取材・インタビュー掲載希望の企業様はこちら ▶

Webライターの独学・勉強法8選!必要な知識や勉強時間は?

Webライター独学・勉強方法

本記事では、Webライターになりたい方やスキルアップをするための独学や勉強方法を解説していきます。

また必要な知識や勉強時間なども紹介します。

未経験からWebライターになるための独学・勉強法8選

未経験からWebライターになるための独学・勉強法8選

パソコン一台で始めることができるとして、近年大きな注目を集めているのが、Web関係の仕事です。数多くのWeb関連職がありますが、初心者に特に人気なのがWebライティングです。

Webライターとは、Webサイトなどに掲載される文章を作成する仕事になります。

Web上でたくさんの人に読んでもらえるよう、制作には基本的な文章力はもちろん、特定のWebサイトへの集客を意識した内容で制作する必要があります。

ライティングジャンルは、掲載先のWebサイトや依頼主により異なります。ライターの趣味や経験を活かした記事や、興味や関心のある記事など、自分の好みの分野を扱ったWebライティングを行うことができます。パソコンでの文字入力ができれば、誰でも始めることができるため、Webライターは人気の副業の1つともなっています。

多くの人がWebライターの仕事に興味を持っていますが、「文章力に自信が無い」「ライティングスキルの学習法がわからない」と感じる人も少なくないようです。とはいえ、Webライティングの基本的なスキルを身につけることは難しくありません。正しい勉強法で学習するなら、独学で技術を習得できるのです。

独学での学習法は大きく分けて8つあります。自分に合う勉強の方法を選んで、効率的に学習を進めていきましょう。

参考:Webライターの始め方

独学・勉強法①:Webライティングの本で独学・勉強

独学・勉強法①:Webライティングの本で独学・勉強

独学で勉強する方法の1つは、Webライティングの書籍を買って学習する方法です。Webライティング本を使用した学習の強みは、情報を体系的に深く学べる点です。

Webライティング本にはさまざまな種類があり、文章の書き方の基本を学べる本や、コピーライティング、SEO対策など、書籍ごとに内容が異なります。

本を選ぶ際に注意してほしいのが、Webライティングに特化している書籍かどうかをチェックすることです。

文章の書き方という内容だけで本を選ぶと、Webライティング用ではなく、一般的な文章の作成方法に関する本を選んでしまうかもしれません。一般的な文章と、Webの文章は書き方が異なるため、間違った本を選んでしまうと必要な技術を身につけることができなくなるでしょう。

本を選ぶ際は、タイトルや内容をしっかり確認してから購入するようにします。

Webライティング初心者の場合は、記事の書き方を学べる本を、最初に選択するようにしましょう。文章作成の基礎が詳しく解説された内容の本を選び、基本的な書き方を学びます。

より高度なテクニックや文章の魅せ方のコツなどは、基礎をしっかり習得した後に学習するようにしましょう。基礎を学んだら、コピーライティングやSEO対策の書籍を使用してさらなる技術を身につけていきます。

SEO対策とは、Web検索をした際に、検索結果の上位に表示されるようにすることです。メディアの中にはSEO対策を意識した記事を依頼されるため、活躍の機会を広げるためにも学習しておくと役に立ちます。SEO対策の書籍を選ぶ際は、出版日ができるだけ新しい書籍を選びましょう。

コピーライティングとは、キャッチコピー作成のテクニックのことを指します。魅力的に商品を紹介するために欠かせない技術ですので、本を活用して習得を目指します。

初心者で初めてWebライティングの本を購入する際は、分かりやすく読み切れるページ数の本を選ぶことが大切です。

最初から、情報量の多い分厚い本を購入すると、読み切ることができなかったり難しい内容についていけず、途中で挫折してしまう場合があるからです。一冊読み切ってから、より詳しい内容の本へとステップアップしていくようにしましょう。

独学・勉強法②:Webライターの動画講座を受講

独学・勉強法②:Webライターの動画講座を受講

独学でWebライティングを学ぶ別の方法は、Webライターの動画講座を受講することです。Webライティングの本で、地道に勉強するのが苦手な人におすすめの勉強法となります。

書籍での学習と同じように、体系的に深い知識を学ぶことができるのが魅力です。無料で見ることのできるYouTubeの動画の中にも、Webライティングに関する動画がありますが、有料のWebライター動画講座での学習をおすすめします。YouTube動画と比較すると、情報量が多く内容も充実しているため、Webライターとしての基礎をしっかりと身につけることができます。

