AIとEメールマーケティングの未来

AIで進化する今後のEメールマーケティング戦略とオペレーション

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW
ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

マーケターは常に新しい技術を受け入れ、それをベストな方法で適用する方法を見つけてきました。AIは革新的技術の最新例でありますが、マーケティング機能全体に及ぼす潜在的効果が変革的である点で根本的に異なります。それは数十年前のインターネットの到来と同等です。

AIは大きな可能性を秘めており、マーケターは今でもAIを効果的に使って、すでに使っているプロセスと統合したり、補完したりする方法を学んでいると思います。

同様の試行錯誤は、ウェブ黎明期にも行われていました。当時、企業はウェブの機能が進化するにつれて、ウェブをどのように使うかを実験していました。AIは、マーケティング機能が進化し、組織がそれを適用する新しい方法を発見するにつれて、マーケティング機能の一部を大きく変える可能性が高いと言われています。

AIによって、マーケターはオーディエンスにリーチしてエンゲージしやすくなり、以前はできなかったことができるようになる。さらに、人間が行うのに長い時間がかかるタスクや、多くの人が持っていないスキルや知識を必要とするタスクを自動化できるようになる。

AIを利用するマーケターにとって最も刺激的な機会は、増え続ける膨大なデータを実用的な知識に変換できることだ。そうすることで、マーケターの継続的な活動に対して、規模に応じて、より優れたパーソナライズと関連性を実現できます。

Eメールマーケティングの現状

Eメールの送信は、ダイレクトマーケティングのアプローチと比較的低コストであることから、長い間、デジタルマーケティングの不可欠な部分でした。そして、Eメールマーケティング機能はますます洗練され、データドリブンになってきています。

残念なことに、大量のデータが収集されているため、マーケターが情報を分析し、意思決定を行う際に、表面に出て行くことはほとんど不可能である。チームには、データを徹底的に分析して理解するためのスキルが社内になく、十分な時間もありません。言い換えれば、マーケターはプロセスのボトルネックになっています。

EメールマーケティングにAIを活用するメリット

AIは、マーケターが情報を理解し、複雑な計画を立て、かつては不可能と思われた規模で実行する能力を劇的に向上させています。今後、AIはマーケティング機能の一部を大幅に再編する可能性があります。

AIを使えば、マーケターはオーディエンスを検索して惹きつけることができ、そう遠くない昔には不可能と思われていたことを可能にします。AIは、個々の顧客にコンバージョンを促す可能性が最も高いコンテンツやオファーを、ますます予測できるようになっています。また、顧客とのコミュニケーションに最適な時間帯や、顧客とのつながりを維持する可能性が最も高いメッセージングの頻度を検出することもできます。

マーケターは、AIを利用したデータ分析によってオーディエンスをより深く理解できるようになる。たとえば、ユーザーの行動を調査し、さまざまなマーケティングインセンティブに対する反応を測定することができる。AIは、人間の介入なしに、プロセス全体を通じてそれを行うことができます。

EメールマーケティングでAIを実装する利点は数多くあり、次のようなものがあります。

  • 優れた分析機能:基本的に、AIは人間が扱えるよりも大量のデータを分析することができます。データを、お客様ごとの関連性の高い、固有のタイムリーなコンテンツに変換できます。
  • 洞察AIは、気づかれなかったかもしれない洞察を提供することで、情報の消防ホースを知識の泉に変えることができる。マーケターはディープラーニングを利用して、理解、予測、分析、行動を迅速化することができる。これらの洞察は、より賢明なキャンペーンを推進することができる。
  • セグメンテーションの改善:データAIを利用することで、最も説得力のあるメッセージと、その詳細に基づいた妥当なオファーを受け取る個別のリストを作成することができる。電子メールリストをインテリジェントに分割することで、開封率、クリックスルー率、最終的なコンバージョン率が向上します。
  • 予測分析:AIは、仮定、テスト、学習を自律的に行うことで、予測分析を強化している。実験の機会を特定し、メッセージや創造性を生み出すことさえできる。
  • A/Bテスト:AIによってA/Bテストが自動化され、マーケターはメールのさまざまなバージョンの違いをよりよく評価できるようになる。

実行と最適化

Eメールマーケターは自分たちの計画を実行する方法を探す。機械学習を使用すると、Eメールマーケティングプログラムのさまざまな側面 (コンテンツ、送信時間、頻度など) を自動照合して最適化できます。AIは、理想的には、個々の顧客をコンバージョンさせる可能性が最も高いコンテンツ(およびオファー)を、その日の一番良い時間帯や、顧客をつなぎ止めておく可能性が最も高い頻度とともに予測することができる。

AIは次のような支援を行うことができる。

  • 件名の生成とテスト:テストにかかる時間を短縮し、最適な件名を見つけます。AIは現在、実際の人間に書かせることなく、自動的に代替案を作成することができます。
  • 配信時間の最適化:「配信時間の最適化」は、受信者がいつメッセージを見て開く可能性が最も高いかに基づいて、Eメールの配信時間を変更します。
  • コピーの生成とテスト:ダイレクトレスポンスのマーケティングメッセージに最も説得力のあるコピーを発見します。
  • ニュースレターの作成:ニュースレターの作成を合理化し、受信者のアクションに基づいて最適化された1対1のパーソナライズされたコンテンツを配信します。
  • コンテンツの最適化:購読者のコンバージョンを促進する可能性が最も高いコンテンツを作成します。最適化プロセスでは、AIは画像、Eメール上のさまざまな要素の配置、アクションプランをパーソナライズすることができます。
  • 製品レコメンド:AIは、数多くの指標を分析して、リアルタイムでパーソナライズされた製品レコメンドを購読者に提供することができます。購読者や顧客のショッピングやネットサーフィンを見て、クリックスルー率、エンゲージメント、そして場合によっては売上を向上させることができます。
  • チャットボット:自然言語処理は、チャットボットが人間とより簡単にコミュニケーションするのに役立ちます。チャットボットは、カスタマーケア、マーケティング、販売ツールとして優れています。たとえば、Webサイトの訪問者からEメールアドレスを獲得するのに役立ちます。

結果に向き合わなければならない

統計はAIがマーケティングで初期に成功したことを証明し、今後の方向性を示しています。次に例を示します。

  • AIを利用している企業の61%が、自社のデータ戦略においてAIが最も重要な側面であると主張しています。
  • Eメールマーケティングに1ドル費やすごとに、AIを使って38ドルの収益が生み出されます。

一方、Gartnerによると、

  • 企業やテクノロジ業界のリーダーの80%は、AIによって既に生産性が向上していると述べています。
  • AIの利用がある場合、消費者の49%はより頻繁に買い物をすることを望んでおり、34%はより多くのお金を使うだろう。

AIが慣れ親しんだツールキットに統合されれば、AIはありふれたものになり、マーケティングキャンペーンはより巧妙になり、最終的にはよりパーソナライズされたものになるでしょう。また将来的には、このテクノロジーは過去の購入、興味、閲覧行動を利用して、自動化されたキャンペーンを設定し、売上を更に伸ばすことも可能になるでしょう。

参考

Email Marketing and Artificial Intelligence: What’s Coming and What You Need to Know

【関連記事】

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

同じカテゴリーの記事