MARKETIMES SLIDEで無料で資料掲載しませんか?

社会人における「リスキリング」の認知度は42% リスキリングに取り組んでいる人は34%【SOKKIN調査】

社会人における「リスキリング」の認知度は42% リスキリングに取り組んでいる人は34%【SOKKIN調査】

 株式会社SOKKINが実施した「リスキリングに関する簡単アンケート」によると、86%の人が新たなスキルを身につける必要性を感じていることが明らかになった。この調査は、2023年10月13日から20日にかけて、20歳以上の現在働いている方を対象にインターネットを通じて行われ、100票の有効回答が得られた。

 調査結果によると、リスキリングという言葉を知っていたのは回答者の約4割に留まり、34%が「聞いたことはある」と回答し、24%が「知らない」と答えた。これは、リスキリングという言葉自体がまだ一般に広く浸透していないことを示している。

社会人における「リスキリング」の認知度は42% リスキリングに取り組んでいる人は34%【SOKKIN調査】

 新たなスキルを身につける必要があると感じる理由としては、「継続的にスキルアップしたいため」が最も多く、次いで「仕事の幅を広げるため」、「年収アップさせるため」という回答が続いた。リスキリングの必要性を感じるタイミングは、「新しい仕事に挑戦する時」が最も多く、次いで「スキル不足で応募できない仕事があった時」、「コロナ禍など先行きに不安を感じた時」となっている。

 実際にリスキリングに取り組んでいる割合は34%で、そのうちの約9割が個人で取り組んでいると回答した。リスキリングに取り組んでいない理由としては、「時間的余裕がないため」が最も多く、次いで「金銭的余裕がないため」、「どのようにして学んだら良いのかわからないため」という理由が挙げられた。

社会人における「リスキリング」の認知度は42% リスキリングに取り組んでいる人は34%【SOKKIN調査】

 リスキリングに取り組んだことで生じた良い影響としては、「仕事の幅が広がった」が最も多く、次いで「仕事へのモチベーションが上がった」、「収入が増えた」という回答があった。リスキリングで身につけたいスキルとしては、「語学スキル」が最も多く、次いで「プログラミングスキル」、「財務・経理に関するスキル」となっている。

 リスキリングへの取り組み方については、70%が「自ら身につけたいスキルを決めて取り組む」と回答し、自主的な学びへの意欲が高いことがわかった。

 この調査は、新たなスキルを身につける必要性を感じている人が多い一方で、実際にリスキリングに取り組んでいる人は少ないという現状を浮き彫りにしている。時間的・金銭的制約や学び方の不明確さが、リスキリングへの取り組みの障壁となっていることが示唆されている。今後、社会人の学び直しやキャリアアップを支援するための施策や環境整備が求められるだろう。

【関連リンク】

\無料登録受付中/