『MARKETIMES』は、広告収益による運営を行っております。複数の企業と提携し、情報を提供しており、当サイトを通じてリンクのクリックや商品・サービスに関する申し込みが行われた際、提携する企業から報酬を得ることがあります。しかし、サイト内のランキングやサービスの評価について、協力関係や報酬の有無が影響することは一切ありません。
さらに、当サイトの収益は、訪問者の皆様に更に有益な情報を提供するため、情報の質の向上やランキングの正確性の強化に使用されています。

買い物時にクーポン・ポイントを使う人は8割以上 ネットショッピング利用率は約8割【eBay Japan調査】

  • クーポン・ポイントでお得に買い物をする都道府県1位「埼玉県」
  • 洋服はセールまで購入を待つ堅実派が多い都道府県1位「福井県」
  • ネットショッピング利用頻度1位「東京都」

 インターネット総合ショッピングモール「Qoo10」(https://www.qoo10.jp/)を運営するeBay Japan合同会社は、全国の20歳以上の男女1,000名を対象に「買い物に関する全国調査」を実施した。

 本調査では、「買い物」をテーマに様々な質問を用意。

 クーポンやポイントを積極的に活用しているか、欲しい物は迷わず買うかじっくり考えて買うか、バーゲンセールに惹かれて買い物をした経験はあるかなど、買い物シーンでの行動について幅広く聞いた。

 季節の変わり目やお出かけ前など、洋服の購入に至るきっかけについてや、ネットショッピングの利用率・利用頻度も調査した。

 さらに、一部の調査結果を基に都道府県別のランキングも発表する。

 「クーポン・ポイントでお得に買い物をする人が多い都道府県」、「欲しい物は迷わず購入派が多い都道府県/じっくり検討派が多い都道府県」、「ネットショッピングの利用頻度が高い都道府県」など、各都道府県の特徴が垣間見えた。

買い物をするとき、クーポンやポイントを積極的に活用しているかの調査結果

欲しい物があるとき、迷わず買う派かじっくり考えて買う派かの調査結果

<Qoo10「20%メガ割」> URL: https://bit.ly/3WFWpZY

調査結果トピックス

  1. 買い物時にクーポン・ポイントを活用している人は8割以上!
    セールに惹かれて買い物をした経験がある人は約6割
    お得に買い物をする人が多い都道府県1位「埼玉県」2位「石川県」3位「岡山県」
    欲しい物は迷わず買う派が多い都道府県「神奈川県」、じっくり検討派が多い都道府県「愛知県」
  2. 欲しい洋服の購入をセールまで待った経験がある人は半数以上!
    シーズン毎に洋服を買う人が多い都道府県1位「神奈川県」2位「千葉県」3位「東京都」
    セールまで購入を待つ堅実派が多い都道府県1位「福井県」2位「岐阜県」3位「滋賀県」
  3. 回答者全体における、ネットショッピング利用率は約8割!
    利用率が特に高い都道府県1位「熊本県」
    ネットショッピング利用頻度が高い都道府県1位「東京都」2位「山梨県」3位「福岡県」
  4. 2023年夏に向けて買いたい物「服・衣料品・ファッション小物」「日用品」「化粧品・スキンケア」
    2023年に入って買った最も高価な物の平均額は91,801円!

調査結果

1.買い物時にクーポン・ポイントを活用している人は8割以上!
セールに惹かれて買い物をした経験がある人は約6割
お得に買い物をする人が多い都道府県1位「埼玉県」2位「石川県」3位「岡山県」
欲しい物は迷わず買う派が多い都道府県「神奈川県」、じっくり検討派が多い都道府県「愛知県」

 様々な商品の値上げが続き、ポイントを貯めて賢くお買い物する「ポイ活」が今まで以上に注目されている昨今。

 買い物をするときにクーポンやポイントを積極的に活用しているか聞いたところ、全体の8割以上が活用していることが分かった。

 ネットショッピングサイトやお店のアプリ上で定期的にクーポンが発行される場合も多く、簡単にクーポン・ポイントを入手できるため、多くの人が活用していると考えられる。

 「積極的に活用している」または「たまに活用している」と回答した人が多い都道府県別のランキングでは、1位は「埼玉県」、2位は「石川県」、3位は「岡山県」だった。

買い物をするとき、クーポンやポイントを積極的に活用しているかの調査結果

クーポン・ポイントでお得に買い物をする人が多い都道府県

1位 埼玉県
2位 石川県
3位 岡山県

 買い物をするとき、購入前に悩む場面もあるはず。

 そこで、欲しい物は迷わず買うことが多いか、じっくり考えて買うことが多いか聞いたところ「じっくり考えて買う」「じっくり考えて買うことが多い」と回答した人が73.8%を占め、多数派だった。

