第6回 MarkeMedia Days 無料申込受付中 >

コロナウイルスのパンデミック下でも企業は広告を停止する必要はないと消費者は考えている

COVID-19 の危機により多数のビジネスに悪影響を及ぼしている中で、企業は広告費を引き上げたり、一時停止をしたりしている。しかし新しい調査によると、消費者は企業が広告を完全に停止することを望んでいない可能性があることを示していると米国eMarketer社は発表している。

GlobalWebIndex社による2020年3月の調査では、13の市場のインターネットユーザーに、企業は通常通り広告を続けるべきかどうかを尋ねた。その結果、16歳から64歳までの米国の回答者の10人に4人近くが「通常通り広告を続けるべき」と回答しており、同程度の割合(35%)が「どちらともいえない」と回答し「反対」と回答した人は28%であった。世界全体では、それぞれ37%、36%、27%と米国と同程度の結果であった。

調査結果

Kantar社が2020年に行った別の調査では、30カ国の消費者のうち、広告を停止することがブランドにとって優先事項であると考えていたのはわずか8%だった。しかし、回答者の77%が広告には「新しい日常生活の中でブランドがどのように役立っているかを語る」ことを望んでおり、75%が 「困難な状況に立ち向かうためのブランドの努力を伝えるべきだ」と答えている。

消費者はブランドが広告をやめることを期待していないが、ブランドは戦略を再考すべきであることを示唆している。パンデミック発生前に計画されていたキャンペーンは、消費者が危機への対処方法や安全を保つ方法について情報を求めているため、もはや適切ではないかもしれない。これには、ブランドがCOVID-19にどのように対応しているかに関する情報も含まれる。

GlobalWebIndex社の調査は、これらの取り組みがどのようなものであるべきかについての指針を提供した。米国では、インターネットユーザーの80%が、企業は柔軟な支払い条件に変更すべきだと答え、70%が無料サービスを提供すべきだと答え、66%が不必要な店舗を閉鎖すべきだと答えた。回答者の59%は、企業は必需品を生産するために通常の工場生産を一時停止すべきだと答えた。

コロナウイルス関連の企業メッセージに対する消費者の受容性を示すさらなる調査結果が、広告分析会社のAce Metrix社から発表された。3月中旬に発表された調査によると、米国の広告視聴者の86%が、広告の中でCOVID-19について言及している企業に対してオープンだった。回答者の10人中四人以上(42%)が、どんな言及もOKと答え、これはメッセージや企業によると答えた人の数とほぼ同じだった(44%)。

パンデミックが発生しても広告を出し続ける企業は、コロナウイルス関連のコンテンツに対して広告が表示されることを懸念しているかもしれない。このような不安は理解できるが、根拠がないのも事実である。Integral Ad Science(IAS)社が2020年に実施した調査では、米国のインターネットユーザーの78%がコロナウイルスの感染範囲に隣接する広告を掲載した企業に対する見方に変化がないと回答したのに対し、それほど好意的でないと回答したのはわずか16%だったとしている。

広告に対する態度の調査結果

消費者がオープンな姿勢であっても、広告主はまだ慎重になる必要があります。企業はまだCOVID-19 メッセージを間違える可能性があります。この状況を利用していると認識された企業や、真剣に取り組んでいないと認識された企業は、反発を受ける可能性があります。Kantar社の調査では、回答者の75%が「企業の宣伝のためにコロナウイルスの状況を利用すべきではない」と答え、40%が「ユーモラスなトーンは避けるべき」と答えています。

【参考】

【関連記事】