【2022年】ConoHa Wing(コノハウィング)とwpX Speedを徹底比較

ConoHa Wing(コノハウィング)とwpX Speedを徹底比較

この記事では、レンタルサーバーサービス「ConoHa Wing(コノハウィング)」と「wpX Speed」を徹底比較した結果を解説します。

ConoHa Wing(コノハウィング)の公式サイトはこちら

https://www.conoha.jp/wing/

 

wpX Speedの公式サイトはこちら

https://www.wpx.ne.jp/

結論、速さなら「ConoHa Wing(コノハウィング)」でデータベース容量なら「wpX Speed」

結論、速さなら「ConoHa Wing(コノハウィング)」でデータベース容量なら「wpX Speed」

ConoHa WingもwpX Speedも、国内に多くのユーザーを抱えるレンタルサーバーサービスを提供しています。このうち、業界最速として知られているConoHa Wingは大手GMOインターネット株式会社が運営しているサービスで、大手が運営しているという安心感を得ることができます。

ConoHa Wingの大きな特徴は、ページの表示速度だけでなく、対応しているアプリケーションの数が豊富だという点もあります。Webサイト構築ソフトとして大人気のWordPressはもちろんのこと、他にも対応するアプリケーションの数は多く、Cacti NagiosやArchive Box、MetabaseやWebminなど、トータルで38のアプリケーションソフトに対応しています。

対応しているWebサイト作成ソフトの数をwpX Speedと比較した場合、圧倒的にConoHa Wingが優秀です。wpX Speedは、WordPressにしか対応していません。WordPressに特化しているという点においては、WordPressをすでに使っているユーザーやこれからWordPressを使おうと検討しているクリエイターにとっては、大きなメリットと言えます。しかし、他のアプリケーションを利用しているユーザにとっては、この時点でwpX Speedは選択肢から外れてしまいます。

ただし、wpX Speedのレンタルサーバーとしての機能は優秀です。細かい機能については下記で説明しますが、データベース容量ならConoHa Wingを大きく上回る56GBもあります。ConoHa Wingでは8GBまでなので、データベース容量を重視してレンタルサーバーを選ぶなら、wpX Speedという選択肢もアリでしょう。

レンタルサーバーは、何を重視するかによってぴったりのサービスが異なります。ConoHa WingとwpX Speedを比較した場合には、ページの表示速度で選ぶならConoHa Wing、データベースの容量で選ぶならwpX Speedがおすすめです。

ConoHa Wing(コノハウィング)の公式サイトはこちら

https://www.conoha.jp/wing/

 

wpX Speedの公式サイトはこちら

https://www.wpx.ne.jp/

ConoHa Wing(コノハウィング)とwpX Speedの比較!WordPressならどちらがおすすめ?

ConoHa Wing(コノハウィング)とwpX Speedの比較!WordPressならどちらがおすすめ?

Webサイトの制作にWordPress以外を使う場合には、レンタルサーバーにwpX Speedという選択肢は入りません。wpX SpeedはWordPressに特化したレンタルサーバーだからです。しかし、WordPressを使うクリエイターにとっては、ConoHa WingとwpX Speedとどちらがより優秀かという点を比較したうえで、ぴったりのレンタルサーバーを選びたいと考えるでしょう。

ConoHa Wing(コノハウィング)とwpX Speedの料金面での比較

ConoHa Wing(コノハウィング)とwpX Speedの料金面での比較

ConoHa Wingでは、1時間ごとに料金がかかる通常プランと、月額料金として定額を支払うWingパックとがあります。このうち、Wingパックは通常プランよりも25%ほどお得な設定となっており、1年間という単位で契約できるならWingパックがおすすめです。