Webライターの動画教材は、買い切りタイプですので、追加の費用がかからない点もメリットといえます。動画教材のため、1度購入すれば好きな時にいつでも勉強することができ、分からない点は何度も見直すことが可能です。

Webライターの動画教材でよく知られているのは、「Udemy」です。

Webライティングの動画教材が数多く提供されています。Webライティングの基礎を学べる講座や、実践型SEOのライティングに特化した講座、文章力をさらに磨くための講座など、目的に合わせて講座を選択することが可能です。

価格は、講座の内容や回数によって異なりますが、1,000円から25,000円ほどの講座が多いようです。Udemyでは、頻繁に割引セールを実施しており、時期によっては6割引や9割引という価格で、動画教材を購入できることもあります。気になる動画教材があれば、セールを狙って購入するのもいいでしょう。

Webライターの動画教材にプラスして、付加的なサービスが受けられるとして人気の講座は、Writing Hacksです。この講座は現役のWebライターである沖ケイタ氏により運営されており、3回の添削サービスや、無制限で質問できるなど、学習継続のサポートが充実しています。

疑問点をすぐに聞けるため、挫折しにくいといえるでしょう。料金は税込69,800円となっており、追加の費用が発生しない買い切りの講座となっています。

独学・勉強法③:Webライタースクールに通学

独学・勉強法③:Webライタースクールに通学

Webライティングを短期間で習得したい人におすすめの勉強法は、Webライタースクールに通学して学習することです。Webライタースクールでは、カリキュラムや学習教材、講座を受講する期間があらかじめ決められているため、それに従って学習していきます。

自分で本を買って学習する場合と比較すると、教材が既に決まっているため、自分で教材を選択したり学習計画を立てる必要がなく、学習の事前準備に時間や労力が取られないため、効率的に学べるというメリットがあります。また、スクールでは講師による学習サポートがあるため、学習につまずいても持ち直しやすいのも特徴です。

スクールによっては、学習後のキャリアについて相談することができたり、サポートが受けられるところもあります。スクール卒業後に、すぐにWebライターとして転職したい場合や独立を考えている、もしくは副業として少しずつWebライティングを始めたい場合は、サポートが充実しているスクールを選ぶと安心です。

通学制のWebライティングスクールでは、同じ目標を持った仲間と出会うことができます。1人で学習するよりも、モチベーションを保ちやすく、将来Webライターとして独立した後も役に立つ、人との繋がりを作ることができるでしょう。

1、2ヶ月の通学期間で、Webライティングを学べるとして注目されているのが、「SHElikes」のライティング入門コースです。女性限定のスクールで、オンラインでも通学でも学習を進めることができます。

ライターとして必要な知識に加え、文章の編集や取材スキルまで習得できます。

現役のフリーライターが講師となり、実践的な技術を学ぶことができます。SHElikesでは、ライティング入門コースに加え、よりスキルアップを図れるWebライティングコースや、コピーライティングコースが開催されています。基礎を習得後さらなるスキルアップを目指している人にもおすすめです。通学拠点は東京の青山・銀座、名古屋、大阪・梅田の3か所です。

独学・勉強法④:Webライティングの資格を取得

独学・勉強法④:Webライティングの資格を取得

Webライティングの資格を取得することも、Webライターとしての知識を習得するのに役立ちます。

Webライティングの資格用テキストには、Webライターとして必要な基礎的な知識が収められているため、資格の勉強を通してスキルアップを図ることが可能です。Webライティングの代表的な資格はWebライティング能力検定、Webライティング技能検定、Webリテラシー試験、ビジネス著作権検定の4つです。

Webライティング能力検定とは、効果的で理解しやすいWebライティングを行うために必要なスキルを持っているかを評価する試験です。資格を取得すると、Webライターとして転職したり就職する際に有利に働くことがあります。

受験項目は、Webライティング、国語、SEO、メールライティングとコピーライティング、ミニ論文、法律・論理・炎上対策の6つです。回答の点数に応じて、1級から3級の認定が受けられます。

Webライティング技能検定は、月1回Web上で実施されているライティング試験です。試験は、記述式と選択式の問題が出されます。記述式問題は、与えられるトピックに沿って、200から400文字のライティングを計4本行います。

Webリテラシー試験とは、Webデザイナー、プロデューサー、ディレクターにとって重要な知識を有しているかを問う試験です。試験に合格すると、Web検定のWebアソシエイトとして認められます。

