キャンペーンのROI測定が早すぎる

調査:デジタルマーケターの70%がキャンペーンのROI算出を 「早すぎる」 と評価

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW
ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

多くのマーケターはキャンペーンの測定を徹底しているが、新しいデータによると、彼らの中にはあまりにも早くROIを測定しすぎている人もいる。

LinkedInが4,000人以上のデジタルマーケターを対象に実施した新たな調査によると、多くのマーケターはROIの測定、さまざまな指標の組み合わせ、プレッシャーの下での一般的なマーケティングを素早く行うことができない。世界のデジタルマーケターの約70%がROIを測定しているが、販売サイクルが終了するずっと前から、B2Bの平均販売サイクルは通常、半年かそれ以上の間に発生する。調査によると、半年以上の期間でROIを測定しているデジタルマーケターは4%にすぎない。

デジタルマーケターの70%がキャンペーンのROIを 「早すぎる」 と評価

測定が早すぎることに加え、マーケターは測定基準を混ぜているようだ。リードジェネレーションを目的とするマーケターのほぼ42%が、KPIとしてクリックあたりのコスト(CPC)を利用すると話している。しかし、CPCは必ずしも広告費の効果を示すとは限らない。

最後に、マーケティング担当者の58%は、支出を正当化し、予算を増やすための承認を得るために、ROIを証明する必要があると述べている。これは、キャンペーンの効果を迅速かつ効率的に測定するために、彼らが受けている圧力を浮き彫りにしている。

2020年に削減するマーケティング予算の懸念

幸いなことに、これまでの調査によると、2020年を見据えているマーケターにとって、予算はそれほど問題にならないかもしれない。

Deloitte社、Duke大学のFuqua School of Business、American Marketing Associationと共同で発表されたCMO Surveyによると、今後12ヶ月間の予算の成長率は8.7%で、堅調に推移すると予想されている。

これはちょうど一年前の7.5%の成長率と比較される。その結果、企業収益に占めるマーケティング予算の割合も上昇している。マーケティング費用は、マーケティング企業の収益の9.8%を占めたが、前年は7.3%だった。

【参考】

【関連記事】

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

同じカテゴリーの記事