【2022年】ConoHa Wing(コノハウィング)とロリポップを徹底比較

ConoHa Wing(コノハウィング)とロリポップを徹底比較

この記事では、レンタルサーバーサービス「ConoHa Wing(コノハウィング)」と「ロリポップ」の違いについて徹底比較した結果を解説します。

ConoHa Wing(コノハウィング)の公式サイトはこちら

https://www.conoha.jp/wing/

 

ロリポップの公式サイトはこちら

https://lolipop.jp/

結論、速さなら「ConoHa Wing(コノハウィング)」で料金なら「ロリポップ」

結論、速さなら「ConoHa Wing(コノハウィング)」で料金なら「ロリポップ」

ConoHa Wing(コノハウィング)もロリポップも、レンタルサーバーサービスとして高い人気があります。それぞれ特徴が異なるため、どちらが自身に適しているかを知るためには、両社の特徴を理解した上で、目的に応じてぴったりのサービスを選びたいものです。

ConoHa Wingは、WordPressやスマホとの相性が抜群に良いという特徴があります。WordPressは、世界中のWebで公開されているWebサイトの過半数の作成に使われた大人気のソフトです。個人のブログ作成をはじめ、企業やプロも使用するサイト制作ソフトのため、機能がとても充実しています。使い慣れていない初心者だと、使い方が分からずに試行錯誤してしまうことも少なくないでしょう。しかし、ConoHa Wingなら、WordPresを初めて使う未経験者でも簡単にリンクすることが可能です。

また、スマホからも簡単にWordPressを始められるという魅力があります。かかる時間は10分程度で、未経験者にとっては短時間でさっとブログ作成をスタートできることは、大きなメリットと言えるでしょう。

ConoHa Wingの利用料金は、時間単位で課金される通常料金プランと、定額制のWingパックプランとがあります。使用状況を気にする必要がなく、定額しかかからないWingパックプランは人気で、ベーシックプランなら月額901円、人気ナンバーワンのスタンダードプランなら月額2,145円、そして大規模なサイト運営にオススメのプレミアムプランは月額4,290円で利用できます。

ConoHa Wingは、国内最速という点も大きな特徴です。従来のPHP7よりもさらに処理速度がアップしたPHP8に対応しており、FastCGIよりも20%も処理スピードが速いLiteSpeed LSAPIを採用してます。サーバーには最新の高速高性能サーバーを採用し、ストレージ機能はオールSSD RAID10によって、安全性と高速性を実現しています。

ロリポップは、ブログやアフィリエイトなど、個人ユーザーを視野に入れた料金設定を展開しています。すべてのドメインを独自SSLによって無料で暗号化できる他、ハイスピードプランなら月額利用料550円という破格料金でのサービス提供が魅力です。

この月額550円は、ロリポップからラインナップされている料金プランの中では決して最安ではありません。ロリポップにはエコノミープランがあり、専用のメールアドレスのみを使用する場合には月額99円での利用が可能です。

趣味でホームページやブログを楽しみたい人なら、ライトプランの月額220円、ビジネス用途にも適したスタンダードプランなら月額440円なども人気があります。大規模なサイトに適したエンタープライズプランでも、月額料金は2,200円とリーズナブルで、ConoHa Wingと比較すると半額近くの料金で利用できます。コストで選ぶなら、迷うことなくロリポップが勝利ではないでしょうか。

それでは、ロリポップのスピードはどうでしょう?スピード重視のプラン「ハイスピードプラン」では、安定性とスピードのどちらも妥協しないために、オールSSDのRAID10を採用しています。これは、ConoHa Wingと同じスペックです。

このサーバーのディスク種類だけを見ると、どちらも同じです。しかし、後ほど詳しく説明しますが、サーバーの細かいスペックを比較すると、ConoHa Wingの方に軍配が上がります。スピードでレンタルサーバーを選ぶなら、ConoHa Wingと言えます。

ConoHa Wing(コノハウィング)の公式サイトはこちら

https://www.conoha.jp/wing/

 

ロリポップの公式サイトはこちら

https://lolipop.jp/

ConoHa Wing(コノハウィング)とロリポップの比較!WordPressならどちらがおすすめ?