ビジネス著作権検定とは、基礎的な著作権知識や、ビジネスにおける著作権について理解しているかを図る試験です。試験は3レベルに分かれており、BASICと初級と上級です。合格すると認定証を受け取ることができます。

国内唯一の著作権の資格ですので、ビジネスにおける著作権について押さえておきたい人は、取得しておくと役に立つ資格といえます。

独学・勉強法⑤:ブログ運営でWebライティングを実践学習

独学・勉強法⑤:ブログ運営でWebライティングを実践学習

Webライティングの勉強の方法として、学んだことをブログで実践し技術を磨いていく方法もあります。知識をインプットするだけでは、十分にスキルを身につけることはできません。

そのため、自由に書くことができる個人のブログを利用して、アウトプットすることで、Webライターとして成長することができるのです。ブログを書く際は、ただ書くだけではなく、タイトルや構成を考え、SEOを意識した記事を書き、コピペチェックを行うなど、その時々に合わせて意識的にライティングを行うと、さらに効果的です。個人ブログは、Webライターとして仕事を受けていくにあたって、実績として活用することができます。

さらに、ブログを経由して、仕事の依頼が舞い込むこともあるため、ブログ運営とは、Webライターとして活躍するためにおすすめです。

ブログサービスは、無料のものと有料のものの2タイプがあります。学んだことを実践する目的だけであれば、noteなどの無料のもので十分でしょう。

しかし、Webライターとしての活躍の場に繋げたい場合は、ライティングの案件でよく使われるWordPressで開設することをおすすめします。WordPressは、ソフトウェアの1つで、多くの企業が導入しています。自分のブログを運営するなら、使い方に精通することができるため、Webライターの仕事を行う際に役に立ちます。最近では、WordPressを使用しないライターには仕事を依頼しないクライアントも少なくないため、WordPressは必須のスキルの1つといえるでしょう。

独学・勉強法⑥:クラウドソーシングのWebライティング案件で実践練習

独学・勉強法⑥:クラウドソーシングのWebライティング案件で実践練習

Webライティングの勉強法として、実際にライティング案件を受けて実践していく方法もあります。Webライターとして仕事をしたことがなかったり、初心者の場合、難しく感じるかもしれませんが、案件を受注しこなしていくならWebライターとして確実に成長することができます。

ライティングを行っていくにつれて、Webライティングの感覚を掴むことができたり、クライアントとのやり取りを通してコミュニケーションスキルも磨くことができます。また、ライティングを通して自分の弱点に気付けるため、改善点を模索しさらに成長していくことが可能です。

ライティング案件を受けるには、クラウドソーシングのサイトを活用しましょう。ランサーズやクラウドワークスがおすすめです。初心者でも受けることができる案件があるため、登録しておいてこまめに案件のチェックを行います。とはいえ、案件に応募しても最初はなかなか受注できないという人が多いようです。

特に初めての受注を目指す時は、かなり苦戦する場合が多いため、受注できなくてもあきらめずに積極的に応募し続けるようにしましょう。1件案件を受けることができると、実績ができ次の仕事を受けやすくなります。応募する時は、個人のブログの記事を添えてアピールしたり、プロフィールを具体的に書いて、他の人と差別化を図るようにします。

実際に受注出来、案件を納品したら、フィードバックしてもらい、自分のライターとしての実力を評価してもらいます。自分以外の人からの意見を聞くならば、自分では気が付くことのできなかった弱点や問題点を知ることができます。反省と改善を重ねていくなら、質の良いライティングを行えるWebライターへと成長していけることでしょう。

独学・勉強法⑦:Webライティング関連のセミナーに参加

独学・勉強法⑦:Webライティング関連のセミナーに参加

Webライティングの勉強法として、Webライティング関連のセミナーに参加してスキルを習得する方法があります。セミナーの中には、現役のWebライターとして活躍している人が講師として指導するセミナーもあり、すぐに使える技術を学ぶことができます。

Webライティング関連のセミナーは多数開催されており、扱う内容も多岐に渡ります。申し込みを行う際は、あらかじめ自分が学習したい点を明確にしてから、それぞれのセミナーの内容を確認して行うようにしましょう。セミナーの多くは、オンライン形式で行われるため、自宅やワークスペースなど、どこでも都合の良い場所から参加できます。セミナーの料金は、内容やセミナーの所要時間によって大きく異なります。

