リスティング広告を正しく理解するための基礎知識

リスティング広告を理解するための基礎知識の画像

Designed by Freepik

リスティング広告とは

リスティング広告とは、ユーザーが検索サイト(Yahoo!やGoogle)で検索したキーワードに連動する形で広告を表示させられるものである。検索と連動して表示されるため、「検索連動型広告」と言われることもある。

※「洋服 通販」の検索結果におけるリスティング広告

リスティング広告の画面表示例

上記の検索結果においては「洋服 通販」というキーワードを各広告主(もしくは広告代理店)が買付けを行い、広告枠を購入している。

※厳密に言うと「洋服」のキーワードや「通販」というキーワードで買付けを行っている可能性があるが、今回は詳しい内容は割愛する。

このようにして任意のキーワードをユーザーが検索した際に自社サイトを検索結果の上位に表示させることができる。この最大のメリットは、通常の検索結果では上位表示させることができないサイトであっても、ユーザーの目に届く箇所に自社サイトを表示させられるということである。

リスティング広告を運用したことがある、提案を受けたことがあるという人たちの中で勘違いをしている人も多いが、リスティング広告の一番のメリットと特徴はこれである。よく聞く話では「広告を出したらCV(成約)が取れる」とか「CV(成約)が取れないけどリスティングって本当に必要か」ということだが、それはそもそもリスティング広告というものを理解していない。もちろん適切なキーワードの買付けや入札、広告文の作成もCV(成約)に関わってくるものではあるが、リスティング広告とは見込みユーザーをサイトへ誘導するものであり、CV(成約)を約束しているものではない。CV(成約)が獲得できない要因はリスティング広告以外にもある場合があり、例えばサイト内の構成や申込登録ページの項目内容、近年ではスマートフォンに対応しているかどうかというところも大きな要因になる。

自社サイトプロモーションの重要性

企業サイトやブログなどのHPは、ユーザーにサイトを見てもらい、関心を持ってもらうことを目的としており、そこから自社製品を購入してもらう、イベントに参加してもらうなどのユーザー行動を促すことこそが存在意義であるといっても過言でもない。

ではHPを作成し、インターネット上に公開されたら売上が上がる、人気サイトになるかというとそうではない。なぜならばサイトは公開されてからファンが増えるまでに時間が掛かるからだ。スポーツの有名人気選手も、試合で良い結果を残し、メディアに取り上げられ、露出が拡大して初めて人々に認知されることになる。それと同じように自社のサイトもユーザーにすぐ認知されることはなく、ユーザーが検索サイトなどを使ってキーワードを検索し、その検索結果によって表示された自社サイトをユーザーがクリックし、サイトを閲覧し、ファンになってもらう。それらを繰り返すことによってファンが増えて有名なサイトとなるのである。

しかしながら今では世の中には数えきれないHPが存在しており、自社サイトを人気サイトにするにはとてつもない時間と労力が必要となる。検索サイトでキーワードを検索するが、自社サイトが表示されないというのは当たり前のようにあることだ。その検索結果を上位に表示させる技術・ノウハウはSEOと呼ばれる手法だ。SEO(Search Engine Optimization)とはYahoo!やGoogleなどの検索サイトにおいて、自社サイトが希望のキーワードで検索された際に検索結果の上位に表示させられるようにサイト内の構成や内容を調整することである。SEOはとても難しく、それを専門としてビジネスをする会社や個人事業主もいる。

ではSEOを極めれば自社サイトプロモーションは成功するのかというとそうではない。もちろんSEOは重要だ。ゆっくり時間を掛けてサイト構成の見直しを繰り返してサイトを育てることと同時に、サイトへの集客もしていく必要がある。なぜならばサイトは第三者、つまりユーザーに見られて、その良し悪しを分析する必要があるからである。Google Analyticsなどの計測ツールを使って、サイト内のユーザーの行動分析をし、より良いサイトに作り変えることが良いサイト制作となる。

サイトの成熟のため、より売上を上げるため、サイトへ集客ができる効果的な広告手法としてリスティング広告がある。

正しく理解し、取り組むことの重要性

WEBマーケティングにおける重要なポイントとして、正しい課題解決アプローチをしているかどうかということが大きなカギを握っている。このような話は寝耳に水かもしれないが、事実としてそれが出来ていないからこそ成功するものも失敗しているというのも数多く知っている。

WEBマーケティングは時間と労力がかなりかかるが、正しくやれば確実に成果が上がるので、その要点を間違わないという意識を持ってぜひ取り組んでもらいたい。


ライター

MarkeTimes副編集長

大手広告代理店にてコンサルタント業務に従事。WEB広告を総合的に企画・提案・運用・改善を行っている。過去に約200社の顧客を担当。得意領域は教育・人材・EC・美容etc。また、アプリ領域も得意としており、SDKやツールを活用した分析も実績がある。
保有資格:Yahoo!プロモーション広告 プロフェッショナル認定 アドバンスト、Google AdWords認定資格、Google Analytics 認定資格(GAIQ)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Sponsored

記事が気に入ったらシェアしよう!