取材・インタビュー掲載希望の企業様はこちら ▶

【2022年】ConoHa Wing(コノハウィング)とエックスサーバーを徹底比較

ConoHa Wing(コノハウィング)とエックスサーバーを徹底比較

この記事では、レンタルサーバーサービス「ConoHa Wing(コノハウィング)」と「エックスサーバー」を徹底比較した結果を解説します。

ConoHa Wing(コノハウィング)の公式サイトはこちら

https://www.conoha.jp/wing/

 

Xserver(エックスサーバー)の公式サイトはこちら

https://www.xserver.ne.jp/

結論、速さなら「ConoHa Wing(コノハウィング)」で安定性なら「エックスサーバー」

結論、速さなら「ConoHa Wing(コノハウィング)」で安定性なら「エックスサーバー」

ConoHa Wingとエックスサーバーは、どちらも人気が高いレンタルサーバーサービスです。それぞれ特徴が異なるため、比較する際には、最初にConoHa Wingとエックスサーバーの特徴やメリット、デメリットを理解することから始めると良いでしょう。

メリットやデメリットが分かれば、自身がどのようにレンタルサーバーを使いたいのか、どんな点を重視したいのかによって、どちらが適切なサービス化が見えてきます。

ConoHa Wingは、大手企業GMO社が運営するサービスです。

Webサイト運営をしたことがない人にとっても理解しやすい管理画面を提供している点が特徴で、価格設定も他のレンタルサーバーと比較してリーズナブルにまとめられています。Webページを表示するスピードは業界一と言われるほどの高速で、5000文字程度で画像が5枚程度使われているサイトの表示にかかる時間はわずか1.0秒です。

速さでレンタルサーバーを選ぶなら、評判の良いConoHa Wingが一押しです。

一方のエックスサーバーは、レンタルサーバー業界においては国内シェアナンバーワンを誇る人気があります。迷ったら、とりあえずエックスサーバーを選べば失敗しないと考えるユーザーも多いのではないでしょうか。

このレンタルサーバーは、価格面や性能面、また安定性やサポート面において、バランスが取れている点で定評があります。多くの実績と多くのユーザーを抱えているエックスサーバーは、特にサービスの安定性がとても優秀です。

サーバーがダウンするタイムアウトの頻度や回数、ダウン時間など、他のレンタルサーバーと比較して、ユーザーからの満足度は高くなっています。安定性を重視したレンタルサーバー選びをするなら、エックスサーバーが一押しと言えるでしょう。

ConoHa Wingとエックスサーバーを比較した場合、データの自動バックアップ機能や破損したデータの復元取得機能が標準装備されている点は、どちらにも共通しています。

こうした機能は、他のレンタルサービスでは有料オプションとなっていたり、別のサービスを利用しなければいけなかったりすることが少なくありません。そう考えると、便利な高機能が料金に含まれていることは大きなメリットと言えるでしょう。

独自ドメインをいくつ使用できるかという点では、両者で異なります。ConoHa Wingは契約中なら独自ドメインを2個永久無料で使用できますが、エックスサーバーは1個のみとなっています。独自ドメインが2個必要な人なら、ConoHa Wingを選ぶのが良いかもしれません。

ConoHa Wing(コノハウィング)の公式サイトはこちら

https://www.conoha.jp/wing/

 

Xserver(エックスサーバー)の公式サイトはこちら

https://www.xserver.ne.jp/

ConoHa Wing(コノハウィング)とエックスサーバーの比較!WordPressならどちらがおすすめ?

ConoHa Wing(コノハウィング)とエックスサーバーの比較!WordPressならどちらがおすすめ?

ConoHa Wingとエックスサーバーは、ブログ制作ソフトのWordPressととても相性が良いレンタルサーバーです。WordPressは世界中で多くのWebクリエイターに使用されており、インターネット上に公開されているWebサイトの半数以上はWordPressが使われています。

これからブログを開設しようと考えている人や、企業のWebサイトを構築しようと考えている人の中には、「サイト作成はWordPressで」と検討している人も多いのではないでしょうか。

ここでは、WordPressを使ってWebサイトを作成する場合に、ConoHa Wingとエックスサーバー、どちらのレンタルサービスを使うのがおすすめなのか、多方向から比較してみます。

ConoHa Wing(コノハウィング)とエックスサーバーの料金面での比較

ConoHa Wing(コノハウィング)とエックスサーバーの料金面での比較

ConoHa Wingとエクスサーバーの料金面を比較してみましょう。

ConoHa Wingでは、レンタルサーバーを利用する際に初期費用はかかりません。0円で契約ができます。毎月かかる費用には、時間単位で費用が発生する通常のプランと、月額いくらという定額制のWingパックプランがありますが、お得さでいうならWingパックが25%程度もリーズナブルです。そのため、大半のユーザーはWingパックを契約します。