 「迷わず買う」「迷わず買うことが多い」と回答した人が多い都道府県の1位は「神奈川県」、「じっくり考えて買う」「じっくり考えて買うことが多い」と回答した人が多い都道府県の1位は「愛知県」だった。

 欲しい物は、じっくり検討してから購入する人が多いと分かった。

 ネットショッピングでは複数のショップの商品を比較しやすかったり、お気に入り登録をして後から悩んだりできるため便利だ。

欲しい物があるとき、迷わず買う派かじっくり考えて買う派かの調査結果

迷わず買う派が多い都道府県

1位 神奈川県
2位 徳島県
3位 宮崎県

じっくり検討派が多い都道府県

1位 愛知県
2位 鹿児島県
3位 栃木県

 商品の購入を決める際は、品質や値段など、様々な検討基準がある。

 見た目や用途が同じ商品があるとき、品質の高さと値段の安さどちらを重視するか聞いたところ、「値段の安さ」を重視する人が多数派だった。

 買い物をするならより安く、お得に購入したいという人は多いと考えられる。

見た目や用途が同じ商品があるとき、品質の高さと値段の安さ、どちらを重視するかの調査結果

 タイムセールやセット割引などのバーゲンセールに惹かれて、商品を購入した経験が「何度もある」「たまにある」と回答した人は、全体の約6割だった。

 セールに惹かれやすい人が多い都道府県の1位は「栃木県」だった。

 「20%メガ割」では期間中毎日深夜0時にオープンするタイムセール「メガ タイムセール」など、お得にショッピングを楽しめるコンテンツが盛りだくさんとなっている。

タイムセールやセット割引などのバーゲンセールに惹かれて、商品を購入した経験はあるかの調査結果

セールに惹かれやすい人が多い都道府県

1位 栃木県
2位 東京都
3位※同率 滋賀県・佐賀県

2.欲しい洋服の購入をセールまで待った経験がある人は半数以上!
シーズン毎に洋服を買う人が多い都道府県1位「神奈川県」2位「千葉県」3位「東京都」
セールまで購入を待つ堅実派が多い都道府県1位「福井県」2位「岐阜県」3位「滋賀県」

 シーズンごとに新調する人もいる「ファッション」に着目して買い物事情を探った。

 毎シーズン新しい洋服を買っているか聞いたところ、約3割が買っていると回答した。

 毎シーズン買っている人が多い都道府県1位は「神奈川県」、2位は「千葉県」、3位は「東京都」だった。

 4位は「兵庫県」、5位は「埼玉県」と続き、首都圏1都3県が全て5位以内に入る結果となった。

洋服は毎シーズン新しい物を買っているかの調査結果

シーズン毎に洋服を買う人が多い都道府県

1位 神奈川県
2位 千葉県
3位 東京都

 タイミングによっては割引価格で売られることも多い洋服。

 欲しい洋服の購入をセールまで待った経験については、半数以上が「何度もある」または「ある」と回答した。

 セールまで購入を待つ、堅実な人が多い都道府県1位は「福井県」、2位は「岐阜県」、3位は「滋賀県」だった。

欲しい洋服の購入をセールまで待った経験はあるかの調査結果

セールまで購入を待つ堅実派が多い都道府県

1位 福井県
2位 岐阜県
3位 滋賀県

 季節ごとに洋服を買う人や、欲しい洋服はセールまで待って買うという人は一定数いることが分かった。

 「20%メガ割」は年に4回、定期的に開催しているため、セールに合わせて買い物の予定を立てやすく、新しい季節に向けての買い物にも便利だ。

3.回答者全体における、ネットショッピング利用率は約8割!
利用率が特に高い都道府県1位「熊本県」
ネットショッピング利用頻度が高い都道府県1位「東京都」2位「山梨県」3位「福岡県」

 ネットショッピングの利用についても調査したところ、「頻繁に利用している」または「たまに利用している」と回答した人を合計した、全体のネットショッピングの利用率は約8割。

 外出の機会は徐々に増えているが、便利なネットショッピングを日頃から活用している人は多いことが分かった。

 「頻繁に利用している」「たまに利用している」と回答した人の割合を基に、ネットショッピング利用率が高い都道府県を調べたところ、1位は「熊本県」だった。

普段ネットショッピングを利用しているかの調査結果(ネットスーパーも含む)