ConoHa Wing(コノハウィング)とロリポップの比較!WordPressならどちらがおすすめ?

ConoHa Wingとロリポップは、どちらもWordPressソフトでWebサイト作成の際に使用するレンタルサーバーとして、人気があります。ConoHa Wingは2021年の2月に、そしてロリポップは2021年の10月に、WordPressユーザーの満足度ナンバーワンのレンタルサーバーに選ばれています。

ConoHa Wing(コノハウィング)とロリポップの料金面での比較

ConoHa Wing(コノハウィング)とロリポップの料金面での比較

Webサイトを作成する際にWordPressを使用することを前提とした場合、ConoHa Wingとロリポップとで、料金はどのぐらい違うのでしょうか?

ConoHa Wingには各種料金プランがありますが、その中でも個人ブログや小規模なWebサイトなら、ベーシックプランがおすすめです。このプランをお得なWingパックにすると、月額料金は毎月901円で利用できます。このプランで運用しているWebサイトは45万サイトあり、多くのユーザーが高い満足度を持っています。

料金面ではConoHa Wingより圧倒的にリーズナブルなロリポップを使った場合、ハイスピードプランでも月額料金は550円です。月額料金を比較すると、ロリポップの方がリーズナブルに利用できると言えるでしょう。

ちなみに、ロリポップのハイスピードプランで運用しているWebサイトは、なんと200万サイトもあります。ユーザーからの高い満足度と信頼を得ている証拠と言えるのではないでしょうか。

ConoHa Wingもロリポップも、一定期間以上の契約をすると、独自ドメインを無料で使うことができます。ConoHa Wingの場合には、3か月以上の契約をすれば、ドメイン2個が永久無料で使えます。これは、複数のサイトを運用したい人にとっては大きな魅力でしょう。一方のロリポップは、12か月以上の契約をすると、ドメイン1個を永久無料で使用できます。

契約期間については、どちらもユーザーからの満足度が高いレンタルサーバーという点で、短期間で別のサーバーへ移転したくなるリスクは少ないでしょう。そのため、契約期間が3か月なのか、12か月なのかで悩む人は、それほど多くのではないでしょうか。無料で提供されているドメインの数に関しては、運営しようと考えているサイトの数が現在1つだけなら、どちらのサービスでもそれほど大きな影響は出ないと考えられます。もしも後からもう1つのドメインが欲しくなれば、別途で契約すればよいだけです。

マルチドメインに対応している点でも、ConoHa Wingとロリポップとでは若干のスペックが異なります。ConoHa Wingの場合には、マルチドメインに無制限での対応となっているだけでなく、サブドメインへの対応も無制限対応可能となっている点が魅力です。

一方のロリポップでは、マルチドメインに対応しているものの、対応しているドメイン数は100までとなります。そして、サブドメインに関しては、ドメインごとに500までと制限がかけられている点が特徴です。個人が運営するブログなら、このドメイン制限でも問題を感じないことは多いでしょう。しかし、複数のドメインを1つのレンタルサーバーで管理運用したい場合には、ロリポップよりもConoHa Wingの方が、上限なしという点で大きな安心感となるでしょう。

ConoHa Wing(コノハウィング)の公式サイトはこちら

https://www.conoha.jp/wing/

 

ロリポップの公式サイトはこちら

https://lolipop.jp/

ConoHa Wing(コノハウィング)とロリポップの速度面での比較

ConoHa Wing(コノハウィング)とロリポップの速度面での比較

ConoHa Wingもロリポップも、レンタルサーバー業界の中では、速度が高速なサービスとして知られています。例えば、WordPressで作成した5000文字程度のWebコンテンツに、画像を5枚程度使用したと仮定します。このぐらいの文字数や写真数なら、個人ブログでも読み応えのある文字数ですし、画像が5枚も決して多すぎるわけではありません。