Wingパックでは、SSD容量や転送量によって、3つのプランから選ぶことができます。最も人気のあるベーシックプランは、毎月利用できるSSD容量は300GBまでで、かかる料金は定額901円です。300GBでは足りないクリエイターなら、スタンダードプランが良いでしょう。このプランだと、SSD容量400GBまで利用できる他、メモリもベーシックプランの8GBからアップして、12GBが利用できます。また、vCPUもベーシックプランの6コアから8コアへとアップしているため、機能面でも満足度が高くなるでしょう。

ConoHa Wingには、大規模なサイト運営にオススメのプレミアムプランもあります。これは、SSG容量は500GBまで利用でき、メモリは16GB、そしてvCPUは10コアに対応しています。

一方のwpX Speedは、ConoHa Wingのような月額料金制ではなく、1時間当たりいくらという料金設定となっています。そのため、あまり多く利用しない人なら、毎月かかる料金はConoHa Wingよりもずっと低く抑えられるでしょう。たくさん利用する場合でも、プランごとに毎月の上限が決められており、驚くほど高額になってしまう心配はありません。

wpX Speedでは、W1プランからW7プランまで、7プランがラインナップされています。それぞれ、利用できるSSD容量や転送量、割り当てられるCPUの数が異なっており、クリエイターのニーズに合わせて、無駄のないプランを選びやすくなっています。

wpX Speedの中でも最もリーズナブルなW1プランは、時間当たりの費用が2円で、毎月かかる上限額は1,200円に設定されています。ConoHa Wingのベーシックプランと比較した場合、SSD容量は200GBとConoHa Wingよりも少なく、料金は高めです。また、転送量もConoHa Wingは無制限ですが、W1プランでは毎月2.5TBと上限が決められています。そう考えると、リーズナブルなプランという点では、ConoHa Wingの方が優秀と言えるでしょう。

ちなみに、ConoHa Wingのベーシックプランで利用できる300GBのSSD容量は、wpX SpeedだとW2プランが該当します。このプランでは、時間当たりの費用は4円となり、毎月かかる月額料金の上限は2,400円です。ConoHa Wingのベーシックプランでは1,000円以下なので、やはりConoHa Wingの方がお得感は大きくなります。

wpX Speedの中でも内容が最も充実しているW7プランでは、時間当たりの費用は112円と高めで、月額上限額は8万円です。しかし、SSD容量はConoHa Wingの最上限500GBの2倍となる1TBが提供されている他、割り当てメモリは56GBm、割り当てCPUも12コアと充実しています。

料金面を比較した場合、少しでもリーズナブルにレンタルサーバーを利用したい人なら、ConoHa Wingが一押しでしょう。wpX Speedは料金面では決して業界最安値というわけではありませんが、1つ1つのプランの性能が高く、ニーズに合わせてぴったりのプランを選びやすいよう、配慮がされています。

wpX Speedでは、自身がどのプランがぴったりか分からないクリエイターのために、オートスケール機能が搭載されています。これは、プランを自動的に変更できるという便利な機能で、ディスク使用率やメモリ使用率、またCPU使用率を事前に設定しておき、それを上回ったら、自動的に料金プランをアップグレードしてくれます。もちろん、オートスケール機能をオフにすることも可能ですし、どこまでも無限にアップグレードするのではなく、アップグレードの上限を設定することもできます。ニーズに合わせてプランを調整しながら、ぴったりのプランを見つけると良いでしょう。

それでは、レンタルサーバーを契約する際に発生する初期費用はどうでしょうか?これは、ConoHa WingもwpX Speedも無料となっています。0円でスタートできるという点では、どちらも魅力的なサービスです。

ConoHa Wing(コノハウィング)の公式サイトはこちら

https://www.conoha.jp/wing/

 

wpX Speedの公式サイトはこちら

https://www.wpx.ne.jp/

ConoHa Wing(コノハウィング)とwpX Speedの速度面での比較

ConoHa Wing(コノハウィング)とwpX Speedの速度面での比較

レンタルサーバーはたくさんの業者から提供されていますが、その中でもConoHa Wingは、高速な表示速度を実現していると定評があります。業界ナンバーワンという声もあり、この表示スピードは多くの高速技術によって支えられています。

