MARKETIMES SLIDEで無料で資料掲載しませんか?

副業実施者の約4割が本業に満足 副業の満足度が高い人は本業に経験を還元している傾向【リクルート調査】

副業実施者の約4割が本業に満足 副業の満足度が高い人は本業に経験を還元している傾向【リクルート調査】

 リクルートが行った「兼業・副業に関する動向調査 2022」の追加分析によると、副業を実施している人は、副業をしていない人と比較して本業への満足度が高く、キャリアへの関心も高い傾向にあることが明らかになった。この調査は、働く個人および企業人事担当者を対象に実施され、副業人材の動向をまとめたものだ。

副業実施者の約4割が本業に満足 副業の満足度が高い人は本業に経験を還元している傾向【リクルート調査】

副業実施者の約4割が本業に満足 副業の満足度が高い人は本業に経験を還元している傾向【リクルート調査】

 副業実施者は、本業の仕事内容と関係のない副業をしているケースが多く、自分のスキルを多方面に生かしていると言える。本業の満足度が高いことから分かる通り、本業へ還元できている人が多く、副業から得られる経験や学びがキャリアへの強みにつながっていると考えられる。

 近年、副業制度を導入する企業や、副業を実施してみたいと答える個人が増加しているが、副業実施中の人の推移は数年横ばいの状態が続いている。企業側も個人側も副業への関心が高まっている中で、実施率が伸び悩んでいるのは、副業希望者の増加に対して、副業求人の増加が追いついていないことが一因と考えられる。

 自社の社員の副業を推進したい企業にとっては、社員の満足度が高まるような業務の差配や職場づくり、社員のキャリアへの関心が高まるような職場でのコミュニケーションを実施することが成功の鍵となるだろう。

 この調査結果は、副業が本業に与える影響や、副業実施者のキャリア意識の高さを示しており、副業を取り巻く環境や企業の対応策について、新たな視点を提供している。副業が今後のキャリア形成や職場環境に与える影響について、さらなる研究や分析が期待される。

【関連リンク】

\無料登録受付中/