Googleは昨年、検索に3200の改善を実施

検索エンジンの改善

Googleは昨年だけで、検索システムに3,200以上の変更を加えている。この情報は、検索結果の関連性と有用性を維持するためのGoogleのブログ投稿に掲載された。

3,200個の改善

そう、Googleはしばらく前から、検索に対して平均して日に数回の変更を加えており、年間3,200回の変更は日に数回程度になるだろうと述べています。Googleは、「われわれの検索アルゴリズムは、数百もの変数に依存する複雑な数学方程式であり、昨年だけで、われわれの検索システムに3,200以上の変更を加えた。」と言っています。

2010年のGoogle検索の改善は350〜400個

2010年に本誌は、Googleが一日に約一回変化していると報じた。元Googleの検索スパム対策担当のMatt Cutts氏によると、Googleは2009年に約350〜400件の変更を行ったといいます。

検索の改善点

ランキングの変更ですしょうか?ユーザー・インタフェースの変更でしょうか?おそらく両方の組み合わせでしょう。しかし、Google側は、「その中には目に見える新機能のローンチもあったし、ウェブ上のコンテンツの変化に合わせて検索結果の関連性を保つための定期的なアップデートも多かった。」と明らかにしました。

「また、公開レポートや独自の継続的な品質評価によって特定した問題に基づいた改善もあります。」とGoogleは付け加えた。

改善には時間がかかる場合がある

Googleによると、一部の変更には時間がかかる可能性があるという。ナレッジパネルの変更や自動提案予測は、すぐに実行されます。しかし、主要なウェブ検索結果のスニペットなどの変更には時間がかかります。グーグルは、「ポリシーに違反する問題を迅速に修正できる検索機能とは異なり、ランク付けの問題の根本原因を特定するには時間がかかり、改善がすぐに行われない場合があります。」と明らかにしました。

なぜ気にするべきなのか

SEOに何か真実があるとすれば、それは常に変化を期待できるということです。Googleは数年前からランキングを変更しており、アルゴリズムアップデートをリリースして改善を続けています。SEO担当者は、今日のランキングが明日も同じになると期待してはいけない。Googleが変化を続けている中、Googleでランキングを獲得し維持するためには、ウェブサイトの改善を続けなければならないということです。

参考:Google made 3,200 changes to search in the past year


MARKETIMES編集部

MARKETIMES編集部

MARKETIMESを運営する編集部。国内や海外のデジタルマーケティング情報を中心にノウハウや事例、調査データなど幅広くご紹介しています。

関連記事

  1. Rankguru SEO

    Macに対応している検索順位チェックアプリ「RankGuru SEO」の設定と使い方

  2. Google検索のメニューアイコン

    Googleがアイコン付きの新しい検索メニューを発表

  3. 4Pとは?3Cとは?

    マーケティングの基本!3C分析と4Cとは?

  4. Google、画像検索結果から簡単にウェブページにアクセス可能に

    Google、画像検索結果から簡単にウェブページにアクセス可能に

  5. 検索エンジンとカスタマージャーニー

    コンテンツマーケティング戦略におけるカスタマージャーニーと検索の最適化

  6. Androidの音声検索がGoogle Assistantへ移行

    Google、Androidデバイスでの音声検索をGoogle Assistantに置き換える

  7. SEOのコンテンツの重要性

    価値あるコンテンツとは?短期的なSEO対策よりもコンテンツの質が重要な理由

  8. Google検索画像表示拡大

    Googleがウェブ検索結果の画像表示を拡大

  9. SEOツール10選

    【SEO対策】国産より圧倒的に高性能!海外で人気の無料SEO解析ツール10選

marketimes_member_banner



ニュースレター登録

最新記事

  1. amazon-search-ad
  2. ソーシャルメディア広告費が印刷広告費を初めて上回る
  3. デジタルが旅行マーケティング与える影響
  4. マーケティングとブランディングのち外

今週の人気記事

  1. CDPのアイキャッチ
  2. iOS13、ダークモード、そしてAppleの新しいiPhone:Eメールマーケターが知っておくべきこと
  3. H1は有用だが重要ではない
  4. 混合コンテンツのブロック




PAGE TOP