例えば、ConoHa WingではLiteSpeed LSAPIという実行環境を採用しています。これはデータの処理スピードが従来のFastCGIよりも20%程度速く、PHPアプリケーションの実行も可能です。PHPの高速化拡張モジュールにOpcasheを採用することによって、細部まで徹底した高速仕様を準備しています。さらに、コンテンツキャッシュ機能やブラウザキャッシュ機能を搭載することによって、レスポンスにかかるスピードも高速化しています。

SSDのスペックも優秀です。ConoHa Wingでは、データを書き込むストレージに、ピュアSSD RAID10という最新かつ最速なスペックを搭載しています。さらに、たくさんの同時アクセスを受けた時にも最適に処理できるよう、静的コンテンツの最適化に特化したWebサーバーnginxを採用しています。

それでは、wpX Speedの速度面はどうでしょうか?Webサーバーにはnginxを採用しており、この点ではConoHa Wingと同じです。また、SSDにはオールSSD NVMe接続によるRAID10を実現しており、この点でもConoHa Wingには劣りません。NVMeスペックは、SATA規格に該当するSSDの中ではトップレベルに高速で、他のレンタルサーバーではほとんど見ることがないほどです。その点で、wpX Speedは速度の点では優秀なレンタルサーバーと言えるでしょう。

その他にも、wpX Speedは業界でもトップレベルを誇るハイスペック機能を採用しています。それは、PHPの処理を安定させつつ、高速化を実現できるPHP-FPMモードで、SSDのNVMeと並んでユーザーから高い人気があります。Webサイトを作成するソフトの中でも、WordPresはPHPの処理速度に大きな影響を受けやすいという特徴があります。たとえば、低速な動作モードCGIなどはよく知られており、CGIよりもずっと高速なFast CGIとかモジュール版PHPなどは、他のレンタルサーバー業者でも提供しています。

そうした機能よりもずっと高速化を実現しているのが、wpX Speedが採用しているPHP-FPMモードです。これを搭載しているwpX Speedがとても高速であることは、スペックを見ただけでも期待できます。

ConoHa Wing(コノハウィング)の公式サイトはこちら

https://www.conoha.jp/wing/

 

wpX Speedの公式サイトはこちら

https://www.wpx.ne.jp/

ConoHa Wing(コノハウィング)とwpX Speedのサーバースペック面での比較

ConoHa Wing(コノハウィング)とwpX Speedのサーバースペック面での比較

ConoHa WingとwpX Speedのサーバースペックは、どちらもとても優秀です。ここでは、ConoHa Wingのベーシックプランと、wpX SpeedのW1プランを比較してみましょう。

Webサーバーについては、どちらもnginxを採用しています。しかし、ConoHa Wingは、nginxに加えてApacheも採用しており、このダブルスペックによってさらなる高速化を実現しています。ConoHa Wingが業界最速だと呼ばれているのは、こうした圧倒的な最強スペックがあるからなのかもしれません。

MySQLへの対応は、両者ともに無制限で対応しています。ただし、ConoHa Wingでは1個当たりの容量上限は4.5GB程度と設定されています。wpX Speedではこうした上限設定がないため、MySQLの容量が大きいWebサイトを利用する人なら、wpX Speedの方が満足度は高くなる可能性はあるでしょう。

割当CPUを比較した場合、wpX Speedではプランによって2コアから12コアまでがあり、W1プランの場合には2コアが割り当てられます。ConoHa Wingでも、ベーシックプランではvCPUが2コアなので、この点でも大きな差はないでしょう。

サーバーのOSは、どちらもLinuxを採用しています。メモリに関しては、ConoHa Wingが8GBなのに対してwpX Speedでは512GBもあり、ストレージメモリではwpX Speedに軍配が上がるでしょう。

