• HOME
  • CATEGORY
  • CONTENT
  • B2Bマーケターは、コンテンツが売上拡大と顧客化に役立つと考えている:調査データ2019
B2Bマーケターは、コンテンツが売上増と顧客転換に役立つと期待している

B2Bマーケターは、コンテンツが売上拡大と顧客化に役立つと考えている:調査データ2019


この記事のタイトルとURLをコピーする

最近の調査によるとB2Bマーケターより多くのコンテンツを作成することに重点を置いており、作成中の資産を活用してビジネスを推進し、最終的には収益を向上させると予想しています。Walker Sands社の発表したレポート「Future of Content 2019」によると、B2B企業のコンテンツ制作における最大の目標は、売上の増加・顧客化(29%)でした。これに続いて、新規顧客との関係構築(19%)、ブランド認知度の向上(18%)が続いています。

B2B企業のコンテンツ制作における最大の目標

コンテンツ制作のゴール

既存の顧客を引き込むことに関しては、B2Bマーケターの65%が既存のウェブサイトのコンテンツに頼っています。しかし、新規顧客を引き付けるために63%がソーシャルメディアのコンテンツを利用しており、また既存の顧客を引き付けるためにソーシャルメディアのコンテンツを利用していると答えたマーケターはわずか58%でした

「一部のブランドにとってソーシャルメディアは、他のマーケティングチャネルではアクセスできない顧客層にアプローチする手段を提供している。」とレポートの著者は示していました。

ソーシャルメディアにおけるマーケターのリーチ

これまでの調査が示しているように、ソーシャルメディアのコンテンツは、特定の人口統計、特に若い世代の人々の共感を呼ぶ可能性があります。

TELUS International社が米国統計局の2,038人のミレニアル世代を対象とした調査に基づくインフォグラフィックを公開したところ、アメリカ人の24%が、過去一年間にソーシャルメディアのチャネルを使って購入した企業にフィードバックを提供したと答えたのに対し、ミレニアル世代ではこの割合が38%と高くなっていることが分かりました。

約5人に1人のミレニアル世代は、購入した企業に対して、その企業のソーシャルメディア上で肯定的なフィードバックを残すことを好んでいます。

参考:Report: B2B Marketers Expect Content to Help Them Boost Sales and Convert Customers

【関連記事】

この記事のタイトルとURLをコピーする

同じカテゴリーの記事