Wingパックでは、3つのプランがラインナップされています。プランの違いは、主にSSDや転送量などの容量です。最もリーズナブルなベーシックプランの場合、SSDは300GBまで、毎月の転送量は4.5TBまでと制限が設けられています。これで月額は901円なのは、とてもお得と言えるでしょう。

この上限では足りない人なら、SSDが400GBまで、転送量は毎月5.5TBまでのスタンダードプランがおすすめです。スタンダードプランになると、月額利用料は2,145円となります。さらに容量が充実したプレミアムプランでは、SSDが500GB、転送量は毎月6.0TBまで利用でき、月額は4,290円という料金設定となっています。

それでは、エックスサーバーの料金はどうなっているのでしょうか?エックスサーバーでは、契約の際に初期費用が3,300円かかります。これは、どのプランを選択しても同額です。初期費用だけを比較すると、ConoHa Wingの方がお得ということになります。

月額料金について見てみましょう。エックスサーバーでは、ディスク容量が異なる3つのプランがラインナップされています。最もリーズナブルなスタンダードプランでは、SSDは300GBまでと制限されており、かかる料金は月額1,100円です。これをConoHa Wingのベーシックプランと比較した場合、利用できるSSD容量はConoHa Wingと同じですが、料金は200円程度低い設定となっています。

もしもSSD容量が300GB以下で問題なければ、ConoHa Wingの方がお得と言えます。

エックスサーバーの他のプランでは、プレミアムプランが月額2,200円で、SSDは400GBまで使用できます。ConoHa Wingのスタンダードプランと比較した場合、こちらもSSD容量は同じですが、月額料金はConoHa Wingの方が55円程度安くなります。

エックスサーバーの最も高額なビジネスプランになると、SSD容量は毎月500GBまで使用でき、月額4,400円です。ConoHa Wingのプレミアムプランと比較すると、やはりSSD容量は同じで、料金はConoHa Wingの方が110円低く設定されています。

料金面では、全体的にConoHa Wingの方がお得感が高いと言えるでしょう。

ConoHa Wing(コノハウィング)とエックスサーバーの速度面での比較

ConoHa Wing(コノハウィング)とエックスサーバーの速度面での比較

レンタルサーバーを比較する際には、ページの表示速度についても比較しておきたいものです。どんなに料金がリーズナブルでも、表示速度がイライラするほど遅いのでは意味がありません。ConoHa Wingやエックスサーバーはどちらも高速スピードだと定評がありますが、この2つのサービスを比較した場合、どちらが速度面でおすすめなのでしょうか。

ページの表示速度を計測するツールは、GoogleのPageSpeed Insightsをはじめ、G Tmetrixなど複数あり、それぞれ独自の方法で測定を行います。これらの同じ条件のWebページで表示することで、どちらが速度面で優秀なのかが分かります。

できるだけ近い条件で比較するために、ConoHa Wingのベーシックプランとエックスサーバーのスタンダードプランを使い、さまざまなページを複数回計測したところ、平均的な速度という点では、ConoHa Wingの方が優秀な傾向があります。

もちろん、ページの表示速度はその時の状況によって変わるため、平均値がこうだからと言って、必ずしもその平均スピードを維持できるとは限りません。あくまでも平均は平均として、理解しておかなければいけないでしょう。

ConoHa Wingを使って複数回の計測を行ったところ、平均的な表示速度は760ms程度となります。一方のエックスサーバーだと平均は660ms程度となり、圧倒的にConoHa Wingの方が高速だと言えます。

ただし、660msと760msという100msの違いは、実際に時間にしてどのぐらいの差になるのでしょうか?100msは、時間にすると約0.1秒程度です。瞬きをするよりも短い時間のため、この計測の違いはわずかな誤差と考えればよいでしょう。

実際にエックスサーバーでWebサイトを運用しても、表示速度の違いに気づくことはないレベルです。100msの違いが通常使用でほとんど気づかないぐらいの誤差なら、どちらもスピード面では優秀だと言えるでしょう。

ConoHa Wing(コノハウィング)とエックスサーバーのサーバースペック面での比較

ConoHa Wing(コノハウィング)とエックスサーバーのサーバースペック面での比較

ConoHa Wingとエックスサーバーとで、サーバーのスペック面にはどのような違いがあるのでしょうか。

最初に、WordPressの設定がどのぐらい簡単にできるかという点を比較しましょう。レンタルサーバーを契約した場合、Webサイト制作ソフトとなるWordPressをセットアップしなければいけません。

ConoHa Wingもエックスサーバーも独自にコントロールパネルが採用されていて、初心者でも難しい操作が必要になることなく、簡単にWordPressの設定ができます。操作性という点では、どちらも甲乙つけがたい利便性があります。

