無料の資料掲載・リード獲得し放題サービスはこちら

EC/D2C事業者の約7割がデジタル広告は高騰傾向と回答 運営上の課題は「売上」が最多【SUPER STUDIO調査】

 D2C(※1)支援事業やECプラットフォーム「ecforce」(イーシー・フォース)を提供する株式会社SUPER STUDIOは、自社ECサイト運営に携わる企業の担当者509名を対象に、「EC/D2C事業者のマーケティング活動における実態調査」を実施した。

▼調査全データのダウンロードはこちら

「500社超のEC事業者に聞いた顧客獲得単価と予算から見える課題」

https://bit.ly/42fmMqX

調査概要

  • 調査期間:2023年4月13日~4月17日
  • 調査対象者数:EC/D2C事業者509人
  • 調査対象者:自社ECサイト運営に携わる企業の担当者
  • 調査対象選定方法:アンケートを基に所定の条件に合致する対象者を抽出
  • 調査方法:インターネット調査
  • アンケートモニター提供元:ゼネラルリサーチ
  • 調査企画:株式会社SUPER STUDIO

調査結果サマリ

  • デジタル広告に関して、多くのEC/D2C事業者が高騰傾向にあると回答
  • EC/D2C事業の運営における課題は「売上」と回答した割合が最多、次いで「広告予算の獲得」「新規顧客獲得」が上位
  • デジタル広告における月予算は「300~500万円未満」が最多
  • デジタル広告の出稿媒体は「SNS広告・LINE広告」が4割超えで最多
  • EC事業の効果分析において、黒字化できているEC事業者は約7割が「充分にできている」「ある程度できている」と回答、一方で黒字化できていない事業者は、約6割が「あまりできていない」「まったくできていない」と回答

調査結果一部抜粋

デジタル広告に関して、多くのEC/D2C事業者が高騰傾向にあると回答

 CPMに関しては67.0%、CPAに関しては66.5%が「高騰している」ないしは「やや高騰している」と感じると回答。

インプレッション単価(CPM)

自社ECサイト運営に関わる企業の担当者がデジタル広告に対してインプレッション単価(CPM)は高騰していると感じるかの調査結果

新規顧客獲得単価(CPA)

自社ECサイト運営に関わる企業の担当者がデジタル広告に対して新規顧客獲得単価(CPA)は高騰していると感じるかの調査結果

EC/D2C事業の運営における課題は「売上」と回答した割合が最多、次いで「広告予算の獲得」「新規顧客獲得」が上位

 「売上」が41.5%、「広告予算の獲得」が36.5%、「新規顧客獲得」が34.6%となった。CPM・CPA高騰の影響を受け、「広告予算の獲得」の課題も上位に。

自社ECサイト運営に関わる企業の担当者のEC事業運営における課題の調査結果

デジタル広告における月予算は「300~500万円未満」が最多

 従業員別の場合、1~30人未満は「100万円未満」、30~500人未満は「300~500万円未満」、500人〜3,000人未満は「500万円〜1,000万円未満」、3,000人以上は「2,000万円以上」。

 従業員数に比例して、月の広告予算も大きくなる傾向にある。

自社ECサイト運営に関わる企業の毎月のデジタル広告費用の調査結果

デジタル広告の出稿媒体は「SNS広告・LINE広告」が4割超えで最多

 「SNS広告・LINE広告」と回答した割合は全体で41.5%。

 フード/ドリンク業界は「自社メディア・自社SNS」の割合が38.7%と、他業種に比べ高い傾向にある。

自社ECサイト運営に関わる企業の担当者が新規顧客の集客手段におけるデジタル広告に関して取り組んでいることの調査結果

EC事業の効果分析において、黒字化できているEC事業者は約7割が「充分にできている」「ある程度できている」と回答、一方で黒字化できていない事業者は約6割が「あまりできていない」「まったくできていない」と回答

 黒字化できていない事業者の「あまりできていない」「まったくできていない」理由として、「社内にデータアナリストがいない」が28.9%、次いで「分析ツールを使っていない」が25.6%となった。

 データアナリストや分析ツールを用いた効果分析の有無が、経営状態に影響することが伺える。

▼調査全データのダウンロードはこちら

「500社超のEC事業者に聞いた顧客獲得単価と予算から見える課題」

https://bit.ly/42fmMqX

【関連リンク】

\無料登録受付中/