無料の資料掲載・リード獲得し放題サービスはこちら

業務委託マッチングサービスを利用する副業人材の8割以上にミスマッチや業務停滞の経験あり【SOKKIN調査】

 株式会社SOKKINは、業務委託マッチングサービス業界全体におけるマーケター・クリエイターの複業人材へアンケート調査を実施し、結果を公開した。

 調査結果では、業務委託マッチングサービスにおいて、企業と複業人材間のミスマッチや業務進行の停滞が84%存在し、業務委託マッチングサービスの運営事務局が複業人材のスキルや企業課題の把握、稼働条件の詳細な擦り合わせが十分できていないことがわかった。

 加えて、マーケター・クリエイターの複業人材の70%以上が業務委託マッチングサービスにおいて「事務局が経験豊富なマーケターである事が重要」と回答しており、事務局がマーケター目線で企業のマーケティング課題を適切にヒアリングし、精度高く複業人材をマッチングすること、稼働後の定期的なサポートを行うことが、業務委託のスムーズな案件進行のために重要であることがわかった。

調査結果

  • 業務委託マッチングサービスにおいて、企業と複業人材間のミスマッチや業務進行の停滞が84%発生
  • 主な要因は事務局の「複業人材のスキル把握不足」「不明瞭な目標設計」「稼働条件の詳細な擦り合わせ不足」
  • 事務局がマーケターであることがミスマッチや業務進行の停滞を防ぐために重要

調査概要①

  • 調査概要:業務委託マッチングサービス業界全体における複業人材の実態調査
  • 調査目的:業務委託マッチングサービスの利用時の、企業と複業人材のミスマッチや業務進行の停滞の問題点と運営事務局の課題調査
  • 調査方法:ランサーズ株式会社のパネル利用によるインターネット調査
  • 調査期間:2023年5月22日〜2023年5月25日
  • 有効回答数:45票

業務委託マッチングサービスにおいて、ミスマッチや業務進行の停滞が84%発生

 過去や現在において、業務委託マッチングサービスを利用して業務を行った際に、ミスマッチや業務進行の停滞でうまく行かなかった経験があると回答した人が84%に上った。

業務委託マッチングサービスを利用して業務を行った際に、ミスマッチや業務進行の停滞でうまく行かなかった経験の調査結果

業務委託におけるミスマッチや業務進行の停滞の主な要因は「スキル不足」「稼働に見合わない報酬条件」「不明瞭な目標設計」

 業務委託マッチングサービスを利用して業務を行った際に起こるミスマッチや業務進行の停滞の要因は「スキル不足」「稼働に見合わない報酬条件」「不明瞭な目標設計」が最も多く、全体の56%を占めた。

業務委託マッチングサービスを利用して業務を行った際に起こるミスマッチや業務進行の停滞の要因の調査結果

 具体的な内容については、複業人材のスキルを事務局側が正しく把握できていないことによるミスマッチや不明瞭な目標設計、コミュニケーション不足による業務進行の停滞が多く見受けられた。

ミスマッチや業務進行の停滞の例

  • 業務内容の説明が不十分で満足のいく結果が出なかった。
  • スキルや経験、教育履歴などの情報を提供したが、実際の仕事に必要な能力や適性と一致しないことがあった。
  • 企業側の求めるレベルがどの程度のものなのか最後まで理解できず、要望に応えることができなかった。
  • 依頼内容が抽象的で、説明通りに仕上げてもやり直しや修正を繰り返された。

業務委託マッチングサービス業界全体における利用時の課題

 今回の調査結果から、マーケターやクリエイターが業務委託マッチングサービスを利用した際に、「スキル不足」「稼働に見合わない報酬条件」「不明瞭な目標設計」が主な要因で、うまく稼働出来なかったケースが84%も存在し、案件応募・面談・稼働時において、ミスマッチや業務進行の停滞が多く存在することが分かった。

『SOKKIN MATCH』の経験豊富なマーケターによる事務局サポートの有効性

 『SOKKIN MATCH』では事務局が経験豊富なマーケターであることにより、本質的なマーケティング課題の把握・精度の高いマッチング・マッチング後の進行サポートを行ってきた。

