MARKETIMES SLIDEで無料で資料掲載しませんか?

ステマ規制によるマーケティング施策への影響1位は「過去コンテンツの見直し」【Macbee Planet調査】

ステマ規制によるマーケティング施策への影響1位は「過去コンテンツの見直し」【Macbee Planet調査】

 株式会社Macbee Planetが実施した調査によると、2023年10月からのステルスマーケティング(ステマ)規制の本格化により、約9割の企業が自社のマーケティング施策に影響があったと回答した。この調査は、インフルエンサーマーケティング施策を行っている企業のSNS・広告運用担当者100名を対象に行われた。

ステマ規制によるマーケティング施策への影響1位は「過去コンテンツの見直し」【Macbee Planet調査】

 調査結果によると、ステマ規制による自社のマーケティング施策への影響について、「かなり影響があった」と回答した企業が44.0%、「やや影響があった」と回答した企業が44.0%で、合計88.0%の企業が何らかの影響を受けたことが明らかになった。

 具体的な影響としては、「過去コンテンツの見直し」が54.6%で最も多く、次いで「インフルエンサーの選定基準の見直し」が50.0%、「インフルエンサー施策の優先度低下」が45.5%となった。これらの結果は、ステマ規制により企業が従来のマーケティング手法を見直し、新たな戦略を模索していることを示している。

ステマ規制によるマーケティング施策への影響1位は「過去コンテンツの見直し」【Macbee Planet調査】

 また、ステマ規制に対する具体的な対策については、「既に実施している」と回答した企業が46.0%、「これから実施していく予定」と回答した企業も46.0%で、多くの企業が対策を講じていることがわかった。対策方法としては、「自社だけでなく外部のパートナーや専門家に相談する」と回答した企業が57.6%であり、ステマ規制への対応には外部の専門知識が重要であることが示されている。

 今後のマーケティング施策において重要視されるポイントとしては、「データ利活用による透明性の強化」が53.0%、「情報の信憑性」が47.0%となり、消費者への信頼構築と透明性の確保が重要視されていることが明らかになった。

 この調査は、ステマ規制がマーケティング業界に与える影響を浮き彫りにし、企業が透明性と信頼性を重視した新たなマーケティング戦略を模索する必要性を示している。企業は、規制に対応しつつも、消費者との信頼関係を築くための効果的な手法を見つけ出すことが求められている。

【関連リンク】

\無料登録受付中/