Webライティングセミナーの1つである、Webライティング取得講座 体験セミナーは、未経験からWebライティングの習得を目指すセミナーです。

ライティングスキルに加え、マーケティングやSEOライティングのスキルまで、総合的に学習できるのが魅力です。オンラインで開催されているため、パソコンやスマートフォンを使用して場所を問わず参加することが可能です。90分のセミナーでは、現役のプロ講師に質問できる機会もあります。定員は8名の少人数制となっているため、早めに計画するようにしましょう。

数あるWebライティングセミナーを比較して検討したい時は、Webサイトこくちーずを活用できます。こくちーずとは、セミナーやイベントの開催者が、参加者を集めることのできるWebサイトです。こくちーずでは、キーワードやセミナーの形態、開催日などさまざまな条件から希望のセミナーを見つけることが可能です。

キーワードで検索する場合は、Webライティングセミナーと入力すると、全国各地で開催予定のセミナーが表示されます。オンラインでの受講を希望する場合は、キーワード欄に合わせて入力すれば、オンライン受講できるセミナーだけをピックアップしてくれます。

独学・勉強法⑧:Webライティングに関するYouTube動画で無料学習

独学・勉強法⑧:Webライティングに関するYouTube動画で無料学習

Webライティングの勉強法として、YouTube動画で学習する方法があります。YouTube動画での学習は、費用がかからないため、出来るだけ出費を抑えて低コストで勉強したい人におすすめの方法です。動画での学習は、本での学習に比べて聴覚や視覚に訴えるため、インプットしやすく、飽きずに学習を継続できるのがメリットです。Webライティング系の動画を配信している人でおすすめなのは、佐藤誠一さんやたなざわさん、なかじさんです。さらに、しかまるさんやマナブさんの動画も学習に役立ちます。

佐藤誠一さんは、現役で活躍しているWebライターですので、動画を見ていくなら、実際に仕事で役立つ営業の方法や、必須のスキルについて学ぶことができます。

なかじさんは、ブログ歴16年のインフルエンサーです。なかじさんのウェブ職TVでは、ブログの話が主になりますが、SEOに関する知識や、ライティングのノウハウ、サイトの運営法など、Webライターにも役立つ多くの動画を配信しています。重要な点をわかりやすく解説しているのが特徴です。

たなざわさんのYouTube動画は、Webライターとして仕事を行っていく上でのノウハウを扱っています。たなざわさんは、Webライターを始めて3ヶ月目に、月収30万円の収入を得た経験があり、経験者ゆえのわかりやすい解説が特徴となっています。たなざわさんの動画は高い頻度で更新されているため、こまめにチェックすると良いでしょう。

しかまるさんのYouTube動画は、ブログやライター向けに配信されています。完全ロードマップという動画では、初心者がWebライティングで稼げるようになるまでの道のりを解説します。具体的なライティング時間や、目安となる報酬額、クライアントに気に入られる方法など具体的な内容を学ぶことができます。

まなぶさんのYouTube動画では、ライティングにおいて文章力を高めていくポイントや、書き方など、分かりやすい動画が配信されています。10分程度の動画が多いため、短時間で気軽に見ることができるのがメリットです。

Webライターに必要な知識・スキル

Webライターに必要な知識・スキル

Webライターとして仕事をするために、必要な資格はありませんが、最低限必要となる知識やスキルがあります。日本語の基礎知識とSEO・記事構成の知識、特定・専門分野の知識です。必須のスキルは、情報収集スキルと指示・意図汲み取りスキルが必要です。

それに加えて、パソコンの基本的な操作スキルを身につけておきましょう。特にWord、Googleドキュメントなどの使い方をマスターしておく必要があります。

クライアントによっては、上記のツールを使用して作成した文を依頼される場合も多いため、必須のスキルとなります。その他にも、案件を受注したら依頼主とコミュニケーションを取ることが多くなります。メールやchatwork、Slackなどクライアントごとに連絡に使用するツールやアプリが異なる場合があるため、どの連絡手段でも対応できるように、精通しておきましょう。

日本語の基礎知識

日本語の基礎知識

Webライターとして仕事をしていくなら、日本語の基礎知識は欠かせません。基礎的な日本語の知識が不足した状態でWeb記事を書いたとしても、正しい日本語で書くことができず、そうしたライターは採用してもらうことができないからです。編集部は、ライティング原稿の修正に時間を取られることをなるべく避けたいと思っているため、原稿を書く段階で正しい日本語で書けるライターを求めています。そのため、多くの企業がライターを採用する場合に、文章力のテストが行ない、日本語のチェックを実施しているのです。

