無料の資料掲載・リード獲得し放題サービスはこちら

大企業に勤める人の約半数がDX推進による価値創出に「満足」と回答 一方2割は「失敗」【グロースX調査】

 企業向けにマーケティングやAI、BtoB人材の育成SaaSサービスを提供する株式会社グロースXは、DX推進部署に関わっている大企業(従業員数1,000名以上)の経営者・役員・管理職104名を対象に、大企業におけるDX推進の実態調査を実施した。

調査サマリー

大企業におけるDX推進の実態調査の概要

▼本調査のレポートダウンロードはこちら

https://grtx.jp/media/9627

調査概要

  • 調査概要:大企業におけるDX推進の実態調査
  • 調査方法:IDEATECHが提供するリサーチPR「リサピー®︎」の企画によるインターネット調査
  • 調査期間:2023年6月22日〜同年6月23日
  • 有効回答:DX推進部署に関わっている大企業(従業員数1,000名以上)の経営者・役員・管理職104名

※構成比は小数点以下第2位を四捨五入しているため、合計しても必ずしも100とはならない。

DX推進の満足度、半数が「満足」

 「Q1.お勤め先におけるDX推進による「新規製品・サービスの創出」「顧客起点の価値創出によるビジネスモデルの根本的な変革」に対する、現状の満足度を教えてください。」(n=104)と質問したところ、「非常に満足している」が23.1%、「やや満足している」が26.9%という回答となった。

勤め先におけるDX推進による満足度の調査

  • 非常に満足している:23.1%
  • やや満足している:26.9%
  • あまり満足していない:31.7%
  • 全く満足していない:8.7%
  • 会社からは「価値の創出」「抜本的な変革」は求められていない/特に取り組んでいない:3.8%
  • わからない/答えられない:5.8%

満足していない理由、「費用対効果が悪すぎる」や「人材育成が追いついていない」など

 Q1で「あまり満足していない」「全く満足していない」と回答した方に、「Q2.DX推進による「新規製品・サービスの創出」「顧客起点の価値創出によるビジネスモデルの根本的な変革」に対して、満足していない理由を自由に教えてください。(自由回答)」(n=42)と質問したところ、「費用対効果が悪すぎる」や「人材育成が追いついていない」など30の回答を得ることができた。

勤め先におけるDX推進に満足していない大企業に勤めるビジネスパーソンの理由

自由回答・一部抜粋

  • 50歳:費用対効果が悪すぎる。
  • 56歳:推進体制が出来ていないのに、成果ばかり求められるから。
  • 54歳:活動が実績に結びつくにはまだ時間がかかる。遅い。
  • 49歳:会社の理解がない。
  • 52歳:DXの定義が曖昧かつ、よく変更される。
  • 56歳:生成A.I.などの新技術に追い付いていない。
  • 55歳:人材育成が追いついていない。

DX推進の評価、約半数が「成功」

 「Q3.現時点での、DX推進による「新規製品・サービスの創出」「顧客起点の価値創出によるビジネスモデルの根本的な変革」に対する、組織内での評価を教えてください。」(n=104)と質問したところ、「大成功と見られている」が15.4%、「まあまあ成功と見られている」が31.7%という回答となった。

DX推進による大企業の組織内の評価の調査結果

  • 大成功と見られている:15.4%
  • まあまあ成功と見られている:31.7%
  • まあまあ失敗と見られている:19.2%
  • 大失敗と見られている:2.9%
  • わからない/評価自体がされていない:30.8%

失敗のエピソード、「価値が見出せていない」や「使い勝手が悪い」など

 Q3で「まあまあ失敗と見られている」「大失敗と見られている」と回答した方に、「Q4.DX推進による「新規製品・サービスの創出」「顧客起点の価値創出によるビジネスモデルの根本的な変革」に関して、組織内で「失敗」と評価されているエピソードがあれば、具体的に教えてください。(自由回答)」(n=23)と質問したところ、「価値が見出せていない」や「使い勝手が悪い」など14の回答を得ることができた。

DX推進により大企業で「失敗」と評価されているエピソードの調査結果

自由回答・一部抜粋

  • 50歳:多額の費用をかけたにもかかわらず、それらを回収できる見込みがない。一部門だけの取り組みに終わっている。
  • 46歳:価値が見出せていない。
  • 52歳:他社頼み。
  • 60歳:開発業者目線であり、使い勝手が悪い。
  • 55歳:具体的な成果が出ていないため。
  • 56歳:ガイドラインを策定したが、どんどん新しい技術がでており、追い付けない。

