無料の資料掲載・リード獲得し放題サービスはこちら

現在運営中のECサイトの種類は「自社(独自型)」が最多 費用面が重視される傾向【IRISデータラボ調査】

 LINE向けネットショップ作成サービスである「Atouch (アタッチ)」(以下、Atouch)の提供を行うIRISデータラボ株式会社は、2022年12月2日(金)~2022年12月7日(水)の6日間、全国20代~60代の現役ECサイト運営者男女200名を対象に「ECサイトに関する実態調査」を行った。

 その結果、ECサイト運営者が抱える課題や複数チャネルでECサイトを運営することのメリットなどの実態などが明らかになった。

現役ECサイト運営者に聞いたECサイトに関する実態調査 トピックス

現在運営しているサイトをお答えください。(n=200)

 IRISデータラボ株式会社が実施した調査によると、現在運営しているサイトは「自社(独自型)」が最も多く、83.0%という結果に。

 次いで、「モール(テナント型)」19.5%、「モール(マーケットプレイス型)」13.5%という結果となった。

運営サイトの種類を選定した際の決め手をお答えください。(n=200)

 現在運営しているサイトを選定した際の決め手を聞いたところ、「初期費用が安かった」が最も多く、40.5%、僅差で「月額費用が安かった」37.5%、「システムが簡単そうだった」35.5%と判明した。

現在のECサイト運営に関する課題をお答えください。(n=200)

 全体では「サイトへの集客」が62.0%と最も多く、次いで「新規顧客獲得」が56.0%となった。

 「課題はない」と答えた方は11.5%となり、全体の9割近くの方が課題を抱えていることが判明した。

ECサイト運営業務に関する課題の調査結果

現在販売チャネルの拡大を検討しているか、またその理由をお答えください。(n=200)

 販売チャネルの拡大を検討しているか、また、検討している場合の理由を聞いたところ、「拡大を検討している」方が68.5%という結果となった。

 また、拡大を検討している理由としては、「既存のチャネルでの売上増加に限界を感じているから」が最も多く53.3%、「既存のチャネルでは広告費がかさみすぎるから」が32.1%、「リピート施策が打ちづらい(効果が出にくい)から」が27.0%という結果となった。

現役ECサイト運営者に聞いたECサイトに関する実態調査 設問詳細

Q1. あなたが現在運営しているサイトの種類をお答えください。(複数回答)<n=200>

運営中のECサイトの種類の調査結果

 現役でECサイトを運営している担当者に対して、運営しているECサイトの種類を聞いたところ、「自社(独自型)」が最も多く、83.0%という結果になった。

 次いで、「モール(テナント型)」19.5%、「モール(マーケットプレイス型)」13.5%という結果となった。

 また、複数の種類のECサイトを運営している方は19.5%で約2割ということが判明した。

Q2. あなたが運営サイトの種類を選定した際の決め手をお答えください。(複数回答)<n=200>

運営サイトの種類を選定した際の決め手の調査結果

 運営サイトの種類を選定した際の決め手となったことを聞いたところ、1位が「初期費用が安かった」で40.5%、2位が「月額費用が安かった」で37.5%、3位が「システムが簡単そうだった」で35.5%という結果となった。

 TOP2に関しては費用面に関する内容が占めており、特にイニシャルコスト(初期費用)が安いことがランニングコスト(継続費用)よりも上位に来ていることが分かる。

Q3. あなたが複数の種類のECサイトを運営する上でメリットと感じることをお答えください。
(複数回答)<n=39>

複数の種類のECサイトを運営するメリットの調査結果

 Q1で複数の種類のECサイトを運営しているとお答えの方に対して、メリットと感じることを聞いたところ、「新規顧客を獲得することができた」が最も多く69.2%、次いで「それぞれのサイトでキャンペーン等を利用できた」で59.0%という結果となった。

Q4. あなたがECサイト運営業務に関して感じている課題をお答えください。(複数回答)<n=200>

ECサイト運営業務に関する課題の調査結果

 ECサイト運営に係る業務全般で感じている課題を聞いたところ、全体の9割近くの方が課題を感じていることが判明した。

 課題の内容としては、「サイトへの集客」が最も多く62.0%、次いで「新規顧客獲得」が56.0%、さらに「既存顧客の継続」が37.5%という結果となった。

 現役のECサイト運営者の多くは集客や顧客の獲得において多く課題を抱えているようだ。

 前問で複数の種類のサイトを運営するメリットとして、新規顧客を獲得することができたと多くの方が答えていることからも、それぞれのサイトにおける顧客層の違いをうまく利用して新しい顧客を獲得することが、ECサイトで成功するための秘訣かもしれない。

Q5. あなたが現在販売チャネルの拡大を検討しているかお答えください。(単数回答)<n=200>
また、検討している場合はその理由をお答えください。(複数回答)<n=137>

現在販売チャネルの拡大を検討しているかの調査結果

販売チャネルの拡大を検討している理由の調査結果

 現在販売チャネルの拡大を検討しているかどうかを聞いたところ、「検討している」が68.5%と約3人に2人のECサイト運営者が販売チャネルの拡大を検討していることが判明した。

 また、拡大を検討している理由としては「既存のチャネルでの売上増加に限界を感じているから」が最も多く53.3%、次いで「既存のチャネルでは広告費がかさみすぎるから」が32.1%、「リピート施策が打ちづらい(効果が出にくい)から」が27.0%という結果となった。

Q6. 過去にECサイトで行った施策でうまくいったもの、失敗したものをお答えください。
(自由回答)<各n=200>

うまくいった施策

割引施策
  • ポイントバックキャンペーン。(30代男性)
  • アプリクーポン配信。(40代女性)
SNS施策
  • Twitterで若手アーティストとコラボする。(30代女性)
  • LINEとの連携。(50代男性)
  • SNSなどのマーケティング広告を積極的にする。(30代男性)
顧客対応施策
  • 新規顧客にお礼のメールをしっかり送る。(50代男性)
  • 登録者へのメルマガ配信。(50代男性)

失敗した施策

広告施策
  • 広告宣伝費をかけすぎたため赤字。(40代男性)
  • 紙媒体での宣伝は効果が低かった。(40代女性)
  • 特典をつけすぎてコストがかかった。(50代男性)
割引施策
  • クーポン配布をした際に、やや赤字になってしまった事。(30代女性)
  • 他社との価格競争。売値を下げて、売上を増やした事。(50代男性)

 ECサイトで過去に行った施策についてうまくいった施策および失敗した施策を聞いたところ、うまくいった施策では、割引施策とSNS施策、顧客対応施策が多く見られた。

 また、割引施策に関しては失敗した施策においても多く上げられ成功する施策と失敗する施策に大きな差があるようだ。

 一方で、SNS施策や顧客対応施策においては失敗した施策ではあまり見られず、丁寧に準備し丁寧な顧客対応をすることでよりよいECサイト運営ができるかもしれない。

調査概要

    1. 調査の方法:WEBアンケート方式で実施
    2. 調査の対象:現役ECサイト運営者で全国の20代~60代男女
    3. 有効回答数:200名
    4. 調査実施日:2022年12月2日(金)~2022年12月7日(水)の6日間

【関連リンク】

【毎月5社限定】3時間のGA4法人研修セミナーが無料