B2Bマーケティングでコンテンツが顧客へ響かない理由


この記事のタイトルとURLをコピーする

B2Bマーケターは、ホワイトペーパーやeBookなどのマーケティングコンテンツを作成することに注力しているが、新たな調査によると、これらの形式のコンテンツはB2Bの顧客の間で最も信頼されているものではないと示しています。

TrustRadius社は最近、B2Bマーケターとベンダーの期待の乖離を明らかにする「2019年のB2B購買の分岐点」というレポートを発表した。統計によると、ほとんどのB2Bマーケティング担当者(80%本くらい)は、マーケティング資料、つまりeBook、ホワイトペーパー、ウェブセミナーに重点を置いて、見込み顧客の育成とエンゲージメントを行っています。

見込み顧客を育成・エンゲージメントするために、どの戦術を使用しますか?

顧客育成、関係構築にどのような戦術を使っているか

しかし、B2Bの顧客は1から4のスケール(4最も信頼できる)で見ると、マーケティング用の販促資料の信頼度はかろうじて2.5です。信頼性の観点から、B2Bの顧客は、製品(3.5以上)に関する自身の過去の経験を最も信頼できるものとしてランク付けしています。1から4のスケール(4が最も効果的)での有効性に関しては、B2Bマーケターが製品デモを最も高く評価し、3.5をわずかに上回りました。

B2Bマーケターにとって最も効果的な戦術

B2Bマーケターが近い将来、ターゲットとする顧客を引きつける方法は、製品デモだけではないかもしれません。これまでの調査によると、例えばビデオマーケティングが注目を集め始めています。

Spiceworks社は250人以上のマーケターを対象に調査を実施し、B2B分野でどのトレンドが上昇しているかを調べました。調査によると、現在最も主流のトレンドはビデオマーケティング(68%)、ABM戦略(64%)、オンデマンドコンテンツ戦略(55%)でした。

インフルエンサーマーケティング(48%)、 Purchase-Intent ターゲティング(44%)、新たなソーシャルチャンネルへの広告(44%)も一般的になってきています。

参考:Report: Marketing Content Often Fails to Resonate with B2B Buyers

【関連記事】

この記事のタイトルとURLをコピーする

同じカテゴリーの記事