MARKETIMES SLIDEで無料で資料掲載しませんか?

「CrowdWorks」における生成AI関連の契約案件数が1年で8.4倍に増加【クラウドワークス調査】

「CrowdWorks」における生成AI関連の契約案件数が1年で8.4倍に増加【クラウドワークス調査】

 クラウドワークスが発表した最新のデータによると、生成AI関連の契約案件数が昨年比で8.4倍に増加したことが明らかになった。このデータは2022年12月から2023年11月までの1年間にわたるもので、合計5,832件の契約案件が確認された。

「CrowdWorks」における生成AI関連の契約案件数が1年で8.4倍に増加【クラウドワークス調査】

「CrowdWorks」における生成AI関連の契約案件数が1年で8.4倍に増加【クラウドワークス調査】

 この増加は、特にライティングおよびビジネス事務のカテゴリで顕著である。ChatGPTの台頭によりライティングカテゴリの需要が大きく押し上げられ、ビジネス事務では生成AI開発に必要なアノテーション作業の影響が大きい。

 生成AI関連の仕事を受注するワーカーの契約案件単価は、他の仕事を受注するワーカーの単価と比較して1.8倍になるなど、顕著に高いことが判明。職種別では、ITエンジニアが3.5倍、非IT技術者が6.8倍、ビジネス職種が3.3倍の単価差が見られる。

「CrowdWorks」における生成AI関連の契約案件数が1年で8.4倍に増加【クラウドワークス調査】

 具体的な仕事例としては、ITエンジニアではAIを使った独自予約システムのウェブツールやマーケティングオートメーションツールの構築、非IT技術者ではChatGPTを用いた記事リライト案件、ビジネス職種ではChatGPTや映像、音声AIを駆使したマーケティング施策や戦略立案などが挙げられる。

 クラウドワークスは、企業と個人がオンラインで直接つながり仕事を受発注できるプラットフォームを提供しており、2023年9月末時点で500万人以上のワーカーと90万社以上の企業が利用している。このようなプラットフォームの存在は、生成AIの普及とともに、多くの企業や個人に新たな仕事の機会を提供している。

 生成AIの台頭は、ビジネスのあり方を変えつつあり、クラウドワークスのようなプラットフォームがその変化を加速させている。今後もAI技術の進化に伴い、仕事の内容や働き方に大きな変化が予想される。このような市場の動向は、ビジネス界において重要な指標となり、多くの企業や個人にとって注目すべきトレンドである。

【関連リンク】

\無料登録受付中/