取材・インタビュー掲載希望の企業様はこちら ▶

【未経験OK】副業でWebライターを始める全ステップを公開!しっかり稼ぐコツとは?

【未経験OK】副業Webライターを始める全ステップを公開!しっかり稼ぐコツとは?

本記事では、副業でWebライターを始めたい方向けに、副業でWebライターを始める手順や副業Webライターならではの注意点や稼ぎ方を現役Webライターが解説していきます!

副業のWebライターはどんな仕事?

副業のWebライターはどんな仕事?

総合転職エージェントの株式会社ワークポートは、全国のビジネスパーソン539人(20代~40代・男女)に、「副業経験」についてアンケート調査を行いました。

2018年1月、厚生労働省は働き方改革の一環としてモデル就業規則から副業・兼業を禁止する規定を削除され、そこから日本では「副業解禁」の動きが広まっていきました。しかし、副業を経験したことがあるビジネスパーソンはどの程度いるのか調査したところ、「副業経験がある」と回答した人は32.7%という結果に。

また、副業経験者にこれまでにどんな副業を経験したか聞いたところ、「Webライター」や「ブログ運営」、「アフィリエイト」、「動画編集」など、Web関連の職種を挙げた人が多くなりました。

上記職種に関しては、在宅で取り組むことが可能なため人気の結果となったのでしょう。本業の休憩時間や、仕事が終わった後のプライベートでの自由時間などで取り組みやすい、パソコンがあればできる仕事です。

さらに、副業経験者の96.0%が、「副業を経験して良かった」と回答していることがわかっています。

理由を聞いたところ、「収入になるうえスキルもつく」(40代・男性・クリエイター)と収入とスキルアップが同時に行えたことを挙げる人が大多数を占めていました。

また、「通常業務では出会えない方々と新たな繋がりができた」(40代・男性・コールセンター)、「本業では得られない経験ができている」(40代・男性・機械エンジニア)、「自己肯定感も上がり、本業にもいい影響を及ぼしている」(20代・女性・クリエイター)など、ポジティブな意見が目立っていました。

このことから、「副業を行う」ことはメリットが多く、かつ「やってよかった」と感じている人が多い結果となっています。

本記事では、副業の中でも「Webライター」にフォーカスしてご説明していきたいと思います。

与えられたテーマで記事を執筆

与えられたテーマで記事を執筆

副業Webライターは与えられたディレクターや編集者の方から与えられるテーマに沿って記事を執筆します。場合によってはSEO対策なども行いつつ、記事執筆を行うことが求められます。例えば、検索キーワード調査や競合記事分析などを事前に行った上で、今現在求められている情報を精査した上でテーマを決めたりします。

副業Webライターの場合は、記事を執筆することを求められているので、執筆以外のことをする機会は少ないです。

記事全体の構成はディレクターが決める場合も多いですが、実力がある副業Webライターに自分で決めてもらう場合もありますし、直接依頼されることもあります。

執筆テーマは様々

執筆テーマは様々

執筆するテーマは様々です。業界の数だけ種類があると思っても問題ありません。

一部例に挙げますと、業務請負を行う個人と企業のマッチングサービスを行う「クラウドワークス」の「記事・コンテンツ作成」のカテゴリには以下のような記事のジャンルがあります。

  • 美容コスメ・ファッション
  • 健康・病気
  • エンタメ
  • グルメ・料理
  • 動物・ペット
  • 住まい・生活
  • スポーツ・ビジネス
  • ゲーム
  • その他

副業Webライターは以上のような記事のジャンルならば執筆ができます。

専門性の高い「医療」分野や「法律」関連の案件は専門資格を持つプロでしか書けませんので、上記ジャンルをしっかりこなしていくことが経験につながりやすいでしょう。

また、1つのジャンルの執筆数を増やし経験を積んでいくことで、知識が身につき実績になっていきます。幅広く浅く知識を身につけるより、一つのジャンルを極めたほうが雇う側の印象もよく、また自分のライティング能力も上がりやすいため、なるべくジャンルを絞って案件をこなしていくようにしましょう。

また、「クラウドワークス」のコンテンツ・記事作成には以下のような案件も数多くカテゴライズされているため、興味があるものに関しては随時チェックしていくようにするといいでしょう。

