GoogleとYahoo!以外のネット利用に男女差あり 女性はInstagram、男性はYouTubeが最多【ナイル調査】

SNSマーケティング

 マーケティングDX事業、自動車産業DX事業を営むナイル株式会社は、全国の男女4407名を対象に、インターネット利用時の検索行動に関するアンケート調査を実施した。

 調査の結果、GoogleとYahoo!を除いたインターネット検索において、利用頻度がもっとも高いものには男女差があることがわかった。

 それぞれ女性は「Instagram」、男性は「YouTube」が最多となった。

インターネット検索の利用頻度の男女別調査結果

 検索行動では、約3割の人が「予測キーワードで検索」をしており、約2割が「記事を開かず、検索結果画面で解決」していると回答した。

検索行動の調査結果

 また、直近で検索したキーワードを覚えている人のうち、約4割が「1回の検索で答えが見つかった」と回答した。

検索回数の調査結果

 「画像」「ニュース」「動画」「ショッピング」などのタブの中では特に「画像」タブが見られており、画像検索対策の必要性が高いことがわかった。

 調査概要は以下の通り。

  • 調査期間:2022年8月5日~8日
  • 調査方法:自社調査(インターネット調査)
  • 調査対象:全国の20代~60代男女 4407人
  • 年齢:20~29歳 29.9%、30~39歳 39.8%、40~49歳 22.6%、50~59歳 5.0%、60歳以上 2.7%

【関連リンク】