知識が不足したまま間違った日本語に慣れていると、正しい日本語を習得するのは難しく、なかなか指摘されても直しづらいというのが現実です。正しい日本語を書けるように、基礎的な知識をしっかりと身につけるには、知識をインプットして、ライティングの際にアウトプットしていく必要があります。

日本語の基礎知識習得におすすめなのが、日本語文法に特化した本を1冊購入することです。国語の教科書を使って、一から学習することもできますが、多くの時間と労力、また教科書代として多くの費用がかかってしまいます。その点、日本語文法特化型の、辞書もしくは詳しい本を持っておくなら、この1冊だけで必要な知識は十分に学習できます。

Webライターとして案件を受け、ライティングを開始したあとも、記事の作成後に必ず文法本を使用して、正しい日本語で書けているかチェックできるでしょう。ライティングし、チェックし、修正するという流れを繰り返すことによって、徐々に正しい日本語の知識が身に付き、ライティング文書もより正確な日本語で書けるようになっていきます。

SEO・記事構成の知識

SEO・記事構成の知識

Webライターとして活躍するうえで、SEOの知識があると有利に働くため、勉強しておくと役に立ちます。SEOとは、Webの検索エンジンにて、上位に記事を表示させるスキルのことです。SEOを学習すると、検索上位に記事を表示させることができるようになるため、より多くの人にWeb記事を見てもらいやすくなります。閲覧者の増加に伴って、広告費を多く稼ぐことができるようになります。そうした実績を上げると、1つの記事あたりのライティング報酬が高くなっていき、収入も増加していくことでしょう。

最低限身につけたいSEOのスキルとして、検索キーワードを念頭に置いて記事作成すること、タイトルに検索キーワードを含めること、見出しに検索キーワードを含めること、関連するキーワードを念頭に置いた記事作成を行うことの4点があります。このポイントを押さえてライティング出来るように、必要なSEO知識を学習しましょう。

Web記事のライティングには、記事構成の知識も必要です。Webライティングを行う際に構成が決まれば、効率的にライティング作業を行うことができるからです。

良い記事と評価されるポイントは、文章の構成が8割、文章が2割とされています。つまり、記事の構成が決まれば、8割のライティングが完成しているともいえるでしょう。構成は、ライティングの道順のようなもので、スムーズに進行させるためには欠かせないものです。

記事構成の知識に基づいて準備してライティングに取り掛かるなら、文章の最後まで質の良いライティングを行うことが可能です。さらに記事の最初から文章の最後まで、一貫したテーマで話を膨らませることができるため、読者が理解しやすく、納得できる記事になるでしょう。記事構成の知識は、本や動画、Webライティング関係のWebページから簡単に学習することができるため、習得することをおすすめします。

特定・専門分野の知識

特定・専門分野の知識

Webライターとしてある程度の収入を得たいなら、特定・専門分野の知識があると役に立つことでしょう。自分の趣味や好きな分野、今までの経験や知識を生かして、特定の業界のWebライターとして活躍することができます。

Web業界では、近年Webサイトの数が増加し続けているため、多くの人に見てもらえる記事を作成するには、他のWebサイトとの差別化を図る必要があります。そのため、専門性の高いWeb記事を提供し、ユーザーに役立ててもらうことが重要視されているのです。これからWebライターを目指す人は、ジャンルを問わずライティング出来るライターよりも、狭い特定の分野で、専門性の高い文章を書けるライターを目指すことが活躍の場を広げるカギとなります。

既に持っている専門知識を活用するか、新たに学習することには大きなメリットがあります。Webライティングを行う際には、情報をWebで収集してから記事を作成しますが、既に専門知識があれば、情報収集の手間を減らすことができたり、自信をもって記事を配信することができます。

また自分の良く知っている分野なので、記事を書く難易度が下がり、効率よく作成することが可能です。また、専門的な質の高い記事を配信すると、Webページのアクセス数が増加し、クライアントに利益をもたらすため、記事単価も上がっていくでしょう。高単価の記事をコンスタントに作成していくことができるようになると、収入がアップし、安定的に案件を受注できるようになります。

特定・専門分野の知識は多岐に渡りますが、一例としてアフェリエイト、SEO、コンテンツマーケティング、建築、恋愛、農業、アプリ、弁護士、保健師、家電、保育士、栄養士、ファイナンシャルプランナー、介護、映画、メディア、旅、コスメ、医師、サイエンス、美容、看護師、ウエディング、住宅、金融などがあります。