WordPressの設定にどのぐらいの時間がかかるかという点ですが、どちらにもWordPressに特化した設定ナビゲーションがあります。ConoHa Wingの「WordPressかんたんセットアップ」と、エックスサーバーの「WordPresクイックスタート」は、どちらも時間にすると10分程度しかかかりません。

レンタルサーバーの契約と装備にWordPressのサイトを構築できる点が、大きな魅力となっています。

サーバーのスペックでは、MySQLへの対応がConoHa Wingとエックスサーバーとで若干異なります。ConoHa WingではMySQLへ無制限に対応しているのに対して、エックスサーバーでは50個までと上限が決められています。MySQLを管理するツールは、どちらもphpMyAdminで共通しています。

サーバーを管理するソフトには、ConoHa WingはNginx LiteSpeedが採用されているのに対して、エックスサーバーではNginxが採用されています。ConoHa Wingの方が、管理ソフトの点では優秀です。

ConoHa Wingとエックスサーバーは、どちらも複数のPHPバージョンに対応しています。どのバージョンに対応しているかという点は異なっており、ConoHa Wingの場合には5.6をはじめ、7.0や7.1、7.2や7.3までの対応となっています。

一方のエックスサーバーでは、ConoHa Wingが網羅しているPHPバージョンは7.3以外すべて、他に5.1や5.3、5.4や5.5にも対応しています。対応しているバージョンの数を比較すると、エックスサーバーの方が優秀と言えるでしょう。

ここで、注意しなければいけない点があります。それは、PHPの最も最新のバージョンとなる7.3に対応しているのは、ConoHa Wingのみという点です。そのため、PHPのバージョンでレンタルサーバーを選ぶなら、クリエイター自身がどのバージョンのPHPを使っているかに合わせて選ぶことをおすすめします。

ConoHa Wingもエックスサーバーも、Webファイルのバックアップやデータベースのバックアップできる機能が標準装備されています。バックアップを行う頻度は、どちらも1日1回で、自動取得が可能です。

データベースのバックアップ期間はどちらも14日間で同じなのですが、Webファイルのバックアップ期間は、ConoHa Wingが14日間、エックスサーバーは7日間のみとなっています。違いがある点は、理解しておいた方が良いでしょう。

Webファイルの復元機能が搭載されているかどうかという点も、両者で異なります。ConoHa Wingには破損したWebファイルの復元取得機能が標準装備されているのに対し、エックスサーバーでは装備されていません。

ConoHa Wingもエックスサーバーも、上記のような違いはありますが、全般的にとても優秀なスペックです。ディレクトリのアクセス制限や海外からのアクセス制限をかけることができ、アクセス解析機能やテスト用動作確認URL機能も搭載されています。WAFについても利用が可能というだけでなく、料金がかからず無料で対応してもらえる点もまた、両者が多くのユーザーに高評価される理由の一つと言えるでしょう。

ConoHa Wing(コノハウィング)とエックスサーバーのセキュリティ面での比較

ConoHa Wing(コノハウィング)とエックスサーバーのセキュリティ面での比較

ConoHa Wingとエックスサーバーは、どちらもセキュリティ面においては甲乙つけがたい優秀さを持っています。サーバーにはスパムフィルタをはじめ、迷惑メールフィルタやアンチウィルス機能が標準装備されており、ユーザーは無料でこれらのセキュリティ機能を使うことができます。

ConoHa Wing(コノハウィング)とエックスサーバーのサポート面での比較

ConoHa Wing(コノハウィング)とエックスサーバーのサポート面での比較

分からない点や質問したいこと、またトラブルが起こった時には、迅速にカスタマーサービスへ連絡したいものです。ConoHa Wingとエックスサーバーは、どちらもカスタマーサポートの面ではユーザーの満足度が高く、迅速で丁寧な対応をしてくれると好評です。

サポートの方法を比較すると、エックスサーバーは電話かメールでの対応なのに対して、ConoHa Wingはそれに加えて、チャットで対応してもらうこともできます。電話やメールよりも気軽に質問しやすいチャット形式によるサポート制度は、レンタルサーバー業界だけでなく、幅広くたくさんの企業やサービスに導入されています。

しかも、ConoHa Wingのチャットサポートは、メッセージを送信すると即レスが期待できるほどのスピードで、分からない点を速やかに解決できます。チャットでのサポートを希望する人なら、ConoHa Wingの方が満足度は高くなるでしょう。

チャット形式がないとは言え、エックスサーバーのサポートも、必ずしもConoHa Wingに大きく劣るというわけではありません。ConoHa Wingの場合、メールの対応時間は電話やチャットのサポートと同じく、平日の10時から18時までなのに対し、エックスサーバーのメールサポートはなんと365日年中無休で24時間体制となっています。

