MARKETIMES SLIDEで無料で資料掲載しませんか?

Googleオプティマイズの利用経験者の45%が廃止後の代替ツール見つからず【キーワードマーケティング調査】

Googleオプティマイズの利用経験者の45%が廃止後の代替ツール見つからず【キーワードマーケティング調査】

 キーワードマーケティングが行った調査によると、Googleオプティマイズの廃止後、その代替となるツールを探しているが見つかっていないという企業や個人が多数存在している。具体的には、調査対象者の45.7%が代替ツールを探したものの見つけられていない状況にあり、廃止によって生じた業務の課題には、「同じように使えるツールが見つからない」(46.5%)、「移行先を探すのに時間がかかった」(41.0%)、「A/Bテスト実施のハードルが上がった」(38.0%)という声が挙がっている。

Googleオプティマイズの利用経験者の45%が廃止後の代替ツール見つからず【キーワードマーケティング調査】

Googleオプティマイズの利用経験者の45%が廃止後の代替ツール見つからず【キーワードマーケティング調査】

 代替ツールを探す上での悩みとしては、「導入や実施にコストがかかる」ことが60.2%で最も多く、次いで「導入や利用開始の手続きに手間がかかる」(46.1%)、「どのツールを使えばよいのかわからない」(39.4%)という問題が指摘されている。Googleオプティマイズは無料で提供されていたため、その代替を探す際にコストや手続きの問題が顕著になったと考えられる。

 一方で、代替ツールが見つかったと回答した人の中で最も多く利用されているのは「Optimize Next」(48.5%)であり、「SiTest」(46.1%)、「DLPO」(38.7%)がそれに続く。代替ツール選定時に決め手となった点としては、「UI/UXが優れている」(59.8%)、「GA4との連携が図れる」(49.0%)、「無料で使用できる」(43.6%)が挙げられている。

 この調査結果は、Googleオプティマイズの廃止によって多くの企業やマーケターが新たな課題に直面していることを示している。代替ツールの選定にあたっては、コストやUI/UX、既存システムとの連携など、多角的な視点から検討する必要があるだろう。また、このような市場のニーズに応える新たなツールの開発や提供が期待される。

【関連リンク】

\無料登録受付中/