このコンテンツをConoHa Wingとロリポップそれぞれで呼び出して表示した場合、ConoHa Wingでは1.0秒なのに対して、ロリポップは1.7秒程度と、若干の違いが出ます。数値として比較すると、ConoHa Wingの方が速いと言えます。しかし、1秒以下の違いはWebサイトを使用するユーザーにとっては、イライラするほどの差ではないと考えることもできます。

Webサイトページの表示速度は、文字数が多くなったり画像の数やファイル容量が大きくなったりすると、使用しているレンタルサーバーの処理速度にかかわらず、どうしても遅くなってしまいます。そんな時には、レンタルサーバーを変える以外にも、クリエイター側でできる対策方法がいくつかあります。

ConoHa Wingの場合には、ブラウザキャッシュ機能やコンテンツキャッシュ機能をONにすることで、表示速度をアップできます。また、WordPressのプラグイン機能の中から、LiteSpeed Cashe系のプラグインをインストールするのも効果的です。

ロリポップの場合には、ConoHa Wing同様に、コンテンツキャッシュ機能をONにする方法も効果的ですし、サイトのHttps化やPHPバージョンを最新のものにすることも有効です。サイト内で使用している画像を圧縮してファイル容量を小さくすることもまた、サイトの表示スピード高速化に貢献してくれます。

どちらのレンタルサーバーにも共通している対策方法もあります。それは、WordPresで使用しているテーマを見直すことです。WordPressでは、テーマごとに表示スピードが大きく異なるという特徴があります。そのため、上記の対策をしなくても、WordPressテーマを変更するだけで、表示スピードが驚くほどアップすることもあります。

ConoHa Wingとロリポップとでは、一定期間あたりに転送できるデータ容量が制限されています。データ転送に料金はかかりませんが、上限データ量を超えると転送ができなくなってしまうため、注意しなければいけません。

ConoHa Wingは、1日あたりの設定ではなく、1か月あたりに9.0TBまでの転送ができる設定となっています。これは1か月30日で考えると、1日当たり300GBまで転送できる計算になります。

一方のロリポップは、1日あたり100GBまでの転送が可能です。つまり、データ転送が多い人は、ロリポップよりもConoHa Wingを利用した方が、データ転送の点で不満を抱えるリスクが少ないと言えるでしょう。

ConoHa Wing(コノハウィング)の公式サイトはこちら

https://www.conoha.jp/wing/

 

ロリポップの公式サイトはこちら

https://lolipop.jp/

ConoHa Wing(コノハウィング)とロリポップのサーバースペック面での比較

ConoHa Wing(コノハウィング)とロリポップのサーバースペック面での比較

ConoHa Wingとロリポップのサーバースペックを比較した場合、どちらもディスクの種類としては、SSDのRAID10という最新最速のものを採用しているという共通点があります。しかし、種類は同じでも細かいスペックは異なります。

ディスク容量は、ConoHa Wingが250GBに対して、ロリポップは120GBにとどまっています。サーバーOSはどちらもLinux製を搭載していますが、Webサーバーでは、ConoHa WingがApache+nginxを採用しているのに対して、ロリポップではApacheモデルとなっています。この点でも、若干のスペック差がわかるでしょう。

CGIのスペックでは、ConoHa WingがLiteSpeedを採用しているのに対して、ロリポップはFastCGIのスペックを採用しています。

プログラム言語のバージョン対応も、ConoHa Wingとロリポップとでは異なります。例えばPHPでは、ロリポップが7.2と5.6の2バージョンだけなのに対して、ConoHa Wingではその他に7.1や7.0にも対応しているという特徴があります。Pythonへの対応はどちらも2.7に対応していますが、ConoHa Wingはその他にバージョン3.6に対応しており、ロリポップは3.6への対応はないものの、3.4へ対応しているなどの違いがあります。

