Webマーケティングスクールおすすめ特集

マーケティング担当者の62%が2020年の最優先事項は顧客維持と回答

顧客獲得よりも顧客維持が重要

マーケティング担当者にとって、顧客維持は常に最優先事項ではありませんでしたが、最近の調査によると、顧客獲得よりもこの目標に傾いている。

Brightback社は最近、2020年の「State of Customer Retention」調査結果を発表し、統計によれば、マーケティング担当者の大多数(62%)にとって、顧客維持は顧客獲得よりも優先度が高い。約31%が同じレベルで優先順位が付けられていると回答し、顧客維持は顧客獲得より優先順位が低いと回答したのはわずか7%であった。

顧客維持は顧客獲得よりも重要そうは言っても、マーケティング担当者が今日直面している顧客維持に関連した多くの課題がまだある。大多数(34%)は、部門を越えて顧客を引き込むための一貫したアプローチが欠如していることが最大の課題であると述べた。これに続くのは、適切なタイミングでカスタマイズされたアウトリーチを自動化する能力の欠如(31%)と、将来顧客でなくなる人を特定する予測手法の欠如(31%)である。

マーケティング担当者にとって優先度の高い顧客獲得

2020年以前の調査では、マーケティング担当者は顧客獲得により関心を持っていた。

Ascend2社が実施した「2020 Digital Marketing Plans Survey」のデータによると、マーケティング担当者の49%が新年に顧客獲得を促進したいと考えていることがわかった。ほとんどの回答者(54%)は、売り上げの増加を望んでおり、43%は顧客エンゲージメントの増加を懸念している。

【参考】

 

【関連記事】