第5回 Marke Media Days 申込受付中!

Eメールマーケティング担当者の57%が「やや成功」していると回答

Eメールマーケティングは成功している

新しい調査によると、マーケティング担当者はEメールマーケティングを通じて目標を達成することにある程度成功しているが、データによると、同時にいくつかの課題に直面している。

Ascend2は最近、「Email Marketing Effectiveness Survey」の結果を発表した。統計によると、ほとんどのマーケター(57%)は、Eメールマーケティング戦略の優先事項を達成するのに、少なくとも「やや成功している」と回答。優先事項は、売上高の増加(59%)、リードジェネレーションの増加(49%)、Eメールエンゲージメントの改善(39%)である。

Eメールマーケティングは目標達成に貢献しているというアンケートデータ

しかし、Eメールマーケターの主な目標のいくつかは、最大の課題であった。Eメールのエンゲージメントの向上(45%)、リードジェネレーション(43%)、売上高の増加(39%)は、いずれもEメールマーケティング戦略を成功させる上での障害となってきた。とは言っても、調査回答者の大多数(53%)は、Eメールマーケティングの有効性は「わずかに増加している」と考えている。

動画とEメールマーケティングの効果

Eメールマーケティングに関して言えば、これまでの調査によると、動画コンテンツが成功の鍵になるかもしれない。

[clink url=”https://marketimes.jp/video-email-marketing-statics-data-and-strategy/”]

GetResponseが「Email Marketing Benchmarks」の調査を実施した統計によるとYouTube動画を含むメールの開封率は29.60%、クリック率は6.62%であった。Vimeoの動画を含むメールの開封率は36.99%、クリック率は8.13%だった。しかし、GetResponseのプロダクトマネージャーMateusz Ruzik氏は、すべてのEメールクライアントがまだビデオをサポートしているわけではないという。

「現時点での最善の回避策は、動画プレーヤーに似た画像(もしかしたらアニメーションGIFでも)を使用し、ページにリンクすることです。」とRuzikは言う。「そうすれば、デフォルトのブラウザやビデオプレーヤーでコンテンツを見ている時に、クリックを増やし、ユーザーのエクスペリエンスを向上させることができる。」と話している。

[clink url=”https://marketimes.jp/video-content-marketing-future/”] [clink url=”https://marketimes.jp/animation-email-marketing/”]

【参考】

【関連記事】