第6回 MarkeMedia Days 無料申込受付中 >

Snap社の収益は44%増加して5億6,100万ドルを記録

Snap社の売上

  • Snap社の第4四半期売上高は前年同期比44%増の記録的な5億6100万ドルで、これはホリデーシーズンに広告主が多額の出費をしたことが大きな要因である。同社のイメージメッセージングアプリ「スナップチャット」は、デイリーアクティブユーザー数を800万人増やし、四半期末時点で2億1800万人となった。
  • 同社は調整後ベースで初の利益4200万ドルを計上したが、今四半期は損失の可能性があるとしている。Snapのユーザー当たり平均売上高(ARPU)は、前年同期比23%増の2.58ドルだった。
  • スナップチャットの経営陣は電話会見で、ラルフ・ローレンやペプシコのMtn Dewなどの広告主が、主に 「ジェネレーションZ」 層にリーチできるよう支援する能力をアピールした。Snapはまた、メディア購入者の注目を集めるために広告の購入を開始したと、ビジネス責任者のJeremi Gorman氏は電話会見で述べた。

Snap社の売上増は、ジェネレーションZ層の人気を宣伝し、より幅広い広告フォーマットを追加することで、より幅広い広告主グループとの関連性を高めようとする同社の取り組みを反映している。この伸びは、Facebookの27%増の697億ドル、GoogleのYouTubeの36%増の151億ドルを上回ったが、比較するとSnap社の方が小さい。TwitterとPinterestは後日、結果を報告し、幅広いソーシャルメディアマーケットプレイスの全体像が見えてくる。Snap社はまた、親会社が売上高を公表していない新しいソーシャルビデオアプリTikTokとの競争も激化している。

Snap社の経営陣は、より多くの広告主にリーチしようとする同社の取り組みを引き合いに出した。四半期が始まる直前、Snap社はGoal-Based Biddingを発表し、広告主が15秒のビデオを見る視聴者をターゲットにできるようにしたほか、ビデオ広告の制限を10秒から三分間に引き上げ、その他の新サービスも追加した。同社はまた、広告主がカタログから画像や製品情報を取り込んでターゲットユーザーに配信するテンプレートを作成できるよう、動的広告を試験的に導入した。

北米での売上高は前年同期比42%増の3億8200万ドルだったが、海外では欧州で47%増の9200万ドル、それ以外の地域では49%増の8700万ドルとなった。同社の第4四半期の損失は前年同期の1億9170万ドルから2億4070万ドルに増加し、和解金として1億8750万ドルが支払われた。CNBCの報道によると、Snapの今四半期の売上予測は4億5000万ドルから4億7000万ドルで、アナリスト予想の4億6100万ドルを上回ったという。

【参考】

【関連記事】