第6回 MarkeMedia Days 無料申込受付中 >

UdemyでおすすめのRuby on Rails アプリ開発講座【評判・レビューが良い】

UdemyでおすすめのRuby on Rails アプリ開発講座

本記事では、UdemyのRuby on Railsおすすめ講座を厳選して紹介しています!

Udemyではセール中の割引で安くなる講座もありますので、ぜひ公式サイトでチェックしてみてください!

Udemyのセール【Udemyセール最速更新】セールはいつ?90%以上割引!2021年10月 【2020年】Udemyのクーポン入手方法や使い方を徹底解説!【2021年】Udemyのクーポン入手方法や使い方を徹底解説!

UdemyでおすすめのRuby on Rails無料講座

UdemyでおすすめのRuby on Rails無料講座

Udemyで無料受講できるRuby on Rails講座を紹介します。

【最短30分でできる!】Ruby on Rails入門: 初心者でも簡単! ブラウザだけでRailsを使ったWeb開発!

Ruby on Rails入門初心者でも簡単! ブラウザだけでRailsを使ったWeb開発!

講座名 【最短30分でできる!】Ruby on Rails入門: 初心者でも簡単! ブラウザだけでRailsを使ったWeb開発!
講師  PaizaCloud PaizaCloud, Tsuneo Yoshioka
時間 39分
評判・レビュー ★★★★☆(4.4)
学習内容
  • Ruby on Railsの簡単な基本
  • Ruby on Railsでのアプリケーション作成
  • Ruby on Railsでの基本的なコマンド操作
  • データベースと連携したアプリケーションの作成
  • はじめてRuby on Railsを触る人でも実際に動くアプリケーションを作れます。

初めてRuby on Railsをしたいと考えている人向けの講座です。Webブラウザを開いて操作できる程度のスキルがあれば十分で、MacでもWindowsでも講座を受けることが可能です。または、タブレット端末であっても構わないので、気軽に始められるのがメリットです。

Ruby on Railsはとても有用なシステムで、開発ができるようになると、様々なシーンで活躍できます。しかし、多くの学習者がつまづいてしまうのが、開発環境を作るという初期の段階です。そこで、この講座では複雑な環境構成をしなくても、ブラウザがあればすぐに開発を始められるようにしています。いきなり壁にぶつかって挫折してしまうのを防ぎ、気軽な気持ちで学習を進めていけます。

実習を重点的に扱い、スキルを高める

知識を身につけるだけで終わってしまって、いざ実際に開発作業をしようと思っても、なかなか開発ができないケースも見られます。そこで、この講座では解説だけに終わるのではなく、実習を重点的に行っていきます。自分の手を動かして作業をし、アプリケーションを構築していくため、開発スキルの体得が可能となり、よりスムーズに実践に移ることができます。

本講座では、クラウドIDEというものを使います。これはブラウザだけで開発ができるようにするもので、他のソフトやアプリを入れる必要はありません。設定のすべては日本語対応となっていますので、こうした開発が初めての人も簡単に取り組めます。実際に講座を通して作ったサービスを公開して利用することも可能で、同僚などに共有するのも良いでしょう。

【公式詳細ページはこちら】【最短30分でできる!】Ruby on Rails入門: 初心者でも簡単! ブラウザだけでRailsを使ったWeb開発!

UdemyでおすすめのRuby on Rails講座

UdemyでおすすめのRuby on Rails講座

UdemyでおすすめのRuby on Rails講座を紹介します。

はじめての Ruby on Rails入門-RubyとRailsを基礎から学びWebアプリケーションをネットに公開しよう

はじめての Ruby on Rails入門-RubyとRailsを基礎から学びWebアプリケーションをネットに公開しよう

講座名 はじめての Ruby on Rails入門-RubyとRailsを基礎から学びWebアプリケーションをネットに公開しよう
講師 中村祐太 (Yuta Nakamura)、Proglus(プログラス) プログラミング教室
時間 9時間
評判・レビュー ★★★★☆(4.4)
学習内容
  • Ruby on RailsとRubyを使った実践的な開発スキル
  • Ruby on RailsとRubyの違いを理解
  • Webサービスを公開する方法
  • クラウドサービス、HerokuのPaaS(Platform as a Service)を使ってサービスをネット上に公開する方法を学ぶ
  • AWS Cloud9を使った開発環境の構築
  • Web系の企業転職の際に魅力的に映るポートフォリオサイトの作成

