取材・インタビューのご依頼はこちら▶

検索目的でのChatGPT利用経験者は約2割 ChatGPTの回答を検索エンジンで調べ直した人は約8割【ナイル調査】

 マーケティングDX事業を営むナイル株式会社は、全国の男女2204名を対象に、ChatGPTと検索エンジン使用時の検索行動に関するアンケート調査を実施した。

調査結果の概要

  • 検索を目的に「ChatGPT」を利用したことがある人は約2割
  • ChatGPTの回答に対し「検索エンジンで調べ直した」人は約8割
  • ChatGPTと検索エンジンの検索目的に差
  • 回答を得られるまでの検索回数:ChatGPT「2~3回」検索エンジン「1回」が最多
  • ChatGPTと検索エンジンそれぞれの入力キーワードを抜粋

(ナイルのマーケティング相談室調べ)

詳細URL: https://www.seohacks.net/blog/18883/

調査概要

  • 調査期間:2023年5月1日~2023年5月8日
  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査対象:全国の20代~40代男女2204人
  • 年齢:20~29歳35.1%、30~39歳40%、40~49歳25%
  • 職業:公務員4.3%、会社員56.3%、自営業2.9%、自由業2%、専業主婦(主夫)10.5%、パートアルバイト・パート17%、学生6.1%

検索を目的に「ChatGPT」を利用したことがある人は約2割

 全国男女2204人のうち、16.6%が何か調べたいときに「ChatGPT」を利用したことがあると回答した。

調べものの際に利用したことがあるものの調査結果

ChatGPTの回答に対し「検索エンジンで調べ直した」人は約8割

 検索時にChatGPTを利用したことがある男女433人のうち、ChatGPTで得た回答に対して「検索エンジン」を利用したことがある人は79.7%、利用したことがない人は20.3%だった。

ChatGPTで得た回答に対して「検索 エンジン」を利用した経験の調査結果

ChatGPTと検索エンジンの検索目的に差

 ChatGPTと検索エンジン、それぞれの利用目的をヒアリングした結果、どちらも1位は「趣味に関すること」、次いで「仕事、勉強の情報収集」だった。

 一方で3位以降の順位に差があり、ChatGPTと検索エンジンの利用目的に差があることがわかった。

ChatGPTと検索エンジンの検索目的の調査結果

 ChatGPTの3位は「プログラミング(37.3%)」、ついで「歴史(28%)」「悩み(27.3%)」。

 検索エンジンの3位は「ニュース(41.1%)」、ついで「知らない言葉、人物(40.7%)」「料理のレシピ(39.2%)」だった。

回答を得られるまでの検索回数:ChatGPT「2~3回」検索エンジン「1回」が最多

 ChatGPTと検索エンジン、それぞれの検索、質問を入力したあとの行動として、ChatGPTは「2~3回質問を続けた(47.7%)」、検索エンジンは「1回の質問で答えがでた(39.1%)」との回答が最多だった。

ChatGPTと検索エンジンそれぞれの回答を得られるまでの検索回数の調査結果

ChatGPTと検索エンジンそれぞれの入力キーワード

 続いて、直近でChatGPTを利用し、入力したことを覚えていると回答した189人に、実際に入力した言葉を聞いた。

  • 太陽を撮影した画像があるんだけど、太陽の位置を画像の中心にして一定サイズでトリミングし、保存するwindows用のソフトを作って。
  • 業務効率を上げる方法を教えて
  • 検索歴の高い、データ量の多い論文上位3つを教えてください。
  • Googleスプレットシートを他のスプレットシートとリンクさせるには
  • 春なのに肌寒い陽気だけどそんな日にぴったりな夜ご飯のメニューを教えて
  • 当たりやすいロト6の番号を教えて
  • (HTMLで書かれたコードを入力)~もっと見栄えのいいホームページを作って
  • モテってどうしたら実践できる?
  • 子供のおむつがなかなかはずれないときは?
  • 神田明神の男坂について聖地巡礼の観点でオススメポイントを教えてください
  • aiは人間を追い抜く可能性はありますか?我々に対してなにか一言!

※一部抜粋

 直近で検索エンジンを利用し、入力したことを覚えていると回答した167人に、実際に入力した検索キーワードを聞いた。

  • 龍神日本 男子 メンバー
  • 家計 管理方法
  • ナイキ ダンク パンダ 再販
  • ムーミン 好きな芸能人
  • 夏の涼しさ
  • 興奮時の頭痛について
  • スタバアールグレイ
  • インターネットバンキング やり方
  • 頑張ります
  • アスパラ ソテー 柔らかく
  • 蓄電池の補助金
  • グループとチームの違い
  • python gdal インストール エラー
  • 外がカリッとして、中がしっとりしたカレーパン
  • 羽津警察署 免許更新

※一部抜粋

まとめ

 今回は、話題の生成AI「ChatGPT」と「検索エンジン」の検索行動について調査を実施した。

 その結果、検索を目的にChatGPTを利用する人は約2割で、またその回答に対して検索エンジンで調べ直す人は、約8割であることがわかった。

 一方で、ChatGPTと検索エンジンで異なる検索目的を持っていることもわかった。

 Googleは、検索に生成AIを導入した新たな仕組みである「Search Generative Experience(SGE)」を発表した。

 ChatGPTのように質問から質問へと連続したやりとりから、Webコンテンツや画像、動画を紹介し答えを探索していくような、新しい検索体験ができるようになるかもしれない。

 ナイルのマーケティング相談室では、今後もユーザーの検索行動を調査していくとしている。

【関連リンク】

\無料申込受付中/

公式ページ
2時間ですべてがわかる!SNSマーケティングの起承転結 ~SNS最新情報・バズらせ・運用ノウハウ・CV設計~
PR