 そのような取り組みが、上記の課題解決に対して有効であるのか、『SOKKIN MATCH』を利用している複業人材へ実態調査を行った。

調査概要②

  • 調査概要:業務委託マッチングサービス『SOKKIN MATCH』を利用している複業人材の実態調査
  • 調査目的:企業と複業人材のミスマッチや業務進行の停滞を防ぐための有効な取り組みの把握
  • 調査方法:業務委託マッチングサービス『SOKKIN MATCH』において稼働している複業人材へのアンケート調査
  • 調査期間:2023年5月22日〜2023年5月25日
  • 有効回答数:11票(直近1ヶ月で登録した約110名からランダムに抽出)

SOKKIN MATCHでは複業人材の能力や稼働条件(報酬・時間)に合わせて、適切な提案を実施

 自身の能力や希望の稼働条件(報酬・時間)にマッチした案件を事務局から提案されたと思いますか?という問いに対して、80%以上が提案されていると実感しており、SOKKIN MATCHでは正確な複業人材のスキル診断が行われていることが分かった。

自身の能力や希望の稼働条件(報酬・時間)にマッチした案件を事務局から提案されたと思うかの調査結果

SOKKIN MATCHではミスマッチがほとんど起きていない

 案件稼働後に当初の想定と異なり自身の能力や希望の稼働条件(報酬・時間)と合わず、ミスマッチだったと思った事はありますか?という問いに対して、約90%がミスマッチを感じておらず、SOKKIN MATCHが精度の高いマッチングが出来ていることが伺える。

案件稼働後に当初の想定と異なり自身の能力や希望の稼働条件(報酬・時間)と合わず、ミスマッチだったと思った事はあるかの調査結果

SOKKIN MATCHによる進行サポート(目標設計/進行相談/FB面談)が評価されている

 案件進行がスムーズに進むように事務局は適切な頻度で顧客との間に入り、業務進行をサポート(目標設計/進行相談/FB面談)されたと思いますか?の問いに対して、70%以上が事務局の進行サポートの必要性を実感しており、SOKKIN MATCHが複業人材のスムーズな案件進行に貢献していた。

案件進行がスムーズに進むように事務局は適切な頻度で顧客との間に入り、業務進行をサポート(目標設計/進行相談/FB面談)されたと思うかの調査

SOKKIN MATCHに登録している70%以上の複業人材が、事務局が経験豊富なマーケターであることの重要性を実感

 事務局が経験豊富なマーケターである事は案件応募・面談・稼働時において重要だったと思いますか?の問いに対して、70%以上が重要と回答しており、事務局がマーケターであることによる本質的なマーケティング課題の把握・精度の高いマッチング・マッチング後の進行サポートが重要であることが分かった。

事務局が経験豊富なマーケターである事は案件応募・面談・稼働時において重要だったと思うかの調査結果

まとめ

 今回の調査結果から、マーケターやクリエイターが業務委託マッチングサービスを利用した際に、「スキル不足」「稼働に見合わない報酬条件」「不明瞭な目標設計」が主な要因で、うまく稼働出来なかったケースが84%も存在し、案件応募・面談・稼働時において、事務局が経験豊富なマーケターであることが重要だとわかった。

 同社は実務経験豊富な大手Web代理店出身のトップマーケターが事務局運営していることにより、適切な課題ヒアリング、実務に基づいた精度の高いスキル診断、マッチング後の業務進行サポートを行う事が出来、前述の複業人材が抱える悩み・不安を解決してきた。

 結果として、70%以上の複業人材に、事務局の取り組みによる重要性を実感されている。

 引き続き同社では、登録企業・登録複業人材にとって、精度の高いマッチングを実現するために、プラットフォームや事務局オペレーションの改善、サービス機能の拡充など随時実施していくとしている。

SOKKIN MATCHとは

 「SOKKIN MATCH」 では、質の高いサービスを提供するために、トップマーケターが厳選したマーケター・クリエイターを実務に即した細かい粒度でスキル診断し、複業人材を企業のマーケティングにおける課題解決のために紹介する。

 また、大手Web代理店出身のマーケティング経験豊富な事務局の継続的なサポートにより、スムーズな案件進行が可能となる。

SOKKIN MATCH

【関連リンク】

\無料登録受付中/