ConoHa Wing(コノハウィング)の公式サイトはこちら

https://www.conoha.jp/wing/

 

wpX Speedの公式サイトはこちら

https://www.wpx.ne.jp/

ConoHa Wing(コノハウィング)とwpX Speedのセキュリティ面での比較

ConoHa Wing(コノハウィング)とwpX Speedのセキュリティ面での比較

ConoHa Wingでは、Webサイトのセキュリティ強化に欠かすことができない独自SSLを契約したユーザーに対して、無料で提供しています。クリエイターにとっては、有料オプションなどで追加料金がかかる心配がないという点で安心ですし、たくさんのユーザーが実際にConoHa Wingのサービスを利用しているという点からも、安心感を得られるのではないでしょうか。

また、ConoHa Wingでは、Webサイトの安全性を高める効果が期待できるWAFも標準装備しています。ユーザーは、ConoHa Wingオリジナルのコントロールパネルを操作することで、時間をかけずに簡単にセキュリティ対策ができるでしょう。さらに、ハッカーからの最新の攻撃パターンに対しても対応することが可能なSiteGuardは、シグネチャ型のWAFとして注目されています。ConoHa Wingでは、このSiteGuardも標準装備しており、ユーザーはWordPressでWebサイトを作成する際には、セキュリティ面で心配する必要はないでしょう。

wpX Speedもまた、セキュリティ体制ではユーザーから定評があります。セキュリティ対策のSSLはどのプランを契約したかにかかわらず、すべてのユーザーが無料で利用できます。また、国外IPアドレスからのアクセスを制限する、何度もログインを試みようとした場合に回数制限を設けるなど、細かいセキュリティ対策も万全です。ConoHa Wingもオリジナルのコントロールパネルを提供しており、プログラムや設定に関して専門的な知識がない人でも、素早く適切な設定ができるでしょう。その他にも、wpX Speedでは大量にコメントを受け取った場合、トラックバック制限ができる機能も付いています。

セキュリティ面に関しては、どちらも高いレベルのセキュリティ機能が搭載されています。セキュリティを重視したレンタルサーバー選びをする場合、甲乙つけがたいのではないでしょうか。

ConoHa Wing(コノハウィング)の公式サイトはこちら

https://www.conoha.jp/wing/

 

wpX Speedの公式サイトはこちら

https://www.wpx.ne.jp/

ConoHa Wing(コノハウィング)とwpX Speedのサポート面での比較

ConoHa Wing(コノハウィング)とwpX Speedのサポート面での比較

wpX Speedには、他のレンタルサーバーでは提供していない、安心のサポートを受けることができます。それは、万が一データを喪失した際のバックアップ機能です。破損したデータのバックアップや復元取得に関しては、有料で対応しているレンタルサーバーが少なくありません。しかし、wpX Speedでは、バックアップもデータの復旧に関しても、いずれも無料で対応してもらうことができます。

なお、wpX Speedではユーザーが設定しなくても、自動的に1日1回過去のデータを自動バックアップして保存しています。これも無料で対応しているため、クリエイターにとって、Webサイトの運用においては低コストで大きな安心感を得られます。

バックアップに関しては、ConoHa Wingでも自動バックアップ機能を提供しています。1日1回バックアップを自動的に行うという点に関しては、wpX Speedと同じです。しかし、過去何日分のバックアップを取得するかに関しては、wpX Speedの7日間に対して、ConoHa Wingでは14日分と長めの設定となっている点が特徴です。ConoHa Wingではバックアップを取る際に、Webデータやメールデータ、データベースデータ化を項目別に分類しており、データを復元する際に、ピンポイントで何を復元したいのかを選択できる点が魅力です。

それでは、ユーザーが分からない点や疑問が生じた場合や、万が一のトラブルが起こった時のサポートはどうなっているのでしょうか?

