第5回 Marke Media Days 申込受付中!

ソーシャルメディアを活用したリード獲得に関する調査データ 2019

リードジェネレーションにおけるソーシャルメディアの活用

ソーシャルメディアはリードジェネレーションや販売ツールとして実際に効果的なのだろうか?

今日は、どのソーシャルプラットフォームとコンテンツタイプのマーケターが、彼らのリードジェネレーションの取り組みに対して、全体的に最も効果的であると見ているかを見ていこう。

効果的なリードジェネレーションプロセス

効果的なリードジェネレーションプロセスを計画することは重要だが、すべてのソーシャルメディアがリードジェネレーション向けに最適化されていないことも事実であり、個々の結果も大きく異なるだろう。

Pinterestで良い結果が得られる企業もあれば、LinkedInで良い結果が得られる企業もある。このような状況では、お客様とのつながりが必要なお客様がどのような関係にあり、どのように関与しているかを把握してから、お客様と接する機会を最大限に増やすことが重要です。

しかし、どのソーシャルメディアがリードを生み出すのに最適なのだろうか。ここでも、大部分はケースバイケースの提案ですが、調査における回答者の報告を紹介します。

あなたの経験の中でリードジェネレーションに最適なソーシャルメディアプラットフォームはどれですか?

リード獲得においてどのソーシャルメディアが最も良かったですか?

Facebookは明らかにリーダーであり、回答者の80%以上がタグを付けて回答しており、LinkedIn(48%)とInstagram(43%)も他を大きく上回っている。

ある意味、それは理にかなっている―Facebookにはリードを広げる最高の広告オプションとツールがあり、LinkedInはB2Bユーザーにより直接的にアピールしている。しかし、調査によると、Pinterestユーザーは高い購入意思を持って同プラットフォームを利用しており、Twitterは依然としてソーシャルメディアマーケティングに携わるほとんどのブランドにとって重要な焦点となっている。

これらの結果は、リードを獲得する能力が相対的に不足していることを考えると、これらのプラットフォームをあきらめるか、あまり重視しない方がよいことを示唆しているのだろうか。

必ずしもそうではない。例えば、Twitterがリードの最適なドライバーではないとしても、カスタマーサービスにとっては素晴らしいものであり、プラットフォームのリアルタイム性は一般的にブランド反応の高速化への期待を高めている。Promoted Tweetsは、正しく使用されれば大きな可能性を提供することもできるが、これらの回答に基づくと、Facebook、LinkedIn、Instagramがベストだと思われる。

繰り返しになるが、これはすべて相対的なもので、異なるビジネスはそれぞれのプラットフォームで異なる結果を見るだろうし、Facebookが非常に大きいことを考えると、それは現在最も先進的な取り組みが向けられている場所でもあり、このデータポイントに影響を与えるだろう。

最も重要な要素は、あなたの視聴者がどこで活動しているかを知ることである-しかし、これらの主要な3つのプラットフォームを念頭に置いて研究を始めることは、合理的なアプローチであろう。

コンテンツに関して、そしてリードジェネレーションにとってどのようなタイプのソーシャルポストがより良いかに関して、回答者は、イメージとビデオが彼らのプロセスで最もうまく機能することを示した。

ソーシャルプラットフォームからリードを得るにはどのようなタイプの投稿が最適か?

ソーシャルプラットフォームからリードを得るにはどのようなタイプの投稿が最適か?

あまりにも多くのビジュアルオプションが利用できるようになったため、ストレートなテキスト投稿は以前ほど効果的ではなくなり、Storiesの利用は増えているものの、まだ主要なプラットフォームではない。

興味深いことに、回答者のほぼ12%が、リード獲得にはストーリーが最適だと答えている。この段階であっても、ストーリーに紹介リンクを含める選択肢は限られている。回答者の12%が、Storiesがビデオや画像よりもリードジェネレーションに効果的だと指摘しているという事実は重要であり、あなたもあまり発想がなかったのではないだろうか?

静止画と動画はソーシャル投稿によるリードジェネレーションという点ではかなり接戦だが、動画はブランドのウェブサイトによるリードジェネレーションという点でブログ投稿にも追いついている。

自社サイトのどのようなコンテンツやツールが最もリードを獲得していますか?

自社サイトのどのようなコンテンツがビジネスをリードしていますか?

繰り返しになるが、データは利用状況に多少左右される―ほとんどの企業がブログ記事や動画を作成するだろうが、インフォグラフィックや独自の研究を発表する企業は少なく、この点で選択肢が不利になる。しかし、回答によると、ほとんどのブランドはブログのコンテンツやウェブサイトの動画からより多くのリードを生み出している。これらは、より直接的な成約見込先を開拓するコンテンツ・オプションであり、独自の計画に組み込む必要がある。

明日、我々のレポートの最後の部分では、マーケターが彼らのリードジェネレーション活動のために将来何を期待しているかを見ます-また、英語にはなるが「2019 State of Social Lead Generation’ report」レポートを今ダウンロードして、さらなる情報を得ることができる。

【参考】

【関連記事】