情報収集スキル

情報収集スキル

Webライターにとって、情報収集スキルはなくてはならないものです。なぜなら、Webライティング作業において、もっとも時間がかかる作業であり、さらに記事の出来上がりの良し悪しに大きな影響を及ぼすからです。特に、今まで執筆経験がない分野のライティングでは、ゼロから情報を集め頭にインプットしていかなければなりません。情報収集スキルが不足していると、必要のない情報を集めてしまったり、調べるのに多くの時間がかかってしまったりと、作業効率が大きく下がってしまいます。急いで記事を書いたとしても、情報不足のまま行うと、説得力のない浅い内容の記事となってしまいかねません。そのため、Webライターには、効率的に情報を集め、執筆の時間を残すことがとても重用といえるのです。

情報収集スキルを磨くには、まずインターネット検索を使いこなすことが大切です。Webライティングにおいて、メインの情報収集といえるからです。ポイントは、1つの記事だけを見るのではなく、官公庁のホームページや企業などのオウンドメディア、論文の検索サイト、ニュース、個人のブログなど複数のサイトから情報を探します。多方面から、テーマの理解を深め、情報の正確性を確認することが大切です。

新聞や本も、貴重な情報源です。とはいえ、Webライティングの度に本を購入するのは、費用がかかるためやめておいた方が良いでしょう。ライティングの際に活用するのではなく、生活の中で普段から読む習慣を付けておき、知識を広げ情報をストックしておきます。普段から積み重ねが、スムーズな記事作成に役立つでしょう。

ラジオやテレビから、世の中の流れを知ることもWebライティングにとって大切です。流行りの芸能人や商品、人気のスポット、話題のイベントなどについて知っておくと、ライティングの際の情報収集や、記事テーマの把握が容易になります。

SNSも情報収集できるツールです。Twitter、Instagram、FacebookなどのSNSも記事作成に役立ちます。SNSには、口コミや個人の意見の投稿があるため、商品の紹介記事や、特定の商品のレビュー記事の作成に参考にできるでしょう。

指示・意図汲み取りスキル

指示・意図汲み取りスキル

Webライターには、クライアントの指示や意図を汲みとり、意向に沿った記事を書くスキルが必要です。このスキルがあれば、クライアントから継続して記事作成を依頼されるようになる可能性があるからです。

指示や意図を汲みとれるWebライターは、クライアントが何を目的として依頼しているのか、Web記事にどんな成果を期待しているのかをはっきりと理解します。

とはいえ、Webライティングの依頼書には、クライアントのすべての意図を記すことはできません。指示が細かいと記事を書くのが難しくなるため、必要最低限の情報をチャットや、メールで伝えるのが一般的です。意図を汲みとることができるライターは、メールやチャットの限られた情報と、掲載サイトの情報から情報を集め、クライアントが求めているWeb記事を書くことができるのです。

クライアントからすると、必要最小限の連絡で、意向に沿った記事をライティングしてくれるWebライターはありがたい存在として重宝され、継続して依頼が舞い込むことが多いのです。

そうしたライターは、クライアントにとって利益になると思ったら、提案を行いさらに良い記事を書こうと努力します。そのため、クライアントからの信頼を得ることができます。

指示・意図汲み取りスキルを上げるには、依頼書をしっかり読み込むことから始めましょう。そして、読んでもわからない所は、そのままにするのではなくクライアントに確認することが大切です。答える手間よりも、意図に合わない内容の記事を書かれ、後で修正する方が時間と労力が取られるからです。

きちんと確認してからライティングを進めるなら、その真剣な姿勢を評価してくれるはずです。

Webライターになるために必要な勉強時間は?

Webライターになるために必要な勉強時間は?

Webライターになるために、必要な勉強時間は勉強方法や個人によって大きな違いがあります。オンラインや通学でWebライティングスクールに通えば、数か月で勉強を終えることができますが、独学で本を購入して学習する場合は、それ以上時間がかかったり、もしくは短期間で学習を終える場合もあります。

初心者でもできる案件をクラウドソーシングで受ける場合は、勉強しないままでもWebライターとして仕事を行うことができます。

とはいえ、生計を立てるレベルで、収入を得ることのできるWebライターとして活躍するには、専門的な知識が必要となります。このレベルのWebライターになるためには多くの勉強時間が必要ですが、個人差があるため、一概に何時間ということはできないのが現状です。

Webライターを目指して何時間勉強すると決めつけるのではなく、普段から情報収集を行い専門知識について勉強を継続し知識を蓄えていくことが、大切なポイントといえるでしょう。

【関連記事】