ConoHa Wingでは、電話やメール、そしてチャットによるサポートを行っています。wpX Speedの場合、電話とメールによるサポートはありますが、チャット機能を使ったサポートは行っていないため、電話サポートの受付時間外にトラブルが発生した場合には、メールでサポートをリクエストすることになります。

wpX Speedでは、メールによるサポートを365日年中無休で対応しているだけでなく、24時間どのタイミングでメールを出しても、23時間以内に対応してもらうことができます。土日や祝日など、電話のサポートを受けられない時でも、メールなら迅速に対応してもらえる点は大きな魅力と言えるでしょう。

ConoHa Wingの場合、サポート方法の点ではwpX Speedよりも充実していますが、サポートが平日のみとなっている点がデメリットです。週末や祝日にサポートが必要になっても、ConoHa Wingでは平日まで待たなければいけません。この点は、ConoHa Wingが持つ数少ないデメリットと言えるかもしれません。

電話のつながりやすさという点でも、ユーザーの口コミによると、ConoHa Wingは残念ながら、電話がつながりにくい傾向があります。一方のwpX Speedでは、アナウンスが流れた後、比較的スムーズに電話がつながるため、トラブルや問題を迅速に解決できるというメリットがあります。

サポート体制に関しては、何を求めるのかによって、ConoHa WingとwpX Speedのどちらが適しているかは異なります。もしもチャットでのサポートを希望するならConoHa Wingが良いかもしれません。週末や祝日、夜間のサポートが必要になるかもしれない人は、wpX Speedの方が満足度は高くなるでしょう。

ConoHa Wing(コノハウィング)の公式サイトはこちら

https://www.conoha.jp/wing/

 

wpX Speedの公式サイトはこちら

https://www.wpx.ne.jp/

ConoHa Wing(コノハウィング)とwpX Speedの移行・引っ越し代行サービス面で比較

ConoHa Wing(コノハウィング)とwpX Speedの移行・引っ越し代行サービス面で比較

レンタルサーバーを移行する際には、できるだけ作業が簡単にできるレンタルサーバーを選びたいものです。マニュアルが完備されているとか、コントロールパネルから移行作業ができるなどのサービスがあれば、初めての人でも戸惑うことなく、比較的スムーズにサーバーの引っ越しができるのではないでしょうか。

ConoHa Wingでは、簡単にWordPressのWebサイトを移行できるツールが準備されています。移行の経験がない人でも、ワンクリックで簡単にサイト全体をConoHa Wingへ引っ越せるので、わざわざプロや業者へ移行を依頼する必要がありません。簡単に移行の作業がクリエイター自身でできることは、大きなメリットと言えるでしょう。

また、ConoHa Wingでは、実際にサイト全体を引っ越す前にWordPressテストができる機能も搭載しています。テストサイトを作成する際にかかる費用はなく、無料でテストサイトをさっと作成し、ワンクリックで試験的にサイトを引っ越せます。うまく引っ越しができたうえで、実際に大切なWebサイトを移行できる点は、ConoHa Wingならではのメリットと言えるでしょう。

wpX Speedでは、サイトの引っ越しに関するマニュアルが提供されています。コントロールパネルから、それほど難しい操作をすることなくサイトの移行ができるものの、ConoHa Wingと比較すると作業は煩雑ですし、設定に時間がかかる傾向があります。また、移行の作業の途中でトラブルが起こってしまう場合もあるため、その場合には速やかにサポートを受ける心の準備もしておくことをおすすめします。

もしもwpX Speedの移行作業につまずいてしまった場合には、プロに代行を依頼するという選択肢もあります。ただし、wpX Speed側では有料オプションでも代行サービスを提供していないため、自身で代行業者を見つける必要があるでしょう。もしもレンタルサーバーの移行が必要な場合には、かかる手間や費用を考えると、wpX SpeedよりもConoHa Wingを選ぶのが安心かもしれません。(2022年現在)

ConoHa Wing(コノハウィング)の公式サイトはこちら

https://www.conoha.jp/wing/

 

wpX Speedの公式サイトはこちら

https://www.wpx.ne.jp/

ConoHa Wing(コノハウィング)に関する参考記事