MARKETIMES SLIDEで無料で資料掲載しませんか?

副業の平均月収は6万5093円 副業が認められている会社の割合は27.5%【パーソルキャリア調査】

副業の平均月収は6万5093円 副業が認められている会社の割合は27.5%【パーソルキャリア調査】

 パーソルキャリアが実施した「副業の実態調査【最新版】」によると、副業をしている人の割合は8.4%で、前回2022年調査から0.2ポイント増加している。2021年調査では8.0%、2022年調査では8.2%と、2年連続で副業実施者が増加していることが明らかになった。

副業の平均月収は6万5093円 副業が認められている会社の割合は27.5%【パーソルキャリア調査】

 副業の平均月収は6万5093円で、前回調査から1万3875円アップしている。最も割合が多かったのは「1万円未満」の48.1%で、前回調査の29.1%から19.0ポイント増加した。特に40代以上の平均月収は9万6564円で、前回調査から3万1280円アップしている。

副業の平均月収は6万5093円 副業が認められている会社の割合は27.5%【パーソルキャリア調査】

 副業の内容に関しては、「講師/家庭教師/試験監督」が前回から1.5ポイント増の6.3%で、学び直しの機運の高まりが要因と考えられる。最も多かった副業の内容は「サービス業(接客・販売)」で21.3%だった。

 また、副業が認められている人は27.5%で前回から2.2ポイント増、禁止されている人は47.5%で前回から2.3ポイント減少しています。19業界中13業界で副業が「認められている」と答えた人の割合が増加しており、幅広い業界で副業が推進されていることがうかがえる。

副業の平均月収は6万5093円 副業が認められている会社の割合は27.5%【パーソルキャリア調査】

 この調査結果は、副業が浸透しつつある現状を示しており、副業を認める企業が増加していることを示唆している。副業を通じて多様な経験を積むことが、本業のスキルアップや新たな体験の機会となり、働く人々のキャリア形成にポジティブな影響を与えている可能性がある。副業が今後の働き方やキャリア形成に与える影響について、さらなる研究や分析が期待される。

【関連リンク】

\無料登録受付中/