ネットショッピング利用率が高い都道府県

1位 熊本県
2位 岐阜県
3位 滋賀県

 利用頻度は、「月に1回以上(45.9%)」と回答した人が最も多い結果に。

 「月に1回以上~毎日使う」という人が6割以上を占めた。

 利用頻度が特に高い都道府県1位は「東京都」、2位は「山梨県」、3位は「福岡県」だった。

 4位は「神奈川県」、5位は「埼玉県」と続き、首都圏や人口の多い都道府県が比較的上位にランクインした。

ネットショッピングの利用頻度の調査結果(ネットスーパーも含む)

ネットショッピング利用頻度が高い都道府県

1位 東京都
2位 山梨県
3位 福岡県

※構成比は小数点以下第2位を四捨五入しているため、合計しても100%にならない場合がある。

4.2023年夏に向けて買いたい物「服・衣料品・ファッション小物」「日用品」「化粧品・スキンケア」
2023年に入って買った最も高価な物の平均額は91,801円!

 気温が上がり、夏のお出かけに向けて準備を進めている人も多いのではないだろうか。

 そこで、2023年夏に向けて買いたい物を聞いたところ、1位は「服・衣料品・ファッション小物」、2位「日用品」、3位「化粧品・スキンケア」だった。

 暑い夏に向けて、身に着けるものを新調したい人が特に多いことが分かった。

 Qoo10ではランキング上位の商品をはじめとする、幅広いジャンルの商品を用意している。

”2023年夏”に向けて買いたい物の調査結果(複数回答)

 さらに、2023年に入って買った最も高価だった物の値段を聞いたところ、全体の平均値は91,801円で、平均値が高い都道府県ランキングの1位は「群馬県」2位は「秋田県」3位は「滋賀県」だった。

 まだ上半期の途中だが、大きな額の買い物をしている人は一定数いることがわかった。

 具体的に買ったものとしては「化粧水、美容液、クリーム(沖縄県・21歳女性)」「ずっと買い替えたかったノートパソコンを、ポイント払いとポイントが倍になる日を狙って購入(岩手県・43歳女性)」「最高級ドライヤーを娘が大学に入学するのを契機に購入(岐阜県・53歳男性)」といったエピソードが寄せられた。

 最高額は3,650,000円で、買ったものは「自動車(北海道・70歳男性)」だった。

2023年に入って買った最も高価な物の平均値が高い都道府県

1位 群馬県
2位 秋田県
3位 滋賀県

調査概要

  • 「買い物に関する全国調査」
  • 調査期間:2023年5月12日(金)~5月14日(日)
  • 調査対象:全国の20歳以上の男女1,000名
  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査会社:株式会社ネオマーケティング

総括

 今回の調査では、買い物時にクーポン・ポイントを活用してお得に買い物をしている人は8割以上いることや、半数以上がセールを待って買い物をした経験があること、ネットショッピング利用率といった、消費者の行動と県民性が垣間見えた。

 お得に買い物を楽しんでいる人や、普段からネットショッピングを利用している人は多いことが分かった。

 Qoo10では、年に4回の「20%メガ割」をはじめとした、お得にお買い物ができる企画を定期的に開催している。

 2023年夏に向けて買いたい物上位である「服・衣料品・ファッション小物」「日用品」「化粧品・スキンケア」をはじめ、幅広い商品を取り揃えている。

 日々のお買い物や、夏に向けての準備に利用してみてはいかがだろうか。

Qoo10「20%メガ割」について

Qoo10「20%メガ割」について

 Qoo10は、2023年6月1日(木)から6月12日(月)まで、日本や韓国などから人気ショップが参加するQoo10最大のショッピング祭り「メガ割」を開催している。

 期間中に発行される「20%メガ割クーポン」の活用で、最大9万円の割引が可能。

 メガ割限定で独占販売する商品が並ぶ「Qoo10 ONLY」では、Qoo10でしか出会えない限定商品を豊富に用意されている。

 その他にも抽選で最大15,000円分のギフトカードがバックされる「ポイントバック EVENT」や、メガ割期間中毎日深夜0時にオープンするタイムセール「メガ タイムセール」、さらにお得にお買い物ができる「SHOPクーポン」など、ショッピングを楽しんでいただけるコンテンツが盛りだくさんとなっている。

<Qoo10「20%メガ割」>URL: https://bit.ly/3WFWpZY

【関連リンク】