MARKETIMES SLIDEで無料で資料掲載しませんか?

ITフリーランスエンジニアに転身した元会社員の8割以上が転身に「満足」と回答【アイムファクトリー調査】

ITフリーランスエンジニアに転身した元会社員の8割以上が転身に「満足」と回答【アイムファクトリー調査】

 アイムファクトリー株式会社が実施した調査によると、会社員からITフリーランスエンジニアへ転身した人の82.0%が「満足している」と回答した。この調査は、2023年12月11日から13日にかけて行われ、100名の経験者が対象だった。

ITフリーランスエンジニアに転身した元会社員の8割以上が転身に「満足」と回答【アイムファクトリー調査】

 「とても満足している」と答えた人は31.0%、「やや満足している」と答えた人は51.0%で、満足している理由として「時間や場所に縛りがないから」が63.4%、「仕事のペースを自身でコントロールできるから」が58.5%となった。また、「働いた分だけ収入が上がるから」と答えた人も40.2%いた。

ITフリーランスエンジニアに転身した元会社員の8割以上が転身に「満足」と回答【アイムファクトリー調査】

 フリーランスエンジニアへの転身による「働き方」の変化では、「仕事量や収入を自身で調整できる」が52.0%、「働く時間や休日を都合に応じて決められる」が51.0%、「通勤が不要で時間の有効活用ができる」が51.0%という結果が出た。

 収入の変化に関しては、「かなり増えた」と回答した人が14.0%、「やや増えた」と回答した人が23.0%で、約4割の人が収入が増えたと感じている。一方で、「変わらない」と答えた人は20.0%、「減った」と答えた人は合計で40.0%だった。

ITフリーランスエンジニアに転身した元会社員の8割以上が転身に「満足」と回答【アイムファクトリー調査】

 仕事への意識や向き合い方の変化については、「プロとしての意識が高くなった」と答えた人が36.0%で最多で、「成果へのこだわりが強くなった」が33.0%、「達成感や働きがいをより感じるようになった」と答えた人が25.0%だった。

 転身を検討する上での不安としては、「収入が安定するかどうか」が76.0%、「仕事を十分に獲得できるのか」が55.0%という回答があった。これらの不安に対する対処法としては、「スキルや専門知識を向上させ、自身の市場価値を高めた」が27.3%、「家計の収支バランスを見直した」が26.1%となった。

 フリーランスとしてスタートする前の準備で役に立ったこととしては、「自宅の業務環境を整えた」が31.0%、「税金や契約書など法的な知識を身に付けた」が25.0%、「仕事の機会やサポートを得られる人脈を築いた」が20.0%という回答があった。

 この調査は、ITフリーランスエンジニアへの転身に関する実態を明らかにし、多くの経験者が満足していることを示している。一方で、転身前の不安や準備に関する貴重なデータも提供しており、これからフリーランスを目指す人にとって有益な情報となるだろう。

【関連リンク】

\無料登録受付中/