DX推進の形、「社員の中からDX人材を育成」が58.7%で最多

 「Q5.あなたの会社では、どのような形でDXを推進していますか。(複数回答)」(n=104)と質問したところ、「社員の中からDX人材を育成」が58.7%、「専門知識のある新たな人材を採用」が51.0%、「ITコンサルタントなどに外部委託」が36.5%という回答となった。

大企業におけるDX推進の形の調査結果

  • 社員の中からDX人材を育成:58.7%
  • 専門知識のある新たな人材を採用:51.0%
  • ITコンサルタントなどに外部委託:36.5%
  • その他:1.0%
    •  -63歳:専門部署の新設
  • わからない/答えられない:14.4%

外部委託でDXを進める中での課題、「社内にノウハウが蓄積されない」が57.9%で最多

 Q5で「ITコンサルタントなどへの外部委託」と回答した方に、「Q6.外部委託でDXを進める中で、課題に感じることがあれば教えてください。(複数回答)」(n=38)と質問したところ、「社内にノウハウが蓄積されない」が57.9%、「委託先と社内の認識のすり合わせが難しい」が50.0%、「業務に直結する新しいアイデアが生まれにくい」が50.0%という回答となった。

大企業が外部委託でDXを進める中での課題の調査結果

  • 社内にノウハウが蓄積されない:57.9%
  • 委託先と社内の認識のすり合わせが難しい:50.0%
  • 業務に直結する新しいアイデアが生まれにくい:50.0%
  • 完全に外部に依存してしまっている:47.4%
  • 売上・利益に直結していない:34.2%
  • 依頼した以上のアウトプットが生まれない:28.9%
  • その他:0.0%
  • 特になし:0.0%
  • わからない/答えられない:2.6%

「費用対効果が悪すぎる」や「こちらのニーズを理解させるのが難しい」などの課題も

 Q6で「特になし」「わからない/答えられない」以外を回答した方に、「Q7.Q6で回答した以外に、外部委託でDXを進める中で課題に感じることがあれば、自由に教えてください。(自由回答)」(n=37)と質問したところ、「費用対効果が悪すぎる」や「こちらのニーズを理解させるのが難しい」など24の回答を得ることができた。

大企業が外部委託でDXを進める中での課題の調査結果2

自由回答・一部抜粋

  • 50歳:費用対効果が悪すぎる。
  • 53歳:こちらのニーズを理解させるのが難しい。
  • 38歳:内部に人材が育成できない。
  • 54歳:社内の意識改革が難しい。
  • 44歳:コスト。

社内でハードルとなっていること、「社内の人材育成のための教育が十分にできていない」が51.9%で最多

 「Q8.DX推進で「新規製品・サービスの創出」「顧客起点の価値創出によるビジネスモデルの根本的な変革」までを実現するために、社内でハードルとなっていることはなんですか。(複数回答)」(n=104)と質問したところ、「社内の人材育成のための教育が十分にできていない」が51.9%、「全体的なITリテラシーの向上ができていない」が39.4%、「精通する人材の採用に苦戦している」が36.5%、「メンバーの知識レベルがバラバラ」が36.5%という回答となった。

大企業のDX推進においてハードルとなっていることの調査結果

  • 社内の人材育成のための教育が十分にできていない:51.9%
  • 全体的なITリテラシーの向上ができていない:39.4%
  • 精通する人材の採用に苦戦している:36.5%
  • メンバーの知識レベルがバラバラ:36.5%
  • DXを推進する人材を評価する基準が無い:32.7%
  • 多くの社員が他人事である:23.1%
  • 必要な予算を確保できていない:13.5%
  • その他:1.0%
  • 特になし:4.8%
  • わからない/答えられない:10.6%

誰でもいつでもどこでも学習が可能な、AI/DX人材育成のための学習サービス、8割以上が「活用してみたい」と回答

 Q1で「会社からは「価値の創出」「抜本的な変革」は求められていない/特に取り組んでいない」「わからない/答えられない」以外を回答した方に、「Q9.誰でもいつでもどこでも学習が可能な、AI/DX人材育成のための学習サービスがあれば社内で活用してみたいと感じますか。」(n=94)と質問したところ、「非常にそう感じる」が38.4%、「ややそう感じる」が45.7%という回答となった。