Webアプリの現場では非常に用いられる頻度が高い、Rubyについてのスキルを初心者レベルから学べる講座です。AWSを使って開発環境の構築をしていきます。さらに、最終的に実習で作ったHerokuによるWebアプリを公開するまでの応用スキルを習得できます。

そのため、ある程度Webアプリについての知識と経験がある方向けとなっています。具体的には、HTMLやCSS、JavaScriptなどについて基礎的な知識を持っていると学びやすいです。また、Linuxについても取り上げますので、コマンド処理ができる基礎レベルの知識も求められます。

Ruby on Railsの開発については、初心者であるということを前提に、本講座では開発環境の提供をしています。AWS Cloud9の無料枠を活用して、気軽に開発を進められるようにしています。まずは、Rubyの基礎となる構造や仕組みから始め、Ruby on Railsの基礎についても確認します。

その後、実践的な講義に移っていき、実際にWebアプリを作りながらスキルを高めていきます。たとえば、Q&Aサービスを作るなど、よくある機能を実装できるようにしていきます。多くのサイトで見られる機能がどのように作られているかを確認できて、Rubyへの理解が深まることになります。

インターネット公開までを一気に行える

いくつかのアプリを作ることができたら、それをインターネット上で公開するまでの流れを進めていきます。こうして最初から最後まで、プロセスを追って実習していきますので、講座を修了したらすぐに業務で使えるようになるのがメリットです。合計で9時間のオンデマンドビデオが用意されていて、丁寧な解説が特徴となっています。

コーディングの中身と、それによってどんな機能が動くのかを確かめることができて、自分が試す際にも役立ちます。

受講に際しては、GoogleChromeを使いますので、事前にインストールしておくとスムーズです。さらに、Web開発をするためのAWSは、アマゾンが提供しているサービスを利用します。これは実際の現場でも多数使用されているAWSですので、現場に慣れるという意味でも効果的です。学んだ内容そのままで業務に携われるので、戸惑うことなく作業に取り掛かれます。

【公式詳細ページはこちら】はじめてのRuby on Rails入門-RubyとRailsを基礎から学びWebアプリケーションをネットに公開しよう

Web 開発入門完全攻略コース – プログラミング をはじめて学び創れる人へ!未経験から現場で使える開発スキルを習得!

Web 開発入門完全攻略コース – プログラミング をはじめて学び創れる人へ!未経験から現場で使える開発スキルを習得!

講座名 Web 開発入門完全攻略コース – プログラミング をはじめて学び創れる人へ!未経験から現場で使える開発スキルを習得!
講師 中村祐太 (Yuta Nakamura)、Proglus(プログラス) プログラミング教室
時間 23.5時間
評判・レビュー ★★★★☆(4.4)
学習内容
  • HTML5とCSS3を使ってWebサイトのコーディングができるようになります。
  • Bootstrapを使ってレスポンシブ対応のWebサイトのコーディングができるようになります。
  • JavaScriptを使って動的なWebサイトを開発できるようになります。
  • MySQLを使ってデータベースの設定と操作が行えるようになります。
  • RubyとRuby on Railsを使ってWebアプリケーションが構築できるようになります。
  • AWS Cloud9を使ったクラウド統合開発環境を設定して利用できるようになります。
  • Git / GitHubを使ったソースコードのバージョン管理ができるようになります。