  • キャッチフレーズ・コピーライティング
  • 名前募集
  • オウンドメディア・ブログ記事作成
  • レビュー・口コミ
  • 記事・Webコンテンツ作成
  • 文書作成
  • 編集・校正・リライト
  • セールスコピー・セールスレター
  • シナリオ作成・脚本制作・小説作成
  • インタビュー・取材記事作成
  • 書籍編集・雑誌編集
  • メルマガ・DM作成
  • その他(ライティング)

確定申告が必要になることもある

確定申告が必要になることもある

副業Webライターとして記事を執筆する場合は、副業としての収入を得ることになります。そうなると確定申告が必要な場合も出てきます。
副業としての収入が年間に20万円以上の場合は確定申告をしなければならないので気をつけましょう。

会社員として働いている場合は、会社で税金関連の手続きを行ってくれますが、副業として収入を得た場合は自分で手続きを行う必要があります。

毎年2月15日から3月15日の間が確定申告期間と定められており、この期間に所得税の申告を税務署に行います。

自分で所得税の計算を行うので、県や市で無料で提供している会計システムや、無料で使用できる確定申告用のシステムを使用するのがおすすめです。何か不明な点があれば在住している県の税務署に問い合わせましょう。

副業でWebライターを始めるメリット

副業でWebライターを始めるメリット

在宅でどこでも仕事ができる

在宅でどこでも仕事ができる

1つ目のメリットは、在宅で仕事ができること。副業Webライターは、取引先企業のオフィスで仕事をすることはほとんどありません。

在宅で仕事ができるので、1日の時間を有効に使えます。もし出勤したとして、通勤に1時間かかるとしたら、往復の時間で2時間を節約できます。しかも外出する場合何かと準備が必要なものですが、そのような時間が取られる必要もありません。また、育児中の方は子供を見ながら仕事ができるので、お子様を保育所に預けなくてもいいですし、もし保育所等に預けていたとして何か発熱や緊急の体調不良などあった場合にも、上司に断ることもなくすぐ対応することができます。

また、体調面や身体的な問題が理由で働きづらい方でもパソコンとインターネットがあれば問題ありません。

ご家族がいる場合でも自分一人でも、在宅で働けることはメリットが多いでしょう。

多様なスキルが身に付く

多様なスキルが身に付く

副業Webライターが行うライティングには様々なスキルが必要です。

例えば誰が読んでもわかりやすくするために、文章を短く区切ってまとめたり、イメージしやすくするために熟語を使ったりします。文章にまつわるスキルはもちろんですが、この他にも副業Webライターの仕事を通じて得られるスキルは多岐にわたります。

  • 誰にでもわかりやすく、きちんと伝わる文章表現力
  • 日本語の知識
  • WordPressの使用方法
  • SEO対策について
  • 執筆分野にまつわる知識
  • コミュニケーション能力

副業Webライターの場合は、WordPressというシステムを記事納品の際頻繁に使います。WordPressの操作方法を知ることで、様々な案件を獲得することも可能です。WordPressの使用経験があると追加案件を任せてもらいやすくなるのです。

未経験でも始めることができる

未経験でも始めることができる

最後のメリットは、未経験でも始めることができるということ。アフィリエイトや広告収入、自社メディア運営者は数多く存在しますが、1人で記事執筆を行うのは至難の業。多くの記事が書けませんので利益を上げることが難しくなってきます。

ですので、未経験の副業Webライターに委託して、記事執筆を手伝ってもらいたいと考えている運営者は多いです。依頼する側も、最初はライティングの基本を学んでもらい徐々に品質の高い記事を書いてもらおうと考えているため、最初は文字単価が低いものからスタートして経験値を積むようにしましょう。実力をつけ、実績を手に入れた後に単価の高い記事に挑戦してみるのが一番いいやり方ではないでしょうか。

シフトが柔軟である

シフトが柔軟である

「在宅で仕事ができる」、で前述しているかもしれませんが、働く時間を自分で選ぶことができる柔軟なスタイルは非常に動きやすいでしょう。例えば、お子さんがいる方はもちろんですが、いくつか仕事を持っている場合でも、自分でスケジュール調整ができればダブルブッキングしたりせず、一つの取引先に拘束されることもなく案件を引き受けることが可能でしょう。

