名刺管理ツールSanSanと国産MAツールSATORI

名刺管理サービス「Sansan」 と 国産MAツール「SATORI」が機能連携

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW
ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

Sansan株式会社(以下、Sansan)とSATORI株式会社(以下、SATORI)は、各社が提供する「Sansan Data Hub」とMAツール「SATORI」が機能連携を開始したことを発表した。

これにより、両サービスのユーザー企業は、「Sansan Data Hub」によって生成された、精緻化、リッチ化されたビジネス情報を手間なく「SATORI」に連携でき、アカウントベースドマーケティング(ABM)といった効果的なマーケティングへの活用が可能となる。

今回の連携を通して、Sansan、SATORI両社は、新しい働き方が求められる時代における、経営のデジタル化を強く推進する。

機能連携の背景

企業のデジタル活用が進む昨今ですが、企業が保有する顧客データの40%は、データ重複や誤りによって、活用できる状態になっていないという実態が報告されている(注1)。

その結果、データを元にマーケティング部門がターゲットを選定しようとしたときに、データの抜け漏れにより「適切なターゲットか判断できない」といった課題や、顧客のフェーズが適切に管理できず、「リアルタイムで最適なアプローチがしづらい」という課題が発生している。

今回の連携により、企業に眠っているデータを、「Sansan Data Hub」を通して、抜け漏れなく正しい情報にした上で、MAツール「SATORI」に手間なく連携できるようになる。

「SATORI」内のデータがリッチ化されることで、より顧客属性に即したマーケティングシナリオ作成が可能になり、企業のマーケティング活動を加速させ、セールス部門の商談率や成約率を高めることができる。

また、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、企業はオンラインを用いた新しい働き方への移行に迫られている。

「Sansan」が提供する「オンライン名刺」の機能も活用することで、オンライン商談含めた全ての接点情報を「SATORI」と連携させることができ、オンライン商談などの営業情報もマーケティングに活用することができる。

「Sansan Data Hub」について

「Sansan Data Hub」は、「Sansan」のAI技術を元にした独自のテクノロジーにより、最も正確・最新の状態を表す「名刺」の情報を軸に、社内のデータを正規化・統合する機能。

CRM・SFA、MAツール上で管理しているデータの二重登録を防ぎ、名寄せ・クレンジング工数の削減を実現する。

具体的には、次のことが可能になる。

  • 正規化:「Sansan」独自の正規化ノウハウにより表記の揺れをなくし、より正確な顧客データ管理が実現
  • データ統合:名刺管理ビジネスで培ったノウハウ・ナレッジ・オペレーションを活用し、異なるシステム間の顧客データを半自動的に統合し続けることが可能
  • リッチ化:登記情報、法人番号、帝国データバンクの情報(注2)を付与し会社情報をリッチにするだけでなく、役職ランクや部署分類など人に関する属性も付与し、情報の価値を向上

「Sansan Data Hub」の詳細はこちら

【プレスリリース】

【関連記事】

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

同じカテゴリーの記事