段階での状況から、自分の希望している企業に転職をできたことから、質のいいキャリアコンサルタントと面談したことがわかります。まだふわふわとした考えの方でも優秀なコンサルタントのサポートで自分の希望している企業や、理想の環境に転職することも可能であるということです。

評判・口コミ④:自分の想像していなかった段階からの社内SEへの転職

ここでは、「こういう仕事に転職したい」という願望をキャリアコンサルタントに伝えたことで、自分の想像していなかった仕事に転職した方の口コミです。

「自社内開発でEC領域に挑戦したいと考え、実際にキャリア面談で私が2点のことを伝えました。一点目は自社内の開発でじっくりと時間をかけてキャリアアップできる環境、二点目はEC領域の開発を上流工程からワンストップで挑戦したいということ。これを話したところ、「社内SE」を提案されて今まで全く想定していなかったのですが、私の条件とがっちり一致していたため、社内SEに転職して今は満足しています。」T・Kさん

この方は、自社内の開発を行うことで自分自身のキャリアアップと、EC領域の開発を上流工程からワンストップで挑戦したいという2つの要望から当てはまる転職先をコンサルタントに相談したところ、社内SEを提示された方です。初めは予想だにしていなかったものの、いざ転職したら自分自身の要望とがっちり一致して満足しています。

\まずは無料会員登録/

社内SE転職ナビの公式サイトはこちら

有効求人数(非公開を含む)は約6500件

社内SEになっているのはこんな人!社内SE転職ナビで内定した方の経歴データ

社内SE転職ナビで内定した方の経歴データ

社内SE転職ナビの公式サイトはこちら

職種/ポジション

  • サーバーサイド30.5%
  • インフラエンジニア22.8%
  • WEBプログラマー16.2%
  • テスター13.6%
  • ヘルプデスク9.4%
  • システムコンサル4.0%
  • セールスエンジニア2.5%

転職前の業種

  • ソフトハウス42.2%
  • 大手/中堅SI37.2%
  • インターネット系13.4%
  • コンサルファーム2.2%

転職回数

  • 1回目39.9%
  • 2回目27.2%
  • 3回目14.6%
  • 4回目以上18.3%

社内SE転職ナビの無料登録方法・流れ

社内SE転職ナビの無料登録方法・流れ

社内SE転職ナビの公式サイトはこちら

公式サイトで会員登録

初めは社内SE転職ナビの公式サイトで、「会員登録」をして各項目を入力。その後、コンサルタントから案内が来るので、面談の日程を決めましょう。

個別面談

自分の選択した面談タイプで個別面談をします。面談後に辞めても構いませんので気軽に臨んでください。また、さまざまな面談の種類があるため、自身の環境にあった面談方法を選択できます。

求人の紹介・応募

コンサルタントが、希望の求人を提案してくれます。提案されてた求人は絶対応募しなくてはならないわけではないので、自分自身が応募を希望する求人に応募しましょう。

応募した求人の選考・面接

求人の応募後、選考や面接があります。社内SE転職ナビでは、その点も十分にサポートするので、安心して行えます。もし失敗しても、コンサルタントが次に活かせるアドバイスをしてくれるのでさらに内定に近づくことができ、安心して転職活動に臨むことができます。

内定・入社

内定を掴み取ったら、入社の準備です。入社後も、社内SE転職ナビは気軽に相談できます。

\まずは無料会員登録/

社内SE転職ナビの公式サイトはこちら

有効求人数(非公開を含む)は約6500件

社内SE転職ナビのよくある質問

社内SE転職ナビのよくある質問

社内SE転職ナビの公式サイトはこちら

社内SE転職ナビは未経験でも利用可能?

社内SE転職ナビは未経験でも利用可能ですが、SEという職種ですと経験が求められるので基本的にはかなり厳しいです。ある程度の経験がないと利用が難しいのが実情です。

社内SE転職ナビは40代・50代でも利用可能?