エックスサーバーのサポートは、メールなら送信から24時間以内に返信がくる点がメリットです。ConoHa Wingの場合には、メールを送ると返信は翌営業日となるため、場合によってはイライラしながら待たなければいけないことがあるでしょう。エックスサーバーなら速やかにメールを返信してもらえるので、チャット同様の利便性を感じられるかもしれません。

また、エックスサーバーのサポートは、電話がつながりやすいという点も魅力です。電話によるサポートは10時から18時までの対応となっていて、電話をするとアナウンスが流れた直後に、すぐ担当者が応答してくれると好評です。

一方、ConoHa Wingにも電話のサポートサービスはありますが、たくさんのユーザーがカスタマーサービスを利用しているため、タイミングによってはなかなかつながりにくい傾向があります。

その場合には、電話だけでなくメールやチャットによるサポートも用意されているので、そちらをおすすめします。メールやチャットによるサポートサービスは、とても迅速だと好評です。ConoHa Wingを利用するなら、どんなスタイルでサポートを受けるかという点に関してはフレキシブルに対応することをおすすめします。

カスタマーサポートという点を比較すると、ConoHa Wingよりもエックスサーバーの方がおすすめであるといえます。とは言え、どちらも多種多様なマニュアルをラインナップしているので、カスタマーサポートに問い合わせをする前に、ユーザー自身で問題を解決できるようなシステムが整備されています。

ConoHa Wing(コノハウィング)とエックスサーバーの移行・引っ越し代行サービス面で比較

ConoHa Wing(コノハウィング)とエックスサーバーの移行・引っ越し代行サービス面で比較

Webサイトの移行や引っ越しを考えている人は、レンタルサーバーを選ぶ際に注意が必要です。レンタルサーバーのサービスによっては、サイトの引っ越しをサポートする機能が搭載されていない可能性があるからです。

ConoHa Wingの場合には引っ越しツールが搭載されており、契約した人は誰でも無料で利用できます。このツールを使うと、別のサーバーからWebサイトの引っ越しが、クリック1つで簡単にできてしまいます。プログラミングやサーバーの設定方法がよく分からない人や初心者には、ConoHa Wingがおすすめです。

ConoHa Wingではまた、サーバー移転代行サービスも行っています。

これは1サイト当たり7,678円で対応してくれる有料のサービスで、いくつかの条件を満たせば対応が可能です。満たさなければいけない1つ目の条件は、日本国内に存在する他社のレンタルサーバーで管理しているWebサイトだということです。2つ目の条件は、サイト制作や管理にWordPressソフトを使っていることです。そして3つ目の条件として、独自ドメインを使っているという点が挙げられます。

これら3つの条件を満たすことは、Webサイトを運用する上では決して難しいことではありませんし、ConoHa Wingへの移行を検討するクリエイターの多くが、この条件をすでに満たしています。そのため、ConoHa Wingへの移転を検討している人なら、この移転代行サービスは実質的に誰もが利用できるサービスと言っても過言ではないでしょう。

代行サービスを利用する際には、移転希望日をユーザー側が指定できます。ConoHa Wingは、サービスを依頼して3日以降なら、リクエストした日にサーバー移転を実行してくれます。その際には、SSL設置済のサイトの移行や非SSLサイトのSSL設定に関しても、有料オプションとして対応してもらうことができます。

それでは、エックスサーバーでは移行や引っ越しサービスはどうなっているのでしょうか?残念ながら、エックスサーバーには引っ越し機能は搭載されていません。そのため、サーバーの設定や移転に関して専門的な知識を持たない人にとっては、エックスサーバーへの移行は難しいでしょう。

もしもサーバーの移転方法を知らないけれども、エックスサーバーへWebサイトを移転したいという場合には、プロに丸投げできる代行サービスを利用することはできます。ConoHa Wingの代行サービスと比較すると割高となりますが、どうしてもエックスサーバーが良いと考えている人なら、この方法も選択肢の1つです。

ConoHa Wingとエックスサーバーは、どちらも多くのユーザーが大満足しているレンタルサーバーです。しかし、すでに別のレンタルサーバーを利用していて、ConoHa Wingもしくはエックスサーバーへの乗り換えを検討している場合には、ConoHa Wingの方が手続きや作業内容、費用的に、満足度が高くなるでしょう。(2022年現在)

ConoHa Wing(コノハウィング)の公式サイトはこちら

https://www.conoha.jp/wing/

 

Xserver(エックスサーバー)の公式サイトはこちら

https://www.xserver.ne.jp/

ConoHa Wing(コノハウィング)に関する参考記事

【関連記事】