Webサイトやアプリケーションを開発するための、初級レベルのスキルを習得できる講座です。そもそもプログラミング自体をしたことがない初心者であっても、プログラミングの基礎から解説していきますので、気軽にスタートできます。自分でサイトを作ってみたいという人はもちろん、ITエンジニアとして働きたいと考えている人まで、幅広いニーズに応えることができます。

Webアプリケーション開発には、様々なプログラミング言語を学ぶ必要があります。一例を挙げるだけでも、HTMLやCSS、Ruby、JavaScriptなどがあります。

この講座では、メインとなるプログラミング言語はすべて網羅していて、しっかりとした開発ができるようになるまで、徹底的に指導をしていきます。そのため、プログラミング言語ごとに異なる講座を取る必要はなく、少なくても初級レベルであれば、この講座だけで完結できます。効率よく必要なスキルを身につけたいと考えている人には、費用の面でも、時間の点でも、メリットの大きい講座と言えるでしょう。

イメージしやすい講義の内容

講座は、実際の作業をイメージしやすいように、視覚教材を多用した内容となっています。また、実際の現場で制作作業を進めるのと似たプロセスで講義を進めていきますので、即戦力となる人材を育てる助けとなります。たとえば、通常のWebぺージの作り方を学んだ後に、その同じページをスマホなどに表示するためのレスポンシブ対応サイトの作り方を学習します。そして、お互いのページを比較して、どのような差が見られるかをチェックします。こうすることで、セクションごとに学んだ内容を結びつけることができますし、それぞれのスキルを応用していく方法についても学ぶことができます。

実習を重視して、手を動かしながら学んだばかりの内容をアウトプットしていきます。その際には、一般的に多用される機能を構築していくなど、業務で使いやすい内容を選んでいます。また、制作現場におけるニーズを強く意識した講義が扱われます。

たとえば、Webアプリケーションフレームの利用法を解説しています。その際には、多くの企業で採用しているフレームワークを取り上げるようにしていて、現場で生きる知識を学べるようにしているのです。

こうしたフレームワークは、業務においても使うことが多いので、この講座で使ったものをそのまま活用することも可能です。

まさに即戦力となるスキルを身につけられるので、短時間であっても効率よくスキルアップできるのが強みです。そして、講座の中で実習する開発手順に従うことで、無駄なく効率よく開発ができます。仕事の進め方という点についても学べて、とても助かります。

【公式詳細ページはこちら】ウェブ開発入門完全攻略コース – HTML/CSS/JavaScript. プログラミングをはじめて学び創れる人へ!

Ruby on Rails 5入門 -Rubyプログラミングの基礎から学べる-

Ruby on Rails 5入門 -Rubyプログラミングの基礎から学べる-

講座名 Ruby on Rails 5入門 -Rubyプログラミングの基礎から学べる-
講師 中村祐太 (Yuta Nakamura)、Proglus(プログラス) プログラミング教室
時間 3.5時間
評判・レビュー ★★★★☆(4.3)
学習内容
  • プログラミング言語Rubyのプログラミングができる
  • Cloud9を使ってRuby on Rails 5の開発環境が構築できる
  • Ruby on RailsによるHello World! プログラムが書ける
  • シンプルな電話帳アプリの開発を通して、CRUDアプリケーションの開発ができる
  • Ruby on Railsを学ぶ上で重要な用語の意味を知ることができる

入門編のRuby on Rails 5講座ということで、全くWebアプリケーションの開発に携わったことがない方向けの内容となっています。パソコンの基本的な操作ができて、HTMLについて多少知っている人であれば、問題なく講義に付いていくことができます。

大きな特徴として、短い時間でRuby on Rails 5についての基礎を習得できるという点を挙げることができます。この講座は3.5時間のオンデマンドビデオとなっていて、気軽に学習できるのがメリットです。

最小限のコード構成を学ぶので初心者向け

いきなりたくさんのことを学ぶのではなく、シンプルなアプリケーションを開発するための、最小限のコードを覚えていくことを目指していきます。この講座を通して、基礎的なRuby on Rails 5についての知識と、コードの内容を理解することで、後は自分でスキルを増やし、加えていけるというわけです。

