取材・インタビュー掲載希望の企業様はこちら ▶

【タイアップ広告とは?】今さら聞けないメリット・デメリット

広告にはさまざまな手法があります。その一種である”タイアップ広告”というものをご存じでしょうか。
”タイアップ広告”という名前は知っていても、具体的にどのような効果があるのか、知っている人は少ないでしょう。

この記事ではタイアップ広告の特徴やメリット・デメリット、効果的な活用方法を紹介します。自社で新たな広告手法を検討している方は、ぜひこの記事を参考にタイアップ広告を活用してみてはいかがでしょうか。

タイアップ広告とは

タイアップ広告は企業がメディアに広告費を支払い、雑誌やWeb上に記事形式で掲載されるのが特徴です。記事形式の広告であることから「記事広告」と呼ばれる場合もあります。
従来のような画面の一部を占有するWeb広告はユーザーに嫌われる傾向にあり、広告を表示させないようにするサービスも登場しています。

このような状況もあり、ユーザーの邪魔にならずコンテンツの一部として画面に溶け込んで表示される「ネイティブ広告」の普及が進みました。タイアップ広告はネイティブ広告の一種で、広告色が薄いのも特徴のひとつです。

タイアップ広告として良質なコンテンツを提供することで、有用な記事としてユーザーに受け入れてもらうことが期待できます。

▶ 【タイアップ広告とは?】今さら聞けないメリット・デメリット

オーガニック記事とタイアップ広告

タイアップ広告に似たオーガニック記事というものがあります。表示される形は似ていても、それぞれ異なる特徴を持っています。

オーガニック記事

  • メディア側が企画して、取材を申し込む
  • 費用は無料
  • 編集権はメディア側にある
  • 掲載保証はなく、いわゆる「ボツ」になる可能性もある

オーガニック記事のメリットは、メディア側から取材を申し込むため、費用が発生しないところにあります。広告費が発生していない記事であるため、「PR」などの表記がなくユーザーに信頼感を与えやすくなります
反対にデメリットは、編集権がメディア側にある点です。メディア主体で記事を編集するため、意図している文脈で記事が作られる保証はありません。メディア側で状況が変われば、掲載されない場合もあるので、注意が必要です。

タイアップ広告とオーガニック記事の違い

タイアップ広告

  • 広告を出稿したい企業がメディアに依頼する
  • 広告費用が発生する
  • 編集はメディアと広告主の双方がディスカッションして決める
  • 掲載保証がある

タイアップ広告は企業からメディアに依頼し、記事が公開される流れです。広告費用は発生しますが、記事の方向性については双方で相談して決められるため、企業の意図が伝わりやすくなります。
特定のユーザーに企業の商品やサービスの魅力を広めたい場合は、記事の方向性を調整できるタイアップ広告がおすすめです

Grab記事では…

Grabでは、タイアップ広告単体のメリット・デメリットを見て、効果的な活用方法を紹介しています。

どんなケースにタイアップ広告が向いているのか、なぜタイアップ広告が重要とされているのか、細かく解説しており、これからタイアップ広告の出稿を検討している方にぴったりの内容です。

▶ 【タイアップ広告とは?】今さら聞けないメリット・デメリット

【広告手法チートシート】主要38種類の広告手法から今必要な広告施策が必ず見つかる

タイアップ広告以外にもWeb広告にはたくさんの手法があります。ターゲットや目的に合った広告手法を選ぶことで、得られる効果は高まります。自社に合う広告手法を見つけたい方は、こちらのチートシートを参考に適切な手法をお選びください。

詳細はこちら
【関連記事】