副業でWebライターを始めるデメリット

副業でWebライターを始めるデメリット

収入はスキルや仕事量による

収入はスキルや仕事量による

 

まず、収入はスキルや仕事量によって変わってきます。副業Webライターは、文字単価で報酬をもらうことが多いので、文字単価×1記事に書いた文字数が全体の報酬になります。1記事の文字数が多ければ、その分貰える報酬も高くなります。

もし文字単価が高ければ、文字数が少なくても高い報酬を得ることはできるのですが、最初のうちはなかなか自分の理想の金額に到達するのは難しいでしょう。文字単価を上げるには高い専門性とライティング能力、実績が必要になります。最初のうちは、文字単価0.1~1円の記事を執筆を担当することが多いはずです。

文字単価は副業Webライターの経験や実績によって大きく左右されますので、未経験者では0.1円から1円ほど、実績のあるライターでは文字単価が〜100円となることもありますので、最終的にはそこを目指して努力を続けましょう。

Webライターは「きつい」「やめとけ」と言われることもありますが、Webライターとしての経験を積んでいけば、単価も上がっていきます。

自分が書きたいものが書けるわけではない

自分が書きたいものが書けるわけではない

次のデメリットは、自分が書きたいように書くということは基本的にできないということです。副業Webライターは文章を書く際の細かいルールや決まり事に従って記事を執筆します。このルールはもちろん各媒体や企業ごとに違いますし、必ず守らなければいけない規則です。もちろんディレクター(編集者)が事前に詳細は伝えてくれますし、丁寧に説明してくれるところも多いです。

よくあるNGな書き方は、自分の意見や感情をそのまま文章にしてしまうこと。記事を書くことに慣れないうちは、何が最低限必要な情報か精査できず、自分の意見や感情を書くことで文章を埋めてしまうことが多いです。しかし、客観的な立場で編集者は修正を行うため、あまりに偏った主観的な意見の多い記事だと依頼が来なくなってしまうこともあり得ます。

しっかり事実を記載し、記事に必要な情報を盛り込むようにしましょう。
もちろん主観的な意見が必要な記事もあるため、ケースバイケースで書き分けることができるようになるのがポイントです。

他に、SEOの知見も必要です。Google検索で記事を上位に表示させるための仕組みづくりをわかっているとなお良いでしょう。重要なキーワードを記事に盛り込んだり、読者が読みやすいような記事構成に設定するなど、さまざまな仕組みが存在します。それらが使いこなせるようになってさらに案件を獲得することが可能になってきます。

案件管理が大変

案件管理が大変

 

他のデメリットはというと、スケジュール管理が難しいということです。クライアント側は、できるだけ多くの記事を書いてもらいたいと思っています。ですので、納期はあまり余裕がないことも多いです。設定された納期までに提出しなければならないので、自分のスケジュール内でしっかりと時間を確保する必要があります。

毎日数時間を記事執筆に当てられる人は多少余裕があるかもしれません。毎日ではないが定休日は半日以上使えると言う方は、1、2日で一気に仕上げるのも良いでしょう。

副業Webライターは、確実に決められた納期までに記事を提出できるように時間をやりくりしなければならないため、自分のリズムを作ることが大事です。途中で、「納期に間に合わないから調整して欲しい」という相談は印象を悪くします。スケジュール管理をする力が問われますので、自己管理能力をしっかり持ちましょう。

副業でWebライターを始める手順

副業でWebライターを始める手順

スケジュール調整

スケジュール調整

自分の能力や1日のライティングに割ける時間を大幅に超えるような計画は立てないようにすることが大事です。

1記事にかかる時間はスキルや案件によって変わりますが、自分がどのくらいのスピードで記事1本を仕上げることができるかを自己分析し、無理のないスケジュールを立てることが副業Webライターを始める上での基礎となります。

クライアントからの依頼を受けて記事を書く以上、副業とはいえ責任のある「仕事」です。

能力を超えた無理なスケジュールを立ててしまい、納期に間に合わなくなることは絶対に避けなければなりません。

無理なく継続できるように、スケジュール管理をしっかり立てるようにしましょう。

基礎をしっかり固める

基礎をしっかり固める

副業Webライターとして働く以上、最低限の文章力や文章の構成能力は身につけておくようにしましょう。低予算で抑えようと思うなら、学習本でライティングの基礎を理解しましょう。本でしたらかなりたくさんの種類がありますし、書店や通販で簡単に購入することができます。
実際に副業Webライターが書いた本なども販売されているので実践的でもありますし、気軽に勉強を始められるのでおすすめです。