また、フレームワークを動かすにあたっては、初心者の方には多少難しさのある開発環境の構築が求められます。しかし、この講座ではすべてのプロセスを動画で解説していて、内容に従って自分で行っていくと、楽に環境構築ができるようになっています。ここで挫折してしまう学習者も多いので、確実に学習を進めていくのに最適な講座なのです。

こうしたことから、Rubyについての勉強にチャレンジしたものの、うまく行かずに挫折してしまったという人にも向いています。特に、分かりやすい解説が特徴で、専門用語が出てくる場面では丁寧に説明を加えていきます。そして、コード構成を理解するために、簡単な内容のものを実習で扱っていきます。

初心者でも理解できるという安心感があり、より深い学習をしていくモチベーションを持てるのがメリットです。また、知識を覚えていくというだけでなく、コーディングなどを手を使って実践していく内容となっています。そのため、学んだことを実際に活用できて、すぐに業務に生かせます。

たとえば、電話帳アプリケーションを実際に作ってみて、それぞれの機能がどのように構築されていくのかを確認していきます。よくある機能がどんな構造になっているかを理解すると共に、自分でもできたという達成感を味わえるのが魅力です。

【公式詳細ページはこちら】Ruby on Rails 5入門 -Rubyプログラミングの基礎から学べる-

The Complete Ruby on Rails Developer Course

The Complete Ruby on Rails Developer Course

講座名 The Complete Ruby on Rails Developer Course
講師 Rob Percival、Mashrur Hossain、Codestars by Rob Percival
時間 45.5時間
評判・レビュー ★★★★★(4.6)
学習内容
  • Learn how to rapidly prototype ideas and turn them into presentable apps
  • Become a professional web application developer
  • Become a professional Ruby on Rails developer
  • Design and build virtually any web application you can imagine
  • Apply for jobs at software companies as Ruby on Rails developer

すでにWebアプリケーションの開発についてのスキルを持っている人、Rubyが扱える人を対象とした講座です。Ruby on Railsの高度で複雑なスキルを身につけることを目的としていて、最終的にはプロフェッショナルクラスの人材となることを目標とします。教材は45.5時間ものオンデマンドビデオが用意されています。そのため、すべてのレクチャーをしっかりと学ぶために、明確に時間を取り分けていくことが求められます。

8つのコーディング演習課題で実技を重視

この講座では、Ruby on Railsを使って様々な機能をどのように実装していくか、かなり実践的な内容で進んでいきます。メインとなる8つのコーディング演習課題が用意されています。どれも本格的な機能となっていて、高度なサービスを提供するサイトで実用されているものばかりです。こうした機能の構造がどうなっているのかを知った上で、細かな機能の設定を調整する応用的な学習も行います。

もちろん、長時間の講座を徹底的に学習できるように、学習時間の制限は設けられていません。また、パソコンだけでなくスマホでも動画を閲覧できます。スキマ時間を有効活用して、繰り返しポイントを学んでいけますので、高度な内容であっても確実にモノにできるのです。

具体的には、SaaSプロジェクトやフォトアプリなどの機能を開発していきます。ジャンルの異なるアプリを作っていくことで、多彩なノウハウを持つIT人材へと成長することができます。同時に、Ruby on Railsの最新情報も共有することで、より効率的で使いやすいアプリケーションの構築法をチェックできます。それぞれのアプリケーションの演習では、実際に作った後に模範的なコーディングの解説もしていきます。そのため、現場のエキスパートがどのように開発をしているのか、自分の作ったものとはどう違うかを比較できます。同じように機能するプログラミングでも、シンプルさや美しさを持つ記述というものがありますので、それを学ぶ良い機会となります。

【公式詳細ページはこちら】The Complete Ruby on Rails Developer Course

【関連記事】