RubyやPerlなどのプログラム言語でも、それぞれ対応するバージョンが異なります。もしも管理するWebサイトにこれらの言語のバージョンが大きく関係する際には、対応しているかどうかによって、どちらのレンタルサーバーが適しているかを選ぶことになるでしょう。

.htaccess編集に関して、ConoHa Wingは対応していますが、ロリポップでは対応不可となっています。また、Cronスペックでは、ConoHa Wingは無制限での対応が可能なのに対して、ロリポップでは登録数に制限が設けられています。この点を比較すると、Webサイトの成長や拡張によりフレキシブルに対応できるのは、ConoHa Wingと言えるでしょう。

なお、FTP接続やSFTP・SSH接続に関しては、どちらも問題なく対応しています。この点は、スペックによる違いはありません。

ConoHa Wing(コノハウィング)の公式サイトはこちら

https://www.conoha.jp/wing/

 

ロリポップの公式サイトはこちら

https://lolipop.jp/

ConoHa Wing(コノハウィング)とロリポップのセキュリティ面での比較

ConoHa Wing(コノハウィング)とロリポップのセキュリティ面での比較

ConoHa Wingとロリポップのどちらのレンタルサーバーを利用する場合でも、管理するWebサイトのセキュリティ面には十分な対策が必要です。セキュリティ面を比較した場合、両者に大きな違いはありません。どちらも、 ディレクトリアクセス制限や海外からのアクセス制限機能を搭載しています。海外アクセス制限機能を利用すると、Webサイトを閲覧できるのは日本国内のみとなり、マーケットのサイズという点ではグローバル化に逆行することになってしまいますが、海外からのハッカーなどの影響を受けにくくなるという安全性を得られます。

どちらのレンタルサーバーも、WAFは無料で利用することができます。セキュリティ面に関しては、大きなスペックの差はありません。そのため、どちらを選んでも、同じぐらいの満足度が期待できます。

ConoHa Wing(コノハウィング)の公式サイトはこちら

https://www.conoha.jp/wing/

 

ロリポップの公式サイトはこちら

https://lolipop.jp/

ConoHa Wing(コノハウィング)とロリポップのサポート面での比較

ConoHa Wing(コノハウィング)とロリポップのサポート面での比較

レンタルサーバーの運営実績を比較すると、ConoHa Wingはそれほど長くありませんが、ロリポップは2001年から運営しており、現在でも多くのユーザーから支持されています。サービスの実績の長さを比較すると、ロリポップの圧倒的な勝利となります。

カスタマーサポートの方法に関しては、どちらも電話やメール、チャット方式など、複数の方法を提供しています。どちらが圧倒的に連絡しやすいという差はありません。また、どちらも多くのユーザーが利用しているレンタルサーバーサービスで、カスタマーサポートの面でも定評があります。親切で丁寧に対応してくれるだけでなく、レスポンスが早く、問題を迅速に解決できるという点で高評価です。

ConoHa Wingが提供しているサポートの中でも、特に人気があるのはワプ活です。これは、これからレンタルサーバーを活用してWebサイトを運営したい人にとって役立つ情報が凝縮されていて、初心者でも最短10分でWordPressを始めることができます。動画ではなく画像での説明なので、わからないまま置いて行かれてしまう心配がなく、マイペースで1つ1つのプロセスを理解しながら進められる点がメリットです。

ConoHa Wingではその他にも、初めてWebサイトを始める人のために、具体的にどんな手順でConoHa Wingを始めればよいのか、また別のレンタルサーバーからConoHa Wingへ乗り換える際に必要となる手順などを、わかりやすく説明しています。公式サイトの中でわかりやすく説明されていると、カスタマーサービスまで連絡しなくても済み、問題解決できます。そうした点でも、使い勝手が良いと好評です。