また、多少本よりは高くなってしまいますが、通信講座等で勉強するのもおすすめです。

通信講座だと、もちろんライティングの基礎からもしっかり教わることができます。Webライティングは独学では勉強しにくいと言われている「SEO対策」についてもわかりやすく丁寧に教えてもらえることが多いです。また、ライティングの基礎だけでなく、独立や副業で仕事をしていくために必要な知識なども教材に含まれていたり、タイピングなどの基礎面から教えてもらえることもあります。また、いつでもプロに質問が可能だったりと、独学ではカバーしきれない部分をサポートしてもらえます。

仕事を請ける、営業活動を行う

仕事を請ける、営業活動を行う

クラウドソーシングなどで案件をいくつかこなしていき、実績がつめてきたら今度はクラウドソーシングのプロジェクト案件等にチャレンジしてみましょう。

プロジェクト案件とは、クライアントの依頼にライターが提案を行い、クライアントが気に入った提案を採用して仕事を進めていく方式です。

プロジェクト案件は他の副業Webライターとの競合になるので、仕事を獲得できるかどうかはあなたの提案内容と実績次第になります。

難しい案件ですが、タスク案件よりも高単価の仕事が多く、クライアントに認めてもらえると、継続して仕事を依頼されることもあります。

もう一つのやり方としては、副業Webライター募集メディアに直接応募することです。

クラウドソーシングから仕事を獲得する方法はすでに説明しましたが、その他にも副業Webライター募集メディアに直接応募する方法もあります。

Indeedやマイナビなどの求人メディアなどには、副業Webライターの募集案件が豊富に揃っています。

ほかにもさまざまな自社メディアで副業Webライター募集をしているので、自分に合った業界のそれらに直接応募してみるのもよいでしょう。

クラウドソーシングでは報酬から手数料が引かれてしまいますが、直接応募すれば中間手数料が不要になり、報酬をそのままもらうことができます。

また、継続的に仕事をもらえるケースが多いので、収入の安定にもつながります。

副業Webライターをする場合には、報酬額や公開する名前など事前にしっかりと確認した上で、仕事を進めるようにしましょう。

単価アップ交渉をする

単価アップ交渉をする

単価アップ交渉ができるように準備を整えましょう。

まず専門性です。専門性を身につけると、ライティング収入を上げることが出来ます。専門性の高い案件ほど文字単価が高くなっていきますし、競合が少なくなるので仕事を獲得しやすくなります。

また、良い実績を出すことができれば「この仕事は以前お願いした〇〇さんにお任せしよう」と、次回以降も定期案件として依頼してくれる可能性も出てきます。競合なしに仕事を獲得できるため、最良の状態で納品できるように努めましょう。

副業Webライターとしてキャリアを積んできたのに、なかなか仕事を獲れないという人がいますが、そうした人は得意分野を確立しておらず、クライアントから「何ができるのか、何が得意なのか分からない」と、ライターの強みがわからなくなっている状態も多いです。

あなたが本業で得意にしていることや積み重ねてきた経験、知見、資格があれば、それがそのまま副業Webライターとしての武器になります。

本業をそのまま副業に活かせるのも、副業Webライターのメリットです。

【現役Webライターに聞いた】副業Webライターに関するよくある質問

【現役Webライターに聞いた】副業Webライターに関するよくある質問

副業禁止されている会社でもWebライターはやっていい?

副業禁止されている会社でも Webライターはやっていい?

副業が禁止されているようであれば、禁止されている中で副業を行うことはリスクがあるでしょう。まず、規約違反に繋がりクビになってしまう可能性がありますし、もし仮に副業を行ったとしても確定申告で会社に副業を行っていることが伝わってしまう可能性があります。
もしどうしても、というようでしたら上司の方に一旦相談してみるのがお勧めです。また、これを機に副業OKの会社に転職してしまうことも考えてみてはいかがでしょうか。

未経験Webライターの収入目安はどのくらい?

