【リッチコンテンツとは】注目される理由|メリットを解説

リッチコンテンツについて、「聞いたことはあるけど実際なんなのかよく分からない」と思う方は多いのではないでしょうか。
WebマーケティングやWeb広告の用語として目にしたり、なんとなくの理解で使っている、という方もいるかもしれません。

本記事では、リッチコンテンツの概要や注目される理由、メリット・デメリット、実際の事例についてご紹介します。「リッチコンテンツについてしっかりとした理解を深めたい」「今さら知らないとは言えない」という方はぜひご覧ください。

リッチコンテンツとは

リッチコンテンツとは、音声動画を使用して内容を動的に表現した商品やサービスをより魅力的にアピールするコンテンツのことをいいます。
テキストのみのコンテンツと比較すると、ユーザーの理解度向上に効果があるとして近年導入する企業が増えました。

また、インターネットやデジタル端末の普及により人々が多くの情報を目にするため、一般層向けのコンテンツとしてもリッチコンテンツはWebサイト運用において注目を集めています。

リッチコンテンツが注目される理由


リッチコンテンツは近年のWebマーケティングにおいて注目されていますが、ただ「視覚的にユーザーが認識しやすいから」という理由で注目されているわけではありません。

理由1:インターネットやデジタルデバイスが普及した

現代はスマートフォンやタブレット端末が普及したことで情報社会と呼ばれ、生活しているだけでも大量の情報を目にします。
そのため、ユーザーが多種多様なコンテンツや広告に触れる機会が増えました。

そのような状況下で、幅広いユーザーへコンテンツを届ける手段としてリッチコンテンツがWebマーケティングにおいて重要視されています。

理由2:コンテンツの大容量通信・高速通信が可能になった

近年、5Gと呼ばれる高速通信網が発展したことで、大容量通信が可能になりました。
数年前までは、ユーザー間で「遅いもの」として認識されていた動画や音声など比較的大容量のデータ通信も、昨今の情報網の発達により、ストレスなくコンテンツへアクセスできる環境になりました。
過去と比較すると、通信容量・通信速度がともに向上しており、テキストよりも容量を必要とする動画や音声の提供が容易になったことも、リッチコンテンツが注目されている理由の一つです。

理由3:テキストでは補えないユーザー体験が可能

通信速度によるユーザー体験の向上はもちろんですが、テキストでは補いきれない「より直感的なユーザー体験」が可能になったことも、リッチコンテンツの注目につながっています。
テキストだけでは伝えることが難しいニュアンスも、リッチコンテンツでは動きや音を通して、より分かりやすく伝えられます。
ユーザーが理解しやすいコンテンツや広告は、他社や競合との差別化を図る重要なポイントになります。

Grab記事では…

ここまではリッチコンテンツがなぜ注目されているのか、について説明しました。

Grab記事ではリッチコンテンツを活用するメリット、デメリットを解説しています。リッチコンテンツの活用事例を紹介しているため、実際に活用したいとお考えの方はぜひお読みください。

続きを読む

【関連記事】

DMMオンライン展示会