MARKETIMES SLIDEで無料で資料掲載しませんか?

ソフトブレーン、「各社が抱える経営課題・営業課題と営業管理方法 調査結果レポート2023」を発表

ソフトブレーン、「各社が抱える経営課題・営業課題と営業管理方法 調査結果レポート2023」を発表

 ソフトブレーン株式会社が行った「経営課題・営業課題と営業管理方法」に関する調査結果2023では、業界を問わず共通して抱える人員に関する課題や、新たな顧客獲得の難しさなど、現代の営業現場が直面している問題点が浮き彫りになった。この調査は、業界や役職を対象に27問を実施し、1500件のサンプルを得ている。

ソフトブレーン、「各社が抱える経営課題・営業課題と営業管理方法 調査結果レポート2023」を発表

 経営課題においては、特に建設業で人員の課題を抱える割合が高く、企業の年商によっても課題の傾向が異なることが明らかになった。営業課題では、新たな顧客を獲得する方法について、企業規模が大きくなるほど重視される課題が浮かび上がってきた。

 営業管理方法としては、Excelや営業管理システムによる管理が多く見られ、営業管理は依然としてマンパワーに依存する傾向にある。不動産業や物品賃貸業では、独特の管理方法の傾向が見られた。

 営業支援システムの選択においては、価格が最も重視されるポイントであり、使いやすさも同様に重要視されていることがわかった。企業規模が大きいほど予算は高くなり、業種によっても予算に大きな開きがあることが明らかになった。

 この調査結果は、営業現場が直面している課題とその解決策を探る上で重要な示唆を与えている。営業管理の効率化や新たな顧客獲得戦略の立案において、デジタルツールの活用や人材育成の重要性が改めて強調されている。各企業はこの調査結果を参考に、自社の営業戦略を見直し、より効果的な営業活動を展開していく必要があるだろう。

【関連リンク】

\無料登録受付中/