【在宅・副業OK】編集スタッフ・ライター募集中 ▶

【企業用YouTubeチャンネルの作り方とは?】成功事例から見る運用ポイント

企業用YouTubeチャンネルの作り方とは?

YouTubeは多くの人に影響を与えるメディアであり、老若男女問わず生活の一部になっています。このトレンドに乗り、新しいマーケティング方法として注目を集めているのが、企業によるYouTubeチャンネル運営です

今回は、企業がYouTubeチャンネルを作る理由を解説し、成功事例から学ぶ運用ポイントなど、企業におけるYouTube活用の全体像を見ていきたいと思います。

「企業用YouTubeにどんなメリットがあるか知りたい」「YouTube運用で成功した事例が知りたい」など、YouTube活用に興味のある方は参考にしてください。

企業YouTubeチャンネルを作る理由

YouTubeはもともと個人が動画を投稿するプラットフォームでしたが、最近は企業が活用する事例も増えてきています。
そもそも企業がYouTubeチャンネルを作る理由はいったいなんなのでしょうか?企業によって様々な理由がありますが、代表的なものを3つ紹介します。

認知率が高い

こちらは2021年1月に実施されたYouTubeの認知率と利用率のグラフです。若年層では8割、70代でも4割程度がYouTubeを利用しており、幅広い年代が動画を視聴していることが分かります。認知率に至っては若年層ではほぼ10割、高齢者でも約9割と、ほとんどの人がYouTubeを知っているといえます。
YouTubeチャンネルを開設して動画を投稿すると、このような幅広い層にアプローチできるため、企業がこぞってマーケティングに活用しているのです。

さらに別の調査では、およそ4割の人が「商品を購入する際に関連する動画を見る」と回答しています。つまり、YouTubeを暇つぶしや趣味の時間として使うだけでなく、購買行動に関わる「情報収集」のために利用している人が多いことがわかります。YouTubeを使って商品の情報をわかりやすく伝えることで、購買のきっかけを作ることができるのです。

メッセージを伝えやすい

そもそもYouTubeなどの動画プラットフォームの利用者や利用時間がこれだけ伸びたのは、テキストや画像よりも動画の方がメッセージを伝えやすいからです。
一昔前は音楽やお笑いなど趣味や暇つぶしに適した動画が中心でしたが、最近は知識、ノウハウが学べる動画も多くなってきました。

その理由は、動画では図やアニメーション、実演など様々な表現が可能で、短い時間でも多くの情報をわかりやすく伝えられるからでしょう。

こちらは中高生に限った調査ですが、勉強法を学ぶとき、学校や塾の先生より、YouTube動画などで学んでいる人のほうが多いという結果になりました。この結果を見ると直接人に聞いたり詳しく書かれている参考書を読むよりも、動画から学ぶ方が分かりやすいと感じていると推測できます。

こちらは動画コンテンツではなく動画広告に対する調査ですが、画像広告と比較して動画は1.8倍も理解され、さらに利用意欲は7倍にも高まっています。このデータからも、動画はテキストや画像よりもメッセージが伝わりやすいことがわかります。

もちろん動画はInstagramやTwitterなどでも投稿できますが、デフォルトで音声がオフになっていたり、短い動画しか投稿できなかったりと制限があります。動画を視聴するためのプラットフォームであるYouTubeにはそのような制限がありません。音声ありの長時間動画を投稿することで、商品やサービスのより詳細な情報と魅力をユーザーにしっかり届けられます。

動画をマーケティングに使う方法は色々ありますが、その中でもっともスタンダードで効果を期待しやすいのがYouTubeチャンネル運営なのです

SEO効果が期待できる

時に広告も必要ですが、インターネット検索から自社サイトに訪問してくれるユーザーを獲得することは重要です。

2010年にアメリカの調査会社Forrester Researchは、「動画の埋め込まれたページは、埋め込まれていないページに比較して、約53倍の確率で検索結果の上位表示が期待できる」という調査結果を出しました。Webサイトに動画を埋め込むだけで上位化できるわけではありませんが「動画SEO」や「VSEO(Video Search Engine Optimization)」といった言葉が誕生していることから見ても、動画とSEOは関連しているといえます

引用:ビデオSEOで53倍の成果、ソーシャルメディア経由ユーザーは検索経由ユーザーに比べ視聴時間が長い【アメリカ最新動画活用事情】

動画SEOには2つの役割があります。
1つは動画による間接的なSEO効果です。上述した通りWebサイトに動画を埋め込むことで、ユーザーの滞在時間などを伸ばしたり、ユーザーの悩みを解決したりして満足度を上げることで、間接的にSEO効果が得られます。

もう1つは動画そのもののSEO効果です。今までは検索エンジンを使用して情報収集する際、上位表示されるのはWebサイトが多かったでしょう。

ですが、最近ではキーワードによっては動画が上位表示されるようになっています。

YouTubeはGoogleが所有しているサービスなので、他の動画サイトへ投稿するよりも検索結果で上位表示されやすい特徴があります。そのためYouTubeに投稿する動画にSEO対策を行えば、YouTube内だけでなくGoogleの検索結果に表示される可能性が高まるのです。

「DIY 棚」の検索結果

例)「DIY 棚」の検索結果 Webサイトだけでなく、YouTube動画が上位表示されている。

Grabでは…

ここまで企業がYouTubeチャンネルを運営する理由を紹介してきました。

GrabではYouTubeチャンネルの作り方やチャンネル運用のポイントを細かく解説し、企業のYouTubeチャンネル運用事例を紹介しています。

これからYouTubeを活用していきたいとお考えの方は、ぜひGrabで続きをお読みください。

▶ 【企業用YouTubeチャンネルの作り方とは?】成功事例から見る運用ポイント

【無料ダウンロード資料配布中】初めてのYouTube広告

Grabでは、YouTubeをビジネスに活用する際に便利な資料をプレゼントしています。これからYouTubeを始められる方は、自社に合ったYouTube活用方法を知るためにもダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

詳細はこちら

 

WebマーケティングメディアGrabGrab

株式会社アイビスが運営しているWebマーケティングメディア「Grab
Web広告業界のトレンドから最新技術まで余すところなくお届けしております!

【Grabの関連記事】

▶ 【事例あり】金融業界のYouTube動画広告活用6選

▶ YouTubeにもSEO対策は必要?|動画を検索に最適化する方法

▶ YouTube動画広告の運用指針|目標インプレッション単価の考え方

▶ YouTube動画広告で成果を上げるターゲティング方法

▶ Youtubeマーケティングの成功事例から学ぶ|メリットとマーケティング効果