未経験Webライターの収入目安はどのくらい?

先に軽く述べましたが、副業Webライターの文字単価は幅広く、未経験だと0.1円〜1円の間が妥当ではないでしょうか。ですので、例えば全くの初心者からスタートし、ある企業から文字単価が0.5円の仕事を引き受けたとします。1週間に1000文字のWebコンテンツを3本納品だとしたら、0.5円×1000×3で1週間につき1500円、これが4週間(1ヶ月)だとすると、一月の報酬は6000円です。

こちらは一例ですが、このような計算方法となります。ですので、単価を上げる、及び案件獲得数を増やすことが収入を増やす大きな一歩となります。

ライティングに必要なツールは?

ライティングに必要なツールは?

基本的に、スキルやツールがなくても副業Webライターになることはできます。しかし、やはりお金をもらって記事を納品するので、最低限のライティングスキルとコミュニケーション能力は必須となります。一般社会人としてのマナーや常識はしっかり身につけておかないと、クライアントから拒否されてしまうケースも出てきます。

また、ライティングスキルも最初の「テストライティング」でレベルチェックされるので、基本的なことは身につけておく必要があります。

wordpressは身につけておいて損はないでしょう。納品がwordpressの企業も少なくないため、操作方法や納品方法などは知っておくと損はありません。

スマホでも副業Webライターの仕事はできる?

スマホでも副業Webライターの仕事はできる?

厳密にいうとできる案件はありますが、そんなにたくさん稼ぐことはできないという印象です。

例えば、LINEのタイムラインやフェイスブック・ツイッターなどに投稿、「体験談などを投稿してシェアする」業務、商品紹介やレビュー・クチコミ投稿や、ブログ執筆などはスマートフォンでも対応が可能ですが、しっかりと副業Webライターとして稼いでいこうと考えるのであればパソコンで作業を行なった方が良いでしょう。

未経験でも副業Webライターで稼ぐことができる

未経験でも副業Webライターで稼ぐことができる

未経験から副業Webライターをやってみた結果

未経験から副業Webライターをやってみた結果

未経験からでも副業Webライターになることは可能です。そもそも誰しもが未経験から仕事を始めていきますので、未経験でもしっかり手順を踏んで知識と経験を身につけ、実績を積んでいけば誰でも副業Webライターになることができます。今現在こちらを執筆している筆者も、コツコツ案件を獲得していくことで多種多様な案件を獲得していくことができたり、ステップアップしたり、書いてみたい記事を書くことができるようになりました。低単価でもまずは始めてみることが大事なのではないでしょうか。書くことが好きな方でしたらどんどん文章も上手くなっていくはずです。

未経験から副業Webライターの募集はあるのか?

未経験から副業Webライターの募集はあるのか?

もちろんあります。未経験OKで求人を出している企業もありますので、根気強く探してみましょう。低単価であれば未経験でも一度ライティングさせてくれるところもあるので、自分の対応可能な範囲で探しましょう。

副業でWebライターをしてバレない?副業禁止の場合はどうしたらいい?

副業でWebライターをしてバレない?副業禁止の場合はどうしたらいい?

会社は副業禁止だけども、どうしても副業でWebライターをやってみたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方には以下方法をお勧めします。

  • Webライター登録するときに「必ず」ペンネームを使う
  • Webライターのプロフィールに自分の写真を使わない
  • 年間の所得を20万円以内に抑える
  • 住民税を自分で納める

ペンネームや顔写真はどこから流出するかわかりません。個人のことがわかるようなものは使用しないようにしましょう。

また、年間の所得が20万円以内ですと確定申告の必要がありません。うまく調整して20万円以内に収めましょう。

そして、一番会社に副業を行っていることが知られやすいのが「住民税」。住民税を自分で納めることで会社に副業を行っていることが知られる危険性が激減します。会社員の方が副業で所得20万円を超えてしまうと確定申告が必要になり、この確定申告で会社に「二重の収入がある」ことが伝わってしまうリスクがあるのです。

こちらは会社員だと他の社会保険と同様天引きされるものなので、なかなか難しいですが自分で納める「普通徴収」に切り替えることでこのリスクを減らすことができます。

【関連記事】