誰でもいつでもどこでも学習が可能な、AI/DX人材育成のための学習サービスを活用してみたいと感じるかについての大企業に勤めるビジネスパーソンの回答

  • 非常にそう感じる:38.3%
  • ややそう感じる:45.7%
  • あまりそう感じない:11.7%
  • 全くそう感じない:2.1%
  • わからない/答えられない:2.1%

AI/DX人材育成のために活用したい学習サービス、「DX人材に必要なAIスキルを網羅できる」や「負担を感じず気軽に取り組める」など

 Q9で「非常にそう感じる」「ややそう感じる」と回答した方に、「Q10.AI/DX人材育成のためにどのような学習サービスを活用したいと感じますか。(複数回答)」(n=79)と質問したところ、「DX人材に必要なAIスキルを網羅できる」が62.0%、「負担を感じず気軽に取り組める」が57.0%、「学習意欲を落とさない仕組みがある」が38.0%、「多くの事例を用いた教育カリキュラムが用意されている」が38.0%という回答となった。

大企業に勤めるビジネスパーソンがAI/DX人材育成のために活用したい学習サービスの調査結果

  • DX人材に必要なAIスキルを網羅できる:62.0%
  • 負担を感じず気軽に取り組める:57.0%
  • 学習意欲を落とさない仕組みがある:38.0%
  • 多くの事例を用いた教育カリキュラムが用意されている:38.0%
  • 数多くの企業で導入実績がある:31.6%
  • 学びを通じて自分のキャリアが有利になる:30.4%
  • 現業務の課題解決に役立つ:26.6%
  • 社内AI活用の解像度が向上する:21.5%
  • その他:1.3%
    • ー59歳:簡単に寸評できない
  • わからない/答えられない:0.0%

まとめ

 今回は、DX推進部署に関わっている大企業(従業員数1,000名以上)の経営者・役員・管理職104名を対象に、大企業におけるDX推進の実態調査を実施した。

 DX推進による「新規製品・サービスの創出」、「顧客起点の価値創出によるビジネスモデルの根本的な変革」に対する現状の満足度に関しては、半数が満足、約4割が満足していないということが分かった。

 満足していない理由に関しては、「費用対効果が悪すぎる」や「人材育成が追いついていない」などが挙がった。

 次に、DX推進による「新規製品・サービスの創出」「顧客起点の価値創出によるビジネスモデルの根本的な変革」に対する、組織内での評価については、約半数が「成功」と回答した。

 失敗のエピソードとしては、「価値が見出せていない」や「使い勝手が悪い」などが挙がった。

 また、DXの推進の方法に関しては、「社員の中からDX人材を育成」が58.7%、「専門知識のある新たな人材を採用」が51.0%、「ITコンサルタントなどに外部委託」が36.5%という結果となった。

 この中で、「ITコンサルタントなどに外部委託」と回答した方に課題を聞いたところ、「社内にノウハウが蓄積されない」が57.9%で最多となった。

 続いて、DX推進で「新規製品・サービスの創出」「顧客起点の価値創出によるビジネスモデルの根本的な変革」までを実現するために、社内でハードルになっていることについて聞いたところ、「社内の人材育成のための教育が十分にできていない」や「全体的なITリテラシーの向上ができていない」などの回答が得られた。

 今回の調査では、大企業でDX推進に関わっている幹部が、DX推進において概ね「満足」、「成功している」と考えているものの、社内の人材育成や会社全体でのリテラシーレベルに関しては、課題を感じている実態が明らかとなった。

 「誰でもいつでもどこでも学習が可能な、AI/DX人材育成のための学習サービスがあれば社内で活用してみたいか」という質問に対しては、8割以上が「活用してみたい」と回答しており、今後のDX人材育成に関しては、各企業が抱えている課題解決に特化したサービスの導入が重要と言えるのではないだろうか。

▼本調査のレポートダウンロードはこちら

https://lp.grtx.jp/ai

現場からAI×DX企画が生まれる人材育成プログラム「グロースX AI・DX人材」

 AI人材育成分野の第一人者、野口竜司氏が全面監修。全社で強力にDX推進するため、社内人材を「DXに強い人材」に育成する。

  • DX人材に必要なAIスキルを体系化したカリキュラム
  • 学習内容がしっかり定着するUI。スマホアプリで継続性の高い体験が可能に
  • AI企画が生まれる仕組み。導入企業8社・6ヶ月間で3,000企画が誕生!

「グロースX AI・DX人材」サービス詳細はこちら

https://lp.grtx.jp/ai

グロースX AI・DX人材

【関連リンク】

\無料登録受付中/