MARKETIMES SLIDEで無料で資料掲載しませんか?

WACUL、『2024年 デジタルマーケティングの論点』を公開 生成AIによる変容と人間が担うべき仕事を整理

WACUL、『2024年 デジタルマーケティングの論点』を公開 生成AIによる変容と人間が担うべき仕事を整理

 2023年、ChatGPTなどの生成AIの進化がデジタルマーケティング業界に革新的な変化をもたらした。WACULが公開した「2024年 デジタルマーケティングの論点」では、この変化の中で人間に求められる新たな役割に焦点を当てている。

WACUL、『2024年 デジタルマーケティングの論点』を公開 生成AIによる変容と人間が担うべき仕事を整理

 生成AIは、人間特有の振る舞いを模倣する能力に長けており、デジタルマーケティング業務の多くがAIによって効果的に代替されることが予想されている。このため、マーケティング業界では「人間らしい」仕事に焦点を当て、適応力を高めることが重要視されている。

 WACULのレポートでは、生成AIによる業務変容の中で、人間が担うべき仕事の重要性を整理している。AIの進化に伴い、データ分析や施策管理、効果検証などの煩雑な作業はAIに委ねられ、人間は戦略的なタスクに集中することが可能になる。

 WACULは、ビッグデータとナレッジを活用し、企業のデジタルトランスフォーメーションを実現するマーケティングDXカンパニーだ。2010年にデジタルマーケティングのコンサルティング事業を開始し、AIを活用したデータアナリティクス技術とコンサルティングを融合させている。

 同社の提供する「AIアナリスト・シリーズ」は、マーケティングのPDCAサイクルを自動化し、マーケターが本来行うべき戦略的なタスクに集中できるよう支援している。また、SEO対策されたコンテンツの制作サービスや、効果的な広告運用を代行するサービスも展開している。

 このように、生成AIの進化はデジタルマーケティング業界において、人間とAIの役割分担を再定義する契機となっている。AIが担うことができる業務が増える一方で、戦略立案や創造的なアイデア出し、人間的な感性を要する業務は、今後も人間にとって重要な役割を担い続けるだろう。

 デジタルマーケティングの未来は、AIと人間が共存し、それぞれの強みを活かした形で進化していくことが予想される。WACULのレポートは、この新たな時代における人間の役割を考える上で、貴重な示唆を与えている。

【関連リンク】

\無料登録受付中/