MARKETIMES SLIDEで無料で資料掲載しませんか?

デジタルマーケティング関連用語認知度1位は「SEO」で23.8% 2位は「ランディングページ」【ナイル調査】

デジタルマーケティング関連用語認知度1位は「SEO」で23.8% 2位は「ランディングページ」【ナイル調査】

 ナイルが実施した最新の調査によると、マーケティング関連用語の中で「インサイト」が最も認知度が高いことが明らかになった。この調査は2023年12月14日から19日にかけて、全国の男女640名を対象にインターネットで行われた。

 調査結果によると、「インサイト」の認知度は28%でトップ。続いて「インバウンドマーケティング」が26.7%、「エンゲージメント」が24.1%となっている。これらの用語は、マーケティングの世界で頻繁に使われるが、一般の認知度はまだまだと言える。

デジタルマーケティング関連用語認知度1位は「SEO」で23.8% 2位は「ランディングページ」【ナイル調査】

 特に注目すべきは、デジタルマーケティングの理解度に関する結果だ。調査によると、デジタルマーケティングの意味を「わからない」と回答した人は、マーケティングの意味が「わからない」と回答した人の約2倍に上る。これは、デジタルマーケティングが専門的な知識を要する分野であることを示している。

 デジタルマーケティング関連用語では、「SEO」が23.8%で最も認知度が高かった。次いで「ランディングページ」が21.6%、「トラッキング」が17.5%と続く。これらの用語は、ウェブサイトの運営やオンライン広告において重要な役割を果たしている。

デジタルマーケティング関連用語認知度1位は「SEO」で23.8% 2位は「ランディングページ」【ナイル調査】

 広告関連用語では、「アフィリエイト広告」が51.9%で最も認知度が高く、次いで「SNS広告」が43%、「動画広告」が39.7%となっている。これらの結果から、デジタル広告の多様化とその普及が伺える。

 この調査は、マーケティング用語の一般的な認知度を測るもので、マーケティングの専門家だけでなく、一般の人々にもマーケティングの重要性を理解してもらうための一歩となるだろう。ナイルは今後もマーケティングに役立つアンケート調査を行っていく予定だ。

 デジタルマーケティングの世界は日々進化しており、その理解を深めることはビジネスにおいて不可欠である。このような調査結果は、マーケティングの専門家だけでなく、一般のビジネスパーソンにとっても有益な情報源となることは間違いない。

【関連リンク】

\無料登録受付中/