社内SE転職ナビは40代以上の案件もありますが、20代・30代と比較すると多くはありません。まずは登録してスタッフに聞いてみましょう。

\まずは無料会員登録/

社内SE転職ナビの公式サイトはこちら

有効求人数(非公開を含む)は約6500件

社内SE転職ナビの運営会社は「アイムファクトリー株式会社」

会社名
アイムファクトリー株式会社
設立
2008年7月8日
資本金
15,000,000円
役員
代表取締役 久利 可奈恵
取締役CFO 青木 悠也
取締役 吉田 真二
監査役 岡本 和巳
監査役 清水 政彦
事業内容
人材紹介事業(正社員/契約社員)

厚生労働大臣認可番号(13-ユ-303606)

プロジェクト就労支援事業 (フリーランス)
キャリア情報発信事業

アイムファクトリーエージェント
社内SE転職ナビ
エンジニアファクトリー

\まずは無料会員登録/

社内SE転職ナビの公式サイトはこちら

有効求人数(非公開を含む)は約6500件

社内SE転職ナビと他大手IT転職エージェントの比較

おすすめIT転職サービス比較特徴、評判・口コミ
マイナビ IT AGENT・IT系転職を熟知した専任のアドバイザーが担当
・自分のペースで転職活動ができる
・応募書類の添削や面接日程調整など代行
マイナビ IT エージェントの評判・口コミ
Geekly(ギークリー)・IT.WEB.ゲーム業界に強み
・平均1ヵ月のスピード内定
・担当者とLINEで連絡可能
Geeklyの評判・口コミ
レバテックキャリア・ITエンジニア・デザイナーの転職に強み
・将来のキャリアを丁寧にヒアリング
・フリーランス向けのサービスも展開
レバテックキャリアの評判・口コミ
TechClipsエージェント・1,000社以上の豊富な求人を保有
・ITエンジニア専門の転職エージェント
・高収入・好待遇に特化
TechClipsエージェントの評判・口コミ
アサイン・20-30代ハイエンド特化の転職エージェント
・長期的な活躍サポートが受けられる
・目指すキャリアとの親和性が高いエージェントが支援
社内SE転職ナビ・理想とする「社内SE」に就くまでのすべてを全面的にサポート
・転職するか決めていない / 情報収集中で受けられるカジュアル面談あり
・社内SE求人紹介1人あたり7.3社
社内SE転職ナビの評判・口コミ
UZUZ IT・第二新卒・既卒・フリーター・ニート向け
・20代の転職サポートに強み
・紹介企業はブラック企業を事前に除外
ランスタッド・オフィスワーク・製造・軽作業・ITエンジニアに特化
・全国各地に拠点がある
・転職やキャリア構築に役立つ情報が豊富
Tech Stars Agent・入社後短期離職率1%以下
・コンサルタントは業界経験者のみ
・お取引社数700社
Tech Stars Agentの評判・口コミ
マイナビクリエイター・Web職・ゲーム業界専門の転職支援サービス
・IT業界トップクラスの社内SE求人数
・社内SEのリアルを隅々まで公開
マスメディアン・専門分野で圧倒的な求人数
・ 面接アドバイスなどの充実サポート
・マーケティング・クリエイティブ職種に強み
マスメディアンの評判・口コミ
リクルートエージェント・業界トップクラスの求人数
・非公開求人が10万件以上
・転職に役立つノウハウを豊富に掲載
doda(デューダ)・企業側からスカウトメールをもらえる
・首都圏を中心に転職フェアを定期開催
・各ステップ別で転職ノウハウを掲載
@typeエージェント・首都圏(東京・横浜・大阪)の求人が豊富
・キャリアアップを目指す方向け
・企業側からスカウトメールが届く
IT求人ナビ・IT業界の専門エージェント
・キャリアコーディネーターが、経歴、業界の動向などを考慮し、過去の事例をふまえてアドバイス
・新しいキャリアパスの発見
IT求人ナビの評判・口コミ
転職ドラフト・厳選された150社からダイレクトスカウトが届く
・「年収」がスカウト時に提示される
・サポート体制が充実している
転職ドラフトの評判・口コミ
OCTOPASS(オクトパス)・国内唯一のCTO/VPoEなどハイクラス層のエンジニアを養成するサービス
・実務経験豊富なCTO等講師陣による実践講座を提供
・Facebookクローズドコミュニティを活用できる
OCTOPASS(オクトパス)の評判・口コミ

自身のキャリアに悩んでいる人は、キャリアコーチングサービスもおすすめです!

キャリアコーチングサービスおすすめ比較おすすめのキャリアコーチング7選比較!特徴や料金、メリット、選び方解説【2021年】

【関連記事】