無料の資料掲載・リード獲得し放題サービスはこちら
『MARKETIMES』は、広告収益による運営を行っております。複数の企業と提携し、情報を提供しており、当サイトを通じてリンクのクリックや商品・サービスに関する申し込みが行われた際、提携する企業から報酬を得ることがあります。しかし、サイト内のランキングやサービスの評価について、協力関係や報酬の有無が影響することは一切ありません。
さらに、当サイトの収益は、訪問者の皆様に更に有益な情報を提供するため、情報の質の向上やランキングの正確性の強化に使用されています。

マーケティング担当者の62.5%が、コンテンツマーケティングを全体的なマーケティング戦略に組み込んでいる

すべてのマーケティング担当者がコンテンツマーケティングプログラムと全体的なマーケティング戦略を統合しているわけではありませんが、最近の調査によると、以前よりも統合している企業が増えています。

PAN Communicationsが最近発表した「2019 Content Fitness」レポートによると、マーケティング担当者(62.5%)の大多数は、自社のコンテンツマーケティングプログラムを自社の全体的な戦略と完全に統合したと述べています。

2017年にはマーケティング担当者の約57%がプログラムを完全に統合していないと回答したのに対し、2018年には53.5%が完全に統合していないと回答しており、これらの統計は過去三年間で大幅な改善を示しています。

コンテンツマーケティングが全体戦略に組み込まれているかを示したデータ

B2Bコンテンツのマーケティング担当者と顧客の不信感

マーケティング担当者は、自社のコンテンツプログラムを自社の戦略全体にうまく統合するようになってきているが、これまでの調査では、自社の資産がまだB2B顧客の心を十分につかんでいないことが示唆されています。

TrustRadiusはレポート「The 2019 B2B Buying Disconnect」を発表し、統計によると、ほとんどのB2Bコンテンツマーケティング担当者(80%)は、eBOOK、ホワイトペーパー、およびウェビナーの開発に注力し、見込み客の育成とエンゲージメントを行っています。しかし、B2Bの顧客は1対4の比率(4最も信頼できる)で見ると、マーケティング用の販促資料の信頼度はかろうじて2.5だといいます。

信頼性の点では、B2Bの顧客は、マーケティングコンテンツよりも製品(3.5以上。)での自分の過去の経験が最も信頼できると評価する結果となりました。国内に関しての調査は含まれていませんが、米国と比較すると国内はまだまだコンテンツマーケティングへの投資や全体戦略への組み込みは遅れているのではないでしょうか。

参考

Report: 62.5% of Marketers Have Now Fully Integrated Content Marketing into Overall Strategy

【毎月5社限定】3時間のGA4法人研修セミナーが無料