Instagramの広告売上

Instagramの200億ドルの広告収入は2019年にYouTubeを上回った

  • Bloombergは、この数字に詳しい匿名の情報筋の話として、Instagramの2019年の売上高は合計200億ドルで、親会社であるFacebookの売上高の4分の1以上を占めていると報じた。親会社Alphabetが今週初めて明かしたところによると、この売上高はGoogle傘下YouTubeの広告売上高151億ドルより約33%多いという。
  • FacebookはBloombergに対し、売上高の数字を認めていない。同社は通常、主要ソーシャルネットワークであるInstagram、Messenger、WhatsAppを含む「一連のアプリケーション」の数字を公表していない。同社は先週、第4四半期のアプリユーザー数が前年同期比7.6%増の22億6000万人に達したと報告した。
  • FacebookがInstagramを7億1500万ドルで買収したのは2012年で、この写真共有アプリのユーザー数は3000万人だった。Instagramのユーザー数は、Facebookが最後にこの数字を報告した2018年に10億人にまで増加した。
ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW
ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

リークされたInstagramの年間売上に関する情報は、他のデジタルプラットフォームと比較して、マーケターが写真や動画の共有アプリにどれだけの金額を費やしているかを知る手がかりになる。このレポートは、Facebookが広告の成長においてInstagramにどれだけ依存しているかを示している。

Facebookはまた、Instagramにショッピング機能を追加し、マーケターが広告から直接販売できるようにした。アプリは昨年、「Instagramでチェックアウト」を追加し、eコマースからの手数料で収入を多様化する可能性を開いた。

オンライン決済は、デジタル広告市場が成熟するにつれ、Facebookや他のデジタルプラットフォームにとって重要な機会となっている。eMarketerの調査によると、世界のデジタル広告支出の伸び率は、今年の16%から2023年には8%に低下すると予測されている。この減速により、企業は限られた広告費でより積極的に戦うことになる。

今回の発表は、他の企業が年末決算を発表し、マーケティング担当者が過去1年間にデジタル広告への支出をどれだけ増やしたかを示す中で行われた。例えば、Googleの親会社Alphabetは今週、広告売上高が前年比16%増の1348億ドル、うちYouTubeは36%増の151億ドルだったと発表した。Facebookは先週、広告売上高が27%増の697億ドル、Amazonの広告売上高は39%増の約141億ドルだったと発表した。Google、Facebook、Amazonは米国におけるデジタル広告の最大の売り手であり、Forresterの言う「三極政治」を形成している。

FacebookがInstagramに依存していることは、スナップチャットやTikTokとの競争が激化する中で同社が若いユーザー層にリーチするのを助けてきたが、Bloombergが指摘するように、CEOのMark Zuckerbergが会社分割の呼びかけに反対した理由を説明している可能性が高い。米司法省、米連邦取引委員会 (FTC)、および大半の州の検事総長らは、Facebookに対する独占禁止法についての調査を開始した。民主党の大統領候補であるElizabeth WarrenとBernie Sanders上院議員は、Facebookは分割されるべきだと述べている。Facebookの共同創設者であるChris Hughes氏でさえ、昨年のNew York Timesの記事で会社分割を勧めている。

【参考】

【関連記事】

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

同じカテゴリーの記事