VR・メタバースなど、「WEB3時代」到来 動画マーケティング成功のカギはZ世代の攻略【Candee調査】

動画マーケティング業界に関する2022年上半期総括レポート

SNSマーケティング

 Candeeは、動画マーケティング業界に関する動向などを取りまとめた2022年上半期総括レポートを発表した。マーケティングにおいて動画広告の重要性が高まる中で、スマホと親和性の高いLIVEコンテンツの需要も増加。VRの生配信やメタバース上でのLIVE配信も始まっており、従来の手法にとらわれずにクライアントのマーケティング課題を総合的にサポートすることが重要になってくるという。

 同社が2月に行った調査では、Z世代の6割以上が「Twitterの動画広告に嫌悪感を感じない」と回答。情報の需要度が高く多くの世代にその影響が波及するZ世代に対して、どのようにアプローチをするかが重要な要素になる。

Twitterの動画広告に対する印象円グラフ

 またCandeeが8月に実施したVR・メタバースでのLIVE配信に関する実態調査では、VR視聴環境が整っているZ世代の74.8%が「VRでの生配信を視聴した経験がある」と回答。メタバース空間でのリアルタイムな画像合成などのLIVE配信についても8割以上が興味を示しており、こうした結果を受けCandeeは「スマホが普及し、動画ファーストという流れが生まれましたが、今度はさらに先のテクノロジーであるメタバースの流れが来ると考えています。」とコメントした。

「今後メタバース空間での、よりインタラクティブでリアルタイムな画像合成によるLIVE配信の視聴に興味がありますか。」という設問への回答円グラフ

関連リンク】