ロリポップのサポート体制も、ユーザーから高く評価されています。ロリポップではホームページの作成や他社からの移行、ドメインやサーバーの使い方や設定方法など、多種多様な分野や作業において、マニュアルをラインナップしています。マニュアルの一覧表を見ることもできますが、キーワードで検索すると、該当するマニュアルがさっと表示されるので、短時間で必要な情報を最短で手に入れられるという利便性があります。マニュアルはすべて画像付きで解説されており、初めて利用する人にとってもわかりやすい内容にまとめられています。

ロリポップではまた、Webサイトに関する様々なテクニックを紹介するテクニカルスクールも運営しています。例えば、SNSやブログに掲載する写真の撮影方法や加工方法に加え、あとからトラブルにならないような対策に関しても紹介しています。その他にも、これからホームページを始めたい人向けに、ホームページの仕組みをわかりやすく解説している講座や、HTMLやCSSなどプログラミング言語に関する講座など、知りたいことがピンポイントでわかる各種講座をラインナップしている点も魅力です。

ロリポップでは、ホームページの製作代行業務も行っています。自身で勉強しながらホームページを制作するのは大変だから、手っ取り早くプロに作ってもらいたいという人にとっては、まさにおすすめの代行サービスと言えるのではないでしょうか。このサービスでは、基本的にコミュニケーションをすべてオンラインで対応できるため、全国どこに住んでいる人でも利用できます。

これらのサポート内容を比較すると、基本的なサポートに関してはどちらも大きく変わることはありません。しかし、情報提供や初心者向けの講座やマニュアルが充実している点を考えると、経験値やスキルが低い人にとっては、ConoHa Wingよりもロリポップの方が使い勝手が良いと感じるかもしれません。

カスタマーサポートではありませんが、使いやすさという点もまた、ユーザーにとっては大きな比較ポイントとなるでしょう。例えば、コントロールパネルに関しては、ConoHa Wingもロリポップも独自のシステムを採用しています。使い勝手がよく、サーバーの移転やセキュリティ項目の設定など作業が煩雑化しやすい点においても、簡単な操作で対応できるという点はConoHa Wingの大きな魅力です。初心者でも使いやすく、やりたいことを失敗することなく、さっと対応できるのではないでしょうか。

ConoHa Wing(コノハウィング)の公式サイトはこちら

https://www.conoha.jp/wing/

 

ロリポップの公式サイトはこちら

https://lolipop.jp/

ConoHa Wing(コノハウィング)とロリポップの移行・引っ越し代行サービス面で比較

ConoHa Wing(コノハウィング)とロリポップの移行・引っ越し代行サービス面で比較

WordPressで使用していたレンタルサーバーを、他社からConoHa Wingもしくはロリポップへ移行する際には、どちらのサービスの方が便利なのでしょうか?

自身でサーバー移行作業をする場合には、どちらも移行のためのツールがあるので問題ありません。また、どちらもWordPressに対応しているので、移行の後にトラブルが発生するリスクもほぼないでしょう。この点は安心です。

移行の際に、万が一にもこれまで構築してきたコンテンツが消滅してしまうリスクは避けたいという場合には、サーバー移転代行サービスを利用することもできます。ConoHa Wingでもロリポップでも、移転代行サービスを提供しています。

ConoHa Wingの移転代行サービスにかかる費用は7,678円という料金設定となっています。依頼してから実際に移行が完了するまでにかかる日数は3営業日以降で、今すぐに移転したい人にとっては少しイライラしてしまうかもしれません。

一方のロリポップは、ハイスピードプラン以上のプランを契約した場合にサーバー移転代行を利用することができます。かかる代行手数料は33,000円で、ConoHa Wingよりもお値段は高めの設定です。ただし、依頼してから2~4営業日程度で移行してもらえるため、できるだけ早いタイミングで移行してほしいなら、ロリポップを選ぶという方法もアリでしょう。(2022年現在)

ConoHa Wing(コノハウィング)の公式サイトはこちら

https://www.conoha.jp/wing/

 

ロリポップの公式サイトはこちら

https://lolipop.jp/

ConoHa Wing(コノハウィング)に関する参考記事